名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

坂下仁の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坂下仁のプロフィール

坂下仁、さかした・じん。日本のビジネス書作家、お金のソムリエ。大手銀行行員を経て独立。著書に『1冊の「ふせんノート」で人生は、はかどる』『いますぐ妻を社長にしなさい』。

坂下仁の名言 一覧

セミナーの企画に関する付箋はトイレに貼っています。すると、トイレにいる間も考えられるからです。


付箋は安いので、「こんなこと、メモする必要もないか?」ということでも気軽にメモできます。だから、重要な発想を逃さない。


肝心なのが「メモとメモを組み合わせて、良質なアウトプットを導き出せること」。この点こそが「ふせんノート術」の真骨頂です。企画案などをまとめるとき、これまで溜めてきたアイデアを余すことなく活用できるのです。ノートに貼った付箋を見返して、テーマに関連するメモを見つけたら、それをはがし、ノートの最後のページなどにまとめて貼ります。関連するメモを集約するだけで企画案ができあがることは少なくありませんし、並べて眺めていると他のアイデアも思いつきます。この方法のおかげで、仕事の企画案がすぐまとまるようになりましたし、本の構成もスムーズに作れるようになりました。


坂下仁の経歴・略歴

坂下仁、さかした・じん。日本のビジネス書作家、お金のソムリエ。大手銀行行員を経て独立。著書に『1冊の「ふせんノート」で人生は、はかどる』『いますぐ妻を社長にしなさい』。

他の記事も読んでみる

新谷学

デスクには、自分の下にいる記者をリアルタイムで事細かく把握しておくよう指示しています。仕事がうまくいってるか否か、将来目指す方向、体調やモチベーション、記者同士の相性等々。「こいつは調子よくないな」という予断で見ていると間違えますから、密にコミュニケーションを取って、サシの人間関係を持ってほしいと伝えています。


山田真哉

割り算はパッと見た印象で判断すると惑わされる数字を、見破る手段として有効。数字を見たら、まず割り算をするというクセをつけてください。これは企業の決算書の分析でも同じ。数字に強くなるための基本。


本庄八郎

どの国でも、海外へ出ていく時は肚を括らなければいけない。投資したカネがなくなってもいい、というぐらいの覚悟が必要。


小池龍之介(小池龍照)

欲望や怒りそのものを乗り越えるためにはまず、「自分が」「自分の」「自分に」「自分を」という自我を乗り越える必要があります。


福沢諭吉

一家の生計を立てるのも学問です。商売をするのも学問です。時代の動きを察知するのもまた学問なのです。和漢洋の書物を読むことだけが学問であるという考え方は正しくありません。


神田有宏

デジタル化の時代にもかかわらず、アナログなDMに依存しているようでは、マーケティングの基礎となるデータは作れない。


国吉拡

モチベーションをもっとも手っ取り早くアップさせる方法は、モチベーションの高い人のそばにいること。しかしながら、必ずしも周囲に、そうした人がいるとはかぎりません。自分自身でモチベーションを維持していくことが必要です。そのためには、小さくてもいいからとにかく結果を出すことです。そのためには、繰り返しになりますが、明確な目標を定め、具体的な行動を取っていくことに尽きるのです。


伊藤勝康(経営者)

今後とも会員を増やすために力を注いでいきます。でも、いまや当社の会員数は17万人となりました。ここまで増えると、分母が大きくなったため、多少、会員が増えてもそれほど大きな伸び率にはなりません。ですから会員を増やすと同時に、会員1人に使っていただくお金を増やすために、新しいサービスを提供していこうと考えています。


川口和英

今後の街づくりで大事なことの一つは、社会問題とどう向き合うかです。たとえば自動車中心の街は、高齢化が進むと住みにくくなる。それに対して欧米では路面電車を活用した「歩ける街」を目指す動きがあり、これは健康増進にもなります。日本でも富山が路面電車(LRT)を使った街づくりをしていますが、「歩ける街」を目指すのも、一つの方向性です。


松坂敬太郎

消費が伸びているときというのは、競争はよりいいものを作ったんです。しかし、消費が止まってしまったらどうなりますか?余りが出てしまったら、誰かが負担しなければならないでしょう。余分に作って赤字を作ったらどうなりますか?リストラをして、会社を再編しなければならなくなります。こういう安定成長の時には、競争ではなく、新しい価値を創造するモノづくりでなければいけないんです。


出口治明

私のチーム作りのポリシーは、一人ひとりのメンバーをよく見て、どういう組み合わせをすれば強くなるかをよく考えることです。例えば、野球だって同じ。適材適所を考えることが、強いチームづくりのすべてです。


永井孝尚

仕事のスタイルを変えたところ、生産性は6倍に上がりました。朝シフトに変えたんです。それまで残業自慢でしたが(笑)。まず満員電車に乗らないぶん、疲れない。また朝は社内が静かなので、午後や夜とは集中力が違います。