名言DB

9419 人 / 110788 名言

地井武男の名言

twitter Facebook はてブ

地井武男のプロフィール

地井武男、ちい・たけお。日本の俳優。千葉県出身。高校卒業後、俳優座養成所に入所。舞台、映画、テレビドラマ、バラエティ番組、CMなど様々な分野で活躍。

地井武男の名言 一覧

テレビでも、犯人役はもちろん、どんなつまんない役でもやりましたよ。そのうち、『太陽にほえろ!』の刑事役とかもやるようになってね。


庭先や街路樹として植えられている木の名前はだいたいわかるんだけど、たまにどうしてもわからないのが出てきてね。そういうのを調べるのがおもしろいね。


僕にとって、映画もテレビもバラエティ、CMも同じ土台なんで、そこに求められた色づけをしていくのが僕の仕事。


俳優というのは、本体みたいなものはなくていいと思ってます。アメーバみたいに、食べるものによって色が変わっていくような俳優になりたいんです。


俳優養成所の15期の仲間がいなかったら、いまの僕はなかったでしょうね。個性的な仲間から生命力を学ばなかったら、俺なんかとっくに消えていたと思う。ほんと、感謝してますよ。まあ。仲間だけに、ときには腹立つときもあるけどね(笑)。


最初はチンピラAの役でも、なんでもやりましたよ。同期の連中がいい役をやり出したころだけに、屈辱的なこともあったけど、どんな役でもやるって覚悟したのがよかったのか、28歳のときに映画『沖縄』の主演に抜擢されましてね。


高校のころには「俳優になろう」と決めていましたね。もっともそのころからスターというのは僕がなっちゃいけないとわかってました。この程度の顔、この程度の身体ではとてもなれないと。ただ、スターは無理でも、味のある脇役ならなれると思ってたんです。


映画に70本も出ているけど、1本1本キャラクターが違うように、全部、色が違っていると思っているんですよ。クレヨンでたとえると、黄色があれば黒もあって、ときには茶色もあったりと、そのつど違う色でやってきたつもりなんです。監督さんに「今度は、どんな色でやったらいいんでしょうか」と聞いて、「そうだな、水色でやってもらおうか」と言われれば、「はい、水色ですね」と。


地井武男っていうと「うん、こういう俳優だ」っていう固定されたイメージを持たれたくないんです。物まねをしようにも、できない俳優っていうのかな。もちろん、尊敬する渡哲也さんや田中邦衛さんのようにスターとして、ひとつのイメージを確立していくのも素晴らしいことなんですよ。でも、僕はスターの器じゃないですからね。


同じ世代の、ほかの俳優と僕が違うところがあるとすれば、映画やテレビドラマはもちろん、バラエティ、CMと、これだけいろんなことをしている人はいないんじゃないでしょうか。はたして、それが褒められることなのか、恥ずかしいことなのか、いまだにわからないけど、僕はそのスタイルでいこうと決めたんです。


この年(65歳)になって、初めてクイズ番組の司会をやったりしてるんですから、結構、ドキドキしてますよ(笑)。まあ、なんていうか、いきなり冷たい淡水の中に入れられた熱帯魚のようなもんですよ。相当エネルギーもいるし、戸惑ったりもするんですけど、それまで知らなかった自分と出会ったりしますから。


地井武男の経歴・略歴

地井武男、ちい・たけお。日本の俳優。千葉県出身。高校卒業後、俳優座養成所に入所。舞台、映画、テレビドラマ、バラエティ番組、CMなど様々な分野で活躍。

他の記事も読んでみる

中谷彰宏

部下を褒めるというのは、上司の権利ではなく義務です。


青木仁志

挨拶は人間関係の基本であり、好感度のバロメーターです。人から好かれていない人は、仕事で何かを伝えたいと思っても、誰も聞いてくれません。好かれるには、上司ならもちろんのこと、同僚や部下に対しても、自分から声をかけることです。


前澤友作

僕は子供のころからとにかく競争は大嫌いでした。だって、人と争うって楽しくないじゃないですか。ライバルがいたから力が余計に発揮できたという経験もないし、きっとこれからも競争とは無縁の人生でしょう。


岩澤巌

駄菓子メーカーが創業の事業でしてね、おまけ用の玩具を生産し、そこからプラモデル業界に参入しました。最初のヒットは、駄菓子のオマケのグライダー。当時、主流だった木製ではなく、塩化ビニールでつくりました。科学的にフォルムを追求してね。よく飛びました。上手く風に乗ればなかなか下りてこない。


和田浩子

P&Gに入社してすぐのころ、事業部戦略やブランド戦略に沿って、自分が何をすべきかをTODOリストにして、毎週提出することが義務付けられていました。戦略や目的に沿って、日常の業務に優先順位をつけることが重要だと教えられたのです。


勝間和代

ライバルというと、通常、同じ業界内の同業他社をイメージしますが、本当のライバルは、新しく出てきた廉価な代替品や様々な技術革新。それに「過去の成功体験」こそが、最大のライバルなのです。


スティーブ・ジョブズ

抽象的思考や論理的分析よりも、直感的な理解や意識の方が重要だと気づいたんだ。


永持孝之進

残念ながら悪い人は少ないながらもいるもので、どうやって避ければ良いかというと、自分の背筋を伸ばした交際を心掛けていれば、自然と悪い人の集団には巻き込まれず、語るに足る友かどうかわかるようになります。


清水克彦(報道キャスター)

自分より部下のほうが得意なことがあれば、謙虚に教えを請うべき。自分はITが苦手でも、部下はパソコンの達人なら、素直に教えてもらえばいいのです。上司が自分を頼ってくれば、部下も「自分は信頼されている」と実感します。そして上司が「僕はパワポが苦手だから、達人の君に頼めないかな」と頼んだときも、快く引き受けてくれる。しかも、自分でやるより速く仕上がります。


妹島和世

最近は、建築では不快さを排除するために閉じたものを造りがちです。そのほうがコントロールしやすいからです。でもそうすると、どんどん身体で感じる許容範囲が狭まって、思考が止まってしまうように思います。できるだけ開いた状態でいられるようにしたい。そう考えています。