名言DB

9419 人 / 110788 名言

坂井宏行の名言

twitter Facebook はてブ

坂井宏行のプロフィール

坂井宏行、さかい・ひろいき。日本のフランス料理人。「ラ・ロシェル」オーナーシェフ。日本統治時代の朝鮮生まれ、鹿児島県育ち。17歳で料理の道に進む。ホテル新大阪、ホテルオリエンタル(オーストラリア)、四季(銀座)などで修業。「ココ・パームス」「西洋膳所 ジョン・カナヤ麻布」でシェフを務めたのち「ラ・ロシェル」をオープン。フジテレビ料理対決番組『料理の鉄人』に「フレンチの鉄人」として出演したことでも知られている。

坂井宏行の名言 一覧

失敗したら周囲の人、スタッフと共有する。そうすることで、同じミスをすることがなくなり、周囲との信頼関係もつくることにつながっていく。


日頃から整理整頓する。失敗は不注意や散漫な心から起きるもの。常に段取りよくやる姿勢で日々臨めば、周囲に迷惑をかけるようなミスを防げる。


断る勇気を持つことが大切。健康管理を徹底している。最高の料理をつくるためには、自身の健康が第一。体調が悪いときはつくらない勇気を持つことがお客への誠意。パーフェクトなサービスを提供できない時には断る勇気も必要。


坂井宏行の経歴・略歴

坂井宏行、さかい・ひろいき。日本のフランス料理人。「ラ・ロシェル」オーナーシェフ。日本統治時代の朝鮮生まれ、鹿児島県育ち。17歳で料理の道に進む。ホテル新大阪、ホテルオリエンタル(オーストラリア)、四季(銀座)などで修業。「ココ・パームス」「西洋膳所 ジョン・カナヤ麻布」でシェフを務めたのち「ラ・ロシェル」をオープン。フジテレビ料理対決番組『料理の鉄人』に「フレンチの鉄人」として出演したことでも知られている。

他の記事も読んでみる

馬場正尊

大手にしかやれないことと、僕たちのような小さな組織だからこそできることで、社会的には役割分担をしている。そんなふうに考えています。


ジョセフ・バウアー

社内と社外の両方の視点を持つ人は、世界が向かう方向と自分の描くビジョンが正しいかどうかを見極めることができます。それゆえ、本当に変化が必要かどうかもわかっています。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

40代ビジネスマンにお勧めしたいのは、「戦略的手抜き」。「力の入れどころ・抜きどころ」がわかる年齢であればこその働き方を確立することです。


泉谷閑示

「主観的な疲れ」は、やりたくないことをやらされているときに、いっそう大きくなります。人間は、仕事などを不本意ながらやらされていると、実際の疲れ以上に疲れを感じるものです。疲れを感じている人は、まず「納得していないことをやらされているのではないか」と自分に問いかけてみてください。


出雲充

「文系」「理系」という学問の分け方の是非は置いておいて、両方やっているとすごく楽しいですし、数学とか理系の分野に対する苦手意識もなくなる。


浜田健一郎

各国の航空会社で組織するアライアンスに加盟して以降は、ネットワーク戦略やレベニューマネジメントなど、航空事業の根幹に関わる考え方を、海外のキャリアから大いに学びました。


柳井正

傲慢になると、人は小さなこと、部下のちょっとした心の変化などに気づけなくなる。


喜多洲山

スムーズな事業承継には様々な手法が考えられますが、最近はM&Aを活用したケースが増えています。当社の場合は単に今ある会社を売却するのではなく、きめ細かなコンサルティングによって会社をきっちりと再生し企業価値を高めた上で、売却先を探すようにしています。


ウィリアム・A・コーエン

高い倫理観を持てば、自分自身に確信を持つことができ、そのように行動するようになる。


青木仁志

ネガティブな感情を引きずってしまうと、「人が信じられない」と思ってしまいます。すると、その後出会う人の縁が全部切れてしまうんですよ。そこで学習したことを次にどう生かすかを考えて、前を向く。そう、トータルで考えると、マイナスよりもプラスのほうが大きくなっていくのです。