名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

土屋賢二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

土屋賢二のプロフィール

土屋賢二、つちや・けんじ。日本の哲学者、エッセイスト。「お茶の水大学」教授。岡山県出身。東京大学文学部哲学科卒業、東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。東京大学助手、お茶の水大学講師・助教授・教授・文教育学部学部長・名誉教授などを務めた。

土屋賢二の名言 一覧

口げんかになったら男は女に絶対に敵いません。僕たち哲学者は言ってみれば議論の専門家ですが、例外なく妻にやり込められている。


自分にとって役立つ情報か面白い話だと思えば、人は熱心に話を聞くものですが、面白いかつまらないか、役に立つか立たないかなど、自分にとっての利益不利益を瞬時に選別しています。そして、それが態度に表れます。


夫婦だからわかり合える、わかり合わなければならない。これは夫のほうが抱きがちな心情ですが、幻想は捨てましょう。夫婦といえども、元は他人なのだからわかり合えなくて当然と思ったほうが気楽です。少なくとも、話せば話すほど不満が募るという関係は避けられるはずです。


よく「話せばわかる」と言いますが、それは幻想にすぎません。本来、人は話せば話すほど互いの立場や考えの違いが明確になっていくものです。良好なコミュニケーションは、その違いの認知を前提として成立していくものです。


純粋に議論させても女は強いんです。長年、大学で学生を教えてきた経験から言ってもそうですし、小さい頃から女は違う。それでいながら多分、女の人は論理の力なんて大したことがないと思っている。そこがすごい。男にしたら「論理で言い負かせば自分の勝ち」、でも女は「勝ったから何?」で、その先の利益を求めるでしょう。「謝ってすむなら警察はいらない」とか言ってバッグや靴を買わせたりして。どうやっても、男は女に勝てません。


結婚生活や夫婦関係に、過剰な期待を持ちすぎないようにすることを勧めます。動物のオスは本来、繁殖の役割を終えれば用のない存在です。人間の場合、女性は中年を過ぎて子供を産めなくなっても、孫の世話をするなど、まだ子孫の生存のために役立ちますが、男のほうは、お金を稼いで家に入れるくらいしか役割はなくなります。昆虫の世界で、オスのハチは、女王バチとの交尾を済ませると死んでしまいます。男も本質的にオスのハチのようなものです。カマキリのオスも交尾のあと、メスに食い殺されると言われます。それに比べれば、人間のオスは殺されないだけ恵まれています。私たち夫は、男らしく自分の置かれた境遇を受け入れるしかありません。それが、男に生まれた者の運命です。文句ひとつ言わず、淡々と運命に従っているハチやカマキリを見習いたいものです。


私は、夫婦は若い頃から、いくらか距離を置くほうがいいと思います。何でも一緒にしていると、二人は仲良し夫婦だと男は思い込みますが、それは錯覚で、おそらく妻は失望の連続だと思います。距離を置いて、妻が未知の部分を持っているほうがいいと思います。自分をあけすけに話さず、謎の部分を残すのです。少し離れたところから眺めていれば、夫の欠点は見えにくくなるし、勝手な解釈で、いいイメージを持ってくれるという期待も持てます。


土屋賢二の経歴・略歴

土屋賢二、つちや・けんじ。日本の哲学者、エッセイスト。「お茶の水大学」教授。岡山県出身。東京大学文学部哲学科卒業、東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。東京大学助手、お茶の水大学講師・助教授・教授・文教育学部学部長・名誉教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

岩田松雄

留学したときに勉強になったのはMBAの理論もさることながら、日本ではみることのできない多様な価値観でした。キャリアも多様で、アフリカで看護師をしていた女性がビジネスに目覚めてMBAを取得し、シリコンバレーで起業するといった事例が、そこかしこにありました。「会社のレールを踏み外さないことが大事」という日本の感覚とは大きく異なる世界を知ったのです。のちに転職を決めた際、当時はまだ珍しかった外資系企業を選んだのも、この体験が背景にありました。


新将命

満足には「よい満足」と「悪い満足」があり、「悪い満足」とは安易な現状是認のこと。世の中の環境が悪いので業績が上がらなくても仕方ない、風向きがよくなればそのうちなんとかなるだろうというような、危機意識の欠如です。一方「よい満足」とは、仕事に誇りを持っていること。仕事を通じて自分を磨き、自己実現を図り、達成感を持てること。よい社員満足は、社員品質の重要な一部なのです。


千田琢哉

顧客へのお礼のハガキを続けるためには、あまりきちんと書きすぎないことも大切です。模範解答通り「拝啓」や「敬具」で書こうとしたり、長い文書を書こうと頑張ったり、字が下手なことを気にしすぎたり。こうした「かくあるべし」を極力なくし、カッコつけずに書くことが長続きのコツです。


桑原豊(経営者)

褒めるだけでは、どんな小さな組織でも運営できません。注意すること、ときには叱ることも、リーダーには必要です。最近は叱ることができないリーダーが増えているようです。スタッフに嫌われたり、辞めてしまったりするのが怖いからでしょう。しかし、スタッフに嫌われてしまうのは、叱り方に問題があるからだと私は思います。


橋下徹

政治家自らも役人と議論できるまで徹底して勉強し、外部有識者のサポートを得ながら役人と議論する。そして政治家としてはあくまでも大きな方向性を示すことが自分の使命だと認識しながら、具体的な制度設計や実務は役人に任せる。これが役所組織を動かす黄金法則。民間企業において経営陣が組織を動かす要諦も、この黄金法則と変わらないだろう。


ポール・シーリィ

エネルギーの流れは、注意の向いている方向に向かいます。だから、邪魔が入ったら集中が途切れてしまうのは仕方がないこと。重要なのは、いかに素早く集中を取り戻すか、ということです。


鎌原正直

困難を乗り越え、今こそ未来に向けて新たな挑戦の「スイッチ」を入れるべき時。


堤幸彦

AD時代、身体的にも精神的にもボロボロで、現場の隅で泣いたことも一度や二度じゃないですよ。毎日、逃げよう、辞めようとばかり思っていました。それでも僕が辞めずにいられたのは、拠り所となる一点があったから。それは小学6年生で出会って「うわっ!」と思って以来、いまも大好きなロック音楽です。その側に自分がいると実感できたから楽しめた。


鈴木敏文

常にニーズの変化に対応し、新しいことに挑戦していけば、顧客の支持が得られる。


ロバート・キヨサキ

財務諸表の「資産欄」に着目するとき、「無料で何かを得ること」は「持続的な富を得る」うえで生命線となる。


高島宏平(髙島宏平)

魚は山の中で買うと価格は高くなる。それは当然、輸送コストがかかるからですが、商売が成り立つのは、山の消費者が「ここまで持ってきてくれた」という行為に対価を払う気持ちになるからです。価値をもっとつけて、それをもっと伝えることこそ、本来的に企業がやるべきことだと考えている。


松本晃(経営者)

従業員の給料は、会社にとって「費用」ではなく「投資」です。その意味で、給料は会社にとって設備投資よりも大事な投資なのです。だから、儲かれば返す。当たり前のことです。そうすれば、皆もっと頑張ります。