名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

土屋雅稔の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

土屋雅稔のプロフィール

土屋雅稔、つちや・まさとし。日本の英語指導者。神奈川県出身。30歳で英語学習を開始。TOEIC990点、英検一級、国連英検(国際連合公用語英語検定試験)特A級などを達成。エクセレンスイングリッシュスクールを主宰。

土屋雅稔の名言 一覧

初心者は、まず始めること、そして続けることが大切です。


学習を習慣づけるには、よく言われるように、少しのスキマ時間でもいいから毎日のように英語に触れることが基本です。


学習のために景色の良い場所やお気に入りのカフェなど快適な環境に移ってみる、というのも良い方法なのではないでしょうか。「学習は気持ちいいものだ」と、「快」の感情と結びつけられれば、継続できるはずです。


英語が好きではない人にとっては、「勉強しよう」と思うだけでエネルギーを使うものです。そう簡単に、毎日頭のスイッチが切り替えられないかもしれません。そこで意外なコツとして、学習を始めたての頃は、「毎日少しずつ」ではなくて「週末の一日に長時間まとめて」学習してみる、というのも一つの方法です。スイッチを入れるのは週に一回だけなので、見かけに反して、こちらのほうが省エネになることがあるのです。


会話に文法は必要ないと思う人もいるかもしれませんが、話すときは、頭の中で英作文をしているため、文法を思い起こす必要があります。それに、単語だけをつなげたサバイバル的な話し方よりも、文法を使いこなせるほうが、好印象なはずです。一見、回り道と思われる文法の学習も、聴くため・話すための基礎を強化しているのです。


まったくの初心者が「来月、英語圏の国に出張する」などという場合には、その場で必要になりそうな表現を丸覚えして臨むほうが効率的でしょう。しかし、「いずれ英語を使う機会が増えそう」という理由ならば、基礎的な文法を身につけたほうが効率の良い学習ができます。


社会人になってから英語をやり直す際には、文法の復習や発音の練習、単語力の底上げ、聴く・話すことのトレーニングなど、総合的な学習が不可欠です。


土屋雅稔の経歴・略歴

土屋雅稔、つちや・まさとし。日本の英語指導者。神奈川県出身。30歳で英語学習を開始。TOEIC990点、英検一級、国連英検(国際連合公用語英語検定試験)特A級などを達成。エクセレンスイングリッシュスクールを主宰。

他の記事も読んでみる

是枝伸彦

いつまでも変わらない企業理念や経営方針を持つ一方で、時代に応じて変化するべきところは変化させないといけない。


奥野宣之

効率化するために書類をバンバン捨てるようにしています。プリントアウトして使った資料は即座に捨てますし、出先でもらったパンフレットも申し訳ないのですが、原稿を書き終えたら処分します。実際、それらが必要になることは滅多にありませんし、いざというときはもう一度もらえばいいのです。それにいまは、ほとんどの資料がネット上にありますから。レアケースのためにその書類を保管して探す方が、よほど手間がかかります。


ニーチェ

脱皮しないヘビは破滅する。


松下幸之助

目標を持ちなさい。目標をもったらすぐに諦めない。コツコツと、少しずつでもいいから前進することが成功の秘訣だ。


レイ・クロック

経営書を読む場合、漠然と活字を追うのではなく、読みながらこの会社を自分が経営するならどうするか、登場する経営者を自らに置き換えて考える。著者が書いたことと自分の想像を突き合せながらページをめくる。


佐々木典士

欲しいモノを片っ端から手に入れても、それで自信がついたり、幸せになることに直結するわけではない。思いつくままにモノを手に入れることで得られる幸せは、手に入れた瞬間をピークに数日や数週間、ときには数時間で過ぎ去り、次の日からは「まだ足りない」と欠乏感が湧いてくる。


田村潤

実は、年末年始の年の変わり目は、方針が突然変わっても許される唯一のタイミング。1年の途中で、突然方針を変えたら周囲から怪訝に思われるだけだが、「今年を振り返って、こうだったので、来年はこうしたい」と理由をつけて説明したら、180度の方針転換もギリギリ許される。そうした絶好のタイミングを利用しない手はありません。


山梨広一

提案書にはプロセスや分析よりもまず結論をわかりやすい言葉で書くことが必要です。現状やデータに基づいて論理的にシミュレーションされた複数の可能性の中で、実現可能性と思うものを3つくらいに絞り、結論としてクライアントに明示するのです。相手の心に突き刺さる短いメッセージが書けないのであれば、提案のどこかに現実味が欠けていたり、論理が破綻している可能性が高い。


原口博光(経営者)

年上だからといって、部下におもねる必要はありません。部下が裏付けのない中途半端な報告をしてきたとき、私は烈火のごとく怒ったことがあります。そのときついたあだ名が「ターミネーター」です。まあ、そんなあだ名で呼ばれていることを私が知っているくらいですから、職場の雰囲気は明るくなった。そうポジティブに考えています(笑)。


島津綱貴

並の心がけでは、かえって諸人の笑いを招き、先祖の名をはずかしめるもとである。


山本多聞

情報収集に熱心な社長さんほど成功しやすい。


安渕聖司

ほとんどのケースは、「引き返せる決定」のはず。「引き返せる決定」なら、悩まずに、どんどん決めてしまっていいと思います。間違っていたとしても、あとから直せば良いからです。スマートフォンのアプリが発売後に何度もアップデートされるように、今は、世の中自体が「早く出して、ダメならあとで直せばOK」という手法に変わってきていますからね。この世の終わりになるような決定は、会社員の仕事にはほとんどありません。