名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

土岐勝司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

土岐勝司のプロフィール

土岐勝司、とき・かつし。日本の経営者。事務機器メーカー「明光商会」社長。愛知県出身。愛知大学法経学部卒業後、コンピューターサービス(のちのSCSK)に入社。名古屋営業所長、事業部長、取締役などを経て明光商会社長、ケイティケイ専務執行役員などを務めた。

土岐勝司の名言 一覧

終業後は、時間の許す限り、オフサイトミーティングを開き、社員と食事をしながら未来の話をしています。


これまで多くの経営者にお会いしましたが、会社を本当に愛している経営者は、実は少ないもの。


土岐勝司の経歴・略歴

土岐勝司、とき・かつし。日本の経営者。事務機器メーカー「明光商会」社長。愛知県出身。愛知大学法経学部卒業後、コンピューターサービス(のちのSCSK)に入社。名古屋営業所長、事業部長、取締役などを経て明光商会社長、ケイティケイ専務執行役員などを務めた。

他の記事も読んでみる

野路國夫(野路国夫)

製造工程で組立作業者がミスをしたら、単に作業ミスとしては済まさずに、ミスが起こらないように図面自体を改良しています。


ボビー・バレンタイン

プレッシャーに負けてしまうのは、最後に起こるだろうことを考えるからです。そうではなく、いま行っていることに集中するのです。そうすれば、きっと楽しくなります。


イチロー(鈴木一朗)

僕は今年で日米合わせて16年プレーしてきました。16年もプレーして、いまようやくスタート地点に立ったという気がしているんです。これまで、いろんな数字を残してきて、これから先のモチベーションを保てるのかといろんな人に聞かれるんですけど、僕はそこについてはまったく心配していません。なぜならこれまで僕は野球選手として、何かをやったという達成感が残っていないからです。


藤田晋

ビジネスの場合、「終わった」と思ったところからが本当の勝負。そこで満足しているようでは、「その他大勢の人」と変わりがない。


菊地敬一

最初はこんな店ありえないってさんざん言われましたよ(笑)。本屋なのに『主婦の友』も『週刊ポスト』も『女性自身』も置いてない。いわゆる売れ筋のベストセラー本もまったくない。おまけに駐車場には車が二台しか入らない。店にはビリヤード台とアメリカの図書館をイメージしたハシゴがあって、裏山のイチョウの葉をかき集めて店中にバラ撒いたこともありました。掃除のおばちゃんに「誰、こんなところにゴミ捨てたのは!」って怒られたりして(笑)。理性ある経営者のやり方とは違うけど、僕は、僕の店をいいと思って、ほかの店の前を素通りしてうちに来てくれる人が必ずいると信じて疑わなかったんです。高ぶっていましたからね。


ジャック・ドーシー

ゴールデンゲートブリッジは驚くほど美しい橋だろう。だが、美しいのは見た目だけではない。波が高く、橋を架けるには極めて困難な海峡を前に数多くの技術者が集まり、少しずつ少しずつ作業を進めて作り上げた橋だから美しいのだ。


桂三枝(6代目桂文枝)

知識や情報を増やすには、人から学ぶというのも有効です。このとき、何でも学ばせてもらおうという熱意が強い人ほど、より多くのことを相手から聞き出せます。とにかく、恥ずかしがらず気になったことはどんどん質問することです。


リチャード・カールソン

「自分の思考法に気づく能力」が高まると、人生を直感的にとらえることができるようになり、考え方や感じ方、物事の受け止め方も自然と変化する。自分の考え方に気づくことさえできれば、すべてうまくいくのである。


竹中平蔵

リーダーが想いを語ることは大切です。私の好きな徒然草の一節にも「何かを成し遂げようと思ったら、そのことを胸に秘めないで口に出して話した方がいい」とあります。いつか成就してから言おうと思っていたらできません。やはり先に夢を語るほうがいい意味でのプレッシャーを受けるし、周りも応援してくれます。


相原孝夫

常に上機嫌であるぐらいがちょうどいい。毎日、ポジティブ・フィーリングです。難しい局面に直面しても前向きさを失わず、なんとかなるというムードを作れることは重要ですし、部下や後輩からしても頼もしい存在と感じるでしょう。


山本梁介

自律型感動人間を育てるために最も重視しているのは、上司と部下との対話です。新入社員を例にあげると、まずその人の長所を明らかにします。笑顔が素晴らしいとか、声が大きいとか、そんなことでもいいのです。上司はそれを伝え、大いに伸ばしていくことで、部下の自信につなげるのです。自分に自信を持って初めて、自律型で動けるようになるからです。


久保田進彦

ブランドが機能せず、中身と価格でしか勝負できない状態のことを、マーケティングの世界では「コモディティ化」と呼びます。いわゆるコスパ(コスト・パフォーマンス)競争です。21世紀に入ってから、デジタル化の進展により、製品間の比較が容易になり、消費者のコスパ志向が強まりました。そのため、一時期、多くの企業がコスパ型のマーケティングを採用し、安売り競争に陥りました。その典型がパソコンや液晶テレビです。「ブランドで売る」という視点を失うと、痛手を被ることがよくあります。