名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

土岐勝司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

土岐勝司のプロフィール

土岐勝司、とき・かつし。日本の経営者。事務機器メーカー「明光商会」社長。愛知県出身。愛知大学法経学部卒業後、コンピューターサービス(のちのSCSK)に入社。名古屋営業所長、事業部長、取締役などを経て明光商会社長、ケイティケイ専務執行役員などを務めた。

土岐勝司の名言 一覧

終業後は、時間の許す限り、オフサイトミーティングを開き、社員と食事をしながら未来の話をしています。


これまで多くの経営者にお会いしましたが、会社を本当に愛している経営者は、実は少ないもの。


土岐勝司の経歴・略歴

土岐勝司、とき・かつし。日本の経営者。事務機器メーカー「明光商会」社長。愛知県出身。愛知大学法経学部卒業後、コンピューターサービス(のちのSCSK)に入社。名古屋営業所長、事業部長、取締役などを経て明光商会社長、ケイティケイ専務執行役員などを務めた。

他の記事も読んでみる

三浦善司

書籍や映画を通して気になった言葉や覚えておきたい言葉を、手帳に書き込んでいます。そういった言葉を書き込むのは、記憶するためです。「目で見て、口でしゃべって、手で書く」と覚えやすい。体のいろいろな部位を使って、頭に叩き込むんですよ。


榎本博明

自信があれば人の意見に耳を傾けるだけの心の余裕が生まれますが、自信がないと見下されたという被害者意識が増幅し、逆ギレして相手に攻撃的な言葉をぶつけることさえあります。


隈研吾

どんな店に人を連れていくのかで、その人の教養がわかりますね。どんなアートが好きかといったものは少し勉強すれば誰にでも言えますが、連れていくレストランを選び、メニューを選び、お酒を選ぶのはごまかせない。食べ物というのは体と密着しているから、人間の本質が出るんですよ。


石倉洋子

戦いの最前線で指揮を執る士官は、使命を全うし、部下全員を無事に連れて帰りたいと考えています。しかし、それが叶わないときもある。そんなときは、目の前の部隊の損失よりも、戦略上与えられた絶対的使命を果たすために、意を決して部下に死を覚悟してくれと言わざるを得ません。


高山善司(髙山善司)

ゼンリンという会社は地図情報を収集して管理することを、地道にひたすら繰り返してここまで来ました。今後も、1軒、1軒調査する昔ながらの手法は続けていくつもりです。それが私たちの競争力の源泉なのですから。


石倉洋子

そもそも人は、同じ環境にいるとチャレンジを怠るという習性を持っています。ひとつの部署に3年間いると、仕事をすっかり覚え、決まったパターンで仕事をこなすようになってしまいます。世の変化はめまぐるしい。だからこそ、仕事のやり方を常に新しく変革していくべきなのです。


午堂登紀雄

チャンスを待つ忍耐力と同時に、勝機が到来したら、迷わず投資する決断力も重要。


ケリー・マクゴニガル

人はどうやら噂話の裏にある動機を見極められるらしい、ということが、研究で分かっています。その動機が本当に「向社会的行動(他人に対して積極的な態度を示したり、他人を助ける行動)」である場合、聞き手はそのことに気づくので、その情報をシェアした人の評価が上がります。反対に、チーム内での自分の地位を高めたいがために同僚を見下すような発言をすれば、聞き手はそれを嗅ぎ分けることもできるのです。すると彼らは、あなたを「良い仲間」として見てくれなくなり、むしろ、機密情報を話せるような「信頼できる相手」ではないと見なしてしまいます。


北川登士彦

メンバー全員が「既存のやり方にとらわれず、自由にビジネスを構築しよう」との思いでしたので、事業領域は日に日に拡大していきました。取り扱う資産も、基本的になんでもありです。


藤本隆宏

欧米型、中国型の「頭を使う戦略」「弱いものに楽に勝つ兵法」から学びつつも、それを鵜呑みにせず、いわば宮本武蔵流の「体を鍛える戦略」をミックスし、バランスをとる。それが経営戦略版の和魂洋才ではないだろうか。


山口義宏

日本企業が真の復活を果たすには、モノ作りの技術力だけでなく、人々を魅了する「ブランド」作りの力が欠かせない。


ルイス・バークスデール

求めているのは自分で疑問を抱き、自分で面白いものを見つけるタイプの学生。もしかしたら、教室で先生の話をあまり聞かないかもしれないし、ちょっと扱いが難しいかもしれない(笑)。でも、自分から動くタイプの、志のある学生に来てもらいたい。