名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

土屋敦之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

土屋敦之のプロフィール

土屋敦之、つちや・あつゆき。日本の経営者。24時間営業フィットネスジム「エニタイムフィットネス」を展開する「Fast Fitness Japan」社長。長野県出身。明治大学工学部建築学科卒業後、野村不動産、メガロス執行役員などを経て「Fast Fitness Japan」設立に参画。取締役、副社長などを経て社長。

土屋敦之の名言 一覧

「24時間営業なんて誰が来るのか?」。当初はこんなことを言われたこともありましたが、使いやすく、いつでも必要なときに利用できる点が受け入れられました。24時間フィットネスに異業種やコンビニまでが参入しているということは、我々のビジネスが認められた証拠ではないかと思います。


業界初の新たな取り組みを始めます。それが高校生の無料利用「HIGH SCHOOL PASS」です。部活や勉強、自分の将来について様々な悩みを抱える時期であるからこそ、心と身体に正しく向き合って欲しいという思いから、この制度を始めました。


これまでフィットネス業界では女性の中高年がボリューム層でしたが、エニタイムフィットネスの会員は20~40代が全体の85%を占め、そのうち7割は男性です。その意味では、新しいマーケットを開拓したと思っています。


「エニタイムフィットネス」はインストラクターを置いておらず、プールやサウナがないマシンジムに特化しているため、オフィスビルにも展開が可能で、料金も競合の半額から7割。店内には至る所に防犯カメラを設置しているため、綜合警備保障と包括契約を結んで安全・安心な施設環境を提供しています。


アメリカで誕生した「エニタイムフィットネス」は世界33か国、約4000店舗を展開し、6大陸に300万人の会員を抱えるまでに成長しました。「24時間年中無休」「納得の低価格」「マシンジム特化型」「世界全店利用可能」の4つのキーワードを掲げ、日本では10年から東京・調布を皮切りに店舗を広げ、18年1月には国内300店舗を突破しました。


土屋敦之の経歴・略歴

土屋敦之、つちや・あつゆき。日本の経営者。24時間営業フィットネスジム「エニタイムフィットネス」を展開する「Fast Fitness Japan」社長。長野県出身。明治大学工学部建築学科卒業後、野村不動産、メガロス執行役員などを経て「Fast Fitness Japan」設立に参画。取締役、副社長などを経て社長。

他の記事も読んでみる

越智仁

新興国が技術的に追い上げてきたことは認めざるを得ません。だからこそ我々は、高度な技術が必要な最先端の分野を攻めていかなければなりません。たとえば、現在、世界の液晶テレビの多くは、中国メーカーが製造していますが、液晶テレビのパネルに使うフィルムなどの素材は、ほとんどは日本の素材メーカーが提供している。それだけ、製造や加工が難しいからです。もっとも、いずれは彼らも追い付いてくると思います。我々は今のうちに先へ先へと素材の機能を進化させていくしかありません。


阿部サダヲ

役者は天職だと嬉しいですね。役者になる前は、仕事が終わってから後悔したことがなかったんですよ。でも、芝居は、やるたびに後悔します。こう見せたかったとか、あのセリフはこんな言い方をすれば良かったと自然に反省する。仕事でそんな感覚になる自分に驚きました。


齋藤孝(教育学者)

日本の文豪といえば、真っ先に思い浮かぶのが夏目漱石だろう。だが漱石は、創作の世界に没入していたわけではない。自宅には連日のように来客があり、若い弟子たちも集まっていた。人一倍世間と向き合い続けた作家だったと言えるだろう。ただし、本人は人づき合いが好きではなかった。むしろ人嫌いで偏屈でかんしゃく持ち。それでも多くの人に慕われたのは、「社会の役に立とう」「日本文学の担い手を育てよう」と覚悟を決め、誰に対しても一生懸命に接したからだろう。


竹中宣雄

いまの若い人は本当にダメなのでしょうか。私自身、ミサワホームに入社して最初のお正月を迎えるとき先輩に声をかけられましてね、「おい竹中、正月はどうするんだ」「はい、明日から実家に帰ります」「そうか、正月休みが終わったら、ちゃんと会社に戻ってきてくれよ」と。先輩社員からみれば、若手はみんな頼りなくみえるのです。これはいつの時代も変わらないことだと思います。


津田全泰

大学在学中に入社した楽天では多くを学びました。そこでの経験の中で、楽天市場と楽天トラベルという二つの部門を関わらせてもらいました。その楽天市場の方は大成功しましたが、一方楽天トラベルはなかなか伸びなかった。この経験から、ビジネスというものは個人の頑張りだけではまかないきれず、時流に乗ることや強みを意識したビジネスモデルを構築することが重要だと分かり、現在のフォートラベルの展開に大変活きています。


永野毅

ここ数年、おかげさまで国内におけるお客様の支持率が非常に上がっているんです。これは何か一つの商品があったとか、何か一つ大きなことをやったから出た結果ではなく、ひとつひとつの地道な成果が力になったからだと考えています。


守安功

努力をしても結果が出ずに、つらい思いをすることもあるでしょうが、それならその努力が無駄にならないよう、失敗を成長の機会とすべきではないでしょうか。なかにはそんな努力もせずに他人や環境のせいにして「モチベーションが下がった」という言葉を言い訳にしている人もいるように感じます。


池谷裕二

私も、仕事に関しては盲目的です。仕事は好きですし、時間があれば仕事をしています。そもそも研究者とは、多少はバカにならないと務まらない職業かもしれません。


玄侑宗久

人間、傲慢になると、自然まで克服してやろうと思うんですよ。でも、長期天気予報さえ当たらない。日本の宗教は、大自然への畏怖や無力感から出発しています。自然を戦うべき敵だとは捉えていませんよね。


堀之内九一郎

いま、何をすれば、相手は喜び、何をすれば、悲しむのか。恋人に対するときと同じような「思い」を持って、すべての人に接し、すべての仕事と向き合うことができれば、あなたの行動のすべてが信頼につながり始める。


嶋田卓彌(嶋田卓弥)

正しい経営理念は次代の若者たちに正しく教え、伝えておかなければならない。事業は教育なり。教育とはネクスト・ジェネレーションに対する正しい思想の伝達行為であろう。


桐山一憲

多くの企業はグローバル企業になりたいが、日本企業であることを捨てきれない。P&Gもアメリカ企業として20年前はそうしたジレンマを抱えていました。でも大きく舵を切ってグローバル企業に脱皮しました。今、日本企業もそんな選択を迫られる時期に差しかかっているのではないかと思います。