名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

土田雅人の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

土田雅人のプロフィール

土田雅人、つちだ・まさと。日本の経営者、ラグビー選手・指導者。「サントリーフーズ」社長。秋田県出身。同志社大学商学部卒業後、サントリーに入社。学生時代からラグビー選手として活躍。現役引退後、サントリー監督・ゼネラルマネージャーを務めた。また営業マンとしても優秀な成績を収め、サントリー東京第1支社第1支店長、西東京支店長、東京支社プレミアム事業部長、サントリー酒類執行役員などを経てサントリーフーズ社長に就任。

土田雅人の名言 一覧

いかにチーム全体のモチベーションを高く保って、高い目標に取り組んでいくかが大事。


限られた時間の使い方、目標の立て方がしっかりしてないと結果は付いてこない。


ウイスキー市場はこの二十数年、売り上げが減り続けました。そこにハイボールといった、新しい飲み方を提案して新しい市場を創ってきました。


入社以来、営業一筋です。売るものは変わっても、仕事の基本は変わりません。営業は私の天職だと思っています。


万年3位、4位でいいなら、こだわらなくてもよいのですが、やはりビジネスの世界でもトップに立ちたい。食品、飲料事業で世界一の営業集団になりたい。そのためには、今後も基本を大事にして、さらに高い目標に取り組んでいかなければならないと思っています。


当社には、先輩方が商品を語ってブランドを作ってきたという歴史があります。商品を語るという基本ができて初めて、高い目標を掲げることができる。


私は仕事をするにあたって、「守破離」という言葉を大事にしています。まず大事なのは「守」で基本です。基本とは、徹底的に商品を語れるようになること、そして人と人のビジネスですから、髪型や服装など、相手に不快感を与えない気配りをする。お客さまとの出会いを大事にすることです。「破」はその上で自分に合った仕事のスタイルを確立し、ファンをつくっていく段階です。そして最後の「離」は、既存のものを破ること。言ってみれば「市場を創る」ということです。


土田雅人の経歴・略歴

土田雅人、つちだ・まさと。日本の経営者、ラグビー選手・指導者。「サントリーフーズ」社長。秋田県出身。同志社大学商学部卒業後、サントリーに入社。学生時代からラグビー選手として活躍。現役引退後、サントリー監督・ゼネラルマネージャーを務めた。また営業マンとしても優秀な成績を収め、サントリー東京第1支社第1支店長、西東京支店長、東京支社プレミアム事業部長、サントリー酒類執行役員などを経てサントリーフーズ社長に就任。

他の記事も読んでみる

辻秀一

人の脳は外界の出来事を認知し、それに対して次の行動を決めるようにできています。その際、厄介なのが意味づけという思考。外界の出来事に対し、「面倒くさい」「憂鬱」「嫌い」などと意味づけをする。この意味づけによって心が影響を受け、適切な行動がとれなくなるのが打たれ弱い人。


中村貞裕

仕事のポリシーは得意なことを沢山やること。得意なことでないとワクワク感が伝わらない。


佐々木常夫

人間は誰もが「成長したい」と望んでいます。たとえミスが多い部下でも、本人は好き好んで失敗しているわけではないのです。だから、日頃から部下の行動をよく見て、少しでもうまくいったら褒めてください。すると、部下のモチベーションが上がり、もう一段上のレベルを目指そうとするはずです。


大須賀賴彦(大須賀頼彦)

部門間や本社と現場との距離を近く、トップも関与するコミュニケーションを形成する。そうすることで、事故が起きた時でも部門を超え、現場が連携し、全社一丸となって解決することができる。


加島禎二(加島禎二)

トップや旗振り役の部長は、現況を変えようと頑張る部下を徹底的に援護することが肝心だ。


藤田弘道

バブルの時代には、本業以外絶対に手を出しませんでした。それでバブルがはじけて本業以外に手を出した企業は相当痛い目にあいました。でも、わが社の進むべき道はデジタル化を迎えて印刷というコア技術をどのように利用して、その市場の変化に対応するか。ほかの事業に手を出さずに、印刷会社は印刷技術をどう利用して、事業を確立するかということが経営の基本だったと思うんです。


奥田健次

対人関係においては「モテたい」、仕事においては「昇進したい」という気持ちが強い人は、具体的な行動やスキルを改善していくべきだと思います。


永守知博

父は日本電産を同族企業にしないというスタンス。私もその気はなくて、もともと修業するつもりで(日本電産に)入れてもらった。どちらが言い出したわけでもなく、そろそろ免許皆伝だねということで独立しました。


田中良和(GREE)

羅針盤となる人を見つけることも重要です。自分より頭がいい、目端が利く人が何をやっているかを見る。先に気づいて行動しているから、それを真似る。


鎌田浩毅

私は「好きなことよりできること」を自分の標語にしています。岡目八目(おかめはちもく)で、自分自身よりも他人のほうが自分の能力を的確に評価していると思っています。自分では興味がなかったり、苦手だなと思っていることも、人に言われて誘われたままにやってみると、意外と自分にぴたっとはまることもあります。得てして、そういう場合は成功する確率も高いものです。


吉本ばなな

人生には、いろんな時期があるけれど、誰もがその人の本来の性質を取り戻すことはできるのだと思う。年齢に関係なく。


元谷外志雄

創業時の注文住宅事業時代、お客様の様々な形の土地から、快適な住居を発想してきたことが良いトレーニングになった。