名言DB

9413 人 / 110706 名言

土屋義彦の名言

twitter Facebook はてブ

土屋義彦のプロフィール

土屋義彦、つちや・よしひこ。日本の政治家。環境庁長官、埼玉県知事。茨城県出身。中央大学商学部卒業。参議院議員秘書、埼玉県議会議員、参議院議員、防衛政務次官、環境庁長官、自由民主党参議院議員会長、自由民主党最高顧問などを経て埼玉県知事を務めた。そのほか、全国知事会長を務めた。

土屋義彦の名言 一覧

これからはまさに地方の時代で、主役は市町村。市町村が豊かにならなければ国も栄えない。


私は伊豆の下田で育ったんですが、たまたま私の通っていた旧制中学の近くに、吉田松陰が潜んでいたんです。それで吉田松陰に影響を受けたんです。彼の偉いところは他人を恨むのではなく、自らの学問が足りなかったために、幕府を説得できなかった、と自らを反省して死んでいくんです。


土屋義彦の経歴・略歴

土屋義彦、つちや・よしひこ。日本の政治家。環境庁長官、埼玉県知事。茨城県出身。中央大学商学部卒業。参議院議員秘書、埼玉県議会議員、参議院議員、防衛政務次官、環境庁長官、自由民主党参議院議員会長、自由民主党最高顧問などを経て埼玉県知事を務めた。そのほか、全国知事会長を務めた。

他の記事も読んでみる

マイケル・デル

新しいデータを受け入れるのに時間がかかればかかるほど、その人は自分の感情に左右されているのである。


清水久三子

図作成やレイアウトの能力を磨くよりも大事なのは「文=メッセージ」を固めること。その基盤があってこそ、骨太で信頼性の高い資料が作れるのです。


井上雄一

どうしても眠れないときは寝床を離れてリラックスし、本当に眠くなってから寝床へ行くようにしてください。眠れないと思い込むと、よけいに不安が高じて眠れなくなります。


小杉友巳

私にも夢があります。もし日本の人口の半分でも、生涯現役を意識して夢を持つようになれば、いまの日本を覆っている暗い空気が変わるのではないかというものです。


前澤友作

儲けとか勝ち負けに重点を置かないほうがいいと思うんですよね。僕の幸せの大部分は、人の幸せが占めています。じゃあ、どうやってまわりの従業員やスタッフ、その先のお客様や取引先、株主を楽しませたり驚かせることができるのか。それを考えてやってきたら結果的に儲かっていたという感覚なので、これからもそれでやっていきたいなと。


梅原勝彦

6つ上の兄を誘って日本初のカム専業メーカーを立ち上げました。相手の技術レベルに合わせてつくる私たちのカムは好評でした。値段は機械メーカーの5、6割。しかも、朝に注文があればその日のうちに納品です。結果、はるかに規模の大きなメーカーに簡単に勝つことができました。


渡部陽一

極限状態の国の情勢のなか、そこに暮らす「家族の姿」を取材していくのも僕にとっての戦争報道の一つです。ともに土間で眠り、同じ釜の飯を食べ、爆撃を避け、肩寄せ合って難民キャンプへ逃れていく……。そういった日常のなかの家族の喜怒哀楽にこそ、逆に戦争の悲惨さを伝える力があると、僕は思っています。


中島武

僕は頭の中が多重人格になっているんじゃないかと思うんです。小さなころからいつもキョロキョロしていて、通信簿には落ち着きがないと書かれていました。でも、落ち着きがあったら今日の僕はなかったでしょうね。昔から、人をじーっと見る癖があるんですよ。こういう顔をした人は、こういう服を着て、きっとこういう靴を履いているだろうと思うんです。それで、確認して、やっぱりな、と。何の意味もないんですよ。でもそうやって見ていると、その人のライフスタイルまで大体わかる。


野木森雅郁

海外企業の買収交渉などに臨む際は、先方との間で必ず誤解はある。とにかく細かく確認や修正をしよう。


藤井薫(経営者)

社内が仕事のやりがいに燃え、活力に満ちていなければ、顧客を巻き込むこともできない。


ドナルド・トランプ

ミケランジェロやベートーヴェンのような人々が大変な苦難に見舞われたのは誰もが知るところだろう。だが彼らは打ち克ち、数百年後の今もその名は生き永らえている。他の人々が目標の達成までにどんな苦労をしたかを知ると気が楽になる。


藤沢久美

規則正しい生活をしようと努力しています。できないことももちろんあります。気づいたら深夜の一時まで仕事をしていた、ということもあります。ただ、極力減らそうとしています。忙しいと、疲れをどこかの休みで調整すればいいだろうと、連日、深夜まで仕事をしたりしがちなのですが、その結果、体調を壊したり、集中力も落ちたり……。いいことなんてひとつもないんですね。


西成活裕

残業を減らすためにすぐにできることは、残業の5W1Hを洗い出すことです。「誰が、何を、いつ、どこで、なぜ」残業したのかを徹底して調べて、「どのように」改善できるかを考えます。たとえば、ある職員に残業の理由を聞いたら、「教授から問い合わせの電話が入って、対応に時間がかかってしまった」という。続けて、「なぜ問い合わせがきたのか」と聞くと、「書類の記入方法がわからないといわれた」と。では、なぜ記入方法がわからなかったのか。それは「書類のフォーマットがわかりにくいから」です。だったら、その書類を改善すればいい。


堀義人

当時ビルゲイツは30代前半くらいで、すでに世界一の大金持ちになっていたんです。そこで自分と彼を比較するわけですよ。彼はなぜ世界一の大金持ちになれたのか、また若造じゃないかと。自分がいる現実と、彼が成功している現実とのギャップを考えて、何が違うのかということをずっと見ていたんです。【覚書|ハーバード大学留学中にビル・ゲイツの講演会に参加した時を振り返った発言】


野路國夫(野路国夫)

入社して最初に配属されたのは、建設機械の耐久実験を担当する部門でした。屋外の現場で、ひたすら試作車を運転し続けるのが仕事です。この経験こそが私の原点です。報道や書類の内容をそのまま信じるのではなく、必ず自分の目で確かめるようになりました。