名言DB

9412 人 / 110637 名言

土岐勝司の名言

twitter Facebook はてブ

土岐勝司のプロフィール

土岐勝司、とき・かつし。日本の経営者。事務機器メーカー「明光商会」社長。愛知県出身。愛知大学法経学部卒業後、コンピューターサービス(のちのSCSK)に入社。名古屋営業所長、事業部長、取締役などを経て明光商会社長、ケイティケイ専務執行役員などを務めた。

土岐勝司の名言 一覧

終業後は、時間の許す限り、オフサイトミーティングを開き、社員と食事をしながら未来の話をしています。


これまで多くの経営者にお会いしましたが、会社を本当に愛している経営者は、実は少ないもの。


土岐勝司の経歴・略歴

土岐勝司、とき・かつし。日本の経営者。事務機器メーカー「明光商会」社長。愛知県出身。愛知大学法経学部卒業後、コンピューターサービス(のちのSCSK)に入社。名古屋営業所長、事業部長、取締役などを経て明光商会社長、ケイティケイ専務執行役員などを務めた。

他の記事も読んでみる

宮島和美

即断即決、スピードが重要。


加島禎二(加島禎二)

従来の経営や事業の方向性を変えようとすると、たちまち不文律が顔をのぞかせ邪魔をしようとする。では、変化の障害となる不文律に対してどう対処すればよいのか。まず組織の中にどんな不文律が存在しているのかを洗い出す。会社や部門の不文律をみんなで徹底的に出し合ってみるのだ。次にそれらの不文律の中からどれにフォーカスするかを決め、解決する。絞り方のポイントは自分たちの部門の競争力を決定づけている活動だ。


張瑞敏

買収という手法に関して言えば、今後はそれによって経営資源を囲い込もうとは思いません。ネットを利用して顧客やサプライヤーとつながるなど、これまでとは違う手法で、顧客が満足する製品を作り出していく方がいいと思います。


藤本篤志

部下への定期ヒアリングの際に、「こぼれかけている話」や「他社にとられそうな案件」の相談を受ければ、上司は自身の経験や知識に基づき、適切なアドバイスができる。また、次回の訪問に同行する必要を感じたら、その場でスケジュールを決めることも簡単だ。


デモクリトス

人間たちの幸福は、身体によってでも金銭によってでもなく、正しさと思慮深さによってである。


小松政夫

実家があったのは今の「キャナルシティ博多」の近くで櫛田神社の隣でした。当時、神社裏の広場ではバナナの叩き売りや蛇の薬売りなどの実演販売が盛んで、実家の2階の窓からその様子をよく眺めていました。聞こえてくる口上はテンポがよくて、面白かった。夢中になって聞いていたら、知らぬ間に暗記していました。覚えたら誰かに披露したくなるものですよね。私も同級生や仲間を集めては今で言う一発芸や1人芝居を見せていたのです。私の本名は松崎雅臣なので「雅坊演芸会」と題し、ガリ版で入場券や招待券をこさえて配っていました。これが私の芸の原点です。


ウィンストン・チャーチル

イギリス人は最悪を聞くことを好む人々である。将来、もっと悪くなる可能性があり、より以上の不運のため準備しなければならないことを聞いて喜ぶ国民である。


西口尚宏

日本企業は決められた設計図に従って、カイゼンを積み重ねて素晴らしい商品を作り出すことには優れています。この「実行する経営」でこれまでの成長を実現させてきたのです。しかし一方で、ビジネスモデルをゼロからデザインすることは非常に苦手。「デザインする経営」をこれまで実践してこなかったのです。他国に追いつけ・追い越せの時代では「実行する経営」で世界でも通用しましたが、ITが発達したデジタル社会となったことで、全ての国や企業が同じスタートラインに立ちました。結果、その経営が通用しなくなっています。つまり、「ビジネスモデルをデザインする経営」でイノベーションを起こさなければ、たちまち立ち行かなくなる時代になってきているのです。


大塚久美子

会社は発展段階のどこかで、創業者の庇護から離れなければならない。


山内隆司

我々が受注すべきは技術的に難度の高いプロジェクトです。現地の企業では施工できない難しいプロジェクトでなければ、賃金の高い日本の人材を連れていっても、コストが合わない。


伊藤正孝(税理士)

「足るを知る」とは、「自分より上の人と比べるな」ということです。収入も上と比べればきりがない。大切なのは、自分にとって何が幸せかであり、お金だけを基準にして働かない。そのとき、心の報酬になるのは仕事のやりがいです。


井上礼之

経営者と現場がそれぞれの感度を高めて技術を磨く方向を見据えることが、新たなビジネスの開拓につながる。日本の製造業はこれまで、技術力で世界をリードしてきた。だが、技術を活かすべき領域が大きく変化する中、変化の最前線での感度が鈍く、それに対応する意思決定が遅くなっているようにも感じる。


穂坂賢

基本的には卒業生をベースに交流を深めていって、そこへ新たに学生たちをつなぎ合わせていく。酒造りの技術的な教育は大学内である程度できますが、やはり人とのつながりを密にしてあげることのほうが重要です。それは我々にしかできないことでもあります。知識と、そしてネットワークの両面で、人材を育てることを大切にしています。


美輪明宏

私が自信を喪失した人によくお伝えするのは、「自分の手や足を鏡に映して、よく見てみなさい」ということ。ずうずうしく、でんっと生き続けてきた自分の姿かそこにはある。ものはついでです。今まで生きてこられたのだから、この先もきっとやっていけるはずです。


浜田宏

私が大学を卒業して入社した大手の海運会社は、いわゆる年功序列が支配する日本企業でした。そうしたなか、サラリーマンとして通勤電車に揺られながら、社内政治ばかりに関心を持ったり、組織の中の見方でしか物事を語れない人、また電車の中で漫画ばかり読んでいる人などを見て、将来こうはなりたくないなと。そのためにどうすべきか考え、「プロの仕事師を目指そう」と決意して、留学を決めました。