名言DB

9425 人 / 110833 名言

坂下英樹の名言

twitter Facebook はてブ

坂下英樹のプロフィール

坂下英樹、さかした・ひでき。日本のコンサルタント、経営者。「リンクアンドモチベーション」社長。群馬県出身。専修大学商学部卒業後、リクルートを経てリンクアンドモチベーション設立に参画。取締役などを経て社長に就任。

坂下英樹の名言 一覧

従業員に人気があり、採用時には応募者からも、そして株主や顧客からも人気がある企業は、必ず発展する。


組織を変化させなければ生き残れない。


多種多様な人をまとめ上げ、業績を上げていくにはポストや報酬だけでなく「動機付けの技術」が必要。


管理職はトップのメッセージを従業員に伝える結節点。経営者の考えを従業員に伝える、いわば通訳である。


企業の理念や考え方は、細か過ぎても伝わりにくい。シンプル過ぎても概念的になってしまって伝わらない。どれだけ特徴的でエッジが効いた言葉で表現するか。


評価の観点は、どれだけ成果をあげたかという「パフォーマンス」だけでなく、どれだけ成長できたかという「ストレッチ」の部分も重視しています。


研修などの社員教育を含めて、当社は現状否定する機会を非常に多く設けています。個人に対しても部署に対しても常に課題を与え、現状に満足しない風土をつくっているんです。


変化の激しい現在、コミュニケーションの結節点を担えるミドルマネジャー候補の発掘と、育成に対する集中的な投資が、モチベーションカンパニーづくりには欠かせない。経営者のビジョンが明確で、その通訳としてのミドルマネジャーが機能すれば、基本的に業績は上がる。


職場でも、自分がしている仕事について、「自分がなぜその仕事をするのか、その仕事は何のためにやるのか」という情報は得られない。企業の経営者や管理職がそれを適切に伝えられていない。その通訳をするのが当社の仕事のひとつです。


今は、情報の量が多過ぎてそれが逆にストレスになりつつあります。「自分にとってどの情報が有効なのか、何が大事なのか、なぜそれをやるのか」という動機付けが求められていると思います。簡単に言うと、情報の量だけではなく、質が求められている。


最初から潜在顧客はたくさんいて、時代の流れに違和感を抱いていた経営者たちと共に、組織の変革事例を作っていきました。その時担当していたところの多くは、今でも大きな成果を残した模範的変革事例となっています。


モチベーションクライシスの背景には、構造的な問題が潜んでいます。組織である以上、そこには「組織の目標達成」と「個人の欲求充足」の衝突が多かれ少なかれ存在するものです。必然的に、この両者を結び付ける媒介役として「報酬」が必要になります。つまり、従業員から組織の全体目標達成に結び付く貢献活動を引き出すためには、個人に対して、何らかの見返り=「報酬」の提供が不可欠なのです。この「従業員が組織に提供する貢献活動」と「組織が従業員に提供する報酬」の価値交換状態のバランスが良ければ、モチベーションクライシスは起こりにくいものです。ここで言う「報酬」とは「金銭報酬」「地位報酬」のみを意味するものではありません。従業員が魅力的だと感じるモノやコトすべてを包括する「広義の報酬」だととらえなければならないのです。


多くの企業では「信頼関係」というインフラが壊れているにもかかわらず、制度やルールで強制的に従業員の思考や行動を変えようとしてしまいます。バブル崩壊後に導入された「成果主義人事制度」はその典型でしょう。従業員が「自社の行く末」「自分自身のキャリア」を不安視し、会社不信が渦巻く状態では、どんなルール変更が行われても疑心暗鬼が募るだけでしょう。企業がこだわるべきは「信頼の創造」であり、制度の詳細化を突き詰めることではないのです。


「曖昧さ」を残しておく勇気を持つことがルール設定と運用を成功に導く秘訣。その「曖昧さ」を担保するものこそが会社と従業員、あるいは上司と部下との「信頼関係」なのです。想定外の事態について、わざわざルール決めをしておかなくとも、会社と従業員、上司と部下の間に信頼関係さえあれば、「裏切りはないから大丈夫」という暗黙の了解の中で仕事ができるようになります。


坂下英樹の経歴・略歴

坂下英樹、さかした・ひでき。日本のコンサルタント、経営者。「リンクアンドモチベーション」社長。群馬県出身。専修大学商学部卒業後、リクルートを経てリンクアンドモチベーション設立に参画。取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

藤巻幸夫(藤巻幸大)

上手く話せるようになるには、日頃からあらゆることに好奇心を持ち、雑学を仕込んでおくことだ。例え浅くても知識や情報が少しでもあれば、どんな話を振られても、とりあえず話をつなぐことはできるからだ。


稲葉善治

ファナックの制御装置やロボットが一段と使いやすくなるのに伴い、お客様の工場が知能化されて進化していきます。ウィン・ウィンの実績が積み重なる中で、お客様との関係がこれまでより強固になるでしょう。中核となるシステムが一旦導入されれば、他社がひっくり返すのは大変です。今、我々の目の前に極めて大きなビジネスチャンスがあります。積極的に先手を打っていきます。


ベンジャミン・フランクリン

引越し3回は(家が)丸焼けするのと同じ。


永持孝之進

自ら熟慮して、その寸法に合わせて夢を持つ。大言壮語はしない。社会悪に連なるようなことでなければ、自らの考えで、望みを控えめにしても事業を成就する事が出来るものです。


岡本正善

本来人間のメンタルは強いもの。弱気の人はその強い自分に気が付いていないか、それを引き出せていないだけ。本来の強さを出すのに大切なのが「自然体」。一流選手になるほど、自然体になれば自ずと結果が出ることがわかっている。弱気の人は失敗してしまうのではと意識過剰になって、結果として無意識のパワーにブレーキをかけてしまう。


勝海舟

大事をなすには寿命が長くなくてはいけないよ。


坂信弥

私は富山県知事時代、官舎で一人住まいをしていたのだが、それにはわけがある。子供が学校に上がるころになって私は子供たちが官舎に住む弊害を感じた。それは出入りの者が私の娘や息子を「お嬢ちゃん」「お坊ちゃん」とチヤホヤすることだ。私はそんな周りの空気が子供たちを人間的にスポイルするものだと思った。


村山舞(経営者)

お客さまに泣いて感謝されたことによって、仕事が病みつきになる社員もいます。出戻り社員も結構多いんです。当社ではイベントがたくさんあって、燃え尽きて辞めてしまう人もいるのですが、そうした人たちがほかで同じような仕事をしても、泣いて感謝されることはなかなかありません。もう一度やりがいを感じたくなって、戻ってくるスタッフも多くいます。


出口治明

当社でいう「新卒」は30歳未満を意味します。人生の選択肢は、大学を出てすぐ、22歳で就職することだけではないはず。卒業後、大学院でさらに勉強したり、ボランティアやNPOで活動したり、世界を放浪したり。いろいろな人材に集まってもらうため、ライフネット生命では、採用の際にも会社説明会やOB面接は行っていません。ホームページで告知し、入社希望者には字数無制限の論文を提出してもらっています。


村上太一

とにかくいまは仕事が楽しくて仕方ない。抱えていた問題をきれいに解決できるビジネスモデルを考えるのが大好きなんです。仕事なら、夜遅くなってもまったく疲れを感じません。