名言DB

9413 人 / 110706 名言

土屋賢二の名言

twitter Facebook はてブ

土屋賢二のプロフィール

土屋賢二、つちや・けんじ。日本の哲学者、エッセイスト。「お茶の水大学」教授。岡山県出身。東京大学文学部哲学科卒業、東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。東京大学助手、お茶の水大学講師・助教授・教授・文教育学部学部長・名誉教授などを務めた。

土屋賢二の名言 一覧

口げんかになったら男は女に絶対に敵いません。僕たち哲学者は言ってみれば議論の専門家ですが、例外なく妻にやり込められている。


自分にとって役立つ情報か面白い話だと思えば、人は熱心に話を聞くものですが、面白いかつまらないか、役に立つか立たないかなど、自分にとっての利益不利益を瞬時に選別しています。そして、それが態度に表れます。


夫婦だからわかり合える、わかり合わなければならない。これは夫のほうが抱きがちな心情ですが、幻想は捨てましょう。夫婦といえども、元は他人なのだからわかり合えなくて当然と思ったほうが気楽です。少なくとも、話せば話すほど不満が募るという関係は避けられるはずです。


よく「話せばわかる」と言いますが、それは幻想にすぎません。本来、人は話せば話すほど互いの立場や考えの違いが明確になっていくものです。良好なコミュニケーションは、その違いの認知を前提として成立していくものです。


純粋に議論させても女は強いんです。長年、大学で学生を教えてきた経験から言ってもそうですし、小さい頃から女は違う。それでいながら多分、女の人は論理の力なんて大したことがないと思っている。そこがすごい。男にしたら「論理で言い負かせば自分の勝ち」、でも女は「勝ったから何?」で、その先の利益を求めるでしょう。「謝ってすむなら警察はいらない」とか言ってバッグや靴を買わせたりして。どうやっても、男は女に勝てません。


結婚生活や夫婦関係に、過剰な期待を持ちすぎないようにすることを勧めます。動物のオスは本来、繁殖の役割を終えれば用のない存在です。人間の場合、女性は中年を過ぎて子供を産めなくなっても、孫の世話をするなど、まだ子孫の生存のために役立ちますが、男のほうは、お金を稼いで家に入れるくらいしか役割はなくなります。昆虫の世界で、オスのハチは、女王バチとの交尾を済ませると死んでしまいます。男も本質的にオスのハチのようなものです。カマキリのオスも交尾のあと、メスに食い殺されると言われます。それに比べれば、人間のオスは殺されないだけ恵まれています。私たち夫は、男らしく自分の置かれた境遇を受け入れるしかありません。それが、男に生まれた者の運命です。文句ひとつ言わず、淡々と運命に従っているハチやカマキリを見習いたいものです。


私は、夫婦は若い頃から、いくらか距離を置くほうがいいと思います。何でも一緒にしていると、二人は仲良し夫婦だと男は思い込みますが、それは錯覚で、おそらく妻は失望の連続だと思います。距離を置いて、妻が未知の部分を持っているほうがいいと思います。自分をあけすけに話さず、謎の部分を残すのです。少し離れたところから眺めていれば、夫の欠点は見えにくくなるし、勝手な解釈で、いいイメージを持ってくれるという期待も持てます。


土屋賢二の経歴・略歴

土屋賢二、つちや・けんじ。日本の哲学者、エッセイスト。「お茶の水大学」教授。岡山県出身。東京大学文学部哲学科卒業、東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。東京大学助手、お茶の水大学講師・助教授・教授・文教育学部学部長・名誉教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

戸田覚

時間の価値は誰に対しても平等というわけではなく、立場や力関係によっても変わってきます。立場が低いほど管理できる時間は減っていくので、自分が置かれた立場や管理できる時間を把握しながら、スケジュールを組み立てていく必要があります。


菅広文

その勉強をすることで本当に「勝てる」のかを考えることが重要。たとえば、「会社からTOEICを受験するように言われたから勉強する」というように、他者から言われて勉強している人も多いですが、それではその人の強みにはならないと思うんです。たとえそこそこの点数が取れても、留学経験者などもっと英語が得意な人には敵わない可能性が高いですよね。英語に限らず他も同じで、それでは負け続けると思うんです。野球ゲームでたとえると、打力も走力も守備力もオールCランクみたいな選手。こういう人は、どれか一つAランクの選手に負け続けると思うのですよね。そんなムダな努力をするなら、「僕は、何を勉強したらAランクになれるのか」と考えたほうがいい。他の勉強をすることで、会社から言われたTOEICを勉強する時間がないなら、「僕はTOEICよりこちらを勉強します」と堂々と言うべきです。それでこそ、Aランクで勝つための勉強だと思います。


金田一秀穂

ムダ話には価値があり、得することが多い。理由は簡単。ムダ話には、「人と人をつなげる力」があるからです。たとえ伝えたいことがあっても、ストレートに放つ言葉は響かない。むしろムダ話によって人の心は潤され、通い合う。


堀威夫

最近、電話の取り方が気になります。たかが電話じゃないかと思う方もおられるでしょうが、電話での対応は、その会社の成長力を現すというのが私の持論です。ベルが鳴ってすぐに受話器が取り上げられ、はきはきとした対応ができる会社に、業績の悪い会社は少ないように思いますし、逆に、業績不振に陥っている会社は、電話の対応も何となくやる気がないような沈滞したムードがムードが感じられます。


木暮太一

日本人の多くが自己アピールに尻込みしてしまうのは、自慢だと受け取られるのを恐れるからだ。日本人は、自慢していると思われることが耐えられないのだ。そこで必要になるのが、自慢と自己アピールの切り分けだ。これがしっかりできていれば、自己アピールが恥ずかしいという感覚はなくなる。会議で新規企画の内容を議論することになったとしよう。「私は類似の企画で社長賞を獲りまして」と言うのは自慢。企画の内容を尋ねられて、「類似の企画を担当したことがあります。その際、問題となったのは……」と言うのは自慢ではない。つまり自慢とは、文脈と無関係な自己紹介のことなのだ。これさえ押さえておけば、自己アピールに躊躇することはない。


山本ケイイチ

できない人が増えているということは、逆に言えば、できない人も差を埋め、成果を手に入れるチャンス。志やアイデアよりも、まずは失敗しても何度もトライして、人間性の基礎を固める。まずはそこから始めてみてはいかがでしょうか。


宮田孝一

多様な文化、価値観についていける能力は何も外国人とのコミュニケーションに限りません。人口減少と高齢化に向かっている日本では、今後、組織のマネジメントを取り巻く環境も大きく変わるでしょう。女性の活躍や年功序列の崩壊。マネジメントには、いろいろな人の意見に耳を傾け、組織をまとめ上げる能力がますます問われてくるでしょう。


小泉光臣

お客様に付加価値ある商品群を提供し続けることが大切です。JTはもっとイノベーティブな組織にならなければならない。


石黒和義

それなりに役割を果たしたので、そろそろ喧噪から離れて田舎生活に移るつもりでした。それが、もう少し利他的なことにも思いを馳せて、今度はあくまで個人として、もうひと働きしてみようと再考したわけです。
【覚え書き|新会社設立について】


鈴木篤(経営者)

若い社員の中には必ずしも自分の希望した仕事ではないと思う方もいらっしゃると思います。ですが、それぞれの役割にはきちんと意味があり、学ぶことが沢山あります。


村上憲郎

Google創業者のラリー(ペイジ)とサーゲイ(ブリン)は収支のことを考えていませんでした。そこで、オミッド・コーデスタニが入社して広告収入の仕組を作り、会社としての形を作った。その後、プロの経営者としてエリック(シュミット)が招かれてCEO(最高経営責任者)に就任した。


廣瀬光雄

過重労働が問題視されていますが、馬術も企業も同じです。経営者や企業幹部が社員に過酷な労働を強いては企業として成り立たないのです。それは馬の世界でも同様で、人と馬が心を通わせ、お互いの心が離れないようにする。それが馬術という競技になっているわけです。


ハンス・ヴェストベリ

変化の波を乗り切るために、私たちは現在の技術だけでなく、次の技術にもフォーカスしています。年間の研究開発投資は約30億ユーロに達しており、研究開発に妥協はありません。また、顧客第一の姿勢も大切にしています。お客様の声に注意深く耳を傾け、10万人近い従業員がお客様のニーズを満たすことを目標に一丸となって日々の仕事に取り組んでいます。


大原孝治

いつまでも本部が権限を持ったままだと、本部が仕入れて、それを各店舗に配送して、「売れ、売れ」と号令をかけるだけになってしまう。これで何が起こるかと言えば、売れないと仕入れが悪いと言い出し、仕入れた側は売り方が悪いと言い出すんです。結局、これは権限と責任が不明確なんですよ。だから、当社では店舗が権限を握り、品揃えは自分たちで決める。


宇田川憲一

米国人は自己主張が強く、「給料を上げてくれ」と目の前で泣き出す人もいた。日本流の奥ゆかしさや以心伝心は通用しません。「世界の常識」を肌で知ったことが、後に東南アジアでの事業を任されたときに生きました。
【覚え書き|米国子会社社長時代を振り返っての発言】