名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

土田雅人の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

土田雅人のプロフィール

土田雅人、つちだ・まさと。日本の経営者、ラグビー選手・指導者。「サントリーフーズ」社長。秋田県出身。同志社大学商学部卒業後、サントリーに入社。学生時代からラグビー選手として活躍。現役引退後、サントリー監督・ゼネラルマネージャーを務めた。また営業マンとしても優秀な成績を収め、サントリー東京第1支社第1支店長、西東京支店長、東京支社プレミアム事業部長、サントリー酒類執行役員などを経てサントリーフーズ社長に就任。

土田雅人の名言 一覧

いかにチーム全体のモチベーションを高く保って、高い目標に取り組んでいくかが大事。


限られた時間の使い方、目標の立て方がしっかりしてないと結果は付いてこない。


ウイスキー市場はこの二十数年、売り上げが減り続けました。そこにハイボールといった、新しい飲み方を提案して新しい市場を創ってきました。


入社以来、営業一筋です。売るものは変わっても、仕事の基本は変わりません。営業は私の天職だと思っています。


万年3位、4位でいいなら、こだわらなくてもよいのですが、やはりビジネスの世界でもトップに立ちたい。食品、飲料事業で世界一の営業集団になりたい。そのためには、今後も基本を大事にして、さらに高い目標に取り組んでいかなければならないと思っています。


当社には、先輩方が商品を語ってブランドを作ってきたという歴史があります。商品を語るという基本ができて初めて、高い目標を掲げることができる。


私は仕事をするにあたって、「守破離」という言葉を大事にしています。まず大事なのは「守」で基本です。基本とは、徹底的に商品を語れるようになること、そして人と人のビジネスですから、髪型や服装など、相手に不快感を与えない気配りをする。お客さまとの出会いを大事にすることです。「破」はその上で自分に合った仕事のスタイルを確立し、ファンをつくっていく段階です。そして最後の「離」は、既存のものを破ること。言ってみれば「市場を創る」ということです。


土田雅人の経歴・略歴

土田雅人、つちだ・まさと。日本の経営者、ラグビー選手・指導者。「サントリーフーズ」社長。秋田県出身。同志社大学商学部卒業後、サントリーに入社。学生時代からラグビー選手として活躍。現役引退後、サントリー監督・ゼネラルマネージャーを務めた。また営業マンとしても優秀な成績を収め、サントリー東京第1支社第1支店長、西東京支店長、東京支社プレミアム事業部長、サントリー酒類執行役員などを経てサントリーフーズ社長に就任。

他の記事も読んでみる

宇佐美進典

ベンチャーというのはロジックだけで押し進めていくのではなく、誰か1人の熱い夢や志や情熱があってはじめて「無理なんじゃないの?」というものが実現します。


程近智

基本的に、基礎競争力の源泉は人材力。人材力を高めることは競争力をつけることにつながる。


亀梨和也

人前に立つ時とか、何かにチャレンジする時とか、ライブの時とかに「俺は自信がある!」「やれるっしょ!」と、自分に思いこませることもある。


岩崎博之(経営者)

創業からしばらく、カネもモノもない状況ではヒトだけが頼りでした。当社が最初に病院経営用のパッケージソフトを作ったのは起業直後でお金がほとんどない時のことです。開発会社数社に声をかけ、ビジネスの青写真を説明してソフト開発を依頼しました。「ただしモノが売れるまで開発費は1円も払えません」という条件付きです。とてつもない無理難題ですが、ある開発会社の社長がすぐに手を挙げて「僕が作ってあげるよ」と言ってくれました。また、ある人は出来上がったパッケージソフトを「これはすごいね」と認めてくれ、売り込む病院を紹介してくれました。営業にも一緒についてきてくれました。会社で一緒に働いてくれる人はとても大事な存在です。積極的に対話し、決してウソはつかない、自らの不利益になっても約束は守るといったことに気を配り、良い関係を築けるよう心がけました。


井阪隆一

当社の場合、入社後3~4年でフィールドカウンセラー(FC)として、オーナーに提案をする立場になります。つまり、20代が50代、60代に提案する場合があるわけです。感覚に頼らず、科学的アプローチを基に説明する方がうまくいくのは当然です。


米村でんじろう(米村傳治郎)

「科学=遊び」という感性を根付かせたい。


佐藤可士和

コマは軸を中心に高速で回転しているから安定する。自分の軸を作る方法も同じ。物事を考え続けたり、自分がずっと動き続けたりしていないと軸はできません。動き続けながらバランスを取っていく感じですね。


藤沢武夫

私の経営信条は、すべてシンプルにするということです。シンプルにすれば、経営者も忙しくしないで済む。そのためには、とにかく一度決めたら、それを貫くことです。状況が変わっても、一筋の太い道を迷わず進むことです。


永持孝之進

理研ビタミン創業時からの課題は事業の多角化でした。お金のない終戦後、捨てられていた魚のはらわたから肝油をとってアメリカに売っていましたが、これがいつまでも続くとは思えません。なぜなら、天然ビタミンは合成ビタミンには商品として価格と性能の点で勝てないという事実があったからです。


天坊昭彦

大家族主義を貫くためには、採用のときに人材を厳選することがなにより大切です。少数精鋭主義を標傍する出光は、将来余剰になるような人材は最初から採りません。家族はお互いのあいだに信頼関係が崩れたらおしまいです。ですから、信じられる人しか採用しないのです。そして採用したからには、子供として愛情を注ぐだけでなく、徹底的に鍛えて自立させるのです。


金子太郎

バブル期に不動産を担保とした抵当証券は一切扱わなかったし、系列のファイナンス会社にも土地がらみの融資は禁止させました。銀行から坪1億円で持ちかけられた新社屋用地の購入も断りました。結果としてバブルの傷は浅くて済みました。おかしいことをおかしいと思う、健全な常識のおかげです。


堀紘一(コンサルタント)

約束の時間には絶対に遅れないこと。一回でも遅刻すれば、時間すら守れない人間に、責任のある仕事などできるはずがないと判断されるということを肝に銘じておくべきです。