名言DB

9425 人 / 110833 名言

土岐大介の名言

twitter Facebook はてブ

土岐大介のプロフィール

土岐大介、とき・だいすけ。日本の経営者。「ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント」社長。筑波大学第三学群・社会工学類卒業、米国ケース・ウエスタン・リザーブ大学院オペレーションズ・リサーチ修了。日本鋼管、日興證券などを経て、ゴールドマン・サックス証券東京支店に入社。ゴールドマン・サックス証券共同東京店長などを経て、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント社長に就任。著書に『絶対話力』ほか。そのほか日本証券投資顧問業協会副会長などを務めた。

土岐大介の名言 一覧

人はわかりやすい説明には興味を持ちやすく、簡潔な答えには反応を示しやすい。


相手が決断できないときは、判断基準が曖昧というケースが多い。


商談ではどんな話題でも、雑談の目的は、相手に気分よく話してもらう中から、考え方や意思決定の傾向を知ることです。


人の話を集中して聞くことができる時間は、だいたい1分間。それ以上は飽きます。顧客や上司に対して、1分間で簡潔に要点を伝えることがビジネスパーソンの最重要スキルです。


上司は意思決定の頻度と重みが増すだけで部下より偉いわけではないです。だから、常に部下のいい面に着目して、そこに尊敬と感謝の念を持つ。いい仕事をしたら、「よくやったな」ではなく、「すごい、俺には到底できないよ」と同志的な目線での声がけがいい。


私が証券会社の営業をしている頃、最初に学んだのは、顧客である投資家が意思決定するために「今何が起きているか」「なぜそれが起きたのか」「では、どうすればいいのか」の3点を簡潔に伝える、ということでした。それは、上司に伝えるときにもまったく同じことが言えます。


トーク中にその場でいい返答ができなくても、次回までに調べて相手が興味を持つことができる話題を伝える。そうすれば、相手は「自分のことを気にかけてくれている」と感じ、信頼閻係も一段高くなるかもしれません。トークの内容が取引に関わるストライクゾーンではないからこちらに関係ない、と判断するのではなく、ボール1~2個分外れたような、言ってみれば相手の趣味や好き嫌い、時事ニュースなどの話題でも、ファウルでもいいからなんとか打ち返せるように普段から準備しておくといいでしょう。


実際のビジネス(取引)の関係になるには、通常、第四段階くらいまでいかないといけません。そこまでの信頼関係を築くには、かなりの時間、会話する必要がありますが、ただ会話していても先には進めません。敏感なアンテナを立てて話を聞くことが大事です。アンテナを立てるとは相手の話を聞くときに頭をフル回転させるということです。全身全霊で聞くのです。


相手がプレゼンにまったく興味を示さなくても、空振り三振ではありません。少なくとも、こちらの提案に対する相手の反応を聞くことができます。その内容で、相手のモノの思考法や意思決定法、また現在、相手がどんな状況に置かれているのかを察知できます。新たな精度の高い個人情報を仕入れることができるのです。初回がうまくいかなくても、新たな宿題を見つけ、「次回は○○の分野についてお手伝いをさせていただきたいので、また少しだけお時間をいただけませんか」とつながりを持たせることもできます。


名刺を渡すだけの素っ気ない挨拶・自己紹介では、相手に何のインパクトも与えられません。さらに面会してすぐに自社の製品のチラシを取り出して、その説明などしてしまったら、相手は嫌な顔をするに違いありません。でも、下調べをできるだけしたうえで、「本日は初対面ですので、ご挨拶だけでございますが、御社の状況などを踏まえ、私なりに一枚だけご提案書をお持ちしました。お役に立つかわかりませんが……」と低姿勢に提案書というお土産を差し出せば、少しは聞く耳を持ってくれるはずです。


何の営業であれ、先方は最初、何を売りつけられるんだろう、騙されないようにしないと、と少し身構えているものです。その鎧を上手に取り除くトークができれば、「また会ってもいいかな」と思ってくれるでしょう。それを成功させるためのキーポイントは、誠実さ。なんとか相手のお役に立ちたい、という気持ちです。今さら誠実って言われても、手垢のついた言葉に感じるかもしれませんが、結局のところ、これに勝る武器は見当たらないのです。


「実はですね」という言葉で始まると、聞く側は、一般的・常識的にはAとなっていますが、本当はBなんですよ、といったサプライズ感のある内容の話を期待します。しかし、ほとんどの場合、そんな衝撃的な話は出てきません。「実は」と話している本人は、いかにも特別なことを知っているという雰囲気ですが、完全に看板倒れなのです。何度も「実は」と聞いていると「何を偉そうに言っているんだ」と腹立たしくなります。おそらく言っている本人は無意識に話している口癖で、周囲からは大いに顰蹙を買ってしまいます。


営業には、「伝える・伝わる・決めさせる」の3ステップが存在します。とくに初対面など、営業の最初の段階で大切なのは、「伝える」プロセスです。


営業は初回からゴールを見据えて臨む姿勢が不可欠です。ゴールとは相手に意思決定をさせること。この一点に向けてすべての言動をセットしましょう。初回に関して言えば、相手が決めるのは「次も会いたいか、会いたくないか」です。


土岐大介の経歴・略歴

土岐大介、とき・だいすけ。日本の経営者。「ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント」社長。筑波大学第三学群・社会工学類卒業、米国ケース・ウエスタン・リザーブ大学院オペレーションズ・リサーチ修了。日本鋼管、日興證券などを経て、ゴールドマン・サックス証券東京支店に入社。ゴールドマン・サックス証券共同東京店長などを経て、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント社長に就任。著書に『絶対話力』ほか。そのほか日本証券投資顧問業協会副会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

貞松成

飲食店を経験する前は美味しい料理があれば上手くいくと思っていました。しかし、それだけでは不十分だとわかった。明るくて良い人材の多い店の方が売り上げもいいということに気づきました。やはり企業は人に尽きます。


森正文(経営者)

クロージングではとにかく「いま決めてください」といっていました。創業当時は私ひとりの会社だったので、すぐ次の営業先を訪問しなくてはならず、そうとう忙しかったのです。商品説明をするときも、最後まで説明して断わられると、大きなエネルギーの消耗と時間の無駄になります。もちろん相手にとってもです。ですから、まず最初に「こういうサービスのご案内にうかがいました。ご興味ありませんか?」と質問し、相手が「興味がある」と答えれば説明を始める。説明が一区切りついたら「この先もお聞きになりますか?」と質問して、「聞きたい」と答えたら続ける。これを繰り返して、最後のクロージングにつなげていました。


永守重信

私は運の活かし方には公式があると思っている。その代表的な者が「先憂後楽」の精神だ。目の前にいくつもの仕事が山積みになっている。できれば明日に回してしまいたい。そこで、楽をとればやはり大きなチャンスを逃してしまうことになるだろう。


守安功

シンプルに話すという意識は、グローバルな展開をするようになり、さらに強くなりました。外国人とのコミュニケーションでは、自分の考えを明確に伝えることが何よりも重要です。


中西大介

「こういう人材を送り出すとスポーツ界が発展する」といった唯一の答えはない。むしろ、バックグラウンドを含めた多様な人材を送り出すことで成功の確率を高めたい。


佐藤達哉(サトウタツヤ)

インターネットやスマホが普及し、誰もが自分に都合のよいものしか受け入れなくなっていると感じます。いつでも欲しい情報を手に入れることができるようになりましたが、自分の価値観に合ったものを探し、見つけて満足してしまう。その結果、価値がわからないものを拒絶してしまうのです。


ジェイ・エイブラハム

ビジネスで卓越した人物・企業になるための9ステップ

  1. 顧客の問題を解決し市場の信頼を勝ち取る。
  2. 自分の強みにマッチし市場と共鳴する人物像・キャラクターを確立する。
  3. 顧客や市場に関するビジョンを打ち立てる。
  4. あなた自身の来歴を物語る。
  5. 業界やライバルの悪い部分に対極的な立場をとる。
  6. 独自用語を開発する。
  7. ブログやニュースレターなど独自のコミュニケーションルートを使い、市場と独自につながる。
  8. 顧客にVIP待遇を味わわせる。
  9. メンター(師)に手伝ってもらう

高橋がなり

僕がすすめるのは、あえて苦手な仕事や、すぐに評価されない仕事に取り組むこと。今は、自分に負荷がかからない方法ばかり選ぶ奴ばかりですから、ものすごく目立ちますよ。


小泉進次郎

今回は本当に苦しかった。「いま、僕は頂上に向かっているのか、崖に向かって歩いているのか、どっちなんだろう」と思いながら進んでいた。だから、あらゆるところに(危険察知の)アンテナを張りめぐらして、包囲網が引かれそうになった瞬間には察知して、取って切ってという毎日を過ごしてきました。自分がものすごく鍛えられた。


神田正

ラーメン業界は、一般に個人経営が多く、利益率が低いため家賃の安い所に出店してきた歴史があります。そうした常識に反して駅前に出て行ったのは、時代とともに消えた駅前の屋台のニーズは確実にあると思ったし、ハンバーガーや牛丼の店が出ているのに、なぜ国民食であるラーメンがないのかという疑問からでした。駅前で採算を上げるのは苦労しましたが、マーケットがあると信じて粘ったことが今の成長につながりました。