坂口孝則の名言

坂口孝則のプロフィール

坂口孝則、さかぐち・たかのり。日本の経営評論家。佐賀県出身。大阪大学経済学部卒業後、メーカーの調達部門に配属され調達、購買、原価企画を担当。その後、調達・購買・コスト削減などのコンサルティングや研修を行っている。そのほか「ほんとうの調達・購買・資材理論」主催、メールマガジン「世界一のバイヤーになってみろ」運営、「購買ネットワーク会」幹事などを務める。著書に『仕入れの基本が面白いほどわかる本 売上アップより簡単に利益を生み出せる、仕入れ(調達・購買)見直し35項目』『調達・購買実践塾 製造業の現場バイヤーが教える バイヤー必読』『会社の電気はいちいち消すな コスト激減100の秘策』『会社が黒字になるしくみ 知らないと恥ずかしいビジネスのキホン』『モチベーションで仕事はできない やる気が出ない人のための新しい働き方』『野比家の借金』ほか。

坂口孝則の名言 一覧

企業が話題性のあるアクションを起こす裏には、必ず背景に戦略や狙いがあります。その戦略や狙いを、売る立場に立って仮説を立てて考えてみることで、表面的な数字を暗記するのではない、本当の意味で数字を読む力が鍛えられていきます。


世の中に流れている意見を鵜呑みにせず、何事も自分で体験して考えてみることが、数字を読む力を磨くことにつながります。


話題になっている商品やサービスについては、自分で実際に買ってみるのが一番です。たとえば、最近急激に増えている「割引クーポンビジネス」なども、一度自分で体験してみればいい。「1万円のディナーコースが半額で食べられるクーポン」を買って食べてみて、「本当に1万円の価値があるのか?」「半額にしてどうやって利益を出しているのか?」と自分で考えることで、表面的な数字だけではない理解が深まります。


新聞や雑誌などに載っている解説を読んでわかったような気になる人も多いですが、それらの情報が正しいという保証はどこにもありません。たとえば「あの外食チェーンの売上が伸びた」と聞くと、単純に「好調なんだな」と思う人が多いですが、本当は無理な出店を重ねた結果の売上アップで、利益は逆に減っているかもしれない。ネットで財務諸表を取り寄せて確認することまでやっている人は少数です。数字に強くなるには、元となる情報を自分で調べて、自分なりに分析していくことが大切です。


勉強には「無料で学ぶ」「お金を払って学ぶ」「お金をもらって学ぶ」の三段階があると私は思っています。「無料で学ぶ」というのは、ネットから情報を入手したり、図書館で本を借りて勉強したりするやり方です。身銭を切らないこの段階の勉強は、じつはあまり身になりません。「お金を使って学ぶ」というのは自分で本を買ったり、お金を払ってセミナーに通ったりする段階で、元を取らないともったいないという意識が働くため、それなりに身になるケースが多いと思います。けれども一番いいのは、私がわからないところを勉強して本を書くように、「お金をもらって学ぶ」ことです。


私はこれまで16冊ほど本を出していますが、執筆の際も危機感を持たざるを得ない状況に自分を追い込むようにしています。本のテーマの中に、必ず「自分でもわかっていない領域」を盛り込むのです。もちろん嘘は書けませんから、必死になって勉強しますよね。経験上、このやり方が一番身につきます。


社会人になってしばらくしてから、取引先の担当者から「坂口さん。経常利益は確かにプラスですが、営業利益はマイナスです。本業は赤字なのですから、商品の値下げはできません」と言われたんです。そのときは「なるほど、そうですね」と答えたのですが、本当はその担当者の言っている意味がまったくわかっていませんでした。さすがに「営業利益って何ですか?」とは聞けませんから、危機感を覚えました。でも危機感がないと人は本気で勉強しようとは思いませんから、いい経験だったと思います。


坂口孝則の経歴・略歴

坂口孝則、さかぐち・たかのり。日本の経営評論家。佐賀県出身。大阪大学経済学部卒業後、メーカーの調達部門に配属され調達、購買、原価企画を担当。その後、調達・購買・コスト削減などのコンサルティングや研修を行っている。そのほか「ほんとうの調達・購買・資材理論」主催、メールマガジン「世界一のバイヤーになってみろ」運営、「購買ネットワーク会」幹事などを務める。著書に『仕入れの基本が面白いほどわかる本 売上アップより簡単に利益を生み出せる、仕入れ(調達・購買)見直し35項目』『調達・購買実践塾 製造業の現場バイヤーが教える バイヤー必読』『会社の電気はいちいち消すな コスト激減100の秘策』『会社が黒字になるしくみ 知らないと恥ずかしいビジネスのキホン』『モチベーションで仕事はできない やる気が出ない人のための新しい働き方』『野比家の借金』ほか。

他の記事も読んでみる

竹田和平

株式投資は世の中を応援する手段。蓄財より花咲爺に。なんのために儲けるか。ほんとのポイントはそこ。


村上太一

私も普段エバーノートで管理している情報を、年に一度か二度見返して整理していますが、時間を置くと要不要が判断しやすくなります。半年経って、その間に一度も使わなかったら、さすがに「これは必要ない」と判断できるでしょう。これを定期的に繰り返していけばいいだけです。


高野雅彰

町工場の多くは随一の技術を持っているにもかかわらず経営に苦しんでいる。大事なのは、技術をビジネスにつなげる発想力を身に付けること。


吉本隆明

個人個人の小さな大切なことを拾い集め、積み重ねていくことが早い復興へと繋がっていく。


大坂靖彦

人件費や広告費を削減したいのなら、今の一掛け(10パーセント)を目標にすればいい。一掛けを目標にしてはじめて半値、三掛けになります。まず一掛けの計画表をつくり、そのあと方法を模索する。人生の目標を最終形に置くのと同じです。十年後の夢のPL(損益計算書)、夢のBS(貸借対照表)を描き、年間計画に落とし込みましょう。そしてひたすら実行する。


朝倉千恵子

営業マンは、お客様が「きみの会社とつきあってよかった」と思う付加価値を売らねばなりません。日本一高い商品でもいいのです。高いからこそのメリットを明確に謳って、お客様が満足してくだされば問題はないのです。


ジェイ・エイブラハム

私の考えるマーケティングとは、単純だが、自分たちが問題を解決できることを市場に納得させるか、隙間を埋めるか、他の誰にもできない方法で機会や目的を実現すること、それに尽きる。マーケティングはビジネス永続の基本だ。ビジネスを成功させるには、優秀なマーケッターでなければならない。偉大なマーケッターは生まれるものではなく、つくられるものだ。


佐久間庸和(一条真也)

マネジメントとは、単なる管理手法ではなく、徹底的に人間とかかわっていく「人間臭い」営みです。ドラッカーいわく、ニーズと機会の変化に応じて、組織とそこで働くビジネスマンを成長させるものでなければならない。つまり、人を動かすことこそ、経営の本質なのです。


ホセ・ムヒカ

自分の資本を増やすための行動は馬鹿げていて悲惨なことだ。このような行動を止めるには、若者が戦わないといけない。
【覚え書き|パナマ文書についてのコメント】


次原悦子

商品が出来上がってから広告宣伝を考えるのは遅いのです。商品の企画段階から手を打っておくともっと効果的です。たとえば、当社が商品開発からお手伝いした、東ハトの「暴君ハバネロ」は、PRを念頭に置いて「とにかく世界一辛いお菓子をつくろう」というアイデアから始めました。世界一ですからギネスにも認定され、マスコミがどんどん取り上げてくれて、広告宣伝費もほとんど使わずに済みました。


中島洋(教育者)

プランを立案し、その後フィールドワークに臨むわけですが、実は多くの場合、計画の変更や調整を迫られることになります。実際に人々の声を聞くと、頭の中で考えていたプランと現実とのギャップに気づくのです。リアルな体験に基づき、本物の課題を見出し、柔軟に対応する。まさにこの過程こそが重要だと考えています。


トマス・J・スタンリー

なぜ、アメリカにはこんなに金持ちが少ないのか。年収10万ドル以上稼いでいても、金持ちと言える世帯は少ない。アメリカ人の大半は、明日の金を今日使う。ローンに追われ、稼いでは使い、使っては稼ぐというように、コマネズミのように同じ輪の中をクルクルと走り回っている。ものをふんだんに持っていないと裕福ではないと思い込んでいる。


北尾吉孝

中国の古典に「積善の家には必ず余慶あり。積不善の家には必ず余殃(よおう)あり」という言葉があります。「善行を続けていれば余分の恩恵があり、悪行を重ねていれば余分の災いがある」という意味です。「善」を循環させることでチャンスやお金を引き寄せるのです。逆に私利私欲に走る人は、お金も離れていきます。


斎藤道三

命を捨ててしまえば、この世のほかに世界はない。


石破茂

父親が膵臓癌で亡くなったんです。鳥取では、知事を15年勤めたこともあって県民葬になってね。東京でも田中(角栄)先生が葬儀委員長として壮大な葬儀を取り仕切ってくださったんです。そのお礼に、目白のご自宅に伺ったら、「君ね、今すぐ『御会葬御礼』という名刺をつくって、鳥取の葬儀に来た3500人のところを全部歩いて……」と、いいはじめるじゃないですか。「いや、そんなことをしてたら銀行員をクビになってしまいます」といったら、「何をいうんだ、君はお父さんのあとを継いで政治家になるんだ!」と。「いや、それはご勘弁を」と頭を下げたら、目の前のテーブルをバーン! と叩いてね。「自分さえよければいいのか、この馬鹿もの!」と一喝され、震え上がったというか、とても断り切れるもんじゃなかったですよ。田中先生は人間じゃない。魔神ですから(笑)。悩んだものの、2年後に銀行を辞めてね。田中角栄事務所に入り、衆院選に出て、なんとか最下位当選を果たしたわけです。


ページの先頭へ