名言DB

9412 人 / 110637 名言

土肥公仁の名言

twitter Facebook はてブ

土肥公仁のプロフィール

土肥公仁、どい・きみひと。日本の経営者。茨城放送社長。富山県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、朝日新聞に入社。京都、大阪などで記者として活動すし、東京整理部のデスクを経て、交換人事で広告営業部門に移る。その後、茨城放送社長に就任し、同社の改革を行う。

土肥公仁の名言 一覧

ラジオのリスナーはいつも決まった時間に同じ声で情報を聞きたいという中高年層が多いと言われています。いわば「マンネリ番組」こそが、リスナーのニーズなのです。実際、首都圏のレーティング調査で近年、トップを続けているのは長寿番組が多いことで知られるTBSラジオです。


私が社長就任以来、この会社の社員にどうやってビジネスを習得させるかに一番苦心してきました。信じてもらえないかもしれませんが、私が着任するまで、スポンサーからの広告料の受け取りは銀行振り込みではなく、現金でした。社内では効率を考えない旧態依然とした慣習がまかり通っていたのです。


土肥公仁の経歴・略歴

土肥公仁、どい・きみひと。日本の経営者。茨城放送社長。富山県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、朝日新聞に入社。京都、大阪などで記者として活動すし、東京整理部のデスクを経て、交換人事で広告営業部門に移る。その後、茨城放送社長に就任し、同社の改革を行う。

他の記事も読んでみる

田口弘

経営者の中には、いつまでも実権を離さなかったり、いったん辞めてもトップに復帰したりする方がいますが、私は間違っていると思います。何か問題があるから、そういう体制にならざるを得ない。どうしようもない人が上に残っているので、さらにその上に人を置いて管理するしかない。というのが実情ではないでしょうか。


西出雅弘

営業担当が不動産関連の法務や税務、建築基準法などの知識を身に付けられるようカリキュラムを設け、教育も行っています。営業担当が専門知識を持っていれば、何かあったときに問題の本質をつかむことができる。これが迅速な対応につながります。


稲山嘉寛

特殊な知識や技能で身を立てる人は別だが管理者の立場に立って、企業経営に参加しようとするならば、わずか大学時代の専門に自らを釘付けにしないで、社会へ出てから、理科系の人は法律や経営の常識を、また経済系の人は理科系の一般常識を身につける必要がある。


小路明善

全国のお得意先を回るとき、必ず現地の事業所の社員と懇談会をします。これは社員との距離を縮めることが第一の目標です。顔を突き合わせて話すと、社長と社員の距離が一気に縮まります。すると、メッセージを発したときも、社員が耳を傾けてくれると思うのです。


法華津孝太

出淵さん(在米日本大使)は、仕事を面白くする方法を教えようと言った。それは自分が大使になったつもりで電信を扱ってみろということだった。本省から訓令を受け取ったら、自分が大使ならどう執行するかを考える。そして大使がその訓令を執行したのち本省に返信を打つ場合も、自分ならどうするかを仕事をしながら考えてみろというのである。これで仕事は面白くなったし、頭を練るうえで大変効果があった。


奥田務

上の立場になって強く感じるのですが、すべてのビジネスパーソンは、「経営の視点」を持つべき。若い人は、「頑張っているのに会社が評価してくれない」と悩みがちですが、実は「視野の狭さ」が原因であるケースが多い。独り善がりに頑張ったり、自分が所属する部や課の事情に振り回されて仕事をしたりしても、会社が考える方向性とズレていたら、評価にはつながりません。「今、世の中はこうだから、うちの会社はこちらの方向を目指している。だから自分も、その方向で頑張る」といった視点を持てば、努力が報われやすく、挫折しにくくなります。


安田佳生

私はもともと、それほど本を読む方ではありません。それでも、会社を立ち上げた際、なかば仕方なく最先端のビジネス書を読み、世の中のトレンドをつかもうとしたのですが、難しくて頭に入りませんでした。そこで読み始めたのが歴史小説でした。歴史という流れの中に、時代を超えた、普遍の考え方を見出し、経営に役立てられればと考えたのです。


齋藤孝(教育学者)

多くの場合、修正すべき問題の根源は些細なところにある。コミュニケーションの不足や勘違い、不注意といった具合だ。したがって、対策を立てるのも比較的簡単だろう。


茂木健一郎

企業としては、もちろん本業は大切です。売上もあげなくてはなりません。しかし、すべてが効率優先になってしまうと、結果としてその企業の伸びしろを、自ら限定してしまうことにもなりかねません。


丸山学

一人でアイデアを練り、コンテンツをつくり込む時代から、人の知恵を使って価値を生み出す時代へと変わった。


松村誠一(経営者)

人材育成も子育てに似ていて、育てる側は「いい子」に育てようとしますね。それは聞き分けのよい人材であり、失敗しない人材であるケースが多い。しかし現実の経営には様々な経験と失敗を重ね、叱られながらも自ら解決策を探そうとする問題解決能力をもった人材が必要なのではないでしょうか。トップもそんな人材を育成するためにも社員を信頼し積極的に仕事を任せていかなくてはなりません。


上西京一郎

キャスト(従業員)の雇用形態はそれぞれ違います。でも、自分たちの最終目的はゲスト(お客様)に幸せになってもらうことなんだというミッションが共有され、ネガティブなことは必ず解決していくという思考回路が根付いていれば、コミュニケーションを妨げる障害は生じません。


林家木久扇(初代 林家木久蔵)

僕は、食べに行ったお店で、よその美味しいお店を教えてもらうんです。そうすると絶対外さない。名古屋にある焼き肉の「成香園」は、ひつまぶし屋さんのおかみさんに紹介してもらったお店。僕が行くと、注文しなくても自動的にご主人がおすすめを出してくださる。


小宮一慶

正しい生き方を知らない経営者やリーダー、有望な若手は、仮に現在、能力を発揮していても、いずれ行き詰まります。


青木仁志

「読む」ことは「書く」「話す」、そして「聞く」という力につながります。この4つのコミュニケーションスキルが高ければ高いほど、人の上に立つことができなすし、豊かな40代が迎えられます。