名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

坂井辰史の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坂井辰史のプロフィール

坂井辰史、さかい・たつふみ。日本の経営者。「みずほフィナンシャルグループ」社長。石川県出身。東京大学法学部卒業後、日本興業銀行(のちの、みずほ銀行)に入行。みずほコーポレート銀行執行役員、みずほ銀行執行役員グループ企画部長、みずほフィナンシャルグループ常務、みずほ銀行常務、みずほ証券社長などを経てみずほフィナンシャルグループ社長に就任。

坂井辰史の名言 一覧

昔の延長でこれからの1年、2年を考えていては、この大変革の時代を勝ち残るどころか、生き残ることすらできない。自ら変化をつくり出して、お客様により付加価値を提供するという観点で、金融のバリューチェーンを引き寄せるくらいのエネルギー、パワーがないといけない。


バブル崩壊後の「失われた20年」で、守りに傾きがちだったり、失敗しないことを優先しがちな傾向に陥っていたのではないか。この意識改革をしなければ収益力の強化は果たせない。


レガシーのコストを落としながら、新しい分野に経営資源を再配分していくことが「稼ぐ力」を強化するためには極めて重要。


世の中が変化していく中で我々は、経済、社会、人々の生活に何をもたらすことができるのかという結果の部分について、もっとフォーカスしていくべき。


(就活のとき)自分があまりサラリーマンに向くとは思っていなかったが、先輩方の話を聞く中で金融業は経済、社会、世界を幅広く見ることができる仕事だということを痛感した。金融業は面白いのではないかと考えて志望した。


異業種とは戦いがある一方で、新たなビジネスモデル、テクノロジーを謙虚に採り入れていく必要がある。テクノロジー企業に対して金融業は衰退産業で、構造不況業種だという見方があるのは承知しているし、そのリスクはあると思っているが、私自身は十分戦えると思っている。


銀行預金に眠っている資金をリスクマネーとして市場に供給していくことが重要。銀行、信託、証券が個別にサービスするのではなく、あらゆる金融機能を駆使し、お客様に対してトータルで利便性、効率性の高いサービスをご提供できるかが勝負。


(17年に発表した抜本的構造改革は)ややもすると、人員や店舗の削減が先行して報道されたきらいはあるが、金融業を取り巻く構造が変わっていく中で、経営資源を再配分していくために、より筋肉質にしていくための取り組みです。


坂井辰史の経歴・略歴

坂井辰史、さかい・たつふみ。日本の経営者。「みずほフィナンシャルグループ」社長。石川県出身。東京大学法学部卒業後、日本興業銀行(のちの、みずほ銀行)に入行。みずほコーポレート銀行執行役員、みずほ銀行執行役員グループ企画部長、みずほフィナンシャルグループ常務、みずほ銀行常務、みずほ証券社長などを経てみずほフィナンシャルグループ社長に就任。

他の記事も読んでみる

岩崎博之(経営者)

創業からしばらく、カネもモノもない状況ではヒトだけが頼りでした。当社が最初に病院経営用のパッケージソフトを作ったのは起業直後でお金がほとんどない時のことです。開発会社数社に声をかけ、ビジネスの青写真を説明してソフト開発を依頼しました。「ただしモノが売れるまで開発費は1円も払えません」という条件付きです。とてつもない無理難題ですが、ある開発会社の社長がすぐに手を挙げて「僕が作ってあげるよ」と言ってくれました。また、ある人は出来上がったパッケージソフトを「これはすごいね」と認めてくれ、売り込む病院を紹介してくれました。営業にも一緒についてきてくれました。会社で一緒に働いてくれる人はとても大事な存在です。積極的に対話し、決してウソはつかない、自らの不利益になっても約束は守るといったことに気を配り、良い関係を築けるよう心がけました。


宮本彰

会議に上がった商品企画は8割方GOサインを出します。誰かが可能性を感じれば賭けてみる。


アルバート・アインシュタイン

結果というものにたどり着けるのは、偏執狂だけである。


南淵明宏

私は、人間の行動の基盤は不安だと思います。ネガティブな状態に落ちていく自分を嫌悪する心理です。12万年前、南アフリカの海岸べりの洞窟を出て歩き出したのが人類の繁栄の始まりでした。なぜ歩き出したかといえば、不安だったからでしょう。「ここにとどまっていたら、明日の食事がとれないんじゃないか」「子供が餓死してしまうんじゃないか」と。現代人が勉強して東大を目指したり、つらい仕事を頑張ったりするのも、不安だからでしょう。ですから、難局に当たっても、不安から目をそらしてはいけない。不安を正視するだけでなく、凝視すべきだと思います。


ジェリー・ヤン

我々は成功にあぐらをかかないように律していかなければならない。


小路明善

数字やデータだけで決断できるなら、コンピュータにやらせればいい。でも、商品の味やパッケージをよいと思うかどうかは、感性の世界です。そこは人間にしか判断できないこと。そして感性を磨くには、マーケットに出てお客様や流通関係者の方の生の声を繰り返し聞くしかない。私も社内の会議は月曜にまとめて入れるようにして、火曜から金曜は外へ出てマーケットに足を運ぶようにしています。それを積み重ねることでしか、自分の感性に自信をもつことはできませんから。


チャールズ・ケタリング

過去に興味はない。未来に興味がある。なぜなら、そこで残りの人生を過ごすことになるからだ。 n


高村祐規子

人気があるからといって、自分の仕事に関係のない資格を取ってはいけません。資格を取得する際は、「方向性」「キャリアの紐付け」「求人があるか」の3点が重要。まず方向性が合っていなければ、勉強も長続きしません。そして自分のスキルに関係のない資格を取っても、活かすことができません。また転職に資格を活かそうとしても、求人がなければ、取る意味がありません。逆に言うと、これらをしっかりすれば、資格は大きな武器になるのです。


三谷樹

システム手帳はバイブルサイズが最も一般的だ。システム手帳のいいところは、リフィルを取り換えることで自分の好みの構造にできることだが、リフィルを足せばいいという意識によって、非常に厚ぼったくなる傾向がある。手帳の重要な機能として携帯性は外せない。持ち歩くことがおっくうになるほど分厚くなるくらいなら、年々ノートタイプを買い替える方が賢い。


天坊昭彦

本社経理部の国際金融課に配属されて、為替の勉強をしたことが大きかったですね。当時の上司によくいわれたのが、「目の前でレートが上下しているのを見ているだけではダメだ」ということです。相場変動の裏には、たとえば日米の貿易問題があったり、大きな事件が潜んでいたりする。それらが、どんな形で為替に影響を与えるのか。国際金融をやっていると、そうした考え方をするようになります。


筒井康隆

最初の本を出すまでは、結構、悩んだというか、試行錯誤の連続でした。一言でいえば、文章が下手だったんです(笑)。三人称でうまく書けず、視点というのも、よくわかってなかったですから。どうしたか? もともと僕は役者志望だったので、「自分が主人公になったつもりで書けばいいんじゃないか」と思ってね。一人称の「おれ」で書きだし、一時期、何でもかんでも「おれ、おれ」でしたよ(笑)。自分で暴れ、ドタバタやってればいいんだと。感情移入じゃなく肉体移入だな(笑)。


沢渡あまね

上司に頼まれて作った資料を見せたら、全然違うと突き返され、最初からやり直すことに……会社でよく見られる光景です。これは、上司と部下の認識のズレに加え、資料を最初から完璧に仕上げようという心理が働いています。まずは、その仕事の「目的は何か」「必要な資料などのインプットに何を使うか」「成果物のイメージはどのようなものか」「影響を受ける関係者は誰と誰か」「進め方をどうするか」。仕事を与える/受ける際この5要素を双方ですり合わせしておきましょう。