名言DB

9419 人 / 110788 名言

土橋正の名言

twitter Facebook はてブ

土橋正のプロフィール

土橋正、つちはし・ただし。日本の文具コンサルタント。文房具展示会「ISOT」事務局を経て、土橋正事務所を設立。著書に『仕事にすぐ効く魔法の文具』『文具上手』『モノが少ないと快適に働ける』『文具の流儀 ロングセラーとなりえた哲学』。

土橋正の名言 一覧

毎日頻繁に使うものを定型化すれば煩わしさから解放され、効率向上につながる。


私はアイデアを練ったり原稿の構成を考えたりする場合はノートを使っています。そうすることで、自分の頭の中にある「不確か」なものに「形」を与えることができるんです。デジタル上で同じ作業をすることは難しい。デジタルには、決められた文字や記号を打ち込むことはできますが、まだ不確かで曖昧なイメージを満足に表現することはできません。


マンスリータイプの手帳は、1日のスケジュールを書くスペースが狭いと心配されますが、私の場合、1日のアポイントは多くて4件なので十分。手帳は書くことより見ることの方が多いので、書見台を使って手帳の定位置を決めたことが効きました。


試行錯誤を繰り返しながら、ストレスなく時間の感覚を掴める今のスタイルに落ち着いた。


自分仕様の文具には仕事をはかどらせ、成果につなげる力があります。私は文章を書く時、机の上に原稿用紙を置いた方が快適に書けるので、書き心地の良い専用のものを使っています。万年筆も、原稿執筆用にあつらえたのですが、好みの線幅で、自分のクセに合っているので疲れにくく、集中して書ける。そうやってアウトプットを出せる環境を作っています。


土橋正の経歴・略歴

土橋正、つちはし・ただし。日本の文具コンサルタント。文房具展示会「ISOT」事務局を経て、土橋正事務所を設立。著書に『仕事にすぐ効く魔法の文具』『文具上手』『モノが少ないと快適に働ける』『文具の流儀 ロングセラーとなりえた哲学』。

他の記事も読んでみる

古森重隆

人間の喜びも悲しみも愛も感動もすべてを表現する写真は、人間にとってなくてはならないものであり、長年のお客様のご愛顧にお応えするためにも、写真文化を守り育てることが当社の使命と考えています。


藤沢武夫

私はわりに理論的です。経営についての考え方は理論的だと思います。理論的なら社長が務まるかといえば、これは別です。社長ってものは、理論なんかなくったって、「いいからかん(いい加減)」でいいんです。ただ本物の自分を持っていること、技術では本物だということ、それで十分です。あとのことは他の人がやればいい。


執行草舟

道元が書いた『正法眼蔵』には、「生も一時のくらい(位)なり、死も一時のくらいなり」という一文があります。生きることと死ぬことは混じり合っている。死ぬ時になって死を考えるようでは駄目です。毎日死を考えていると、死を考えないで済む人間になる。私はそういう人間になりたいと思って、死ぬ日まで、死に向かって体当たりしながら生きるだけです。


伊藤秀二

今は言い訳ができないところまで分権化しています。例えば、自分のところの部長は自分では決められない、お金を使う権限がないなどと言い訳をすることがあります。でも部長は選んでいいし、お金も使っていいよ、自分が責任を持てる範囲でということにした。そうすると、そこまでしなくてもいいですよと言う人も出てくる(笑)。多少強引であってもスピード感で進めて行くことが必要な場合と、こつこつとやった方がいい場合もありますから、組織として上手に人を配置することで回っていくのです。


大前研一

あと何年生きられるかをアバウトに考え、そこから逆算する。私は今67歳だけど、例えばスキーに行くと、残りの人生でできるのもあとせいぜい8回程度だろうから今年の1回というのが非常に貴重になってくる。残りわずか8回のうちの貴重な1回が、今なくなりつつあるというように、余命から考えていく。


石川泰彦

当社の売上に占める人件費の割合は、実に82%に上ります。つまり、コストのほぼ全てが人件費であり、会社のリソースのほぼ全てが人だということです。従って、人への取り組みなくしては何も実現できません。


アラン(哲学者)

悲観主義は気分によるものであり、楽観主義は意志によるものである。


ロバート・アレン

100年前、私たちの祖先の約9割は起業家でした。現在ではそれが10から20%にまで減りました。農場から工場へ移動した人々は、自分たちの自由を中央集権型の大組織に委任したのです。私たちは弱くなり、起業家としての技能を失ってしまいました。


海堂尊

やりたいことあるのにできないというのは、素質がないか、もしくは素質があってもまだ達成する時期に来ていないかのどちらかでしょう。


岩田弘三

私がいま創業したとしても、おそらくこれほど業績を伸ばすことはできないでしょう。その意味で私は恵まれていました。