名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

坂之上洋子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坂之上洋子のプロフィール

坂之上洋子、さかのうえ・ようこ。日本のブランド経営コンサルタント。米国ハーリントン大学卒業後、建築コンセプトデザイナー、EコマースベンチャーのUS-Style.comマーケティング担当副社長を経て、ウェブブランディング会社Bluebeagleを設立。その後同社を売却し、中国北京でブランド戦略コンサルティングをしたのち帰国。日本グローバルヘルス協会最高戦略責任者、観光庁ビジットジャパン・クリエイティブアドバイザー、東京大学非常勤講師、NPOのブランディングなどを行った。『ニューズウィーク』誌の「世界が認めた日本人女性100人」に選出された。主な著書に『犬も歩けば英語にあたる』『結婚のずっと前』など。

坂之上洋子の名言 一覧

私はゴールまでの半分は段取りに充てるくらいのつもりで、しっかり準備するようにしています。プロジェクトにピッタリの人たちが、気持ちの良い状態で集まっていれば、仕事は自然に勢いがついて前に進みます。


相手が本当に望んでいるものは何か、それは本当に必要なのか。どうすればベストなのかを考え抜くことが大切です。


プロジェクトというのは段取りと人がすべてです。それぞれの作業をどの人にどう頼むかです。根回しも含めてその下準備をしないうちに走り出すと、かえってスピードが鈍ります。


誰と付き合うかを意識することも重要です。学生のころ、CNNの番組で「Look at your closest 8 friends, they are who you are.(あなたの一番身近な友人を8人思い浮かべてください。実は彼らがあなたなのです)」という言葉が流れてきて、衝撃を受けたことがあります。人は友人の存在で大きく左右されます。しかし当時、私は身近に偶然いた友人となんとなく楽しんでいただけで、意識して友人を選ぶということをしていませんでした。


次のステージ、とくに別の分野で活躍するのは難しいと思われがちですが、お金のことを考えて、これなら最低限困らないという自信があれば、飛び込む勇気をもって、大胆にリスクをとる。そういうバランス感覚のあるステップアップをやれるかどうかが肝だと思います。


私の基準は、いま自分が楽しいかどうか、幸せかどうかです。常にその価値基準を物差しに働く場を選択してきました。ただし、その際に気にかけて実行していることは、そこに行ったとき、どうやって食べていくかをきちんと考えることです。たとえば、経験ゼロのIT業界に転職したかったときは、翻訳をマネージするポジションで入れてもらいました。それであれば、自分にもできると思ったからです。入社してから様々なことを吸収し、最終的にはマーケティングの副社長になりました。


アメリカに住んでいたとき、周囲のエグゼクティブたちは、忙しい時間の合間を縫って運動をしていました。どうしてあんなに体を鍛えるのか不思議に思い、友人の社長に聞いたところ、苦しい決断をしなくてはならないとき、それに耐えうる体をつくっておかないと決断が鈍くなってしまうからだと教えてくれました。自分の体の維持を意識していないと、日夜どんどん変化する新しいビジネス環境についていけなくなるからね、という話もしてくれました。


集中力がない私が最近はまっているのは、歩きながらのミーティングです。歩きながらの会議は集中力が途切れず、とても気持ちがいいものです。おそらく有酸素運動が脳に良い刺激を与えるのだと思います。新しいアイデアが次々に湧いたり、話がポジティブな方向に進むので、ぜひおすすめしたいと思います。


いまは社会全体を良くしようという「公」の精神を持つ人たちと時間を過ごしたいとはっきりと意識しています。それが私にとって一番わくわくして楽しく、また人の役に立つ取り組みができるかもしれないと考えるだけで、自分が幸せな気持ちになれるからです。


依頼された仕事で私よりも最適な人材がいると思えば、正直にそう伝え、その仕事を譲ります。短期間では私は損をするかもしれませんが、大切なのは、それによって最良の結果が生まれるということです。そういうことを真摯に続けていくことで、まわりと深い信頼関係をつくることができるのではないかと思います。


私の場合、仕事のオファーをいただいても、いきなり取りかかることはありません。先日、ある企業から新体制になるのでリブランディングをしてくないか、とのオファーがありました。すぐにブランドステートメントやウェブのリニューアルなどの実作業に入るのは簡単です。しかし私はあえてヒアリングにかなりの時間を割きました。その結果、新しく就任する社長が本当に求めているものは、社員の自主性をどう引き出すかであることが見えてきました。いま、このプロジェクトでの私の仕事内容は、新社長が最初に思い描いた内容とはかなり違ってきていると思います。


坂之上洋子の経歴・略歴

坂之上洋子、さかのうえ・ようこ。日本のブランド経営コンサルタント。米国ハーリントン大学卒業後、建築コンセプトデザイナー、EコマースベンチャーのUS-Style.comマーケティング担当副社長を経て、ウェブブランディング会社Bluebeagleを設立。その後同社を売却し、中国北京でブランド戦略コンサルティングをしたのち帰国。日本グローバルヘルス協会最高戦略責任者、観光庁ビジットジャパン・クリエイティブアドバイザー、東京大学非常勤講師、NPOのブランディングなどを行った。『ニューズウィーク』誌の「世界が認めた日本人女性100人」に選出された。主な著書に『犬も歩けば英語にあたる』『結婚のずっと前』など。

他の記事も読んでみる

藤田晋

もし、自分の置かれている現状に不満を抱いている人は、圧倒的な努力をしてみてください。周りの目が変わるかもしれませんし、変わらなくても、自分の仕事に対する考え方は確実に変わるでしょう。


守屋洋

情報収集で重視したいのが人と人とのつながりである。このつながりを通じて、そっと囁いてもらえる情報に貴重なものが多いのである。そのためには、普段から信頼してもらいえる関係を築いておく必要があり、そのための人脈づくりを怠ってはならない。


西田文郎

ビジネス、スポーツ、受験……、成功する人はみんな「自分はできる」というイメージを強く持っています。実はこれ、性格のように思われがちですが、性格ではない。思考の習慣、思考のクセづけなんです。


アリストテレス

幸福は、自ら足れりとする人のものである。


福嶋康博

私は経営上重要な判断を下す際、常に自分の感覚を信じ、それが正しいと感じたら素早く行動に移してきました。


横須賀てるひさ(横須賀輝尚)

簡単に取れる資格は、それだけでは価値は低く差別化ができないのです。ところが2~3の資格を組み合わせると、とたんに自分だけのサービスを提供できる資格になる。


橘フクシマ咲江

相手を知るための最も大事なポイントは、決めつけないことです。女性だから、外国人だから、といったラベルを貼って、先入観を持って対応すると、相手を知るうえで妨げとなります。


冨安徳久

従来の葬儀業界では、リピーターをつくることではなく、一度の葬儀でどれだけ売り上げられるかが重要でした。なぜなら、売上げの一部が自分の手当となるシステムだったからです。必然的に、社員はなるべく価格の高い祭壇を売るようになる。しかし、それでは最も心を傾けるべきご遺族の気持ちが置き去りにされてしまう。絶対にそんなことがあってはならない。社員には「徹底的に遺族の方に尽くす」という精神で仕事をしてもらわなければなりません。


大橋徹二

建設機械を使って道路工事をするのに、お客様はどんな手続きを踏んでどういうふうに進めているのか。夜間の工事もあるだろうし、いろいろな仕事がある。建設機械で掘るというところだけに焦点を当ててやっていればいいという時代ではない。


美崎栄一郎

企画書を作る時に、まず伝えたいキーワードをノートに書き出してみるといいですよ。「親子」とか「医学」とか。そこに、それぞれの魅力を表現するのに必要な要素を加えていく。こうすれば、過剰な説明にはなりにくいと思いますよ。


永井浩二(経営者)

証券業はこの十数年で急速に複雑化してきました。これまでは株や債券の売買や発行を仲介して手数料をいただくビジネスが中心でした。ところが現在では、企業合併や買収、巨額の資金調達など証券会社の果たす役割は大きく広がっているうえ、海外との取引を希望するケースも増えています。当社でも高度で専門的な知識をもつ人材を育ててきました。専門性を高めることは重要です。しかし、自分の業務に責任感をもつあまり、部署ごとにしきたりやルールをつくるようになる。すると他部署の干渉を遠ざけ、異物を排除するようになる。私はずっと「これはおかしいぞ」と感じていました。


サイモン・クーパー(経営者)

リッツ・カールトンにはお客様を喜ばせた感動のエピソードをラインナップで紹介する「ワオ(Wow=感動)ストーリー」という慣例があります。お客様から頂いたお手紙を紹介したり、事例が披露されたりするのですが、感動のおもてなしに惜しみない拍手が送られ、よい仕事を讃えあいます。従業員にとっては、どのような行動が称賛されるべき事例なのかを知る絶好の機会です。