土田晃之の名言

土田晃之のプロフィール

土田晃之、つちだ・てるゆき。日本のお笑いタレント、司会者、コメンテーター。東京都生まれ、埼玉県育ち。東京アナウンス学院お笑いタレント科卒業。東京アナウンス学院在籍中にお笑いコンビ「U-turn」を結成。その後、ピン芸人として活躍。

土田晃之の名言 一覧

好きなことを仕事につなげたいと思うなら、自分から手をあげなくちゃ。黙っていたら、他人は誰も人のことに興味なんて持ちませんから。


それほど詳しくなくても、「詳しく見せる」コツがあります。それは、みんながあまり触れない「すみっこの話」をすること。みんなが知っていることではなく、あえて「こぼれ話」を先にする。すると「コイツ、相当詳しいな……」と勝手に思われるんです。


僕は「飲み会に行かない」を貫きましたが、「徹底して行く」というのもアリです。行ったり行かなかったり、中途半端にブレるのが一番評価が悪い。


子供は男の子が3人、女の子かひとりいっそ、仕事にしちゃえと自分から言い始めたのが、「貧乏子だくさん」。キャッチフレーズをつけると、それをきっかけに育児系の仕事もやってきましたね。実際、『ひよこクラブ』で連載してますから。


飲み会を断るならその分、仕事を頑張る。飲み会に行かない、仕事もできないでは会社のお荷物。僕も飲み会を断った分、仕事を必死で頑張りました。ともかく、自分にあったやり方を貫き通せってことですよ。


もちろん知識がゼロではできませんが、特定の限られた知識だけでも、専門家と思わせることはできます。だから普段ちょっと面白いこぼれ話や小ネタに接したら、人に話せるように覚えておくといいですよ。


みんながそんなに詳しくないところをさも知っているかのように話すことで、「コイツ、全部知ってるんだな……」と勝手に思ってもらえる。そして一度「賢い」「物知り」という印象をつけてしまえば、その後はグッと話を聞いてもらいやすくなるし、説得力も大きく増す。


僕は若手の頃から、「行きたくない飲み会は行かない」を貫き通しています。でも、先輩方は大目に見てくれて、ちゃんと芸能界で居場所をつくることができました。どうやったかというと、ただ断り続けただけです。最初は「つき合い悪いヤツ」みたいな印象だったのがいつの間にか「飲み会に行かないキャラ」として認められたんです。そうしてキャラが確立されてしまえば、行かないのが普通だから断っても評価は下がらない。むしろ飲み会にたまに参加したり、こっちから先輩を誘うと喜ばれるくらい。


本当のマニアから見れば「うっすい話をしてるな」というレベル。実際、アニメおたくに思われたりするんですけど、最近のアニメは一切知らないんですよ。じつは家にガンダムのプラモデルもないですし。だから、ガンプラ売り場のロケに行っても、知らないモデルがたくさんあります。でも、知っているゾーンを中心に「見てください。このシリーズ。あの名機です」と一点集中でマニアックな話をする。すると、スタッフは「土田さん、さすが。全部知ってるんですね」と驚いてくれる。僕らの仕事は、内容をおもしろおかしく伝え、番組を盛り上げること。だから、いくら知識があってもしゃべりができないとダメ。土台があってのプラスアルファだから武器になるわけです。


サッカー、ガンダム、家電。これらに詳しい芸人として、他の芸人とは違う立ち位置で仕事がもらえるのはありがたいことですね。とはいえ、偶然いまのポジションが手に入ったわけじゃありませんよ。基本、知っていることはお金に換えたいと若い頃から思っていましたし、「俺、できますよ!」というアピールをしての居場所です。


土田晃之の経歴・略歴

土田晃之、つちだ・てるゆき。日本のお笑いタレント、司会者、コメンテーター。東京都生まれ、埼玉県育ち。東京アナウンス学院お笑いタレント科卒業。東京アナウンス学院在籍中にお笑いコンビ「U-turn」を結成。その後、ピン芸人として活躍。

他の記事も読んでみる

テリー伊藤

人間、キャリアを重ねると冒険をしなくなる。それは若い人でも同じことだ。年数の長さに関わらず、実績とともに自分のスタイルができてくると、それをもとに考えたり、行動することしかできなくなる。それでは、何も新しいことを生み出せない。


塩沼亮潤

行者として私が目指すのは世界の人々の心を通い合わせること。近々ニューヨークに拠点を定め、様々な宗教や文化との交流を重ねる活動を始めます。外国語の勉強は大変ですが、これも修行。小僧の心で臨みます。


本城武則

辞書で調べる前に、まず意味を推測してみましょう。これはスピーキングの訓練に通じることですが、会話中にはわからない単語がよく出てきます。その際、調べている時間などありません。流れを止めずに、文脈から意味を想像してみましょう。


堀正岳

情報収集テーマを絞り込むと、「自己ブランド力アップ」と「情報ダイエット」の両方を一気に実現できるのです。


青木仁志

私は若いころに新幹線に乗ると、グリーン車へ行って著名人を探しては、自分から名刺交換をしていました。まだビジネスマンとしては未熟な20代でしたから、交換した名刺が仕事につながることはほとんどありませんでしたが、そのときに身についた度胸は、大きな自信になりました。


林成之

自己報酬といっても、お金や地位といった自分にとっての幸福だけが、人間にとっての報酬ではありません。「家族を守ることができる」とか、「人々を幸せにする」といったことも、自分にとって大きな報酬なのです。


出井伸之

これからの事業は、構想段階からグローバル化を念頭に置かないと大きな発展は期待できません。国内には1億2500万人しかいないのですから、少なくともアジアにまで広げることを事業のベースとして考えるべきです。


弘兼憲史

もしあなたが自分の手柄などという目先の利益を捨て、チーム力をつけることに全力を傾けたとする。すると部下の中に必ずあなたに将来を託してみようという人材が現れてくる。これは親分子分の関係とは違うものだ。部下と競い合ってあなた自身の実力を高めていけるということだ。義理とか人情とは異質の世界で、部下と上司の信頼関係が築ける。そんな時代がもうそこまで来ているように思えるのである。


奥山清行

デザインの世界においては、ダメかなと思うようなアイデアほど採用されるものです。自分の頭はアテになりません。だから、発想はまず形に残しておいて、客観的に判断するのは数日後や数週後や数年後なんて思っているんですよ。そうすれば、その時々の瞬間最大風速とも言えるデザインを残せて「自分以上」になれる。これが僕にとってネタを溜めておくコツなんです。ここぞというチャンスのためにネタを溜めておくのは大事なことではないでしょうか。たいていのチャンスは突然やってきて、しかも一回限りのものばかりですから。


宮田幸雄

あくまでも当社は音屋なんで、「音といえばフォスター」と言ってもらえるように、今後も未知の世界の研究開発に注力したい。


山名昌衛

これからはグローバルで新しい事業モデルに進化させないと、競争を勝ち抜けません。そのためには、すでにいる人材を変革しながら新しい人材を補強する必要がある。これは米国や欧州でM&A(合併・買収)という形で行ってきました。


長榮周作(長栄周作)

挨拶するのは上司からでもいい、気づいた方からすればいいんです。そうした細かいことを大切にするのが、人間として尊敬されるリーダーです。


駒崎弘樹

子どものいない男性から、「自分はまだ一人前じゃないから子どもが持てない」という相談をよく受けます。そこで僕は言うんです。あなたが一家の大黒柱になることは、たぶん一生ないと思うよ、と。今後、賃金が上がるかどうかわからないし、あなたの会社が将来あるかどうかもわからない。待っていたら、奥さんは産み時を逃すかもしれない。もし子どもが欲しいのであれば、どんな家庭を作りたいか、ビジョンと照らし合わせて産んでみる。その代わり、男性もきちんと家事・育児に進出していこうよ、と。


伊藤次郎左衛門(16代目)

百貨店は大衆のものであるはずだ。小売店はもっと専門化して、大きな資本のものは専門的な小売店になっていかなければならない。


山口絵理子

バッグの場合、形をコピーするのは簡単ですが、素材をコピーするのはすごく大変です。素材がダメだと、何を作ってもいい物にはなりません。たとえば「ソラモヨウ」というバッグは、レザーをグラデーションに染めているので、外部のなめし工場まで巻き込む必要があります。そういう人たちをやる気にさせて、新しい素材を作っています。


ページの先頭へ