名言DB

9419 人 / 110788 名言

土屋敦之の名言

twitter Facebook はてブ

土屋敦之のプロフィール

土屋敦之、つちや・あつゆき。日本の経営者。24時間営業フィットネスジム「エニタイムフィットネス」を展開する「Fast Fitness Japan」社長。長野県出身。明治大学工学部建築学科卒業後、野村不動産、メガロス執行役員などを経て「Fast Fitness Japan」設立に参画。取締役、副社長などを経て社長。

土屋敦之の名言 一覧

「24時間営業なんて誰が来るのか?」。当初はこんなことを言われたこともありましたが、使いやすく、いつでも必要なときに利用できる点が受け入れられました。24時間フィットネスに異業種やコンビニまでが参入しているということは、我々のビジネスが認められた証拠ではないかと思います。


業界初の新たな取り組みを始めます。それが高校生の無料利用「HIGH SCHOOL PASS」です。部活や勉強、自分の将来について様々な悩みを抱える時期であるからこそ、心と身体に正しく向き合って欲しいという思いから、この制度を始めました。


これまでフィットネス業界では女性の中高年がボリューム層でしたが、エニタイムフィットネスの会員は20~40代が全体の85%を占め、そのうち7割は男性です。その意味では、新しいマーケットを開拓したと思っています。


「エニタイムフィットネス」はインストラクターを置いておらず、プールやサウナがないマシンジムに特化しているため、オフィスビルにも展開が可能で、料金も競合の半額から7割。店内には至る所に防犯カメラを設置しているため、綜合警備保障と包括契約を結んで安全・安心な施設環境を提供しています。


アメリカで誕生した「エニタイムフィットネス」は世界33か国、約4000店舗を展開し、6大陸に300万人の会員を抱えるまでに成長しました。「24時間年中無休」「納得の低価格」「マシンジム特化型」「世界全店利用可能」の4つのキーワードを掲げ、日本では10年から東京・調布を皮切りに店舗を広げ、18年1月には国内300店舗を突破しました。


土屋敦之の経歴・略歴

土屋敦之、つちや・あつゆき。日本の経営者。24時間営業フィットネスジム「エニタイムフィットネス」を展開する「Fast Fitness Japan」社長。長野県出身。明治大学工学部建築学科卒業後、野村不動産、メガロス執行役員などを経て「Fast Fitness Japan」設立に参画。取締役、副社長などを経て社長。

他の記事も読んでみる

小川直也

プロレスというのは、世の中と常にリンクしているものです。会社でも、よく3代目が潰すっていいますよね。プロレスでは力道山さんたちが第一世代、猪木さんたちが第二世代。そして自分たち第三世代が、猪木さんたちの遺してくれた貯金を食いつぶしているのが現状です。このまま潰すわけにはいかないので、大手の団体にもいろいろ言ったけど、全然ダメ。「それなら自分たちで立ち上げるしかない」ということで始めたのが『ハッスル』です。


保坂隆(精神科医)

「仕事面」の人脈構築において心がけてほしいのが、「情報面でのソーシャルサポーター構築」です。具体的には、何かわからないことがあった際に、「○○に詳しい人は△△さんだから聞いてみよう」と気軽に聞くことができる関係です。そうした人が瞬時に出てくるかという、いわば「人間検索力」は、とくに新たな分野へのチャレンジをする際には欠かせません。そこで、まずすべきなのが、「人脈の棚卸し」です。自分がこれまで会ってきた人を再確認し、その中で自分に有益な情報をもたらしてくれる人は誰かを考え、その人との関係を強化していくのです。もちろん一方で、新たな人脈開拓も欠かせません。


鈴木喬(経営者)

当たった商品はあまり改良しない方がいい。最初に買ったロイヤルユーザーから見ると違うものになってしまうから。たとえば、消臭ポットの場合、当初の売りの「小さくてかわいい」が次第に大きくなって下火になった。


羽根田卓也

僕にとってはカヌーが自分の作品であると思っています。


永野重雄

人間は夢を持たねばならないが、それを実現すべく努力しなければならぬ。


大野裕

うつ病の患者さんに対しては、あまり励まさないことが原則です。こんなはずではないと一番焦っているのは患者さんです。こうしたときに励まされると、抜けだそうともがいている自分を頭から否定されたように感じてしまいます。肯定も否定もせず、淡々と話に耳を傾けるだけで、患者さんの気持ちはだいぶラクになります。一方で「心配しているよ」という気持ちを率直に伝えたほうがいい場合もあります。家族だからこそ、言葉によるコミュニケーションに意味があるのです。そのときは「眠れていないようだけど」など具体的に何を心配しているかを伝え、できるだけ穏やかな言葉づかいで話すように心がけてください。同時に何が問題かを一緒に考えて解決方法を探そう、と伝えましょう。


吉永泰之

企業の歴史や本質を踏まえた差別化戦略でないと意味がない。


山本為三郎(経営者)

ビールは軍需品に近いもので、これを供給して軍に協力しているではないか。山本五十六元帥は横山中佐をビール会社へ送って「ビールは爆弾よりも必要だ。空中戦をやるときにはどうしてもビールがなければならない。というのは機上では炭酸ガスが不足するので、ビールと一緒に、中に含まれている多量の炭酸ガスを飲んで耐久時間を長くする」と言われたことがある。だから我々がビールをつくることもひとつの国策ではないか。
【覚書き|太平洋戦争中に軍からビール工場を接収し、その工場の機材で燃料をつくるという命令を受けたときに語った言葉。説得は失敗し工場と原料すべてを取り上げられてしまった】


堀場雅夫

やりたいことをやるためには、最初のうちは違うこともしなくてはいけない。結局、ひとつひとつを丁寧にこなしていくしかないんです。


川淵三郎

世界基準に沿って課題を突き詰め、定量的分析を基に改善策を具体的に明文化することが大事だ。それを各部門の専門家や各年代の指導者で共有することが未来への大きな布石となる。