地井武男の名言

地井武男のプロフィール

地井武男、ちい・たけお。日本の俳優。千葉県出身。高校卒業後、俳優座養成所に入所。舞台、映画、テレビドラマ、バラエティ番組、CMなど様々な分野で活躍。

地井武男の名言 一覧

テレビでも、犯人役はもちろん、どんなつまんない役でもやりましたよ。そのうち、『太陽にほえろ!』の刑事役とかもやるようになってね。


庭先や街路樹として植えられている木の名前はだいたいわかるんだけど、たまにどうしてもわからないのが出てきてね。そういうのを調べるのがおもしろいね。


僕にとって、映画もテレビもバラエティ、CMも同じ土台なんで、そこに求められた色づけをしていくのが僕の仕事。


俳優というのは、本体みたいなものはなくていいと思ってます。アメーバみたいに、食べるものによって色が変わっていくような俳優になりたいんです。


最初はチンピラAの役でも、なんでもやりましたよ。同期の連中がいい役をやり出したころだけに、屈辱的なこともあったけど、どんな役でもやるって覚悟したのがよかったのか、28歳のときに映画『沖縄』の主演に抜擢されましてね。


俳優養成所の15期の仲間がいなかったら、いまの僕はなかったでしょうね。個性的な仲間から生命力を学ばなかったら、俺なんかとっくに消えていたと思う。ほんと、感謝してますよ。まあ。仲間だけに、ときには腹立つときもあるけどね(笑)。


高校のころには「俳優になろう」と決めていましたね。もっともそのころからスターというのは僕がなっちゃいけないとわかってました。この程度の顔、この程度の身体ではとてもなれないと。ただ、スターは無理でも、味のある脇役ならなれると思ってたんです。


映画に70本も出ているけど、1本1本キャラクターが違うように、全部、色が違っていると思っているんですよ。クレヨンでたとえると、黄色があれば黒もあって、ときには茶色もあったりと、そのつど違う色でやってきたつもりなんです。監督さんに「今度は、どんな色でやったらいいんでしょうか」と聞いて、「そうだな、水色でやってもらおうか」と言われれば、「はい、水色ですね」と。


地井武男っていうと「うん、こういう俳優だ」っていう固定されたイメージを持たれたくないんです。物まねをしようにも、できない俳優っていうのかな。もちろん、尊敬する渡哲也さんや田中邦衛さんのようにスターとして、ひとつのイメージを確立していくのも素晴らしいことなんですよ。でも、僕はスターの器じゃないですからね。


同じ世代の、ほかの俳優と僕が違うところがあるとすれば、映画やテレビドラマはもちろん、バラエティ、CMと、これだけいろんなことをしている人はいないんじゃないでしょうか。はたして、それが褒められることなのか、恥ずかしいことなのか、いまだにわからないけど、僕はそのスタイルでいこうと決めたんです。


この年(65歳)になって、初めてクイズ番組の司会をやったりしてるんですから、結構、ドキドキしてますよ(笑)。まあ、なんていうか、いきなり冷たい淡水の中に入れられた熱帯魚のようなもんですよ。相当エネルギーもいるし、戸惑ったりもするんですけど、それまで知らなかった自分と出会ったりしますから。


地井武男の経歴・略歴

地井武男、ちい・たけお。日本の俳優。千葉県出身。高校卒業後、俳優座養成所に入所。舞台、映画、テレビドラマ、バラエティ番組、CMなど様々な分野で活躍。

他の記事も読んでみる

西多昌規

先送りする自分を責め過ぎないことも心得ておきましょう。「こんなにだらしないのは自分だけ」と思うのは間違いで、先送りグセに悩む人は実は非常に多くいます。自分を責め過ぎるとかえって動きは鈍くなるものです。「皆、同じ苦労をしつつ頑張っている」と思えば、自然と「自分もやろう」という気持ちになれるでしょう。


佐々木常夫

部下にバカにされていると感じたとしても、自分の思い込みということも多々ある。あまりに縦の関係に縛られるあまり、上司が過剰反応しているのです。裏を返せば「上司なんだから尊敬されて当然だ」という驕りともいえるでしょう。部下も対等な人間だと思っていれば、バカにされているなんて疑心暗鬼になることはないはず。


辻庸介

今でこそフィンテック、フィンテックと皆さん言ってくださいますが、創業当時はそんなブームもなかったので、誰も信じてくれません。お金も人も、全然集まりませんでした。日本中のベンチャーキャピタルに頼みに行きました。初めは誰も相手にしてくれなくて、結構ショックを受けたんですけど、そのうち断られるのにも慣れました。一番初めにお金を出してくれたのがジャフコさんで、今でもすごく恩を感じています。


古森重隆

社長の任期に関してとくに不文律があるというわけではなく、結果として長くなっただけです。ただ、長期的な展望に立てて、目の前の利益より研究開発への投資を優先できたというメリットはあります。
【覚書き|富士フィルムが創業以来78年間で7人しか社長がいないことについて語った言葉】


井口尊仁

何が起きるか計算できないからこそ面白いものが出てくる。


高田明(ジャパネットたかた)

一歩間違ったらすぐに凋落してしまう。栄枯盛衰ですから世の中は。


堀場雅夫

今のような大量生産、大量消費はもう続かんよ。そうなるとあまり資源を使わずに、それでいて付加価値のとても高い製品を作ることに経営のポイントが変わってくる。それに伴って経営者に求められる視点も「どれだけ付加価値を高めて、社会にその価値をもたらしているか」という具合に変わってくる。


高田明(ジャパネットたかた)

これは厳しいな、失敗したなと思ったことも一度もありません。なぜなら、失敗を失敗と思わないから。失敗や苦労は自己更新、つまり自分を成長させるための試練だと思えば、モチベーションになる。


貝沼由久

私はひとつの会社でこんなに多様な技術を持つ会社はほかにないと思っています。その一つひとつの技術を融合して新しいものをつくり、世界にお示しすることで市場を創造する。それを我々の次の発展の原動力にしたい。これが我々のオンリーワン戦略です。


上條努

機能系商品なので、マーケットは限定されるとは思っていましたが、発売してみて初めて、これほどプリン体を気にされている方がたくさんいらっしゃったことを認識できました。
【覚え書き|プリン体ゼロの「極ZERO」について】


出口治明

日本人は、周囲を見回して、その見解を知ることで安心を得ようとしがちですが、それは自分の頭で判断できていないということ。判断に必要なのは「数字・ファクト・ロジック」だけ。これらが間違っていなければ、周囲がどう言おうと、その判断は正しいはず。


野口敏(話し方)

自分がマイナスと思っていることでも、さらけ出してみたら相手は何とも思わない、なんてことはよくあります。たとえば私の生徒さんの一人は、女性とお付き合いした経験がなくてコンプレックスに感じていたようなのですが、それを知り合いにふとしたきっかけで打ち明けたところ、「よく話してくれた」と一気に親しくなったそうです。


幸田真音

大きな仕事を任されるようになり、しかるべき結果を出せたなら、それを正しくアピールすることもお忘れなく。私自身はアピール競争の激しい米国系の金融業界に身を置いていたので、自己アピールには苦労させられました。主張しないとそこにいないも同然と、存在を無視される世界でしたからね。


イチロー(鈴木一朗)

あのとき(ワールド・ベースボール・クラシックのとき)僕を支えていたのは、自分のやってきたことへのプライドと、これからやろうとしていることへの自信でした。


おちまさと

自分の役割がわかっていない人は、周囲から求められていないことをしてしまいがち。発想についても同じで、見当はずれなアイデアを出しがちです。それでは、いくら斬新な発想だとしても、良いアイデアとは認めてもらえないでしょう。まずは、自分は一体何を求められているのか、しっかり確認することが大切です。


ページの先頭へ