土橋正の名言

土橋正のプロフィール

土橋正、つちはし・ただし。日本の文具コンサルタント。文房具展示会「ISOT」事務局を経て、土橋正事務所を設立。著書に『仕事にすぐ効く魔法の文具』『文具上手』『モノが少ないと快適に働ける』『文具の流儀 ロングセラーとなりえた哲学』。

土橋正の名言 一覧

毎日頻繁に使うものを定型化すれば煩わしさから解放され、効率向上につながる。


私はアイデアを練ったり原稿の構成を考えたりする場合はノートを使っています。そうすることで、自分の頭の中にある「不確か」なものに「形」を与えることができるんです。デジタル上で同じ作業をすることは難しい。デジタルには、決められた文字や記号を打ち込むことはできますが、まだ不確かで曖昧なイメージを満足に表現することはできません。


マンスリータイプの手帳は、1日のスケジュールを書くスペースが狭いと心配されますが、私の場合、1日のアポイントは多くて4件なので十分。手帳は書くことより見ることの方が多いので、書見台を使って手帳の定位置を決めたことが効きました。


試行錯誤を繰り返しながら、ストレスなく時間の感覚を掴める今のスタイルに落ち着いた。


自分仕様の文具には仕事をはかどらせ、成果につなげる力があります。私は文章を書く時、机の上に原稿用紙を置いた方が快適に書けるので、書き心地の良い専用のものを使っています。万年筆も、原稿執筆用にあつらえたのですが、好みの線幅で、自分のクセに合っているので疲れにくく、集中して書ける。そうやってアウトプットを出せる環境を作っています。


土橋正の経歴・略歴

土橋正、つちはし・ただし。日本の文具コンサルタント。文房具展示会「ISOT」事務局を経て、土橋正事務所を設立。著書に『仕事にすぐ効く魔法の文具』『文具上手』『モノが少ないと快適に働ける』『文具の流儀 ロングセラーとなりえた哲学』。

他の記事も読んでみる

川村隆

今どき、バランス人事などをするようなトップではダメ。社長がそうなってしまうと、全体に緊張感がなくなり、組織黄断的な変革の意識はなくなってしまいます。


藤井英敏

大きなリスクを取れるならば、株式市場が暴落した局面など株が安くなったときに、直近の高値からかなり売り込まれている銘柄を探して買う方法がよい。それも、倒産するのではと言われているほど売り込まれた株を買う。上場企業が倒産することは確かにあるが、実際にはそう簡単には倒産しないものだ。支援企業が現れたり、立ち直ったりして株価が上昇に転じることはおおい。また、仮に倒産しても、そのニュースが流れた直後は株価が上昇することも往々にしてある。こうして買った銘柄の株価が50から100%程度上昇したら利益を確定させ、次に株価が安くなったときを待つ。このような短期売買を繰り返して行う。


隈研吾

渋谷は日本の中でもまだ若さがある。大学がいくつも近くにあり、ある意味でちょっと不良的な部分も多い。そういうものと逆に青山、代官山的なハイソなものとが、共存していくということが大事だと思いますね。どっちかに染め上げようとしたら、あの街は面白くなくなっちゃう。


中林一樹

一人一人が「自分でできることをやる」という自助もなく共助もなければ公助だけで復興は難しい。自助7割、共助2割、公助1割が防災対策のバランス。


大野直竹

管理職や経営者は、長期的視点を持つ一方で、短期的視点を兼ね備え、自ら「いまの現場」を回り続けることが必要。私は社長時代、「現場に最も近い経営者であり続けよう」と考えていました。


入山章栄

ネットが発達するほど、人の近接性の価値はむしろ高まっていく。


山田雅裕

未来工業のスローガンは、「常に考える!」ですが、「常に考え、自主的に働く」ことは、本当に大切です。これを習慣化できれば、それだけでミスや失敗は大幅に減ると思います。「常に考える!」というスローガンを社内のどこにいても必ず目につくように貼っています。


枡野俊明

指示する人が先頭に立って動く姿を見せれば、その姿を見て納得した周りの人も動き始める。


宇治原史規

意味のないことをするのがめっちゃ嫌いなんです。たとえば、ノートや教科書に、いろんな色のマーカーを引くなんて、まずしません。色分けするとかえって見にくくなるし、「この場合はどの色だっけ?」と考えるのが時間のムダです。


福沢諭吉

自由と我がままとの境界は、他人に迷惑を掛けるのと掛けないのとの間にあります。


岩切章太郎

よく世間では、私のことを夢を見る男とか、ユートピアン(夢想家)とかいう。そのとおりだと自分でも思うが、なんでもいいから日本の新しいモデルになるようなものをつくってみたいという気持ちがいつも私を駆り立てるのである。そして柄にもない、大それたことと思いながら田舎住まいのただひとつの生きがいだから、どうか許していただきたいと心の中でお詫びしている次第である。


ジム・ロジャーズ

たとえばトヨタ自動車について調べるなら、フォードや日産からも話を聞いて異なる視点に触れる。競合相手のことになると、とかく人は饒舌になるので思わぬ収穫があります。


牧野正幸

英語を話せなくても、社員を海外拠点に行かせます。仕事に必要なレベルなら、本気でやれば1年で身につきますから。


瀧本哲史

肥満は「伝染」します。ハーバード大学医学部のニコラス・クリスタキス教授は、1万2067人を対象に32年間におよぶ体重の遷移を、その人の配偶者、兄弟、親戚、友人関係などの社会関係とともに詳細に分析しています。調査の結果、「肥満の友人がいると、肥満になる確率は57%上がる」ということが明らかになりました。しかもこの傾向は、特に親しい友人が肥満である場合に加速する傾向が強い。肥満の友人が多いと、別に肥満でも問題ない、むしろ肥満でなければいけない、と思うようになる。これが「同調圧力」です。東京大学の合格者が多い「名門校」が生まれる構造も同じです。名門校に入ってきた生徒の学力はたしかに高いのですが、合格実績はそれだけでは説明がつきません。灘や開成、麻布といった名門校では「東大に行くことが当たり前」であるがゆえに、多くの生徒か東大に行くのだと考えられます。


品川正治

経済とは大きくしなければならないものだという呪縛を一度ほどいてみることができるなら、そのとき、お金の使い方にしろ、もっと自由な発想が生まれてくることでしょう。


ページの先頭へ