名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

坂井辰史の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坂井辰史のプロフィール

坂井辰史、さかい・たつふみ。日本の経営者。「みずほフィナンシャルグループ」社長。石川県出身。東京大学法学部卒業後、日本興業銀行(のちの、みずほ銀行)に入行。みずほコーポレート銀行執行役員、みずほ銀行執行役員グループ企画部長、みずほフィナンシャルグループ常務、みずほ銀行常務、みずほ証券社長などを経てみずほフィナンシャルグループ社長に就任。

坂井辰史の名言 一覧

昔の延長でこれからの1年、2年を考えていては、この大変革の時代を勝ち残るどころか、生き残ることすらできない。自ら変化をつくり出して、お客様により付加価値を提供するという観点で、金融のバリューチェーンを引き寄せるくらいのエネルギー、パワーがないといけない。


バブル崩壊後の「失われた20年」で、守りに傾きがちだったり、失敗しないことを優先しがちな傾向に陥っていたのではないか。この意識改革をしなければ収益力の強化は果たせない。


レガシーのコストを落としながら、新しい分野に経営資源を再配分していくことが「稼ぐ力」を強化するためには極めて重要。


世の中が変化していく中で我々は、経済、社会、人々の生活に何をもたらすことができるのかという結果の部分について、もっとフォーカスしていくべき。


(就活のとき)自分があまりサラリーマンに向くとは思っていなかったが、先輩方の話を聞く中で金融業は経済、社会、世界を幅広く見ることができる仕事だということを痛感した。金融業は面白いのではないかと考えて志望した。


異業種とは戦いがある一方で、新たなビジネスモデル、テクノロジーを謙虚に採り入れていく必要がある。テクノロジー企業に対して金融業は衰退産業で、構造不況業種だという見方があるのは承知しているし、そのリスクはあると思っているが、私自身は十分戦えると思っている。


銀行預金に眠っている資金をリスクマネーとして市場に供給していくことが重要。銀行、信託、証券が個別にサービスするのではなく、あらゆる金融機能を駆使し、お客様に対してトータルで利便性、効率性の高いサービスをご提供できるかが勝負。


(17年に発表した抜本的構造改革は)ややもすると、人員や店舗の削減が先行して報道されたきらいはあるが、金融業を取り巻く構造が変わっていく中で、経営資源を再配分していくために、より筋肉質にしていくための取り組みです。


坂井辰史の経歴・略歴

坂井辰史、さかい・たつふみ。日本の経営者。「みずほフィナンシャルグループ」社長。石川県出身。東京大学法学部卒業後、日本興業銀行(のちの、みずほ銀行)に入行。みずほコーポレート銀行執行役員、みずほ銀行執行役員グループ企画部長、みずほフィナンシャルグループ常務、みずほ銀行常務、みずほ証券社長などを経てみずほフィナンシャルグループ社長に就任。

他の記事も読んでみる

川越達也

最近僕は新しい店舗を2店オープンしました。これまでにも店舗を増やすチャンスは何度もありました。ここに来て実行に踏み切ったのは、「自分に欠けていたことをやってみよう」と思ったからです。


蓮舫

ハウツーはあくまでハウツーで、「何が自分に合うか」は千差万別。だからこそ、まずは自分を知ることが不可欠だと思うんです。「よく見せたい」「かっこつけたい」の前に自分が伝えたい本当の声で、誠実にコミュニケーションすればいいと思います。背伸びせずにね。それができたとき身の周りが変わり、地域が変わり、日本が変わると思いますよ。


サミュエル・スマイルズ

失った富は努力によって、失った知識は勉学によって、失った健康は節制することや医療によって取り戻せるが、失った時間は永久に失われたままだ。(Lost wealth may be replaced by industry, lost knowledge by study,lost health by temperance or medicine, but lost time is gone forever.)


岡本太郎

自信はない、でもとにかくやってみようと決意する。その一瞬一瞬に賭けて、ひたすらやってみる。それだけでいいんだ。また、それしかないんだ。


福沢諭吉

世間の教育家と称する者たちは、ややもすれば自分の信ずるところに偏りがちで、教育に極端に重きを置き過ぎ、ひたすら勉強勉強と唱えて、勉強さえすれば愚者も変じて知者となるようにはやし立てる者が多い。しかし、実際の教育の効能は、生まれ付き備わっている能力の生育を助けて、よい方向に導き、到達可能なところまで到達させるということだけにある。


フレデリック・パールズ

わたしはわたし、あなたはあなた。
あなたはあなた、わたしはわたし。


玉塚元一

自律型の人間は、矢印が自分に向いています。つまり、目の前の障壁に対して自分で乗り越えようとする人です。ひとつの方向を試してみて上手くいかなければ、別の方法を試してみる。それでも成果が出ない場合、「まだ動き切れていない」「ほかにできることはないか」と考えて、徹底的にやりきろうとします。


新川義弘

私も飲食業の経営者として、お客様の満足を優先したいという気持ちを持っています。タバコを吸う方であれ吸わない方であれ、私たちの店で料理やお酒を楽しんでいってほしいと心から願っています。ただ、僕はそれだけではないと思うんです。こういう問題では、お客様の満足以上に、従業員がどう感じるかということのほうが大事です。私たちのスタッフは、お客様と空間を共有して働いています。店内でタバコを許せば、受動喫煙の害を受けるのは彼らです。だから、ある店で喫煙を認めるかどうかを決めるときには、最初に店長以下スタッフの声を十分に聞くようにしています。いくらお客様のためでも、スタッフが嫌がるならその店はもちろん禁煙にします。


尾山基

ブランド戦略で、僕がアッと思ったのはニューバランスです。過去に米国でニューバランスのバスケットシューズを出したんです。けれども、米国人は誰もニューバランスがバスケットシューズのブランドだと思っていなかった。ランニングシューズでしょうと。バスケットはナイキ、アディダスでしょうということで、結局売れなかったんです。これは怖い。アシックスも同じように、ランニングのスペシャリストと刷り込まれてしまうとまずい。


岡倉天心

偉大な思想で簡単に説くことのできるものなどありはしない。


泉谷直木

「ただでさえ忙しいのに、やるべき課題をいくつも抱えたらもっと大変になる」と思うかもしれません。しかし複数の課題があれば、どこかの時点で別の課題に乗り換えられます。たとえ一つの課題がうまくいかなくても、もう一つの課題に手を着けてみれば、そちらはうまくいくかもしれない。すると元の課題に戻ったときも、前向きに取り組めます。


永谷研一

行動習慣を続けるだけでは、目標達成に近づきません。振り返りが重要になってきます。