名言DB

9429 人 / 110879 名言

土田晃之の名言

twitter Facebook はてブ

土田晃之のプロフィール

土田晃之、つちだ・てるゆき。日本のお笑いタレント、司会者、コメンテーター。東京都生まれ、埼玉県育ち。東京アナウンス学院お笑いタレント科卒業。東京アナウンス学院在籍中にお笑いコンビ「U-turn」を結成。その後、ピン芸人として活躍。

土田晃之の名言 一覧

好きなことを仕事につなげたいと思うなら、自分から手をあげなくちゃ。黙っていたら、他人は誰も人のことに興味なんて持ちませんから。


それほど詳しくなくても、「詳しく見せる」コツがあります。それは、みんながあまり触れない「すみっこの話」をすること。みんなが知っていることではなく、あえて「こぼれ話」を先にする。すると「コイツ、相当詳しいな……」と勝手に思われるんです。


僕は「飲み会に行かない」を貫きましたが、「徹底して行く」というのもアリです。行ったり行かなかったり、中途半端にブレるのが一番評価が悪い。


子供は男の子が3人、女の子かひとりいっそ、仕事にしちゃえと自分から言い始めたのが、「貧乏子だくさん」。キャッチフレーズをつけると、それをきっかけに育児系の仕事もやってきましたね。実際、『ひよこクラブ』で連載してますから。


飲み会を断るならその分、仕事を頑張る。飲み会に行かない、仕事もできないでは会社のお荷物。僕も飲み会を断った分、仕事を必死で頑張りました。ともかく、自分にあったやり方を貫き通せってことですよ。


もちろん知識がゼロではできませんが、特定の限られた知識だけでも、専門家と思わせることはできます。だから普段ちょっと面白いこぼれ話や小ネタに接したら、人に話せるように覚えておくといいですよ。


みんながそんなに詳しくないところをさも知っているかのように話すことで、「コイツ、全部知ってるんだな……」と勝手に思ってもらえる。そして一度「賢い」「物知り」という印象をつけてしまえば、その後はグッと話を聞いてもらいやすくなるし、説得力も大きく増す。


僕は若手の頃から、「行きたくない飲み会は行かない」を貫き通しています。でも、先輩方は大目に見てくれて、ちゃんと芸能界で居場所をつくることができました。どうやったかというと、ただ断り続けただけです。最初は「つき合い悪いヤツ」みたいな印象だったのがいつの間にか「飲み会に行かないキャラ」として認められたんです。そうしてキャラが確立されてしまえば、行かないのが普通だから断っても評価は下がらない。むしろ飲み会にたまに参加したり、こっちから先輩を誘うと喜ばれるくらい。


本当のマニアから見れば「うっすい話をしてるな」というレベル。実際、アニメおたくに思われたりするんですけど、最近のアニメは一切知らないんですよ。じつは家にガンダムのプラモデルもないですし。だから、ガンプラ売り場のロケに行っても、知らないモデルがたくさんあります。でも、知っているゾーンを中心に「見てください。このシリーズ。あの名機です」と一点集中でマニアックな話をする。すると、スタッフは「土田さん、さすが。全部知ってるんですね」と驚いてくれる。僕らの仕事は、内容をおもしろおかしく伝え、番組を盛り上げること。だから、いくら知識があってもしゃべりができないとダメ。土台があってのプラスアルファだから武器になるわけです。


サッカー、ガンダム、家電。これらに詳しい芸人として、他の芸人とは違う立ち位置で仕事がもらえるのはありがたいことですね。とはいえ、偶然いまのポジションが手に入ったわけじゃありませんよ。基本、知っていることはお金に換えたいと若い頃から思っていましたし、「俺、できますよ!」というアピールをしての居場所です。


土田晃之の経歴・略歴

土田晃之、つちだ・てるゆき。日本のお笑いタレント、司会者、コメンテーター。東京都生まれ、埼玉県育ち。東京アナウンス学院お笑いタレント科卒業。東京アナウンス学院在籍中にお笑いコンビ「U-turn」を結成。その後、ピン芸人として活躍。

他の記事も読んでみる

西脇俊二

あなたが心の中で相手に期待をするのは勝手ですが、他人の言動まではコントロールできません。そのため、他人のことでストレスを減らしたいなら、自分から「期待しない」ように変わるしかないのです。


田村耕太郎

なぜ、わざわざ好んで派手な格好をするのか。僕が狙うのはまずは逆効果、つまり「相当なバカがやってきたな」と思われるよう服装で演出することです。初めから相手の期待値を思い切り下げておく。その後、きちんとしたスピーチをすれば、普通の格好では印象に残らない話が「なんだ、こいつ中身はちゃんとしているじゃないか」という印象を与え、評価がぐんと上がります。


上田渉

出張先では仕事がこなせない、という理由として「紙の資料」の問題があると思います。資料を参照しなくては書類が作れず、その書類をプリントアウトしなくてはいけないので、オフィスに行かざるを得ない、ということですね。そこで必須となるのが、クラウドサービスの活用です。私が使っているのはエバーノートとドロップボックス。ここにデータを入れておけば、どこのパソコンでもスマホでも、ネットさえつながっていればいつでも開けます。


鈴木喬(経営者)

元々、私は生命保険会社で営業マンをしていました。企業相手に法人向けの保険を売るのですが、とにかく契約が取れない。一生懸命、勉強し、そのノウハウを実践しても最初の2~3年は売上ゼロ。そこでトップ営業マンに同行させてもらったら、マニュアル通りだからダメだったんだとわかりました。相手はマニュアル通りに話す営業マンに、何百人も会うわけですからね。印象に残らなくて当然です。そこで私は商品より、自分を売り込むことにしました。顔と名前を覚えてもらってから、相手の企業に役立つ提案をしました。その結果、契約高1兆円という記録が作れたのです。


奥脇洋子

話し上手になるためには、レポーターになったつもりで、人の話をたくさん聞いて情報を増やし、それを別のところで披露する感覚を持ちましょう。ただ、会話には踏み込まない方がいいタブーもあります。一般的に学歴、財産、容姿、病気、相手の癖などの話題は、相手をよく知らないうちは、あまり踏み込むべきではありません。


常盤百樹

電力事業は10年前に競争の時代へと移行し、現在では、一般家庭を除くほとんどのお客様が自由に電力会社を選ぶことができるようになるなど厳しい競争環境下にあります。電力自由化の時代においては、コストダウンによる価格競争力を強化し、お客様から信頼され選択していただく企業になることが最も重要です。


川多弘也

当社が目指すのは、超高効率建築ベンチャー。自社は事業の核となる研究開発とプロモーションに特化。施工や営業はすべて信頼のおける世界中のパートナー会社とタッグを組む。自社ならではの断熱施工技術、気密施工技術など指導、施工後のチェックなどは、自社の強みに集中し、究極のエコ建築を実現する。


鈴木敏文

豊かな時代になっても人間の欲は無くなりません。ですから、その欲にあった商品やサービスを開発していけばいい。


宮田昇始

アクセラレータプログラムに参加すると、指導してくれたメンターに「ユーザーのことを把握していない」と指摘されました。僕たちは「~らしいです」「だと思います」といった曖昧な話をしていたんです。ユーザーヒアリングの重要性を叩き込まれたのはその時です。「こんな属性の人たちはこんなことに困ってるんじゃないか」と仮説を立て、ヒアリングにより事実情報を集め、検証していく作業です。あの経験がなければ、僕は事業を諦めて会社員に戻っていたと思います。


村田恒夫

オーナー企業のメリットは、すぐに経営トップが交代せず、何事も長期的ビジョンで進められること。我々の場合も2代目の兄は16年、私自身も既に7年社長を務めています。現場への権限委譲の体制作りも父の時代から少しずつ進めてきたもので、今に始まった話ではありません。