名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

坂井宏行の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坂井宏行のプロフィール

坂井宏行、さかい・ひろいき。日本のフランス料理人。「ラ・ロシェル」オーナーシェフ。日本統治時代の朝鮮生まれ、鹿児島県育ち。17歳で料理の道に進む。ホテル新大阪、ホテルオリエンタル(オーストラリア)、四季(銀座)などで修業。「ココ・パームス」「西洋膳所 ジョン・カナヤ麻布」でシェフを務めたのち「ラ・ロシェル」をオープン。フジテレビ料理対決番組『料理の鉄人』に「フレンチの鉄人」として出演したことでも知られている。

坂井宏行の名言 一覧

失敗したら周囲の人、スタッフと共有する。そうすることで、同じミスをすることがなくなり、周囲との信頼関係もつくることにつながっていく。


日頃から整理整頓する。失敗は不注意や散漫な心から起きるもの。常に段取りよくやる姿勢で日々臨めば、周囲に迷惑をかけるようなミスを防げる。


断る勇気を持つことが大切。健康管理を徹底している。最高の料理をつくるためには、自身の健康が第一。体調が悪いときはつくらない勇気を持つことがお客への誠意。パーフェクトなサービスを提供できない時には断る勇気も必要。


坂井宏行の経歴・略歴

坂井宏行、さかい・ひろいき。日本のフランス料理人。「ラ・ロシェル」オーナーシェフ。日本統治時代の朝鮮生まれ、鹿児島県育ち。17歳で料理の道に進む。ホテル新大阪、ホテルオリエンタル(オーストラリア)、四季(銀座)などで修業。「ココ・パームス」「西洋膳所 ジョン・カナヤ麻布」でシェフを務めたのち「ラ・ロシェル」をオープン。フジテレビ料理対決番組『料理の鉄人』に「フレンチの鉄人」として出演したことでも知られている。

他の記事も読んでみる

夏原平和

チェーンストア化するにつれ、商品やオペレーションを標準化、専門化、単純化する必要があります。ただ、標準化を画一化と捉え、どの店も同じような品ぞろえ・サービスにする企業がみられますが、平和堂は違う。一定の基準はあるものの、地域性によって変化を加え、楽しい売り場づくりを優先しています。


小森伸昭

保険を売るだけではダメで、体温などを測り、食事や運動を通して健康をつくる。そんな「予防型」の保険会社が目標です。


市川平三郎

いま、社会で評価されている技術のもとになったアイデアの多くは、私たちのように、20代30代のときに発想されたものです。逆に言えば、この年代にしか画期的なアイデアは浮かばないでしょう。ビジネスマンでも同じこと。パッと何かのアイデアがひらめいたら、その実現に向かって突進すべきだと思います。


浅野純次

言語は文化そのものである。自らの言語を守ることは、世界中の特に少数民族にとって極めて重要な課題となっている。


粟田貴也

起業当時は、めげることのほうが多かったですよ。自分には店をもつなんて無理なのかな、という思いも去来しました。まだ若く、商売に精通していたわけではなかったので、狙って正解が出せるなんてことはあり得ません。模索して、あれもこれもと試していくなかで結果が出てきたという感じです。また起業してしばらくは資金繰りなども苦しく、借入先ばかりが増え、明日への不安がつねにありました。飛躍のきっかけになったのは、当時まだ地方では珍しかった、女性向けの焼鳥店を出店したことです。これがお陰様で繁盛しました。


吉川廣和

事業の選択と集中を図るなら、たいていの場合は「黒字か赤字か」で判断しますよね。しかし私が掲げた基準は次の3つです。この3つのうち、ひとつでも欠けていたら撤退すると発表しました。たとえその事業が黒字だったとしても。

  1. 将来に向けて、マーケットの成長が期待できるか。
  2. 自社に競争力があるか。または将来勝つ可能性があるか。
  3. 社員にやる気があるか。

紀平正幸

私のおすすめは60歳になってから家を買うことです。子供が生まれた30代のタイミングで買う方が多いのですが、せっかく広い家を買っても老後はたいてい夫婦2人暮らし。築30年ほど経つとリフォームの費用もかかります。ですが定年後に家を買うと、通勤も考慮しなくてすみますし、部屋数も少なくていい。安くて新しい物件で老後を過ごせるのです。


大橋徹二

建設機械を使って道路工事をするのに、お客様はどんな手続きを踏んでどういうふうに進めているのか。夜間の工事もあるだろうし、いろいろな仕事がある。建設機械で掘るというところだけに焦点を当ててやっていればいいという時代ではない。


池野一寛

机上の知識は駄目。技術はエコノミーに乗らないと意味がない。


高嶌幸広

ビジネスの場で、説明下手な人は想像以上に損をしています。仕事で大きな成果をあげたければ、人の心を動かすことが不可欠です。それには、まず相手に自分の話を理解してもらわなければなりませんが、説明下手の人はここでつまずいてしまうわけです。説明力はすべてのビジネスマンが絶対に身につけるべき能力といっても過言ではないでしょう。


藤田晋

いいときに傲慢にならないことが大事ですよね。いいときって、プライドがすごく高くなったり、結構いろんな人を怒らせてしまう。それに、短期的な評価に満足して、長期的に手を打っておかなきゃいけないことをやらなかったりする。そういうことがないように、僕自身も戒めているし、社内でもそう言っています。


小笹芳央

仕事は「人生の一部を切り売りし、いやいやこなすもの」という考えでフィー(報酬)だけもらうのではなく、学べる要素もたくさん詰まっていて自己成長につながることが大切だと思う。