名言DB

9419 人 / 110788 名言

土岐大介の名言

twitter Facebook はてブ

土岐大介のプロフィール

土岐大介、とき・だいすけ。日本の経営者。「ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント」社長。筑波大学第三学群・社会工学類卒業、米国ケース・ウエスタン・リザーブ大学院オペレーションズ・リサーチ修了。日本鋼管、日興證券などを経て、ゴールドマン・サックス証券東京支店に入社。ゴールドマン・サックス証券共同東京店長などを経て、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント社長に就任。著書に『絶対話力』ほか。そのほか日本証券投資顧問業協会副会長などを務めた。

土岐大介の名言 一覧

人はわかりやすい説明には興味を持ちやすく、簡潔な答えには反応を示しやすい。


相手が決断できないときは、判断基準が曖昧というケースが多い。


商談ではどんな話題でも、雑談の目的は、相手に気分よく話してもらう中から、考え方や意思決定の傾向を知ることです。


人の話を集中して聞くことができる時間は、だいたい1分間。それ以上は飽きます。顧客や上司に対して、1分間で簡潔に要点を伝えることがビジネスパーソンの最重要スキルです。


上司は意思決定の頻度と重みが増すだけで部下より偉いわけではないです。だから、常に部下のいい面に着目して、そこに尊敬と感謝の念を持つ。いい仕事をしたら、「よくやったな」ではなく、「すごい、俺には到底できないよ」と同志的な目線での声がけがいい。


私が証券会社の営業をしている頃、最初に学んだのは、顧客である投資家が意思決定するために「今何が起きているか」「なぜそれが起きたのか」「では、どうすればいいのか」の3点を簡潔に伝える、ということでした。それは、上司に伝えるときにもまったく同じことが言えます。


トーク中にその場でいい返答ができなくても、次回までに調べて相手が興味を持つことができる話題を伝える。そうすれば、相手は「自分のことを気にかけてくれている」と感じ、信頼閻係も一段高くなるかもしれません。トークの内容が取引に関わるストライクゾーンではないからこちらに関係ない、と判断するのではなく、ボール1~2個分外れたような、言ってみれば相手の趣味や好き嫌い、時事ニュースなどの話題でも、ファウルでもいいからなんとか打ち返せるように普段から準備しておくといいでしょう。


実際のビジネス(取引)の関係になるには、通常、第四段階くらいまでいかないといけません。そこまでの信頼関係を築くには、かなりの時間、会話する必要がありますが、ただ会話していても先には進めません。敏感なアンテナを立てて話を聞くことが大事です。アンテナを立てるとは相手の話を聞くときに頭をフル回転させるということです。全身全霊で聞くのです。


相手がプレゼンにまったく興味を示さなくても、空振り三振ではありません。少なくとも、こちらの提案に対する相手の反応を聞くことができます。その内容で、相手のモノの思考法や意思決定法、また現在、相手がどんな状況に置かれているのかを察知できます。新たな精度の高い個人情報を仕入れることができるのです。初回がうまくいかなくても、新たな宿題を見つけ、「次回は○○の分野についてお手伝いをさせていただきたいので、また少しだけお時間をいただけませんか」とつながりを持たせることもできます。


名刺を渡すだけの素っ気ない挨拶・自己紹介では、相手に何のインパクトも与えられません。さらに面会してすぐに自社の製品のチラシを取り出して、その説明などしてしまったら、相手は嫌な顔をするに違いありません。でも、下調べをできるだけしたうえで、「本日は初対面ですので、ご挨拶だけでございますが、御社の状況などを踏まえ、私なりに一枚だけご提案書をお持ちしました。お役に立つかわかりませんが……」と低姿勢に提案書というお土産を差し出せば、少しは聞く耳を持ってくれるはずです。


何の営業であれ、先方は最初、何を売りつけられるんだろう、騙されないようにしないと、と少し身構えているものです。その鎧を上手に取り除くトークができれば、「また会ってもいいかな」と思ってくれるでしょう。それを成功させるためのキーポイントは、誠実さ。なんとか相手のお役に立ちたい、という気持ちです。今さら誠実って言われても、手垢のついた言葉に感じるかもしれませんが、結局のところ、これに勝る武器は見当たらないのです。


「実はですね」という言葉で始まると、聞く側は、一般的・常識的にはAとなっていますが、本当はBなんですよ、といったサプライズ感のある内容の話を期待します。しかし、ほとんどの場合、そんな衝撃的な話は出てきません。「実は」と話している本人は、いかにも特別なことを知っているという雰囲気ですが、完全に看板倒れなのです。何度も「実は」と聞いていると「何を偉そうに言っているんだ」と腹立たしくなります。おそらく言っている本人は無意識に話している口癖で、周囲からは大いに顰蹙を買ってしまいます。


営業には、「伝える・伝わる・決めさせる」の3ステップが存在します。とくに初対面など、営業の最初の段階で大切なのは、「伝える」プロセスです。


営業は初回からゴールを見据えて臨む姿勢が不可欠です。ゴールとは相手に意思決定をさせること。この一点に向けてすべての言動をセットしましょう。初回に関して言えば、相手が決めるのは「次も会いたいか、会いたくないか」です。


土岐大介の経歴・略歴

土岐大介、とき・だいすけ。日本の経営者。「ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント」社長。筑波大学第三学群・社会工学類卒業、米国ケース・ウエスタン・リザーブ大学院オペレーションズ・リサーチ修了。日本鋼管、日興證券などを経て、ゴールドマン・サックス証券東京支店に入社。ゴールドマン・サックス証券共同東京店長などを経て、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント社長に就任。著書に『絶対話力』ほか。そのほか日本証券投資顧問業協会副会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

蛭子能収

ギャンブルで負けても、自分なりのルールがあれば、引き際を見失わずにすみます。「このルールを破ってしまうとどうなるか?」を、いつも念頭に置いて行動しています。


名越康文

失敗したとか、人を傷つけてしまったとか、逆に傷つけられたとか、日常で経験するストレス、つまづきのほとんどは対人関係に起因しています。言い換えれば、ストレスの原因は、ほぼすべて「社会という枠組み」の中で起きていることです。


小笹芳央

時に利益を求めるあまり暴走してしまうのが、会社の怖いところなのです。賞味期限や産地の偽装表示、不適切な耐震設計……。ここ数年、世間を騒がせた事件を振り返ってみましょう。これらの不祥事は「社会的におかしいだろう」ということに気づかなくなり、一線を蹄み越えてしまった例ですよね。長くいるとそれだけ、「普通に考えたら危険だ」ということに無自覚になっていくリスクを抱えているのが、会社という組織なのです。


落合信彦

石油をやっていたころは何度も追い詰められたりはしたが、決して落ち込むということはなかった。なぜかというと、「オレには西側の世界にエネルギーを供給する責任があるんだ」という大きな目的と自負があったからだ。ナイジェリアのジャングルにいようが、どんな惨めな思いをしても、この自負があったから孤独感を感じたり、落ち込んだことはなかった。


太田肇

人の上に立つリーダーには、部下たちの本当の気持ちを理解する洞察力が求められる。常日ごろから部下たちとのコミュニケーションを図る姿勢も必要だろう。そして一人ひとりのことをよく考え、部下を利用して自分が出世しようとするのではなく、むしろ「部下を売り込む」役目を果たしていくのである。そうしたリーダーであれば、部下たちは意気に感じて、そのリーダーについていきたいと願うようになる。


山海嘉之

私たちは一体、どういう未来をつくるべきなのかというところからスタートしている。私たちは社会課題解決型経済を目指す。社会課題を解決していくこと自体を重要視するような産業づくりや経済のあり方を追求していく。


篠原欣子

私はスタッフに「恋をしたことがありますか」とよく尋ねることがあります。特に女性の方に多いと思いますが、恋をすれば常に相手が気になってしまいます。そこに全神経が自然と注がれてしまうのです。同じように仕事に対しても好きになってしまえば、全神経を注ぐことができるはずなのです。


平山みき

クリスマスイベントを始めました。(東日本大震災の)被災地の子供たちにクリスマスツリーをプレゼントするイベントなんですが、お店や子供の遊び場もあってね。あの頃は何しろ世の中が暗くて、歌手もライブなんてしちゃいけない雰囲気でした。でも私はドイツのクリスマスマーケットが大好きだから、何とかこういうものを持って来て明るくできないかと思ったのね。1人じゃできないけど、幸い手伝ってくれる人もいて。そうやって何か始めると徐々に広がっていくんです。


知識賢治

部下が抱えている仕事を日ごろからきちんと把握しておき、問題が起きそうなときにはその場で注意やアドバイスを与える。そうした目配りもせず、改まった場でいきなり「君は駄目だ」と指摘するのでは、部下としても納得できないだろう。


河原成美

真剣に働いている以上、仕事をしながら定期的に運動するなんてそもそも無理な話。だから、多少できなくても、自分を責めず、「ちょっとずつでもやればいいや」と発想を切り替えました。すると、細々とですが、続くようになりましたね。