名言DB

9412 人 / 110637 名言

土屋裕雅の名言

twitter Facebook はてブ

土屋裕雅のプロフィール

土屋裕雅、つちや・ひろまさ。日本の経営者。「カインズ」社長。群馬県出身。早稲田大学商学部卒業後、野村證券を経て、いせや(のちのベイシア)に入社。カインズ常務取締役などを経て社長に就任。

土屋裕雅の名言 一覧

ビジネスに正解はない。私も正解は知らない。だから、「アドバイス」ではなく、「ヒント」になりそうな話をするだけにしています。


自分が上機嫌で楽しそうに話せば、相手もそれに合わせて上機嫌で返してくれる。


場数を踏む時は、「うまくいったこと」に気づき、それを次に生かすことが大事。


(商品のアイデアは)スタッフが来店者の方に一生懸命ヒアリングしてあがってくる部分もありますが、社内の人も結局買い物に行くので、声としては消費者と一緒。ですからそういった声を生かすこともあります。


商品全部で約10万点を扱っていて、オリジナル商品の全体が約1万2千~3千点です。その中の9千点ほどを毎年新しく入れ替えます。


文章で誰かに何かを伝えたい時は、「自分にしか書けないエピソード」を必ず盛り込むようにしています。社員にもそれを求めています。


大切なのは、やはり理念の共有ですね。カインズがこういうことをやりたい企業だということを理解していただいて、自分たちも一緒にやりたいということがないと、たとえ資金があっていい場所があったとしても、こうした方向性が一緒でないと、フランチャイズ事業はあまりうまくいかないのではないかと思っています。


「こうした方がいい」というアドバイスは、しないようにしていました。どの社員もプロとしてのスタイルをしっかり持っていますから、他人がアドバイスをしても簡単には受け入れないでしょう。


社員と一対一で話す機会を積極的につくっています。「会議の場では出てこない本音」を聴こうと、数年前から始めました。会議中は体裁を気にして「本音」をなかなか話せませんから。「ざっくばらんに話をしよう」という場を作りたかったんです。


雑談で一番大事にしているのは「上機嫌で話す」こと。無表情な人や暗い顔の人に話されても嫌ですよね。ですから、誰かと話す時はたとえ嫌なことがあった直後でも必ず、上機嫌になるように気持ちを仕向けています。


仕事中の雑談はすべて、何かを引き出すためにあると思っています。一見すると、仕事と関係ない話のように思えても、それが後から仕事で役立つことは多々あります。


雑談といっても私の場合、ビジネスに関係するものが多く、個人的な趣味の話をすることはほとんどありません。ですから、雑談も「仕事の一環」として捉えています。


社内の人やお客様が、石調のフライパンを欲しいなんて言わないのも事実。そこはずっとトレンドを追いかけていって、この次にこういうのが来るんじゃないかということを見極めて出すのです。その上で声としてあがるのが、たとえばフライパンなら、「焦げ付きにくい」や「重いのが嫌だ」とか。そういうトレンドとニーズとを合わせるのです。


土屋裕雅の経歴・略歴

土屋裕雅、つちや・ひろまさ。日本の経営者。「カインズ」社長。群馬県出身。早稲田大学商学部卒業後、野村證券を経て、いせや(のちのベイシア)に入社。カインズ常務取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

杉山春樹(経営コンサルタント)

私は失敗という言葉をネガティブに捉えていないんです。例えば、経営の多角化に失敗して大金を失ったときは、手を出してはいけない業種や立地の条件を学べた。何度も従業員に売上げを持ち逃げされたことで、人を見る目も養えた。そのときわからなくても、後で気つけることもあります。成功の糧と考えれば、人生は何回失敗しても立ち直れます。


仲暁子

週末にジム通いをしているのは、身体の調子の管理をしっかりとしておきたいという願望から。経営者として、自分の体調も管理できないようでは仕事の管理もままならないという思いがあるからかもしれません。もともと私は体力がない方。ジムは、ゴールドマン時代に激務に耐える体作りのために通い始め、今では生活の一部になっています。最近は筋トレやスカッシュをメーンに、1回1時間半ほどジムで過ごしています。体を動かすとそれだけで、頭の中がクリアになって、ふといいアイデアが浮かんだりすることもあり、「身体が脳をつかさどっている」ことが実感できます。トレーニング中はスマホを凝視することもできないので、頭をからっぽにするための貴重な時間にもなっています。


安藤忠雄

パリではルーブル美術館の向かいにある19世紀の穀物取引所を保存改修し、美術館として再生する計画を進めています。本来なら10年くらいかかるところ、わずか3年で改修を完了し、来年オープンする予定です。その模型をつくったのが、京都大学や大阪市立大学などの大学生6人。死にものぐるいで、6か月で制作しました。今の学生には元気がないと言いますが、やはり学生時代に死にものぐるいを経験するのは大切ですね。よくぞ6か月でつくってくれたと思います。一度苦しいことを乗り越えた体験は、後で必ず役に立ちます。


稲葉善治

勝ち続けるためには、我々が勝てる市場で戦わなければいけない。


松井忠三

どんなに小さな仕事にも責任があり、それに伴う当事者意識が必要です。それが自覚できていない人は意外に多い。以前、駅に看板を出すことになり、その日に現地へ足を運ぶと出ていない、ということがありました。担当者に聞くと、「私はちゃんと業者に指示しましたが……」と言う。悪いのは自分ではない、と言いたいのでしょうが、それは違います。業者側と綿密に打ち合わせ、当日は本人も足を運んで確認するべきなのです。結果を出し、それを見届けるまでが自分の役割、と自覚してひとつひとつの業務に臨むこと。そうすれば、立場が上がるにつれて責任感と当事者意識が高まっていく道筋を作れます。


津田倫男

50代の方によく見られるのが、いま持っている人脈や仕事の蓄積、ノウハウを定年後の第二の仕事人生で活かせる、という勘違いです。会社の肩書がなくなったとき、周囲の人たちはサッと離れていってしまう可能性があります。自分が力を発揮できるようなポジションや環境を得られるとも限りません。これはなかなか受け入れがたいことでしょう。しかし、自分に対する評価の見直しが、その後の人生の成功を大きく左右するポイントになります。


守安功

大学院時代は航空宇宙工学を専攻して、スクラムジェットエンジンの研究をしていました。航空機に使われるエンジンで、マッハ10のスピードが出ます。研究の道を諦めた理由は2つあります。当時、そのエンジンは実用化に30年かかるといわれていました。30年かけてひとつのことに取り組んで、仮に途中でダメになったとしたら、ちょっと怖いですよね。それよりも、もっと早く結果が出ることをやったほうがいいと考えて研究職をやめました。もうひとつは、実力で勝負できるところがいいなと。


武田信繁

下々の者たちが何かにつけて批判の声をもらすことがあるから、それをよく聞き届けて、たとえその中にどんなことがあっても、どこまでも堪忍し、それを参考にして、ひそかに工夫をこらさなくてはならない。


大川功

新しい産業には必ず予兆があるという。その予兆を逃がさずに捉え、命がけで事業化しようとする人に対して、天は時流という恩恵を与え、使命という社会的責任を負わせるのだと思う。私の人生は、それに尽きる。


松村厚久

社員をスピーディに動かす秘訣は、仕事を任せること。私から社員に店のコンセプトを伝えたら、そのあとどう実現するかは社員に任せます。要所要所での判断は私がしますが、細かな指示はいっさいしません。


小野田寛郎(小野田少尉)

できてもやってはいけないこと、できなそうでもやらなければいけないこと、これで善悪が決まってしまう。


シャルル・ド・ゴール

人はなろうとした人物しかなれない。だからといって必ずしも良い条件に恵まれるわけではない。だが、なろうという意志がなければその人物には決してなれないのだ。


横田英毅

講演会などで私がよくご紹介する格言に、次のようなものがあります。「大切なことは、大切なことを、大切にすることである」。大切なことを大切にする、これが意外とできていない。


ジム・ロジャーズ

世界中のどこでも、元々投資が得意なんて人はいない。生まれながら投資の直観力が優れているなら別だが、少なくとも私はそうではない。そこでお勧めするのは「自分が知りつくしている分野に投資する」ということだ。


若林久

沿線全体の人口はまだ減っておらず、むしろ微増という状況で、鉄道輸送収入は定期も定期外も伸びています。ただ、間違いなく近い将来、人口減少は確実に訪れますから、いろいろな対策をとっています。定住人口、交流人口を増やすのが一番重要で、地域間競争も激しくなるのは必至ですから、選ばれる沿線、選ばれる鉄道にならなければ、生き残っていけないという思いがあります。