名言DB

9419 人 / 110788 名言

坂下仁の名言

twitter Facebook はてブ

坂下仁のプロフィール

坂下仁、さかした・じん。日本のビジネス書作家、お金のソムリエ。大手銀行行員を経て独立。著書に『1冊の「ふせんノート」で人生は、はかどる』『いますぐ妻を社長にしなさい』。

坂下仁の名言 一覧

セミナーの企画に関する付箋はトイレに貼っています。すると、トイレにいる間も考えられるからです。


付箋は安いので、「こんなこと、メモする必要もないか?」ということでも気軽にメモできます。だから、重要な発想を逃さない。


肝心なのが「メモとメモを組み合わせて、良質なアウトプットを導き出せること」。この点こそが「ふせんノート術」の真骨頂です。企画案などをまとめるとき、これまで溜めてきたアイデアを余すことなく活用できるのです。ノートに貼った付箋を見返して、テーマに関連するメモを見つけたら、それをはがし、ノートの最後のページなどにまとめて貼ります。関連するメモを集約するだけで企画案ができあがることは少なくありませんし、並べて眺めていると他のアイデアも思いつきます。この方法のおかげで、仕事の企画案がすぐまとまるようになりましたし、本の構成もスムーズに作れるようになりました。


坂下仁の経歴・略歴

坂下仁、さかした・じん。日本のビジネス書作家、お金のソムリエ。大手銀行行員を経て独立。著書に『1冊の「ふせんノート」で人生は、はかどる』『いますぐ妻を社長にしなさい』。

他の記事も読んでみる

臼井由妃

私自身、以前は仕事も遊びも頑張らなくちゃという考えで、頑張らない自分に罪悪感を持ってしまいがちでした。でもそれはワーカホリックの裏返し。そう気づいてからは変わりました。週末の一日か半日、予定を決めずにぼんやりと過ごす時間をつくる。そうすると、月曜日から張り切って仕事をする気分になれるのです。


佐藤昌弘(コンサルタント)

営業の目的は、売上を最大化することです。だからといって、やたらとお客の数を増やせばいいというものではありません。たとえ、年間の営業活動を通じて新たに一社しか契約できなくても、相手がトヨタ自動車のような大口の取引先をできたならどうでしょう。細かな取引先を回るよりそちらに全力を注ごうと考える営業マンがいても、別に不思議ではありません。


松尾豊

生物学の分野に、「赤の女王仮説」というものがあります。「その場にとどまるためには、全力で走り続けなければならない」。つまり、種が生き残るためには環境変化に対応して、自身も進化し続けなければならないという意味です。


加藤栄(経営者)

1社でも買ってもらえるところが増えたら、それが市場開拓ということではないか。


糸井重里

ビジョンが描けていれば、動機もなくならない。外野から口出しをされても揺らぐことなく、予想外の出来事が起こっても本来の目的を見失うことなく、我慢強く進んでいける。


仲暁子

数字で語れば無駄な議論を省けます。収益化加速のためのプロダクトの改善について議論する際、「もっと顧客の裾野を広げる機能を付けるべきだ」という意見と、「既存顧客のために特化して開発すべきだ」という意見が対立したとします。そもそもこういった議論はアジェンダを数字で定義していないことに起因します。ざっくり「収益化を加速させよう!」とだけするのではなく、数字で定義することで、どちらの案が優先順位が高いか明確になります。たとえば「利益率は低くていいので、とにかく1年以内に収益を倍にしたい」のか、「高い利益率を守りつつ、3年以内に収益を5~6倍にしたい」のかで取るべき戦略や開発すべき優先順位も変わります。つまり、一見対立しているように見えた両者の意見は、実は収益性を高めるという意味では同じベクトルを向いている。大事なのはその「収益」の目標を数字で定義することによって、どちらがより合致した戦略か判断することです。会議を効率よく進めるうえでも、数字で語る意義は非常に大きいですね。


安藤忠雄

最初は誰も相手にしてくれませんでした。社会が認めてくれない。事務所を開いても仕事がない。「今月は生きていけるだろうか?」という、常に追い込まれた状態の中で仕事を続けてきました。しかし、その経験をしたことで、多少のことでは動じない平常心を身に着けることができました。


似鳥昭雄

ニトリは月次ではなく、週次決算を基本にしています。月次では前月や前年と比較するときに、月の日数や曜日の配列で条件が異なってしまい、正確な比較ができません。だから週次でやっているのですが、うちの役員クラスは、月曜日に出る決算の数字や状態を見て、どこに問題があり、来年のこの週はどう改善するか、つまり問題の発見と分析と改善についてレポートしなければなりません。


松本晃(経営者)

私はカルビーを会社を「厳しく温かい」会社に変革してきた。「厳しい」とは結果・成果を求めることだ。野球でもサッカーでも結局勝たないと何も良いことはない。監督はクビだし、選手の報酬は増えない。下手をすると「戦力外通告」だ。では、「温かい」ということは何か? それは一人一人が結果・成果を出せるために環境と制度を整え、仕組みを変え、悪しき文化を排除することだ。


岡本太郎

自分は内向的な性格で、上手く話しもできない。友人でもできないと悩んでいる人が多い。だが、内面的であることは決して悪いことではない。そう思い込んでいるから暗くなり、余計、内向的にしているんじゃないだろうか。内面的ということを、マイナスと考えたり、恥じちゃいけない。