名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

坂井辰史の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坂井辰史のプロフィール

坂井辰史、さかい・たつふみ。日本の経営者。「みずほフィナンシャルグループ」社長。石川県出身。東京大学法学部卒業後、日本興業銀行(のちの、みずほ銀行)に入行。みずほコーポレート銀行執行役員、みずほ銀行執行役員グループ企画部長、みずほフィナンシャルグループ常務、みずほ銀行常務、みずほ証券社長などを経てみずほフィナンシャルグループ社長に就任。

坂井辰史の名言 一覧

昔の延長でこれからの1年、2年を考えていては、この大変革の時代を勝ち残るどころか、生き残ることすらできない。自ら変化をつくり出して、お客様により付加価値を提供するという観点で、金融のバリューチェーンを引き寄せるくらいのエネルギー、パワーがないといけない。


バブル崩壊後の「失われた20年」で、守りに傾きがちだったり、失敗しないことを優先しがちな傾向に陥っていたのではないか。この意識改革をしなければ収益力の強化は果たせない。


レガシーのコストを落としながら、新しい分野に経営資源を再配分していくことが「稼ぐ力」を強化するためには極めて重要。


世の中が変化していく中で我々は、経済、社会、人々の生活に何をもたらすことができるのかという結果の部分について、もっとフォーカスしていくべき。


(就活のとき)自分があまりサラリーマンに向くとは思っていなかったが、先輩方の話を聞く中で金融業は経済、社会、世界を幅広く見ることができる仕事だということを痛感した。金融業は面白いのではないかと考えて志望した。


異業種とは戦いがある一方で、新たなビジネスモデル、テクノロジーを謙虚に採り入れていく必要がある。テクノロジー企業に対して金融業は衰退産業で、構造不況業種だという見方があるのは承知しているし、そのリスクはあると思っているが、私自身は十分戦えると思っている。


銀行預金に眠っている資金をリスクマネーとして市場に供給していくことが重要。銀行、信託、証券が個別にサービスするのではなく、あらゆる金融機能を駆使し、お客様に対してトータルで利便性、効率性の高いサービスをご提供できるかが勝負。


(17年に発表した抜本的構造改革は)ややもすると、人員や店舗の削減が先行して報道されたきらいはあるが、金融業を取り巻く構造が変わっていく中で、経営資源を再配分していくために、より筋肉質にしていくための取り組みです。


坂井辰史の経歴・略歴

坂井辰史、さかい・たつふみ。日本の経営者。「みずほフィナンシャルグループ」社長。石川県出身。東京大学法学部卒業後、日本興業銀行(のちの、みずほ銀行)に入行。みずほコーポレート銀行執行役員、みずほ銀行執行役員グループ企画部長、みずほフィナンシャルグループ常務、みずほ銀行常務、みずほ証券社長などを経てみずほフィナンシャルグループ社長に就任。

他の記事も読んでみる

村田昭治

成長力の本質をしっかり身につけている会社は、よく働く人財を活かし、仕事のつながりをつけ、優先順位を一貫透徹して顧客に対しているように思う。


曳野孝

成熟期にある日本企業が学ぶべきなのは、中国ではありません。日本より早く成熟したアメリカにこそ、ヒントがあるのです。アメリカ経済をけん引してきたのは、ウォール・ストリートを舞台にしたカネづくりかもしれません。しかし、その一方でメイン・ストリートともいうべきモノづくりが脈々と受け継がれているのも事実です。アメリカの製造業は、早い時期に成熟しただけに頭打ちになるのも早かったですが、それでも構造的不況を乗り越え、いまも経済を支えています。


梅田望夫

新しいものを生み出すということにおいて、これまでとひとつ違う点があると思っています。新しいものを生み出すために、組織が必ずしも必要ない時代に入っているんです。この10年で、一人の個とインターネットがあれば、かなりのことができるように世の中がずいぶん変化しました。逆に組織のあり方は、10年前から全然変わっていません。


楠木建

読書は、自分の好きな時間に好きな場所でできます。誰かにアポイントを取る必要もありません。そのうえ、著者が時間と労力をかけてまとめた知見を、二千円程度で手に入れられるのです。本は、世の中に存在する最も安い財の一つだと思います。


牧野正幸

企業家は成功したかどうかをあまり気にしてはいけないと考えています。私は大きな賞をいただくとか、IPO(新規株式上場)を目的にしませんでした。これから先、まだやらなくてはならないことが山ほどありますから。


徳岡邦夫

意識的にゆっくり話そうとすれば、自然に言葉を選んで自分の思いをのせて話すようになりますし、お客様との会話のやり取りにも余裕が生まれます。


石川康晴

データはしっかり分析する。ただそれだけではなく、プラスアルファで次のシーズンに向けて、どういうマーケットになっているのか。市場創造性について議論しなければいけないということです。


小宮一慶

反省というプロセスのない人は、何をやっても成長できない。


鎌上信也

金融事業のATMや現金処理機、航空会社向けのチェックイン端末などの事業は手堅く稼げているものの、技術を応用して他の新事業に広げていかないと会社の未来がない。


西澤ロイ

スピーキングに関しては、最初のうちは身の回りのことを英語で表現してみるのがよい方法です。たとえば電車に乗る際に、「I got on a train.」とつぶやいてみる。このとき、「自分でつぶやくだけでは、文法が正しいかどうかわからない」と思うかもしれませんが、ここでは文法の正しさよりも、間違ってもいいので表現してみることに重きを置きます。最初のうちは理想的な正解を求めずに、自分に可能な表現をしてみればいいのです。


御手洗冨士夫

社長になってから、ずっと考えてきたのは人材の育成です。米ゼネラル・エレクトリック(GE)の役員養成システムを見習おうと、ジャック・ウェルチ(会長)に手紙を書き、研修させてもらいました。こうしてできたのがキヤノン経営塾です。そこで猛訓練を受けた人材が、役員や執行役員として活躍し始めました。これからキヤノンの経営は変わりますよ。


坂戸健司

書類を捨てるときのポイントは、二度と手に入らないもの以外は保管しないことです。PDFファイルやウェブ上で確認できる書類は思い切って処分するのです。