名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

坂井哲史の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坂井哲史のプロフィール

坂井哲史、さかい・てつし。日本の経営者。さかい珈琲などを展開する「J・ART」創業者。岐阜県出身。愛知学院大商学部経営学科を卒業。岐阜プラスチック工業勤務、刀剣製造販売会社「美濃坂」設立を経て、中央食品(のちのJ・ART)を創業。焼肉屋さかい、元町珈琲、さかい珈琲などを展開した。

坂井哲史の名言 一覧

社会に必要とされる事業であること、それは事業の永続性には必要なこと。


好きなんですよ。ハッピー! いいじゃないですか。みんなが笑顔になり、みんなが幸せになる。それが一番! お客様もハッピー、FC店様もハッピー、私たちもハッピー。みんなを笑顔にしていきますよ!

【覚え書き|「Cafeハッピーさかい」の由来について】


おいしいものをお値打ちで提供すれば、お客様は必ず支持してくれる。それが強みです。


これだけ郊外型カフェのブランドが増えると、みんなどこかで他と違う特色を打ち出さなければなりません。そうでないと、立地に恵まれた店舗はともかく、どこかと競合した時に勝てませんよ。


大切なのは本物の味、おいしさの追求と、時代とともに味わいの出る店づくり。


投資を早く回収することよりも、あくまでも事業の永続性に重きを置く。そうすれば味はもちろん、内外装、インテリア、食器、サービスなどすべてにおいて長く愛されることが大事になる。


並行して、もう少し投資金額を抑えた、小さ目の店舗を作ろうと思っています。あんまり慌ててやると失敗するので、ある程度慎重に進めていきますよ。まずは直営を出して、それからフランチャイズにも広げていこうと。


おいしい料理を誰でも作れるようにするのが、本部のノウハウですよ、プロの料理人を使うならチェーン展開する意味がありませんからね。うちには、「焼肉屋さかい」や「元町珈琲」などで外食経験を積んできた優秀なスタッフが揃っているので、こうしたメニュー開発は得意ですよ。


料理は一手間加えた工夫をし、建物のタイルや食器などにもこだわり、すべてオリジナルのものを使用することによって同業他社やファミレスにはない「本物の価値」が心地よい空間を作り出すのです。これがお客様に支持されるのです。


本格的な食事を提供するのであれば、厨房設備の充実が必要。だから他のチェーンでは簡単にはできないんです。すでにでき上ってしまっている店舗に後から厨房設備を入れるのは大変ですし、コストもかかる。そもそもオーナーがお金を出すとは限りません。「さかい珈琲」は最初からしっかりした食事を提供するつもりで店舗を作っていますから、まったく問題ありません。


「カフェなんだからコーヒーの味で差別化すればいいじゃないか」という意見もあるでしょう。でもチェーン店の場合、これは無理ですよ。こだわり過ぎるとオペレーションが複雑化してしまい、誰もが手軽にできるものではなくなってしまいますからね。だからコーヒー以外の部分で差別化する必要があり、うちの場合はそれをフードでやっているんです。


既存物件を改装したものが多いので、全く同じにはなりませんよね。そもそも僕は、あまり画一的にやらない方がいいと思っています。これ(カフェ)は場所の商売。地域に溶け込んだお店を作るのだから、周りの環境にも配慮する必要がありますね。これは店舗づくりに限ったことではなく、メニューについても同じで、場所によって出す料理を少し変えてもいいと思っています。スターバックスだって基本のベースは同じでも、作りは店によってだいぶ違いますよね。レンガを使っている店舗もありますしね。


大手チェーンは(フランチャイズ店舗の)建築費に利益を乗せているらしいけど、うちはそこで稼ごうとは思っていません。だから設計の指定はありますが、工事はどこでも好きなところを使えるようにしています。そうでないと投資効率が悪くなってしまいますからね。建築坪単価や家賃を抑えて、事業的な魅力を高めていかないと。


私が岐阜で、「元町珈琲」の1号店を出したのは2004年の終わり頃。あれから13年経ってこの業態は、そろそろビジネスモデルを見直さなければならない時期に差し掛かってきたと思う。当時から郊外型カフェのチェーンはいくつかありましたけど、どこも食事には力を入れていなかった。だから「元町珈琲」も、トーストやサンドウィッチ程度しか出していませんでした。しかし今後は、フードに力を入れていかないと競争に勝てないと思います。しかも、封を切って出すだけの中途半端なものはすぐに飽きられてしまうので、しっかりと手をかけた美味しい商品を出す必要があります。


坂井哲史の経歴・略歴

坂井哲史、さかい・てつし。日本の経営者。さかい珈琲などを展開する「J・ART」創業者。岐阜県出身。愛知学院大商学部経営学科を卒業。岐阜プラスチック工業勤務、刀剣製造販売会社「美濃坂」設立を経て、中央食品(のちのJ・ART)を創業。焼肉屋さかい、元町珈琲、さかい珈琲などを展開した。

他の記事も読んでみる

冨安徳久

本当にすごい企業とは、社長ではなく社員がすごい会社です。そこに勤めている従業員が理念や想いを理解して、指示・命令を出さずとも機能する会社。そして、社員がすごい会社こそ、信頼を築いていけるのです。


塚本勲

絶えず勉強することを怠らず、需要を先取りして新しいことを早め早めに手がけていけば、まだまだ発展できます。


胡厚崑(ケン・フー)

イノベーションに関して、ファーウェイは2つのポリシーを重視しています。一つは「顧客のニーズに応じて、イノベーションに取り組むこと」。もう一つが「オープンな協力関係を築くこと」。


名越康文

自分が好きで意欲を持てることに取り組むのは、一見楽なことのように見えます。しかし、たとえ好きな仕事だとしても、体調が整っていなければ決して楽ではないのです。


松原泰道

今の若い方は本を読まなくなったといいます。読書をしないと、物事を咀嚼する力がなくなるし、まず話の種がなくなる。ちょっと深い話になるとお手上げで、浅い判断しかできなくなる。


斉藤惇

日立製作所の中西宏明さんや、東原敏昭さんといった方々の経営を見ていると、本当は社外取締役など必要ないと思うんです。驕ってはいけないということを、あの方々自身が認識されていますからね。ですが、そんな会社でも社外取締役制度を導入するところに素晴らしさがあるんです。


新浪剛史

若い人にはファイナンスのほかに、歴史も勉強してほしい。「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」の言葉通りですよ。


了徳寺健二

両親から特別に何か言われたわけではありませんが、「義理を果たせ」という言葉は印象に残っていますね。要するに、人に感謝して、恩には報いよということですね。


地井武男

俳優養成所の15期の仲間がいなかったら、いまの僕はなかったでしょうね。個性的な仲間から生命力を学ばなかったら、俺なんかとっくに消えていたと思う。ほんと、感謝してますよ。まあ。仲間だけに、ときには腹立つときもあるけどね(笑)。


村上龍

とにかく人生をサバイバルして生き抜くためにはどうしたらいいか、という風に、発想を変えてみたらどうでしょうか。「安定を得る」ではなく「生き延びる」というスタンスで、考えてみてください。


松本晃(経営者)

社員が求めていることを理解すことも大事。経営者の要望と社員の要望のマッチングがあって、初めて人は動く。これは部長や課長と部下との間でも、相手にする人数は違うけれども、原理原則は変わらない。


中村天風

宇宙の真理に背いた、自分本位の欲望でもって、しようとしたことは、そう滅多に成功するものではない。事業に成功するのは、自分が欲望から離れて、何かを考えたときに、また、その考えたことを実行したときに成功するのだ。