名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

坂下仁の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坂下仁のプロフィール

坂下仁、さかした・じん。日本のビジネス書作家、お金のソムリエ。大手銀行行員を経て独立。著書に『1冊の「ふせんノート」で人生は、はかどる』『いますぐ妻を社長にしなさい』。

坂下仁の名言 一覧

セミナーの企画に関する付箋はトイレに貼っています。すると、トイレにいる間も考えられるからです。


付箋は安いので、「こんなこと、メモする必要もないか?」ということでも気軽にメモできます。だから、重要な発想を逃さない。


肝心なのが「メモとメモを組み合わせて、良質なアウトプットを導き出せること」。この点こそが「ふせんノート術」の真骨頂です。企画案などをまとめるとき、これまで溜めてきたアイデアを余すことなく活用できるのです。ノートに貼った付箋を見返して、テーマに関連するメモを見つけたら、それをはがし、ノートの最後のページなどにまとめて貼ります。関連するメモを集約するだけで企画案ができあがることは少なくありませんし、並べて眺めていると他のアイデアも思いつきます。この方法のおかげで、仕事の企画案がすぐまとまるようになりましたし、本の構成もスムーズに作れるようになりました。


坂下仁の経歴・略歴

坂下仁、さかした・じん。日本のビジネス書作家、お金のソムリエ。大手銀行行員を経て独立。著書に『1冊の「ふせんノート」で人生は、はかどる』『いますぐ妻を社長にしなさい』。

他の記事も読んでみる

金杉恭三

目指す企業像は、明るく元気な社員がお客様を全力でサポートする会社。


朝倉祐介

私は馬から多くを学びました。どのタイミングで鞭を打つべきか。ときには負荷をかけて修羅場に突っ込まなければいけないときがあります。そうしなければ成長はありません。ただし、つぶしてはいけない。その手綱捌きの重責を実感しているところです。


廣江研

理不尽な規制に直面するたびに役所に申し入れ、活路を開いてきました。


宇佐美進典

社長の仕事は、社員が挑戦する機会をどれだけ会社の中に作れるかだと思います。会社が用意したお仕着せの研修を沢山するよりも、仕事の中で挑戦する機会を若い時から与えてあげることです。その機会もお仕着せではなく、自ら手を挙げて、挑戦することが重要です。だからこそ、覚悟が伴い、挑戦の質を高めていくことが出来るのです。


小飼雅道

あらゆる面でマツダの価値を提供する。これを続けていくことが我々のブランドの最も重要なところだと思うんです。海外からもディーラーのトップをお呼びして、我々の車の販売からサービスに至るまでの考え方を共有しています。ここを外しちゃいけない。


小笹芳央

成長するためにはまず、「自分は常に他者と比較されている」ということを意識してください。もし、社内での自分の評価を上げたければ、同僚と自分を積極的に比較しましょう。


清水浩(電気自動車)

ガソリン車がEVに置き換わったら部品会社が生き残れなくなるという声をよく聞きます。しかし、私は心配いらない、と。新しい技術に置き換わると、マーケットが何倍にも広がるからです。これは過去、人類が経験しています。なぜそうなるかというと、新しく社会に導入される技術には3つの要件があるからです。それは人間にとって「使いやすい」「効率がいい」「つくりやすい」です。ですから、産業が広がるのです。


和田秀樹

いま、全国の小学校で「調べ学習」が流行っています。自分がわからない言葉や事柄に対して、ネットで検索して正解を見つけるのではなく、図書館に行ったり、辞書や百科事典を引いて調べる学習法です。アナログな方法と思う人もいるでしょう。ところが、学校に設置されたパソコンなどのデジタルツールを、あえて使わないのにはメリットがあります。ひと手間かけて答えを探すことで、調べることが正解さえわかればいいという単純作業ではなくなります。また紙媒体の辞書のページをめくることで、調べたい目的以外の単語や図版も目に入る。新たに興味や好奇心が生まれ、さらに知識を広げてくれる効果があるのです。このアナログ式勉強法で自分自身の知識量を増やしてから、デジタルツールを使ったほうが飛躍的な力を発揮できます。


渡辺由美子

最初は、どこかでお手伝いをと思って相手を探したのですが、子供の貧困問題に取り組む団体はほとんどなかったのです。でも問題意識は強かったので、自分で始めてみようと。


浅田すぐる

マジメな人ほど「全部正確に伝えよう」としがち。それが失敗のもとです。まず、その考えを捨てましょう。ポイントを3つに絞ること。全て伝えても、聞く人が3日後に覚えているのはせいぜい3つ。ならば最初から、一番大事な3点に絞って伝えるほうがいい。


奥山清行

イタリア人は、議論の最中はかなりきつい言葉でやり合っても、休憩時間になると何事もなかったように一緒にコーヒーを飲みに行く。そしてまた戻ってくると侃々諤々の議論をやる。なぜ彼らがそんなことをしているのかというと、自分が潜在的にしか考えていなかったことを、自分の言葉の中から探し出したり、相手の発言の中から、本人も気付いていないアイデアを引き抜いてきたりするといった作業を、議論の最中に行っているからです。


唐澤理恵

中高年の男性はあまり鏡を見ないようですが、プレゼン前の企画書と同じように鏡の中の自分を見て、いまのステージに合わせた外見をマネジメントするという意識を持っていただきたい。