名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

土田晃之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

土田晃之のプロフィール

土田晃之、つちだ・てるゆき。日本のお笑いタレント、司会者、コメンテーター。東京都生まれ、埼玉県育ち。東京アナウンス学院お笑いタレント科卒業。東京アナウンス学院在籍中にお笑いコンビ「U‐turn」を結成。その後、ピン芸人として活躍。

土田晃之の名言 一覧

僕は個性なんかはどうでもいいタイプ。番組が面白くなるために自分には何ができるかを考えています。


好きなことを仕事につなげたいと思うなら、自分から手をあげなくちゃ。黙っていたら、他人は誰も人のことに興味なんて持ちませんから。


それほど詳しくなくても、「詳しく見せる」コツがあります。それは、みんながあまり触れない「すみっこの話」をすること。みんなが知っていることではなく、あえて「こぼれ話」を先にする。すると「コイツ、相当詳しいな……」と勝手に思われるんです。


僕は「飲み会に行かない」を貫きましたが、「徹底して行く」というのもアリです。行ったり行かなかったり、中途半端にブレるのが一番評価が悪い。


プロになりたての頃は「冠番組を持ちたい」と思ったこともありましたけど、いまは「大ブレイクしないけど、なんかずーっといるな……」というポジションが気持ちいい。僕自身が目立つことより、番組自体が面白くなることの方が大事ですからね。


仕事をもらうためにヘラヘラ、ニコニコするのはムリ。そんなことするより、自分の商品価値を高めるための努力をします。


学園祭とかで前面ではしゃいでいたようなタイプはだいたい芸人をやめていきますね。「明るい」のと「面白い」のとは違うんです。


子供は男の子が3人、女の子かひとりいっそ、仕事にしちゃえと自分から言い始めたのが、「貧乏子だくさん」。キャッチフレーズをつけると、それをきっかけに育児系の仕事もやってきましたね。実際、『ひよこクラブ』で連載してますから。


飲み会を断るならその分、仕事を頑張る。飲み会に行かない、仕事もできないでは会社のお荷物。僕も飲み会を断った分、仕事を必死で頑張りました。ともかく、自分にあったやり方を貫き通せってことですよ。


もちろん知識がゼロではできませんが、特定の限られた知識だけでも、専門家と思わせることはできます。だから普段ちょっと面白いこぼれ話や小ネタに接したら、人に話せるように覚えておくといいですよ。


みんながそんなに詳しくないところをさも知っているかのように話すことで、「コイツ、全部知ってるんだな……」と勝手に思ってもらえる。そして一度「賢い」「物知り」という印象をつけてしまえば、その後はグッと話を聞いてもらいやすくなるし、説得力も大きく増す。


僕は若手の頃から、「行きたくない飲み会は行かない」を貫き通しています。でも、先輩方は大目に見てくれて、ちゃんと芸能界で居場所をつくることができました。どうやったかというと、ただ断り続けただけです。最初は「つき合い悪いヤツ」みたいな印象だったのがいつの間にか「飲み会に行かないキャラ」として認められたんです。そうしてキャラが確立されてしまえば、行かないのが普通だから断っても評価は下がらない。むしろ飲み会にたまに参加したり、こっちから先輩を誘うと喜ばれるくらい。


高校のころ、芸人の道を本気で考え出し、卒業後、当時は東京に吉本の養成所がなかったので、「お笑い科」がある専門学校へ進もうと思いました。ウンナンさんのように。それで実際、ウンナンさんが出た日本映画学校(のちの日本映画大学)を受けたんです。それも推薦で。ところが、推薦なのに落とされたんです! 「まさか専門学校、推薦なのに落とされるやつなんかいねぇだろう(笑)」って思いましたね。でも、わかんないもんですね。ボクらの世代で日本映画学校へ行った人間は、誰ひとり、プロの芸人になってない。ボクは落とされて、たまたまアナ学(東京アナウンス学院)に行ったから相方とも出会えたわけで。


本当のマニアから見れば「うっすい話をしてるな」というレベル。実際、アニメおたくに思われたりするんですけど、最近のアニメは一切知らないんですよ。じつは家にガンダムのプラモデルもないですし。だから、ガンプラ売り場のロケに行っても、知らないモデルがたくさんあります。でも、知っているゾーンを中心に「見てください。このシリーズ。あの名機です」と一点集中でマニアックな話をする。すると、スタッフは「土田さん、さすが。全部知ってるんですね」と驚いてくれる。僕らの仕事は、内容をおもしろおかしく伝え、番組を盛り上げること。だから、いくら知識があってもしゃべりができないとダメ。土台があってのプラスアルファだから武器になるわけです。


サッカー、ガンダム、家電。これらに詳しい芸人として、他の芸人とは違う立ち位置で仕事がもらえるのはありがたいことですね。とはいえ、偶然いまのポジションが手に入ったわけじゃありませんよ。基本、知っていることはお金に換えたいと若い頃から思っていましたし、「俺、できますよ!」というアピールをしての居場所です。


まだU‐turnの時代、一度『さんま御殿』に呼ばれてね。さんまさんが、「U‐turnはアレやな、東京出身やな?」とふられて、「いえ、埼玉です」のひと言しか言えなかったんです。2時間半の収録で、そのひと言だけ……。どの会話にも早すぎて入れない。ついていけない。ショックでしたよ。スタジオから、どうやって家に帰ったのかの記憶すらなく、気がついたら自分の部屋で『明日のジョー』の最終回みたいな格好をしていました。いまでこそ、そのスピードにもついていけるけど、若い頃の自分は、もうテングでしたからね。でも、さんまさんにガツーンとやられて、この世界で生き残るには、何が必要なのか思い知らされましたよ。


小学校の卒業アルバムに「芸人になる」って書いていましたから、子供のころから、結構、自分のことが見えていたのかもしれませんね。いくらサッカー好きでも、リフティングが20回ぐらいしかできなかったら、とてもじゃないけど将来プロになんかなれない。絵を描くのはまあ上手というか、なにかのポスター展に選ばれたこともあって、「漫画家もいいかな……」と思ったこともあったけど、やっぱりテレビのほうに憧れがあったんです。自分がカッコよくて、運動神経もよかったらジャニーズに行けたけど、冷静に「肥満児(当時)で、顎がしゃくれていて、一重まぶたのジャニーズはいねぇな」って(笑)。なら、やっぱりお笑いかな、と。


土田晃之の経歴・略歴

土田晃之、つちだ・てるゆき。日本のお笑いタレント、司会者、コメンテーター。東京都生まれ、埼玉県育ち。東京アナウンス学院お笑いタレント科卒業。東京アナウンス学院在籍中にお笑いコンビ「U‐turn」を結成。その後、ピン芸人として活躍。

他の記事も読んでみる

高橋勝浩(コンサルタント)

最近のB2B営業は情報戦です。質、確度、鮮度の高い、非公開の情報を仕入れ、社内の関連部署にフィードバックし、先方にとって魅力的な提案に結びつけることが成果につながる。


夏原平和

生産者に感謝し、お買い求めいただくお客様にも感謝する、そういう気持ちを常に持とう。


桐山一憲

部下が意見を言わなくなると、行きつく先は「受け身の人間が増える」だけ。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

私は昔から、明日のことより「今」が大事と思って、何でも全力投球です。


岩瀬大輔

自分よりいい人間がいる時が社長交代のタイミングだと思った。自分も前会長の出口(治明)さんからきれいにタスキを渡してもらったから。仏アクサほどの大会社でも今のCEOは43歳で着任したのだから、我々規模の会社で30代で社長ができないわけがない。できないというのは、年齢を理由にチャンスを与えていないだけ。経営は駅伝のようなもの。全速力で走り切って次のリーダーにタスキを渡すのが理想。


岩田松雄

私は「企業は世の中をよくするために存在している」と信じています。会社には存在理由がある。その存在理由がミッションです。THE BODY SHOPは化粧品を通じて、スターバックスはコーヒーを通じて世の中に貢献するミッションを持っている。ですからこのパートナー(スタッフ)はスターバックスのミッションを体現してくれたわけです。企業は株主のためだけにあるのではありません。


ルー大柴

外国の人は年をとっても、結構派手な洋服を上手く着こなして、それが実にカッコいいじゃないですか。あの心意気ですよ。「これはインポッシブル」とか「トゥーマッチじゃないか」とか、臆病にならずに、まずはトライすることです。それを続けていけば、いずれは慣れて着こなしていけるようになるんです。


小川仁志

哲学とは、物事の奥底にある本質を探究する能力です。哲学を学ぶと地頭が鍛えられ、それはすなわち教養を形成することになるのです。


森川亮

大切なのは、プランとの誤差を頻繁にチェックすること。誤差が小さい段階で気づけば修正しやすい。1kmズレてから修正するより、1mズレた段階で修正する方が簡単ですよね。


及川智正

私が大切にしているのは「持たない経営」です。最初50万円で創業したのでお金がなく、持たなくて良い方法を考えた結果、現在のような形になったのですが、これからも「持たない」ことを強みにして、農業をより良くするための本質的な部分を真剣に考えられる会社にしたいと思います。


大隅良典

世相かもしれませんが、若者も元気がない印象です。大学が就職のための予備校になっている。研究室を選ぶ際も、研究内容より出身の先輩たちの就職先という情報が重視される。与えられた研究テーマはちゃんとこなすのだけど、そこから何かを自ら見つけ出すことがとても苦手になっている。もちろん全員ではありませんが、論文になるかどうかが最大の関心なんです。研究は継続性が求められるので、担い手が抜けるのは深刻な問題です。もっとも、若者が全面的に悪いわけではありません。効率性を重視する社会がそういう若者を生み出している。


西川徹(経営者)

我々には守りたい領域があります。当社に近づく企業の中には、全部を囲い込みたいというケースもありますが、それでは協業は進みません。我々も会社を大きくしたい。トヨタの場合、我々の守りたい自由度を保ったまま、一緒にできるやり方を探してくれます。我々が成長したい領域は、最大限尊重してもらっています。