名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

坂口孝則の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坂口孝則のプロフィール

坂口孝則、さかぐち・たかのり。日本の経営評論家。佐賀県出身。大阪大学経済学部卒業後、メーカーの調達部門に配属され調達、購買、原価企画を担当。その後、調達・購買・コスト削減などのコンサルティングや研修を行っている。そのほか「ほんとうの調達・購買・資材理論」主催、メールマガジン「世界一のバイヤーになってみろ」運営、「購買ネットワーク会」幹事などを務める。著書に『仕入れの基本が面白いほどわかる本 売上アップより簡単に利益を生み出せる、仕入れ(調達・購買)見直し35項目』『調達・購買実践塾 製造業の現場バイヤーが教える バイヤー必読』『会社の電気はいちいち消すな コスト激減100の秘策』『会社が黒字になるしくみ 知らないと恥ずかしいビジネスのキホン』『モチベーションで仕事はできない やる気が出ない人のための新しい働き方』『野比家の借金』ほか。

坂口孝則の名言 一覧

企業が話題性のあるアクションを起こす裏には、必ず背景に戦略や狙いがあります。その戦略や狙いを、売る立場に立って仮説を立てて考えてみることで、表面的な数字を暗記するのではない、本当の意味で数字を読む力が鍛えられていきます。


世の中に流れている意見を鵜呑みにせず、何事も自分で体験して考えてみることが、数字を読む力を磨くことにつながります。


話題になっている商品やサービスについては、自分で実際に買ってみるのが一番です。たとえば、最近急激に増えている「割引クーポンビジネス」なども、一度自分で体験してみればいい。「1万円のディナーコースが半額で食べられるクーポン」を買って食べてみて、「本当に1万円の価値があるのか?」「半額にしてどうやって利益を出しているのか?」と自分で考えることで、表面的な数字だけではない理解が深まります。


新聞や雑誌などに載っている解説を読んでわかったような気になる人も多いですが、それらの情報が正しいという保証はどこにもありません。たとえば「あの外食チェーンの売上が伸びた」と聞くと、単純に「好調なんだな」と思う人が多いですが、本当は無理な出店を重ねた結果の売上アップで、利益は逆に減っているかもしれない。ネットで財務諸表を取り寄せて確認することまでやっている人は少数です。数字に強くなるには、元となる情報を自分で調べて、自分なりに分析していくことが大切です。


勉強には「無料で学ぶ」「お金を払って学ぶ」「お金をもらって学ぶ」の三段階があると私は思っています。「無料で学ぶ」というのは、ネットから情報を入手したり、図書館で本を借りて勉強したりするやり方です。身銭を切らないこの段階の勉強は、じつはあまり身になりません。「お金を使って学ぶ」というのは自分で本を買ったり、お金を払ってセミナーに通ったりする段階で、元を取らないともったいないという意識が働くため、それなりに身になるケースが多いと思います。けれども一番いいのは、私がわからないところを勉強して本を書くように、「お金をもらって学ぶ」ことです。


私はこれまで16冊ほど本を出していますが、執筆の際も危機感を持たざるを得ない状況に自分を追い込むようにしています。本のテーマの中に、必ず「自分でもわかっていない領域」を盛り込むのです。もちろん嘘は書けませんから、必死になって勉強しますよね。経験上、このやり方が一番身につきます。


社会人になってしばらくしてから、取引先の担当者から「坂口さん。経常利益は確かにプラスですが、営業利益はマイナスです。本業は赤字なのですから、商品の値下げはできません」と言われたんです。そのときは「なるほど、そうですね」と答えたのですが、本当はその担当者の言っている意味がまったくわかっていませんでした。さすがに「営業利益って何ですか?」とは聞けませんから、危機感を覚えました。でも危機感がないと人は本気で勉強しようとは思いませんから、いい経験だったと思います。


坂口孝則の経歴・略歴

坂口孝則、さかぐち・たかのり。日本の経営評論家。佐賀県出身。大阪大学経済学部卒業後、メーカーの調達部門に配属され調達、購買、原価企画を担当。その後、調達・購買・コスト削減などのコンサルティングや研修を行っている。そのほか「ほんとうの調達・購買・資材理論」主催、メールマガジン「世界一のバイヤーになってみろ」運営、「購買ネットワーク会」幹事などを務める。著書に『仕入れの基本が面白いほどわかる本 売上アップより簡単に利益を生み出せる、仕入れ(調達・購買)見直し35項目』『調達・購買実践塾 製造業の現場バイヤーが教える バイヤー必読』『会社の電気はいちいち消すな コスト激減100の秘策』『会社が黒字になるしくみ 知らないと恥ずかしいビジネスのキホン』『モチベーションで仕事はできない やる気が出ない人のための新しい働き方』『野比家の借金』ほか。

他の記事も読んでみる

藤田紘一郎

皆さんは自分の病気、寿命、才能などは、自身が持っている遺伝子によって決められていると思っていませんか。うちはがん家系だから……と諦めるのは間違いです。例えば「がん」は、遺伝子が原因で発症する割合はたった5%で、あとの95%は生活習慣という環境の影響であり、それが本来の遺伝子を変化させ、「がん」になるかどうかを左右しています。


堤真一

集中の仕方を試行錯誤できるようなりました。ただ目の前のことだけを見据えるのが、必ずしも良い結果を生むわけではないんです。時には一歩引いて、自分を客観視する視野が開けてくれば、見えてくることもあります。目の前の仕事に焦点を合わせることと、客観視すること。40代以上になってから、この行為を行ったり来たり繰り返せるようになりました。


川上量生

ニッチな話題が主なニコニコ動画で、世の中が注目しているニュースを伝える「報道」に力を入れています。これはテレビを主に見る人とネットをよく見る人の溝を埋めようとする努力です。ネットしか見ない人に世の中の動きを知ってほしいんです。マスメディア側とネット側をつなぐことが、当社の本業ではありません。でもニコニコ動画は、ネットの世論形成の中心にいるという自負があります。だから、ある程度のことはやりたい。本当はヤフーさんが取り組んでおかしくないのですが、コンテンツを流すだけですからね。


柳井正

もう最終的にはどうなるかといえば、お客様が工場に注文して、工場ですぐ作って、自分の欲しいものがすぐ手に入ると。そういう世界になって、もう時間と距離がなくなるということだと思います。そのときに、商品を選んでもらう前に、企業とかブランドを選んでもらうということなので、グローバルブランド以外に生き残れなくなる。


ニケシュ・アローラ

世界中の著名な経営者には、直接か、知人の一人を介せば連絡を取れる。


脇若英治

個人と会社の双方の方向性が一致していなければ、双方ともハッピーになれません。いまやっている仕事が向いていないとか自分の人生の目標に合わないと思ったら、仕事自体を変えるべきです。


マーガレット・サッチャー

我々は、決して、後戻りはしないのです!
【覚書き|フォークランド紛争終結後の発言】


吉永泰之

私は「コモディティに行かない」と強く言っています。スバルの世界シェアは1%。でも「マセラティ」や「フェラーリ」のような年間数千台規模になったら店舗網も維持できないし、台数を追えば個性を失う。その間で立ち位置を常に見て車種を絞り込み、それぞれで個性を発揮する。


兼元謙任

会社を設立当初、私はお金に対して無頓着、お金にまつわる諍(いさか)いも経験したことから「汚い」「お金がすべてではない」という思いすらありました。しかし、ある人に「お金はすべてじゃないけど、ほとんどである」と言われて考え方を変えました。「例えば、お金で本当の愛は買えませんが、気になる相手とデートができたり、プレゼントをすれば喜ばれたりとお金のおかげでできることもたくさんあります。そう考えると、お金を毛嫌いするのではなく大事にしてみようと思ったのです。


前場亮(行政書士)

ドローン許可制のスタート直後に一気にサイトをつくったところ、いきなり検索結果表示で一番上に来ました。以来、月間30~50件の依頼が舞い込んでいます。全体で自分1人では請けきれない件数に達し、お断りしなければならない状態となっています。


大山健太郎

常に新商品の開発を行い、その割合も全体の50%を超えています。それに加え品揃えも多いとなると従来の取引先である問屋やバイヤーでは対応できなくなってきました。そこで小売店とは直取引し、自社の物流センターで商品管理、発送を行うメーカーベンダーになることで新製品を売る仕組みを構築しました。


森下裕道

よく、「部下を飲みにつれていっておごってやったのに、まったく本音を言わない」と憤慨する上司がいますが、それは、その人が相手の話を聞いていないからです。相手が本音を打ち明けようとしても、「それはお前がいけないんじゃないの?」と批判したり、「それはこうだよ」と結論付けてしまったりしては、本音など話す気になるわけはありません。