名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

坂口孝則の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坂口孝則のプロフィール

坂口孝則、さかぐち・たかのり。日本の経営評論家。佐賀県出身。大阪大学経済学部卒業後、メーカーの調達部門に配属され調達、購買、原価企画を担当。その後、調達・購買・コスト削減などのコンサルティングや研修を行っている。そのほか「ほんとうの調達・購買・資材理論」主催、メールマガジン「世界一のバイヤーになってみろ」運営、「購買ネットワーク会」幹事などを務める。著書に『仕入れの基本が面白いほどわかる本 売上アップより簡単に利益を生み出せる、仕入れ(調達・購買)見直し35項目』『調達・購買実践塾 製造業の現場バイヤーが教える バイヤー必読』『会社の電気はいちいち消すな コスト激減100の秘策』『会社が黒字になるしくみ 知らないと恥ずかしいビジネスのキホン』『モチベーションで仕事はできない やる気が出ない人のための新しい働き方』『野比家の借金』ほか。

坂口孝則の名言 一覧

企業が話題性のあるアクションを起こす裏には、必ず背景に戦略や狙いがあります。その戦略や狙いを、売る立場に立って仮説を立てて考えてみることで、表面的な数字を暗記するのではない、本当の意味で数字を読む力が鍛えられていきます。


世の中に流れている意見を鵜呑みにせず、何事も自分で体験して考えてみることが、数字を読む力を磨くことにつながります。


話題になっている商品やサービスについては、自分で実際に買ってみるのが一番です。たとえば、最近急激に増えている「割引クーポンビジネス」なども、一度自分で体験してみればいい。「1万円のディナーコースが半額で食べられるクーポン」を買って食べてみて、「本当に1万円の価値があるのか?」「半額にしてどうやって利益を出しているのか?」と自分で考えることで、表面的な数字だけではない理解が深まります。


新聞や雑誌などに載っている解説を読んでわかったような気になる人も多いですが、それらの情報が正しいという保証はどこにもありません。たとえば「あの外食チェーンの売上が伸びた」と聞くと、単純に「好調なんだな」と思う人が多いですが、本当は無理な出店を重ねた結果の売上アップで、利益は逆に減っているかもしれない。ネットで財務諸表を取り寄せて確認することまでやっている人は少数です。数字に強くなるには、元となる情報を自分で調べて、自分なりに分析していくことが大切です。


勉強には「無料で学ぶ」「お金を払って学ぶ」「お金をもらって学ぶ」の三段階があると私は思っています。「無料で学ぶ」というのは、ネットから情報を入手したり、図書館で本を借りて勉強したりするやり方です。身銭を切らないこの段階の勉強は、じつはあまり身になりません。「お金を使って学ぶ」というのは自分で本を買ったり、お金を払ってセミナーに通ったりする段階で、元を取らないともったいないという意識が働くため、それなりに身になるケースが多いと思います。けれども一番いいのは、私がわからないところを勉強して本を書くように、「お金をもらって学ぶ」ことです。


私はこれまで16冊ほど本を出していますが、執筆の際も危機感を持たざるを得ない状況に自分を追い込むようにしています。本のテーマの中に、必ず「自分でもわかっていない領域」を盛り込むのです。もちろん嘘は書けませんから、必死になって勉強しますよね。経験上、このやり方が一番身につきます。


社会人になってしばらくしてから、取引先の担当者から「坂口さん。経常利益は確かにプラスですが、営業利益はマイナスです。本業は赤字なのですから、商品の値下げはできません」と言われたんです。そのときは「なるほど、そうですね」と答えたのですが、本当はその担当者の言っている意味がまったくわかっていませんでした。さすがに「営業利益って何ですか?」とは聞けませんから、危機感を覚えました。でも危機感がないと人は本気で勉強しようとは思いませんから、いい経験だったと思います。


坂口孝則の経歴・略歴

坂口孝則、さかぐち・たかのり。日本の経営評論家。佐賀県出身。大阪大学経済学部卒業後、メーカーの調達部門に配属され調達、購買、原価企画を担当。その後、調達・購買・コスト削減などのコンサルティングや研修を行っている。そのほか「ほんとうの調達・購買・資材理論」主催、メールマガジン「世界一のバイヤーになってみろ」運営、「購買ネットワーク会」幹事などを務める。著書に『仕入れの基本が面白いほどわかる本 売上アップより簡単に利益を生み出せる、仕入れ(調達・購買)見直し35項目』『調達・購買実践塾 製造業の現場バイヤーが教える バイヤー必読』『会社の電気はいちいち消すな コスト激減100の秘策』『会社が黒字になるしくみ 知らないと恥ずかしいビジネスのキホン』『モチベーションで仕事はできない やる気が出ない人のための新しい働き方』『野比家の借金』ほか。

他の記事も読んでみる

バラク・オバマ

この国の次のファーストレディ、ミシェル・オバマ。彼女が絶え間なく私を支えてくれなければ、16年前からずっと最高の親友でいてくれた彼女が、礎となって家族を支えてくれた彼女が、私にとって最愛の彼女がいなければ、私は今夜ここに立っていません。サーシャとマリーア。君たちにはちょっと想像もつかないほど、お父さんは君たちを愛しているよ。君たちふたりもがんばったから、約束した通り、ホワイトハウスには、新しく飼う子犬を一緒に連れて行けるよ。


ピーター・ドラッカー

本物の変化とは人が行うことであり、一時の変化とは人が言うことである。


新美春之

危機感の共有と、ペシミズム(悲観主義)の蔓延はまったく違うものです。日本について悲観的なことを言う人は多いけれど、では、あなたはどの国に住むのですかと尋ねてみたい。おそらく大多数はこの国に住むという前提でものを言っています。甘えなんです。危機をバネにして次の局面に挑むか、ペシミズムに浸り続けるか、日本の行方は、我々自身の決意にかかっているのではないでしょうか。


松下正幸

私どもでは、多様性を重視した採用をするため、勉強のできる人だけでなく、一芸に秀でたいろいろな人を採用しています。そうしないと、同じような考え方の人ばかりになってしまいます。


兵頭誠之

入社5年目にヨルダンで最初の海外駐在を経験した。自分が入札した発電事業の案件で、現場の所長を任せてもらった。しかし現地は食べ物、飲み物にも事欠く岩だらけの土壌で、日本人はただ1人という過酷な環境だった。そこで3年を過ごして帰国すると、昭和が平成になっていて浦島太郎のようだった。赴任直前に生まれた娘は、見知らぬおじさんが家にいると怖がって抱っこもさせてもらえなかった(笑)。


井上裕之

意識を変えるには、環境を変えるのがひとつの方法です。たとえば、セミナーに出席してみるといいでしょう。普段とは違う場所に身を置くことになるし、普段とは違うジャンルの人とも交流できます。仕事や投資のセミナーなど成功者が集う空間で成功者に接すれば、そのエネルギーに感化され、間違いなくマインドは変化していきます。


カルロス・ゴーン

自動車メーカーがしているのはただの組み立てではありません。最終的にクルマを通じて、どんな機能をお客様に提供するかということ。将来のクルマを想像し、機能を持たせ、形にして提供する。構成要素すべてを自分でできるようにする必要はありません。アップルと同じです。アップルも部品は他のサプライヤーから調達してますが、iPhoneにどんな機能を持たせてどんな形で提供するかを決めるのはアップル。つまり、「商品を想像する」ことが付加価値になるわけです。


小笹芳央

以前、ある会社で20人のメンバーを率いる営業所長さんから、相談を受けました。曰く「職場に活気がなく、挨拶すらしない」。そこで私が提案したのは、所長さんが先陣を切って朝の挨拶をするということ。月曜日、彼の挨拶に応えた人はゼロ人でした。それが翌日は、戸惑いながら2人が挨拶を返し、水曜日には6人になり、水曜日には過半数以上に。そして金曜日、ついに全員が挨拶をするようになったのです。


藤高郁夫

舞台は生き物のように動いてますよね。僕らはお客さんといつも一期一会なんですよ。初めて来るお客さんを中心に舞台をつくっていくので、常に革新的でありたい。イノベーションは絶対ですよね。


小笹芳央

仕事をやりながら、やってみて結果を出すというプラン・ドゥ・シーというサイクルがあり、パチンコや競馬と同じような面白さがあるはずです。仕事には遊びの要素も、自らを成長させる材料も詰まっているのです。ですので「遊・学・働の融合」という言葉で、「遊」が「遊ぶ」、「学」が「学ぶ」、「働」が「働く」というこれらの3つの要素が融合しているような状態を作りたい。


廣内武

人間は五感の生き物ですから臨場感や憧れなど論理的ではない思考を持っています。例えばブランドとは何でしょうか。シャネル、カルティエ、ブルガリなども一夜にしてラグジュアリーブランドになった訳ではなく、歴史的な背景とブランドを大切に育て上げてきた先達の思いなどが醸成されて出来上がったものです。その付加価値が価格に転嫁されるわけですが、ブランドの価値を価格で表現するのが難しく、本当の価値はお客様が決めるものだと思います。


稲盛和夫

人間は、たとえ年を取っても考え方は変えられる。