名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

土屋賢二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

土屋賢二のプロフィール

土屋賢二、つちや・けんじ。日本の哲学者、エッセイスト。「お茶の水大学」教授。岡山県出身。東京大学文学部哲学科卒業、東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。東京大学助手、お茶の水大学講師・助教授・教授・文教育学部学部長・名誉教授などを務めた。

土屋賢二の名言 一覧

口げんかになったら男は女に絶対に敵いません。僕たち哲学者は言ってみれば議論の専門家ですが、例外なく妻にやり込められている。


自分にとって役立つ情報か面白い話だと思えば、人は熱心に話を聞くものですが、面白いかつまらないか、役に立つか立たないかなど、自分にとっての利益不利益を瞬時に選別しています。そして、それが態度に表れます。


夫婦だからわかり合える、わかり合わなければならない。これは夫のほうが抱きがちな心情ですが、幻想は捨てましょう。夫婦といえども、元は他人なのだからわかり合えなくて当然と思ったほうが気楽です。少なくとも、話せば話すほど不満が募るという関係は避けられるはずです。


よく「話せばわかる」と言いますが、それは幻想にすぎません。本来、人は話せば話すほど互いの立場や考えの違いが明確になっていくものです。良好なコミュニケーションは、その違いの認知を前提として成立していくものです。


純粋に議論させても女は強いんです。長年、大学で学生を教えてきた経験から言ってもそうですし、小さい頃から女は違う。それでいながら多分、女の人は論理の力なんて大したことがないと思っている。そこがすごい。男にしたら「論理で言い負かせば自分の勝ち」、でも女は「勝ったから何?」で、その先の利益を求めるでしょう。「謝ってすむなら警察はいらない」とか言ってバッグや靴を買わせたりして。どうやっても、男は女に勝てません。


結婚生活や夫婦関係に、過剰な期待を持ちすぎないようにすることを勧めます。動物のオスは本来、繁殖の役割を終えれば用のない存在です。人間の場合、女性は中年を過ぎて子供を産めなくなっても、孫の世話をするなど、まだ子孫の生存のために役立ちますが、男のほうは、お金を稼いで家に入れるくらいしか役割はなくなります。昆虫の世界で、オスのハチは、女王バチとの交尾を済ませると死んでしまいます。男も本質的にオスのハチのようなものです。カマキリのオスも交尾のあと、メスに食い殺されると言われます。それに比べれば、人間のオスは殺されないだけ恵まれています。私たち夫は、男らしく自分の置かれた境遇を受け入れるしかありません。それが、男に生まれた者の運命です。文句ひとつ言わず、淡々と運命に従っているハチやカマキリを見習いたいものです。


私は、夫婦は若い頃から、いくらか距離を置くほうがいいと思います。何でも一緒にしていると、二人は仲良し夫婦だと男は思い込みますが、それは錯覚で、おそらく妻は失望の連続だと思います。距離を置いて、妻が未知の部分を持っているほうがいいと思います。自分をあけすけに話さず、謎の部分を残すのです。少し離れたところから眺めていれば、夫の欠点は見えにくくなるし、勝手な解釈で、いいイメージを持ってくれるという期待も持てます。


土屋賢二の経歴・略歴

土屋賢二、つちや・けんじ。日本の哲学者、エッセイスト。「お茶の水大学」教授。岡山県出身。東京大学文学部哲学科卒業、東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。東京大学助手、お茶の水大学講師・助教授・教授・文教育学部学部長・名誉教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

常見陽平

若手社員は、先輩や上司の経験やネットワークを侮るなかれ。歯向かうよりも助けてもらい、懐柔して仲間になるぐらいの姿勢でつきあうといい。


中川具隆

システムもネットワークも世界規模で複数業者を競わせて価格を出していただいているので、国内価格よりも圧倒的に安く済んでいます。


池谷裕二

ルーティンワーク化するということは、無意識化するということ。無意識の記憶を司る線条体が関与していると考えられます。繰り返すことで体が覚える。無意識だから苦にならない。そういう状態を一般的には「集中している」と呼んでいるのです。集中しているときは時間を忘れて没頭しているでしょう?こういうときの脳は、動物的なシンプルな使い方をしていて、大脳皮質に前頭葉が麻痺している状態だと考えられます。時間感覚だけでなく、おそらく、喜怒哀楽や損得勘定も消えているのではないでしょうか。


冨山真由

集中力を高めるためにルーティンを使ったら、仕事を終えて帰宅する前にもルーティンを取り入れるといい。激しい運動をした後の「クールダウン」と同じ役割を果たします。少しずつ動作を緩めていくように、深呼吸などのゆっくりした動作のルーティンでいい。机を静かに片付けながら、明日の準備を整えることも立派なルーティンになります。


藤田晋

日本的経営を参考にしましたが、年功序列制度だけは採用しませんでした。同期入社の中で賃金に格差をつけるのは、日本の名門企業でも今や当たり前のことになっていますが、弊社の同期内格差の大きさを知ったら仰天することでしょう。弊社は日本的経営を参考にしてはいますが、あくまで厳しい成果主義を貫いています。


斎藤広達

意思決定に必要なのは、時間をかけて絶対に成功する解を探すのではなく、与えられた条件下でベスト・アンサーをつくることです。そうしたら、あとはアクションを起こせばいいだけです。


小川淳司

基本的に、レギュラーで出ている選手には気を遣う必要はありません。出られない選手の方にすごく気を遣います。野球というのはレギュラーだけでは勝てませんから。


和田秀樹

自分を活かすためには、努力が必要。そして、努力を続けるには、目標を設定したほうが伸びる。


駒崎弘樹

NPOはノット・フォー・プロフィット。利益の最大化ではなく、社会的課題の解決そのものを最大の目標とする団体ですね。このため、運営資金は国の補助金や民間からの寄付に頼りがちで、自立できないところが多い。特に日本では「ボランティアの集団=NPO団体」と見なされる傾向が強く、善意のみで動く組織と思われがちで、継続的かつパワフルに社会的な課題を解決する存在にはなり得ていませんでした。そこで欧米から社会起業という考え方が出てきました。経済的に自立し、持続可能な事業によって社会を変革していくのだ、と。この潮流の中で、私自身も国が再配分の中心となってセーフティーネットを構築するのには限界があると考え、ビジネスの手法を活用し、包摂力のある大きな社会を作ることを目指しています。


大塚万紀子

一番大事なのは、現在の働き方を確認する最初のステップです。まず、チームのメンバーがどの仕事にどのぐらいの時間をかけているのか、現状を把握します。手軽にできて効果的なのが「朝メール」「夜メール」と呼んでいる方法で、朝と夜に各自が仕事の時間と内容をメールで記録します。朝メールでは、始業時にその日の仕事が所定の労務時間内に収まるようにスケジュールを組み立て、チームメンバー全員にメール配信して共有します。そして、協力したほうが効率的にできる仕事は協力し、重複する仕事は整理して無駄をなくすといった調整を行なうのです。夜メールでは、実際どの仕事にどれだけの時間がかかり、予定から何分ずれたか、ずれた原因は何だったかなどを終業時に振り返り、メンバーに報告します。これを毎日行なうことで、メンバーの所要時間や優先順位に対する意識が明確になります。その結果、労働時間が10~20%も減り、時間あたりの成果が格段に向上したという声もよく耳にします。


築山節

50分集中したら10分間休むペースをお勧めします。デスクワークが長時間続くと眼精疲労、頭痛、肩こりなどの不快症状で、脳の働きがさまたげられてしまいます。


山本高史

発想とはコミュニケーションである。自分の考えを伝え、理解、評価される。双方向のやりとりによって始めて成立するものであり、発想者が思いついたことを露出するだけでは成立しない。