名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

土屋敦之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

土屋敦之のプロフィール

土屋敦之、つちや・あつゆき。日本の経営者。24時間営業フィットネスジム「エニタイムフィットネス」を展開する「Fast Fitness Japan」社長。長野県出身。明治大学工学部建築学科卒業後、野村不動産、メガロス執行役員などを経て「Fast Fitness Japan」設立に参画。取締役、副社長などを経て社長。

土屋敦之の名言 一覧

「24時間営業なんて誰が来るのか?」。当初はこんなことを言われたこともありましたが、使いやすく、いつでも必要なときに利用できる点が受け入れられました。24時間フィットネスに異業種やコンビニまでが参入しているということは、我々のビジネスが認められた証拠ではないかと思います。


業界初の新たな取り組みを始めます。それが高校生の無料利用「HIGH SCHOOL PASS」です。部活や勉強、自分の将来について様々な悩みを抱える時期であるからこそ、心と身体に正しく向き合って欲しいという思いから、この制度を始めました。


これまでフィットネス業界では女性の中高年がボリューム層でしたが、エニタイムフィットネスの会員は20~40代が全体の85%を占め、そのうち7割は男性です。その意味では、新しいマーケットを開拓したと思っています。


「エニタイムフィットネス」はインストラクターを置いておらず、プールやサウナがないマシンジムに特化しているため、オフィスビルにも展開が可能で、料金も競合の半額から7割。店内には至る所に防犯カメラを設置しているため、綜合警備保障と包括契約を結んで安全・安心な施設環境を提供しています。


アメリカで誕生した「エニタイムフィットネス」は世界33か国、約4000店舗を展開し、6大陸に300万人の会員を抱えるまでに成長しました。「24時間年中無休」「納得の低価格」「マシンジム特化型」「世界全店利用可能」の4つのキーワードを掲げ、日本では10年から東京・調布を皮切りに店舗を広げ、18年1月には国内300店舗を突破しました。


土屋敦之の経歴・略歴

土屋敦之、つちや・あつゆき。日本の経営者。24時間営業フィットネスジム「エニタイムフィットネス」を展開する「Fast Fitness Japan」社長。長野県出身。明治大学工学部建築学科卒業後、野村不動産、メガロス執行役員などを経て「Fast Fitness Japan」設立に参画。取締役、副社長などを経て社長。

他の記事も読んでみる

田尻邦夫

すべてを全部一人でやるのですから、猛烈に忙しかったのです。でも、日ごとに商売が大きくなっていくのが楽しくてしょうがなく、寝る間も惜しんで働きました。
【覚書き|伊藤忠商事ロンドン駐在員時代、日本の生地を英国企業に売り込む事業を一人でゼロから立ち上げた当時を振り返っての発言】


ウィリアム・A・コーエン

ドラッカーがマーケティングの本を書かなかったのは、彼のアプローチにそぐわなかったのでしょう。そのテーマで本こそ書かなかったけれども、30冊以上の著作や数多くの論文に目を通してみると、マーケティングやリーダーシップについて語られた部分がたくさんあります。しかしドラッカーは個々の分野に絞って本を書くことには関心がなかったのだと思います。彼の視点は、「組織の目的」や「乱気流時代の経営」といったように、もっと広かったのでしょう。


羽鳥兼市

実は私ね、子供のころから、何かしら商売の真似ごとのようなことはやっていたんです。例えば、知り合いから納豆を格安で仕入れて、別の場所でそれを売ると当然利益が出るわけです。普通の子供ならそれを小遣いとして使ってしまうことが多いと思いますが、私はそれをしませんでした。別に高尚な考えがあったわけではありません。「このお金を元手にすれば、倍の納豆を仕入れられるじゃないか」。つまり、自分が行動することによって、モノがおもしろいように売れていくことが、ただひたすらに楽しかったのです。いわばゲーム感覚とでも言えるかもしれませんね。


澤田秀雄

これまで取り組んできた事業を改めて見てみると、どれも他の人が当たり前だと思っていることを疑うところから始まっています。


関家一馬

様々な制度を導入しているのは、現状の業績というより未来の業績のため、変化に対して俊敏に動き続けられるようにしたいと考えてのことです。


佐治信忠

酒類を中心とした総合食品メーカーであるからには、それぞれが強くならなくてはいけません。何かがカバーしてビールをやっているようではダメだ。


松本秀幸

私は航空会社に勤めていたとき、国際的サプライチェーンから飛行機の部品を購入するという業務に従事していました。すると部品調達にまつわる会話がほとんど。しかも数パターンの定型文で事足りてしまうのです。「オールラウンドな会話ができなくては」という思い込みを外しましょう。


人見ルミ

20代のときに報道ディレクターとして働いていたんですが、心身の疲労を感じ、退職してインドでマインドフルネスのエッセンスを学びました。帰国してから仕事を再開したんですが、違う視点から物事を見られるようになったので、上司からなにか嫌なことを言われても、悩まないようになりましたね。おかげで仕事に集中できて、ミスも激減しました。ミスはリカバリーに時間がかかり、生産性を低下させる要因ですからね。


出口治明

人間は過去からしか学ぶことができません。過去の事例に照らし合わせ、最適だと思われる決断をする。その判断材料は多ければ多いほどいい。だから、世界史が役立ちます。


木村清

ビジネスで海外に行く機会も多いのですが、まったく知らない言語でも現地に3日もいれば喋れるようになります。語学はとくに学んだこともなく、むしろ苦手なのですが、追い込まれた状況になれば、必死に頭が働くということでしょうか。英語でも何語でも、その世界に放り込まれれば、人間、喋れるようになってしまうものです。


小飼雅道

品質問題が発生したら、何をおいてもそちらを優先し、迅速に対応する。常にお客様を頂点に置き、全体最適となる判断をし、収益は長期の視点でゆったりと見る。これがお客様視点の本質であり、現在の「マツダの戒律」です。


渡部卓

メールでは、「感情」「人となり」といった細かい部分は伝わりませんから、毎日一緒にいる相手とも誤解や齟齬が日常茶飯事になる。