名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

土肥公仁の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

土肥公仁のプロフィール

土肥公仁、どい・きみひと。日本の経営者。茨城放送社長。富山県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、朝日新聞に入社。京都、大阪などで記者として活動すし、東京整理部のデスクを経て、交換人事で広告営業部門に移る。その後、茨城放送社長に就任し、同社の改革を行う。

土肥公仁の名言 一覧

ラジオのリスナーはいつも決まった時間に同じ声で情報を聞きたいという中高年層が多いと言われています。いわば「マンネリ番組」こそが、リスナーのニーズなのです。実際、首都圏のレーティング調査で近年、トップを続けているのは長寿番組が多いことで知られるTBSラジオです。


私が社長就任以来、この会社の社員にどうやってビジネスを習得させるかに一番苦心してきました。信じてもらえないかもしれませんが、私が着任するまで、スポンサーからの広告料の受け取りは銀行振り込みではなく、現金でした。社内では効率を考えない旧態依然とした慣習がまかり通っていたのです。


土肥公仁の経歴・略歴

土肥公仁、どい・きみひと。日本の経営者。茨城放送社長。富山県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、朝日新聞に入社。京都、大阪などで記者として活動すし、東京整理部のデスクを経て、交換人事で広告営業部門に移る。その後、茨城放送社長に就任し、同社の改革を行う。

他の記事も読んでみる

津田秀晴

売れない営業マンほど、自分が成果を挙げることに汲々とし、発想や行動が自分の都合からばかり組み立てられている。しかし、「成果を挙げるため」「自分の都合のため」という発想がスタートになっては、テクニックや強引さで一時的には売れても、長続きはしないだろう。そうではなく、「相手に少しでも満足してもらいたい」という視点から仕事をすることが、辛い営業から脱け出すこととなり、結果的に成果にも結びつくのである。


佐々木大輔(経営者)

世の中には、経理にまつわる入力業務を面倒くさく感じている人がたくさんいます。不満が存在するのは明らかで、解消できれば膨大なチャンスが生まれます。ところが多くの人は、そこに思いが至りませんでした。どこかで「面倒くさいのが当たり前、仕方がない」と諦めていたのでしょう。


村井史郎

あらゆる想定をし、備えておけば、何かあっても最善手をすぐに打つことができる。


築山節

多くの現代人が脳に関して最も誤解している点だと思いますが、脳の理性中枢(大脳皮質)を活性化させるために必要なのは、体の運動です。足、手、目を意識的に動かすことが理性中枢を目覚めさせることにつながります。だから、朝はなるべく歩いて電車に乗るようにする。また、電車内では視覚、聴覚、触覚と脳のいろんな部分を使うのが大切です。


藤原理加

取材を終えても、なかなか書き始めることができなくて。おばぁたちのことをきちんと伝えなければいけない。それが。プレッシャーになっていたんです。そんなとき、ふと手に取ったのが池澤夏樹さんの小説。本当におこがましいのですが、その作品に導かれるように文体が生まれ、書き上げることができました。その出会いがなければ、まったく違う本になっていたかもしれません。

【覚え書き|『八重山おばぁのぬちぐすい』について】


佐藤孝幸

週末に計画の遅れを取り返そうと思ってはいけない。時間というのはサラサラ流れていって二度と取り返せないんです。時間の本質を捉えないと計画倒れになる。


鷹取真一

外食で訪れる飲食店の、リアル世界ならではの「空間を含めた雰囲気作り」が、オンラインのアプリにおける世界観作りの参考になります。先回りしながら押しつけがましさを感じさせない店員さんの高度な気遣いも、アプリユーザーへの丁寧なアナウンスや導線設計を考えるうえで役立ちます。


枝川義邦

タスクが具体的であればあるほど、記憶を掘り起こしたり、ものを考える手間が省かれるため、前向きな心理を招きやすくなります。「今日11時から打ち合わせ」という行動予定だけのタスクをつくらず、「いつ・どこで・誰が・何について」などの情報を明記しておきましょう。


カルロス・ゴーン

最終的には大きな改革が必要とされる分野でも、最初のうちは少しずつ、小さなところから変えていきました。同じ改革を行うにも、節度をもって挑んだわけです。私たちの目的は、上手くいっていない部分をすべて変えることではありませんでした。重要な部分だけを変えることでした。


野島廣司

当社には販売スタッフに与えるノルマや予算はありません。みんな自ら目標を決めて、達成に努力する。たとえ失敗に終わっても、挑戦的であれば成長の糧となるので私は大歓迎です。


清水聰

購買時における消費者の意識は、SNSのなかった時代に比べると、明らかに変化しています。購買する商品を選択する段階で、「今話題になっているかどうか」を重視する傾向が強まっているのです。従来であれば、購買の選択肢に入れてもらうためには、商品の名前を認知してもらうことが重要でしたが、現在はそれだけでは弱く、クチコミで話題になっていなければ、選択肢に残らないケースが増えています。


石井一久

やるべき準備をし、自信を持って臨む。集中力を研ぎ澄ませたピッチングをすれば、必ずイメージ通りに勝てると信じていました。「必ずできる」と自分を評価してあげることが大事。