坂口健太郎の名言

坂口健太郎のプロフィール

坂口健太郎、さかぐち・けんたろう。日本の俳優、モデル。東京都出身。19歳でモデルデビュー。映画『シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸』で俳優デビュー。日本アカデミー賞新人俳優賞、エランドール賞新人賞を受賞。

坂口健太郎の名言 一覧

今後挑戦したい役は全然決めてないですね(笑)。時間は経過するもので、誰しも必ず歳はとるんだから、そのときの自分に合った役なり仕事なりがくるんじゃないかな。


行き当たりばったりな性格なので、何かが急に舞い込んできて決まってしまったとしたら、それが今の僕がやるのに一番いいタイミングなんだろうって思っちゃうんです。


靄(もや)がかかっていて先が見えないほうが、手探りで進んでいける。寄り道や回り道をしたほうが、いざ5年後がきたときにきっと今よりずっと面白くなっているんじゃないかな。


悔しさを感じたり、何かを引きずったりすることもあまりない。自分にとっての大事件が起きてジレンマを抱えたとしても、3年後にも同じことで悩んでるわけないし。年々、鈍感になっているのかもしれません。


夢とか目標とかないんです。よく、5年後にはどんな俳優さんになっていたいですか、とか訊かれるんですけど、その姿をあまりにも明確につくりすぎてしまうと、その方向にしか進んでいかないような気がするんですよね。道が一本しかなくなっちゃうというか。


いい人にも嫌な人にもなろうとしていないですね、たぶん。ただ普通にしているだけ。そもそも、人によとらえ方って違うから。すごくいい人の役がきたら、「坂口くんは優しそうだし爽やかだし、ぴったりだね」って言われますし、性格がきつくて冷たい人の役がきても「すごくよくわかる、ぴったりだ」って言われる。自分のことは自分が一番よくわかっているので、そういう反応を聞くと「へえ~そんなふうに感じるんだ」と思いますが、だからといって否定もしませんし。


坂口健太郎の経歴・略歴

坂口健太郎、さかぐち・けんたろう。日本の俳優、モデル。東京都出身。19歳でモデルデビュー。映画『シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸』で俳優デビュー。日本アカデミー賞新人俳優賞、エランドール賞新人賞を受賞。

他の記事も読んでみる

寺澤芳男

仕事とは何か、会社で働く企業で働くとはどういうことなのか?私は女性とか男性とか、日本人とかアメリカ人とか、大人とか子供とか年寄りとかそういう分け方じゃなくて、これからは「個」、それぞれ持っている個、自我、自分というものが重要になる時代だと思います。若い人たちが社会に出て行く上で、個の認識が本当に大事なことになるんじゃないか。


池田貴将

感情をつくっているのは脳です。そして、脳に一番刺激を与える器官は筋肉。身体の使い方を変えると、感情も変わっていくものです。悩んでいる人がお寺に修行にいくと、気分がすっきりするのはなぜでしょうか。いろいろ理由はあるでしょうが、一番大きいのは、お堂の雑巾がけをさせられることだと私は考えています。現代人が滅多にしない身体の使い方をすることで、脳に新鮮な刺激が伝わり、感情が一新するのです。


平尾喜昭

起業して第一線で働けば、大きな喜びを感じることができる。それを経験しないのはもったいない。


石坂典子

人はブランドにはお金を払います。他の業者にはない独自性や業界で突出したものを持っていれば、それがブランドになって、その会社に仕事を依頼しようと思うはず。


杉本真樹

お年寄りがムダを削ぎ落として生きる姿も見習うようにしています。


茂木健一郎

スマホは手軽に知への扉を開いてくれるが、同時に「単なる暇つぶしの娯楽を提供する」という麻薬のような側面も持っている。たとえばいま流行のオンラインゲームをダウンロードすれば、いくらでも暇をつぶせてしまう。いわばパチンコ屋的な刺激を与えてくれるものでもあるのだ。一台のスマホをハーバード大学にするか、ただのパチンコ店にするかは、あなたの志にかかっている。


佐藤可士和

アートディレクターの仕事は、クライアントの言葉にならない思いを引き出し、社会に伝えるための的確な方法を見つけて具体化していく、いわばコミュニケーションコンサルタントのような仕事だと僕自身は捉えています。


楠めぐみ

ビジョンとしては文化の異なる国の人同士が相手の立場に立って接することのできる社会を作ることを掲げています。でも声高に訴えるつもりもありません。それよりも偶然旅先で知り合ったような、自然な出会い体験をたくさん作っていきたい。


三浦友和

僕はよく人に「うまくいかない時代のほうが長かったんだよ」と話すと、「そんな風には見えませんでした」と返されることが多い。僕はそれを褒め言葉だと思ってますね。そもそも僕は役者の入り口からして向いてないと思っていましたね。元々ミュージシャン志望で、この世界に入ったから。ところが、事務所から突然、役者の仕事を回されてね。音楽の才能がないので、結局は役者の仕事が本業になったんです。


藤村正宏

説き伏せようとする相手には、誰だって抵抗します。人が行動するのは「それがほしい、やりたい」と思うからであって、説得されて動くわけじゃない。


樋口星覚(樋口星太郎)

心だけを安定させようとしてもできません。まず体を整えることから始めましょう。体が整うと息が整ってくる。息が整うと心が整ってくる。これを禅では「調身・調息・調心」と言います。体、息、心の順で整い、心は最後なのです。


三浦善司

私は、新入社員にも手帳に書くことを勧めています。入社式の時に、「今日感じたこと」を手帳に書いておくように伝えるんです。そして来年、後輩が入ってきた時にそれを読み返してごらんなさいと。入社当時のフレッシュで純粋な決意が、ありありと蘇ってくるはずです。


宮根誠司

僕も少しだけ投資をやっています。始めてみると、新聞の読み方も変わってきますし、経済状況がどうなっているのか気になってくる。勉強勉強じゃなく楽しめますよね。


山極寿一(山極壽一)

以前は、総長室という特別な部署があったのですが、私はそれを廃止しました。そして、執行部の7人の理事や部局長と対等に付き合い、割と距離を置いた体制をつくっています。大学のリーダーというのは、自分の理念を持ちながら、6千人以上の教職員の実力を発揮させなければなりません。私は、自分のことを「猛獣使い」と言っているのですが、猛獣である教職員に実力を発揮してもらうために、手綱をつくるのでもなく、餌を与えるのでもなく、みんながやりたいようにやれる環境をつくらねばならないのです。その時に、ある特定の部局なり、人を支援していたら、あいつはえこひいきすると思われてしまう。だから、そういう意味では、私は孤独なんです。でも、それをゴリラから学んだのです。背中で語らなきゃならないのです。


藤野祐美

研修は、人材戦略の一環であり、一時のイベント的な打ち上げ花火であってはいけません。「ああ、よかった。いい研修だったね」ではなく、「さあ、じゃあ、次どうする?」につながることが大切です。


ページの先頭へ