名言DB

9419 人 / 110788 名言

坂井哲史の名言

twitter Facebook はてブ

坂井哲史のプロフィール

坂井哲史、さかい・てつし。日本の経営者。さかい珈琲などを展開する「J・ART」創業者。岐阜県出身。愛知学院大商学部経営学科を卒業。岐阜プラスチック工業勤務、刀剣製造販売会社「美濃坂」設立を経て、中央食品(のちのJ・ART)を創業。焼肉屋さかい、元町珈琲、さかい珈琲などを展開した。

坂井哲史の名言 一覧

社会に必要とされる事業であること、それは事業の永続性には必要なこと。


好きなんですよ。ハッピー! いいじゃないですか。みんなが笑顔になり、みんなが幸せになる。それが一番! お客様もハッピー、FC店様もハッピー、私たちもハッピー。みんなを笑顔にしていきますよ!

【覚え書き|「Cafeハッピーさかい」の由来について】


おいしいものをお値打ちで提供すれば、お客様は必ず支持してくれる。それが強みです。


これだけ郊外型カフェのブランドが増えると、みんなどこかで他と違う特色を打ち出さなければなりません。そうでないと、立地に恵まれた店舗はともかく、どこかと競合した時に勝てませんよ。


大切なのは本物の味、おいしさの追求と、時代とともに味わいの出る店づくり。


投資を早く回収することよりも、あくまでも事業の永続性に重きを置く。そうすれば味はもちろん、内外装、インテリア、食器、サービスなどすべてにおいて長く愛されることが大事になる。


並行して、もう少し投資金額を抑えた、小さ目の店舗を作ろうと思っています。あんまり慌ててやると失敗するので、ある程度慎重に進めていきますよ。まずは直営を出して、それからフランチャイズにも広げていこうと。


おいしい料理を誰でも作れるようにするのが、本部のノウハウですよ、プロの料理人を使うならチェーン展開する意味がありませんからね。うちには、「焼肉屋さかい」や「元町珈琲」などで外食経験を積んできた優秀なスタッフが揃っているので、こうしたメニュー開発は得意ですよ。


料理は一手間加えた工夫をし、建物のタイルや食器などにもこだわり、すべてオリジナルのものを使用することによって同業他社やファミレスにはない「本物の価値」が心地よい空間を作り出すのです。これがお客様に支持されるのです。


本格的な食事を提供するのであれば、厨房設備の充実が必要。だから他のチェーンでは簡単にはできないんです。すでにでき上ってしまっている店舗に後から厨房設備を入れるのは大変ですし、コストもかかる。そもそもオーナーがお金を出すとは限りません。「さかい珈琲」は最初からしっかりした食事を提供するつもりで店舗を作っていますから、まったく問題ありません。


「カフェなんだからコーヒーの味で差別化すればいいじゃないか」という意見もあるでしょう。でもチェーン店の場合、これは無理ですよ。こだわり過ぎるとオペレーションが複雑化してしまい、誰もが手軽にできるものではなくなってしまいますからね。だからコーヒー以外の部分で差別化する必要があり、うちの場合はそれをフードでやっているんです。


既存物件を改装したものが多いので、全く同じにはなりませんよね。そもそも僕は、あまり画一的にやらない方がいいと思っています。これ(カフェ)は場所の商売。地域に溶け込んだお店を作るのだから、周りの環境にも配慮する必要がありますね。これは店舗づくりに限ったことではなく、メニューについても同じで、場所によって出す料理を少し変えてもいいと思っています。スターバックスだって基本のベースは同じでも、作りは店によってだいぶ違いますよね。レンガを使っている店舗もありますしね。


大手チェーンは(フランチャイズ店舗の)建築費に利益を乗せているらしいけど、うちはそこで稼ごうとは思っていません。だから設計の指定はありますが、工事はどこでも好きなところを使えるようにしています。そうでないと投資効率が悪くなってしまいますからね。建築坪単価や家賃を抑えて、事業的な魅力を高めていかないと。


私が岐阜で、「元町珈琲」の1号店を出したのは2004年の終わり頃。あれから13年経ってこの業態は、そろそろビジネスモデルを見直さなければならない時期に差し掛かってきたと思う。当時から郊外型カフェのチェーンはいくつかありましたけど、どこも食事には力を入れていなかった。だから「元町珈琲」も、トーストやサンドウィッチ程度しか出していませんでした。しかし今後は、フードに力を入れていかないと競争に勝てないと思います。しかも、封を切って出すだけの中途半端なものはすぐに飽きられてしまうので、しっかりと手をかけた美味しい商品を出す必要があります。


坂井哲史の経歴・略歴

坂井哲史、さかい・てつし。日本の経営者。さかい珈琲などを展開する「J・ART」創業者。岐阜県出身。愛知学院大商学部経営学科を卒業。岐阜プラスチック工業勤務、刀剣製造販売会社「美濃坂」設立を経て、中央食品(のちのJ・ART)を創業。焼肉屋さかい、元町珈琲、さかい珈琲などを展開した。

他の記事も読んでみる

郡山史郎

誰でも、定年後にやりたい仕事に就けるわけではありません。定年後の求人の大半は、ビル清掃員など肉体的にキツい仕事が多い。ホワイトカラーとしての再就職がほぼ不可能なのは、私自身、痛感しています。だから、個人事業主として事業を起こすのがいいと思っています。そのためには30、40代から準備することが不可欠。


松井稼頭央

やっぱり一度、優勝の味を知ると何度でもビールかけしたくなる。そのために年齢も年齢なんで、大きなケガなく戦えるようにオフから準備して、まずキャンプにいい状態で入ることが目標です。


野口美佳

仕事のできる人の条件は、なにより「仕事をややこしくしない人」ですね。仕事をややこしくする人は、仕事ができるとはいえません。5分で説明できることを40分も話していたり、書類ばかり作っていたり、メールの量をどんどん増やしていたり……。「シンプルに効率よく」が仕事の基本だと思います。


プブリウス・シルス

あなたの友人への忠告は密かに行い、称賛は公に大々的に行え。


森川亮

目的やビジョンがないと、人やお金がなかなか集まらない。単に「社長になりたい」「お金を儲けたい」という自己中心的な人には、人はついていきたくないし、お金も出したくないものです。


小島貴子

総務を例に挙げると、事務能力だけではなく、コンサルティングスキルや折衝能力も必要とされる。「自分はずっと総務畑だったから」などと決め付けないで、分解した能力に沿って志望の職種や業界を広げれば、再就職が成功する可能性が高まる。


武藤潤(経営者)

私は新会社で改革推進の旗振り役になる予定です。社員一人ひとりが指示や命令に頼らなくても、いい仕事ができるような企業文化を定着させていきたい。


白石康次郎

言うまでもなく、心・技・体はつながっていますから、その連携をしっかり意識して、調和させなければ、自分自身をベストな状態に保つことはできません。


松本和也

「ざっくり→しっかり」話法が効果的。まず、その話の要点を「ざっくり」と話し、その後でその内容を「しっかり」と話す。聞き手にとっても最初に要点が来るのでわかりやすいし、話し手にとっても言いたいことを先に言ってしまうので、頭が整理でき、気持ちが楽になります。


尾堂真一

今後、内燃機関がなくなれば、当社の主力製品は不要になる。そうなったらもはや手遅れだ。稼いでいる今のうちに新製品を開発しなければならない。失敗してもいいから、チャレンジすることが必要だ。