名言DB

9412 人 / 110637 名言

土田雅人の名言

twitter Facebook はてブ

土田雅人のプロフィール

土田雅人、つちだ・まさと。日本の経営者、ラグビー選手・指導者。「サントリーフーズ」社長。秋田県出身。同志社大学商学部卒業後、サントリーに入社。学生時代からラグビー選手として活躍。現役引退後、サントリー監督・ゼネラルマネージャーを務めた。また営業マンとしても優秀な成績を収め、サントリー東京第1支社第1支店長、西東京支店長、東京支社プレミアム事業部長、サントリー酒類執行役員などを経てサントリーフーズ社長に就任。

土田雅人の名言 一覧

いかにチーム全体のモチベーションを高く保って、高い目標に取り組んでいくかが大事。


限られた時間の使い方、目標の立て方がしっかりしてないと結果は付いてこない。


ウイスキー市場はこの二十数年、売り上げが減り続けました。そこにハイボールといった、新しい飲み方を提案して新しい市場を創ってきました。


入社以来、営業一筋です。売るものは変わっても、仕事の基本は変わりません。営業は私の天職だと思っています。


万年3位、4位でいいなら、こだわらなくてもよいのですが、やはりビジネスの世界でもトップに立ちたい。食品、飲料事業で世界一の営業集団になりたい。そのためには、今後も基本を大事にして、さらに高い目標に取り組んでいかなければならないと思っています。


当社には、先輩方が商品を語ってブランドを作ってきたという歴史があります。商品を語るという基本ができて初めて、高い目標を掲げることができる。


私は仕事をするにあたって、「守破離」という言葉を大事にしています。まず大事なのは「守」で基本です。基本とは、徹底的に商品を語れるようになること、そして人と人のビジネスですから、髪型や服装など、相手に不快感を与えない気配りをする。お客さまとの出会いを大事にすることです。「破」はその上で自分に合った仕事のスタイルを確立し、ファンをつくっていく段階です。そして最後の「離」は、既存のものを破ること。言ってみれば「市場を創る」ということです。


土田雅人の経歴・略歴

土田雅人、つちだ・まさと。日本の経営者、ラグビー選手・指導者。「サントリーフーズ」社長。秋田県出身。同志社大学商学部卒業後、サントリーに入社。学生時代からラグビー選手として活躍。現役引退後、サントリー監督・ゼネラルマネージャーを務めた。また営業マンとしても優秀な成績を収め、サントリー東京第1支社第1支店長、西東京支店長、東京支社プレミアム事業部長、サントリー酒類執行役員などを経てサントリーフーズ社長に就任。

他の記事も読んでみる

宮崎駿

実写は楽ですからね。ビールが美味しいでしょ、一日労働するから。そうするとそれで充実しちゃうんですよ。どうも実写の人を見てると、そういう感じがするんですよ。


古屋兎丸

「風のそよぎ」とか「シワの変化」とか微妙な動きを出したい。そこに読んでいる人が気づいて、余韻を深めてくれたらいいな。「さわっ」って感じを出したい。


嶋津良智

共通の指針があることで、部下が上司から指示を受けたり、叱責されたりしたときに、上司の意図を理解し、納得することができる。また、指針に沿って上司に意見も言いやすくなる。


髙橋ツトム(高橋ツトム)

いま持っているところで最高のものを出したい。


松尾均

マンネリ化した観光地も「光の当て方」によって、新しい魅力を放つんです。例えば(建設中の)東京スカイツリー。あれを単に「新たな観光名所」という側面からではなく、「いましか見れない」という要素に重点をおきます。建設中の東京港臨海大橋(東京ゲートブリッジ)などと併せて私たちは「東京、ただ今工事中。」と題したツアーを販売しています。また廃車寸前の二階建てバスを改良して天井を切り、二階建てオープンバスを作りました。このバスで皇居前の千鳥ヶ淵近辺を桜の季節に巡るツアーを実施。どちらも大盛況でした。これは「前からあったもの」に知恵を絞り光の当て方を変えただけ、なんです。


鍵本忠尚

起業したのはシリコンバレーに行った経験が大きかったですね。大学を率業して、スタンフォード大学の友人の寮に転がり込んで3か月ほど滞在しました。向こうではJETRO(日本貿易振興機構)にお世話になって、バイオテクノロジーを調査するインターンをしていました。そのとき新しい薬を製品化していくバイオベンチャーの力強さに感心しました。父は大学で研究をしていたのですが、大学には大学のミッションがあって、研究結果が簡単に製品にならない。スピードを求めるなら、やはり製品を出すことに集中している民間企業のほうがいいなと。


ピーター・ドラッカー

未来に何かを起こすには、勇気を必要とする。努力を必要とする。信念を必要とする。決定のためには、いろいろな案がなくてはならない。ただし、可・否の二案だけでは不足だ。決定しないという決定もあることを忘れない方がいい。反対論がない場合には結論を出してはならない。勇気と勉強に不足があれば反対論は出ない。


青野慶久

時間に余裕を持てるようになったのは、発想の転換をしたからです。「やるべき仕事を探す」のではなく、「やらなくていい仕事」を探すようにしたんです。


松岡修造

人を動かし、チームの総合力をアップさせる4つのポイント

  1. 相手の可能性を信じてあげることが大前提。
  2. 相手の質問には質問で答えていく。相手の質問に対して質問で答えていくと、最後にはその人独自の答えが出てくるものです。初めから答えを与えてしまうと、誰かに頼って決めてもらうことが習い性になってしまい、チームのためにもその人のためにも良くありません。
  3. 褒める・叱るの落差は激しい方がいい。落差がジェットコースターのように激しい方が、褒められたときの喜びが大きくなります。
  4. 感情的になって相手の人格まで否定しないように。相手の人格まで否定すると人間関係はギクシャクし、チームの士気も低下してしまう。

高田旭人

私たちは購入後に商品が使われることなく捨てられてもいいという感覚は持ちません。いかに使っていただくかを考える。近年は特に、商品そのものだけではなく、配送・設置・回収・処分など、その周辺の要素を意識しています。


荒濱一

一時的に儲かっても事業として継続できなければ成功とはいえません。長期的に稼ぐことができるかが大切なのです。「仕組み」が本格的に動き出すにはしばらく時間がかかる。それまでの期間頑張れるかどうか。多くの人は「仕組み」を思いついても、それを続けることができず挫折してしまう。


小柴和正

我が社は1994年に伊勢丹企業理念を策定し、その中で「毎日が、あたらしい。ファッションの伊勢丹」という企業スローガンを打ちだしました。時代を先取りする新鮮なファッションをいち早く発掘してお客様に提案し続けていくことが、伊勢丹の生き残る道であるという決意が込められています。


角田識之(臥龍)

事業は人なり、究極は人間学。


高倉豊

データを収集し、マーケティングに生かそうとしている企業は少なくない。しかし、私はデータベースマーケティングに懐疑的だ。データを元に論理的に考えていくことで可能になる施策もあるが、ロジカルに導き出した答えは、遅かれ早かれライバルもたどり着く。


齋藤知久(斎藤知久)

普通の会社はライバルの真似をする。勝つ会社はライバルに先んじる。勝つためには、ライバルよりも一歩先に行って、差別化戦略を取らなければいけない。