名言DB

9412 人 / 110637 名言

土岐泰之の名言

twitter Facebook はてブ

土岐泰之のプロフィール

土岐泰之、とき・やすゆき。日本の経営者。「ユニファ」社長。福岡出身。九州大学卒業後、住友商事、ローランドベルガー、デロイトトーマツコンサルティングなどを経てユニファを設立。

土岐泰之の名言 一覧

最先端のテクノロジー、時代の流れ、現場の要望。この3つが揃っているから今のビジネスがある。


IT企業がまずすべきことは、残されたアナログを探し当てること。


簡単にはいかないと思うからこそデジタル化への挑戦が面白い。


不便を劇的に改善するサービスを提案しなければ、園は現状維持という保守的な性質から抜け出せない。


土岐泰之の経歴・略歴

土岐泰之、とき・やすゆき。日本の経営者。「ユニファ」社長。福岡出身。九州大学卒業後、住友商事、ローランドベルガー、デロイトトーマツコンサルティングなどを経てユニファを設立。

他の記事も読んでみる

塚本こなみ

園長になる前、私は日本中の藤を見て歩きました。ほかの藤がどんなレベルにあるのか、それを知らないで商売はできません。要するに、競合他社をリサーチしたのです。その結果、あしかがフラワーパークの藤が、世界で一番美しいという結論に至りました。


山本真司

多くの人がフォーカスできないのは、捨てることが怖いからなのです。その恐れを克服するには、絞り込んで努力することを心の底から納得する必要があります。だから対象への情熱の有無は、とても大切なことです。


佐藤和則(経営者)

多忙やストレスがたたって体調を崩しました。結果としてはそれで良かった。少しのんびりしながら復帰をしているかたわら、在宅や個人でできるビジネスを一から学び、かっこよくいえば、内省と自己研鑽の期間になりましたから。非接触骨伝導効果スピーカーの基礎となる技術も、この時期の巡りあわせから始まりました。


林悦道

街での喧嘩と企業間競争は、本質的には同じ。単純な話、喧嘩はより強いエネルギーを敵にぶつけた方が勝つし、企業間競争も競合相手より強いエネルギーを顧客にぶつけた方が勝つ。喧嘩に勝つための鉄則の多くは、企業同士の顧客を奪い合う戦いにも応用できる。


宮内義彦

我々が参入していない未知の地域、分野はまだまだある。


岩田松雄

「好きなこと」「得意なこと」「人のためになること」という3つの要素の重なる部分を追求すれば、自分が追求すべきミッションが見えてきます。定期的に自分を見つめ直し、それぞれのミッションを早い段階で見いだしてほしい。


織田隼人

結果よりもプロセスの方に注目すると、結果が失敗に終わったときも、「決断の仕方のここが間違っていた」「決断までのプロセスは正しかった。今回は不運だった」などと冷静に考えられるようになり、めげなくなります。当然、決断をする回数も増えるので、その精度がどんどん上がっていきます。そういう意味で、「決断の結果ではなくプロセスに注目する」というのも、意思決定の質とスピードを高める重要なポイントといえるでしょう。


テリー伊藤

昨日の自分を信じない。昨日の自分が好きじゃない。昨日の自分に興味がない。何かを成し遂げようというとき、これはとても大切なことだ。何かを成し遂げるためには、延々とその場で粘ることが大事だと思われがちだが、じつはそうではない。自分を成長させるためには、昨日の自分のままではいけないのだ。


菅井敏之

自分が何歳のとき、いくら必要になるのか。人生の見通し図を描くことが賢いお金との付き合い方の第一歩。


赤井益久

どうしたって失敗は批判され、落ち込みます。社会へ出る前の段階で、負けない抵抗力を鍛えておくことは大切。


北条重時

自分にとって気持ちの良い人によく振る舞い、悪い気持ちを抱かせる人に辛くあたるのは、とてもよくない態度だ。畜生の犬などは、可愛がられる人には尾を振ってなつき、反対にいじめられる人には逃げて吠えまわるが、人と生まれた以上は犬などとは違い、自分に対して良い人にはもちろんのこと、悪い人に対してもよく接するようにすれば、そのうちに、悪い人もだんだんと心を改めて行くようになる。もし、改心せず、そのままの気持ちであっても、神仏は御憐み下されるし、また、それを見たり聞いたりする人は、同情の心を寄せるであろう。


福本陽子(料理研究家)

本質を守りながらも変化を続けた結果、今がある。


田中通泰

「亀田の柿の種」が50周年、「ハッピーターン」が40周年という節目を迎えることができました。これらのブランド商品があったからこそ生き永らえることができた。


福田浩一(銀行家)

私は、部長に任命する時に必ず、「第二、第三の自分をつくれ」と言っています。自分の持っている長所を持つ部下をつくって欲しいと。


福沢諭吉

人間は、お互い接してみなければ心を通じ合うことはできません。相手と心が通じなければ人物を理解することは不可能です。