名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

土屋裕雅の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

土屋裕雅のプロフィール

土屋裕雅、つちや・ひろまさ。日本の経営者。「カインズ」社長。群馬県出身。早稲田大学商学部卒業後、野村證券を経て、いせや(のちのベイシア)に入社。カインズ常務取締役などを経て社長に就任。

土屋裕雅の名言 一覧

ビジネスに正解はない。私も正解は知らない。だから、「アドバイス」ではなく、「ヒント」になりそうな話をするだけにしています。


自分が上機嫌で楽しそうに話せば、相手もそれに合わせて上機嫌で返してくれる。


場数を踏む時は、「うまくいったこと」に気づき、それを次に生かすことが大事。


(商品のアイデアは)スタッフが来店者の方に一生懸命ヒアリングしてあがってくる部分もありますが、社内の人も結局買い物に行くので、声としては消費者と一緒。ですからそういった声を生かすこともあります。


商品全部で約10万点を扱っていて、オリジナル商品の全体が約1万2千~3千点です。その中の9千点ほどを毎年新しく入れ替えます。


文章で誰かに何かを伝えたい時は、「自分にしか書けないエピソード」を必ず盛り込むようにしています。社員にもそれを求めています。


大切なのは、やはり理念の共有ですね。カインズがこういうことをやりたい企業だということを理解していただいて、自分たちも一緒にやりたいということがないと、たとえ資金があっていい場所があったとしても、こうした方向性が一緒でないと、フランチャイズ事業はあまりうまくいかないのではないかと思っています。


「こうした方がいい」というアドバイスは、しないようにしていました。どの社員もプロとしてのスタイルをしっかり持っていますから、他人がアドバイスをしても簡単には受け入れないでしょう。


社員と一対一で話す機会を積極的につくっています。「会議の場では出てこない本音」を聴こうと、数年前から始めました。会議中は体裁を気にして「本音」をなかなか話せませんから。「ざっくばらんに話をしよう」という場を作りたかったんです。


雑談で一番大事にしているのは「上機嫌で話す」こと。無表情な人や暗い顔の人に話されても嫌ですよね。ですから、誰かと話す時はたとえ嫌なことがあった直後でも必ず、上機嫌になるように気持ちを仕向けています。


仕事中の雑談はすべて、何かを引き出すためにあると思っています。一見すると、仕事と関係ない話のように思えても、それが後から仕事で役立つことは多々あります。


雑談といっても私の場合、ビジネスに関係するものが多く、個人的な趣味の話をすることはほとんどありません。ですから、雑談も「仕事の一環」として捉えています。


社内の人やお客様が、石調のフライパンを欲しいなんて言わないのも事実。そこはずっとトレンドを追いかけていって、この次にこういうのが来るんじゃないかということを見極めて出すのです。その上で声としてあがるのが、たとえばフライパンなら、「焦げ付きにくい」や「重いのが嫌だ」とか。そういうトレンドとニーズとを合わせるのです。


土屋裕雅の経歴・略歴

土屋裕雅、つちや・ひろまさ。日本の経営者。「カインズ」社長。群馬県出身。早稲田大学商学部卒業後、野村證券を経て、いせや(のちのベイシア)に入社。カインズ常務取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

出口治明

それまで歩んできた人生の結果がいまの自分であり、当然短所もあれば長所もある。トランプのポーカーと同じで、手持ちのカードは変えられない。自分に自信を持って、ありのままでゲームに挑むしかない。


プブリウス・シルス

否定しようとすることを、物静かに拒否することが親切だ。


栗山英樹

もう1回、泥臭くチームを作り直す。たとえていえば、1年ごとにがらりとレギュラーが変わる高校野球のようにね。「連覇」という言葉を、口にした段階で、ぼくらは日本一のチャンピオンチームだという驕りが出てしまう。パ・リーグの覇者になることさえ大変なことなのに、軽々しく連覇なんて口にできませんよ。


竹内義晴(人材育成コンサルタント)

こちらの「ありがとう」と言う言葉で相手が喜ぶ、その姿を見てこちらも嬉しくなる。相手も自分も変化して行く感覚が楽しくなり、相乗効果が生まれる。


徳重徹

シリコンバレーでインキュベーション企業の代表として約5年間、様々なベンチャー企業の経営に携わりました。そのなかで再認識したのは、ベンチャーの役割は、「世の中を変革するツール」ということ。だから、優秀な人ほど志を持ってリスクを取り、自ら挑戦する。そんな彼らは社会的にもリスペクトされる存在です。あちらでは大企業に就職する学生は「大企業にしか入れなかったのか」と言われてしまう。


松井忠三

常に鋭角的にモノづくりを続けなければ、モノのレベルはあっという間に下がってしまいます。油断をしていれば、消費者のニーズをしっかりとらえた商品をつくる会社が必ず出てきます。そして、生き残っていくのはそういう会社です。


古森重隆

「これは解けそうもない」「これはできそうもない」。そう思ったときに、逆に何とか乗り越えようと考え抜く。私はそれが人生における努力の真の意味だと考えている。


弘兼憲史

僕の一日は、朝9時に自宅を出て午後1時に仕事場に入るまで、近所のファミリーレストランで過ごします。コーヒーと一緒にブランチをとりながら、アイデアを練ったり、原稿を書いたり、資料を読んだり。仕事場に入ったら夜中の1時、2時まで漫画の執筆に集中します。


岩田松雄

言われたとおりに仕事をしてしまうのではなく、仕事を自分でコントロールするという意思を持つこと。仕事が速い人になるためには、これが大切です。


堀威夫

馬鹿丁寧な対応をする必要はないと思いますが、適切なスピード感と親しみやすさが必要です。テキパキとした電話対応に巡り合ったときには、とても気持ちがいいものですが、最近、そんな気分のいい対応に出合うことがめっきり減っているように思うのです。尊大な電話対応は、社員がおごり高ぶっている危険な兆候だと思うのです。


板倉雄一郎

本当に良い会社が、割安に買えるような機会はなかなかない。最近の例で言えば、数年前のトヨタ株がそうだったが、このようなチャンスは、長い人生でも数えるほどしかないかもしれない。分散投資では、どうしても良くない企業の株も買ってしまうことになり、リターンは減ってしまう。目をつけた企業の株価が割安だと判断したら、そのときには、一点集中で買う。これが投資の王道だ。企業を知って株を買うことが「ローリスク・ハイリターン」の結果を生む。


小笹芳央

読書とは単に知識の吸収ではなく、思考の運動能力を鍛錬する機会でもあります。時間をかけて四苦八苦した末、その本のレベルに頭が慣れると、思考の次元が変わるのを体感できるはず。その際、本の内容を「人に伝える」ことを想定しながら読むのもお勧めです。その本の要点や本質を積極的に探し、咀嚼する姿勢が身につくでしょう。