名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

土方邦裕の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

土方邦裕のプロフィール

土方邦裕、ひじかた・くにひろ。日本の経営者。調理器具ブランド「バーミキュラ」を展開する「愛知ドビー」社長。愛知県出身。東京理科大学卒業後、為替ディーラーを経て、愛知ドビーに入社。無水調理が可能な鋳物ホーロー鍋の開発に成功し「バーミキュラ」ブランドを立ち上げた。また、家電にも進出。

土方邦裕の名言 一覧

最初のコンセプト、細部へのこだわり、そして何より諦めない心。私たちは無水調理した料理のおいしさを、みなさんにも伝えたいという一心で開発しました。


土方邦裕の経歴・略歴

土方邦裕、ひじかた・くにひろ。日本の経営者。調理器具ブランド「バーミキュラ」を展開する「愛知ドビー」社長。愛知県出身。東京理科大学卒業後、為替ディーラーを経て、愛知ドビーに入社。無水調理が可能な鋳物ホーロー鍋の開発に成功し「バーミキュラ」ブランドを立ち上げた。また、家電にも進出。

他の記事も読んでみる

角田秋生

私どもが大事にしているのは、学年を越すという概念です。最初は自分が分かるところから始めます。子供によっては、自分の学年より下の内容から始めるかもしれない。しかし、一歩一歩進めていくうちに、気がついたら自分の学年に追いつく。ここではまだ足りないんです。ここを追い越す。すると、初めての領域に入っていきます。そして、新しいことが目の前に来たときに、取り組もうという意志や挑戦意欲を持っている子供になるのです。


イゲット千恵子

日本企業は決断に時間がかかりすぎますね。日本企業とビジネスをしてもなかなか決まらないため、結局、よその企業と契約してしまう。スピード感がまるで違います。


中野裕哲

起業の方法は、大きく分けて、個人事業主として開業するか、法人を設立して起業するかの2つ。個人事業は開業届を出すだけなので、簡単に始められますが、法人に比べ信用力が劣るため、大手企業との取引や、融資を受けるのが難しいというデメリットも。事業拡大を目指すなら、法人として起業するのも有効な手段です。規模や業種によってどちらが良いかは様々ですが、それぞれにメリット、デメリットがあるので自分のビジネスに合わせて選択しましょう。


山本為三郎(経営者)

私は大阪の北野中学を出たが、卒業後は店の仕事があるので上級校へ進むことをせず、父の配慮により英国人で神戸商大と京都大学の先生をしていたフランクリンという人のところで個人授業を受け、忙しいときは家に来てもらって、足りないところは補ってもらい、その後外国にも勉強に行った。私の場合、実業が先で、教育はあとから受けたというわけである。
【覚書き|実家の瓶工場を17歳で引き継いだ当時を振り返っての発言】


むらかみかずこ

昨今、企業でもペーパーレス化が進み、簡単な用件であればメールで済ませるという人は増えていると思います。だからこそ、手書きのメッセージは人の心をとらえます。取引先や社内の人と書類や荷物のやり取りをする際は、手書きでひと言、書いた手紙を添えてみましょう。


岩村水樹

最も大切にしてほしいのは、「テクノロジー」と「チームの力」を生かしきるということ。最新テクノロジーをフル活用すれば、時間や場所に縛られずにいつでもどこでも仕事ができる。「テレワークは、自分1人で行う単純作業しかできない」と思い込んでいる方も多いかもしれませんが、テレワークでもチームでの仕事は可能です。


福沢桃介

アメリカは、黄金の毒素によって、今にローマのように衰亡する道を歩いている。そのアメリカから、金の毒を、わずかながら取り出してやろうとする私は、実は貴国から感謝されていいはずです。【覚書き|上記の言葉は融資を引き出すために渡米した際、タフト元大統領とアメリカ政財界の面々の前で語った言葉】


池田貴将

成長に頭打ちを感じ、意欲が減退しているのなら、評価の仕方を変えてみてはどうでしょうか。こんな実験があります。ある中学生にテストを解いてもらいました。Aチームには事前に「他の学生と比較して評価する」と、Bチームには、「あなたの成績の上がり具合を基準にして評価する」と伝えました。結果、Bチームの成績が大きく伸び、しかも「テストが楽しかった」という声も多く出ました。つまり他人との比較より「自分の成長度合いによって評価」されたほうが人は努力しやすいのです。


山口悟郎

仕事でつらいことは多かったが、絶対に負けないという自負はあった。


宮内義彦

下手な経営者、ビジネスパーソンほど、どうでもいい問題を大間題だと思い必死になり、大事な問題をほったらかしていたりする。会社や仕事にとっての「一番の問題」を見つけるのは大変なことです。それをしっかり把握できれば、一流の経営者、ビジネスパーソンでしょう。


塩原正也

ICTベンチャーには営業専門職の社員を持たない会社が多い。しかし、お客様のニーズをしっかりと引き出すには営業部隊が必要です。当社は営業力と技術力の2枚看板に、「よろず対応」というオプション付きでお客様のニーズに対応していきます。


伊藤義剛

私たち岩崎電気は1949年、日本初の反射型白熱ランプの開発から始まった会社です。照明をコツコツ技術開発してきましたが、それだけでは次のステップには到達できません。異質で多様なものが交じり合わないと、新しいものは生み出せないし、イノベーションは起こせないのです。そこで岩崎電気テクノセンター、通称「ヒカリウム」も開設しました。これもイノベーションの種を生むための試みの一つです。部門ごとで抱えていた研究開発部門の技術者を1か所に集約し、国内外のパートナーも自由に参加できるオープンな施設にしました。