名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

土川健之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

土川健之のプロフィール

土川健之、つちかわ・けんじ。日本の経営者。「日本中央競馬会(JRA)」理事長。滋賀県出身。岐阜大学農学部卒業。獣医師免許取得。獣医師として日本中央競馬会に入会。福島競馬場競走馬診療所所長、審判部部長、番組企画部長、業務部部長、理事、副理事長などを経て理事長に就任。

土川健之の名言 一覧

好きなことに人生を懸けていれば、まず、負けることはありません。


私の経験で言えば、仕事をやらされるよりも、自分がやりたいと思うことを仕事にしてしまったほうが楽です。なぜなら、自分に嘘をつかずに仕事をしている時、人間は非常に大きな力を発揮できるからです。


JRAは競馬を開催し続けるという点ではまったくブレがないのですが、だからといって何の工夫もしなければファンは離れていってしまいます。


本当はこれがやりたいけれど上が何か言うから、周りが何か言うからやらないというのは、自分に嘘をついているわけです。自分に嘘をつくのをやめて、自分がやりたいことをやりたいようにやる。すべて自己責任でやるようにすれば、結果はすべて自分の糧になりますから、アンラッキーということ自体が存在しなくなるのです。


仕事と遊びの両方がないと、人生がつまらない。


与えられたポジションで与えられた仕事を一所懸命にやっておかないと、自分を必要とするポジションを与えられたときに活躍できません。そうでないと、次以上のポジションに声がかからなくなります。


現在のポジションで仕事をやり込んでおかないと、仮に人の上に立つことになったとしても、部下の指導もできずに困るだけです。


私は獣医であろうと事務職であろうと、キャリアアップをしていくには、いま自分に与えられた仕事をしっかりこなすことが大切だと思う。


実を言うと、若い頃の私は遊ぶのが好きでした(笑)。遊びといっても酒を飲むぐらいで、決してハメを外すタイプではありませんでしたが、よく飲みに行きましたね。ただし、楽しく遊ぼうと思ったら、そのバックボーンとして、仕事をきちんとやっておかなければなりません。そうしないと、自分自身を許せないという気持ちが私の中にはありました。


JRAに入った以上、競馬に惚れるのは当然ですが、仕事にも惚れてくれる人材がいいですね。できない理由を先に探すのではなくて、新しいことを何とか工夫してできるようにしていく。そういう働き方ができる人がいい。


コマーシャルによってファンを増やそうとすることよりも、本質的には、レース自体が面白いことが大切です。


私の信条は「自分に忠実であれ」です。


競馬の世界もグローバル化を避けて通ることはできないと私は考えています。日本の総人口が減ることを考慮すれば、海外の競馬ファン層も増やしていかなければならないと思います。


競馬には3つの楽しみがあると思っています。ひとつ目はレースの迫力、2つ目は馬の美しさ、3つ目は推理の面白さです。ただ、多くの競馬ファンの皆様は、勝った負けたよりも、むしろ馬自体に惚れ込むのではないでしょうか。たとえば、アイドル馬だったハイセイコーやオグリキャップは地方競馬から上がってきた馬でしたが、中央のエリートを次々となぎ倒していった。そんな姿に、ファンの皆様は自分の人生を重ね合わせて感動するのではないでしょうか。


土川健之の経歴・略歴

土川健之、つちかわ・けんじ。日本の経営者。「日本中央競馬会(JRA)」理事長。滋賀県出身。岐阜大学農学部卒業。獣医師免許取得。獣医師として日本中央競馬会に入会。福島競馬場競走馬診療所所長、審判部部長、番組企画部長、業務部部長、理事、副理事長などを経て理事長に就任。

他の記事も読んでみる

加藤一二三

自分で納得のいく将棋が指せずに、棋士としての人生に展開がないのではないかと思い悩んでしまったのです。そこで私は、かねてから興味のあったキリスト教の洗礼を受けることにしました。洗礼を受けて自分にバックボーンができてからは、気持ちがブレなくなりましたね。というのも、キリスト教ではどんな仕事であってもいい意向を持って仕事をすれば、それをよしとすると教えられています。そして、仕事をするのならば、より上を目指しましょうとも教えているのです。これはどんな仕事でも同じでしょう。私もこの教えがあったからこそ、これまで将棋を続けられたのだと感謝してします。


孫正義

ただ単に真似してやったのでは、いっとき効率よくやれるということはあっても、何か一つ問題があったりすると壁を乗り越えることはできません。常に自分で考え創りだしていかなければブレイクスルーはできないのです。


寺田和正

良い商品、良い場所、良い人、良い宣伝という4つの要素を常に妥協しないで追求し続ければ、ブランドはできる。


村田昭治

大きな夢、でっかい目標を持てば、少しくらいの障害にぶつかっても、そこでへこたれてしまうことはない。あきらめずに克服して、前進しようとする健全な精神状態が生まれてくる。


白河桃子

オフィス環境はもちろんのこと、評価制度やインセンティブをどうすべきかまで総合的に考える必要がある。「働き方改革」は制度や福利厚生ではなく、もっと大きなことなんです。


村瀬治男

海外にいると、日本人管理職だけでなく、現地人の管理職やお得意先など、あらゆる立場の人たちと連携して仕事を進めなくてはなりません。そのため、ひとつひとつの仕事に、念を押していくことが大切になります。どんな些細なことにでも念を押さないと、すぐに齟齬が生まれてしまいます。ただでさえ、言語や習慣などのギャップがあるわけですから、常日頃からのコミュニケーションが不可欠なのです。私の経験の範囲でも、きちんと伝えたつもりが、まったく伝わっていなかったなんてことはよくありました。


出路雅明

会社を立ち上げて7年たったとき、深刻な業績悪化に見舞われ、20億円の借金を背負ったことがありました。そんな絶体絶命のときに、ぼくの中に芽生えたのが、楽しいか、楽しくないかで仕事を判断する「ちょっとアホ」な考え方。経営のセオリーやトレンドにとらわれない、常識外れのやり方で自分と会社を変えていった結果、V字回復を果たすことができました。


平本あきお

TODOリストを定期的に見直しましょう。必要ないことを捨てるのです。付箋を捨ててしまえば、品仕事が溜まっていくことはなくなります。


徳岡邦夫

お客様の個別のニーズに対応するには、好みを直接おうかがいするのが一番早い。


守島基博

会社が組織である以上、どんなに優秀な人でも、周りがその人間を受け入れないと仕事にならない。もちろん、異端児や尖った人材を活用する組織でなければならないという議論も最近多くなってきた。私も、そうした人材が変革やイノベーションを起こすという主張にある程度賛成する。そういった人材を積極的に活用し、会社の変革をしていくことが必要なのかもしれない。でも、それはリスクを伴った判断だ。その結果、多くの企業は安全を志向し、組織のロジックを優先し、異端児や優秀な人材を活用しない。


大森南朋

何となくこの世界に入ったのですが、特に芝居の勉強などしていないので、撮影現場でもまったく何もできないわけです。でもそこには、役者の先輩がたくさんいらっしゃった。皆さん遙か彼方を歩んでいるようで、最高にかっこよかった。その上、僕みたいな者にもすごく優しくしてくださる。そういう先輩たち、監督さん、スタッフさんに認められる、受け入れられる人間になりたいと思った。映画の現場に憧れたんです。それが僕の第一歩です。


古川健介

重要な仕事が急に入ってきたときのために一日の半分は意図的に空けています。事業を拡大するときなど急に資金調達が必要になるときがあり、そんなときには一気に時間をとられるので。