名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

土屋敦之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

土屋敦之のプロフィール

土屋敦之、つちや・あつゆき。日本の経営者。24時間営業フィットネスジム「エニタイムフィットネス」を展開する「Fast Fitness Japan」社長。長野県出身。明治大学工学部建築学科卒業後、野村不動産、メガロス執行役員などを経て「Fast Fitness Japan」設立に参画。取締役、副社長などを経て社長。

土屋敦之の名言 一覧

「24時間営業なんて誰が来るのか?」。当初はこんなことを言われたこともありましたが、使いやすく、いつでも必要なときに利用できる点が受け入れられました。24時間フィットネスに異業種やコンビニまでが参入しているということは、我々のビジネスが認められた証拠ではないかと思います。


業界初の新たな取り組みを始めます。それが高校生の無料利用「HIGH SCHOOL PASS」です。部活や勉強、自分の将来について様々な悩みを抱える時期であるからこそ、心と身体に正しく向き合って欲しいという思いから、この制度を始めました。


これまでフィットネス業界では女性の中高年がボリューム層でしたが、エニタイムフィットネスの会員は20~40代が全体の85%を占め、そのうち7割は男性です。その意味では、新しいマーケットを開拓したと思っています。


「エニタイムフィットネス」はインストラクターを置いておらず、プールやサウナがないマシンジムに特化しているため、オフィスビルにも展開が可能で、料金も競合の半額から7割。店内には至る所に防犯カメラを設置しているため、綜合警備保障と包括契約を結んで安全・安心な施設環境を提供しています。


アメリカで誕生した「エニタイムフィットネス」は世界33か国、約4000店舗を展開し、6大陸に300万人の会員を抱えるまでに成長しました。「24時間年中無休」「納得の低価格」「マシンジム特化型」「世界全店利用可能」の4つのキーワードを掲げ、日本では10年から東京・調布を皮切りに店舗を広げ、18年1月には国内300店舗を突破しました。


土屋敦之の経歴・略歴

土屋敦之、つちや・あつゆき。日本の経営者。24時間営業フィットネスジム「エニタイムフィットネス」を展開する「Fast Fitness Japan」社長。長野県出身。明治大学工学部建築学科卒業後、野村不動産、メガロス執行役員などを経て「Fast Fitness Japan」設立に参画。取締役、副社長などを経て社長。

他の記事も読んでみる

荻原博子

安全で収益性が高く、いつでも解約できる。そんな万能な金融商品はありません。ですから、いろいろなタイプの金融商品を組み合わせることがポイントです。目安としては、安全なものに8割、収益性の高いものに1割、流動性の高いものに1割くらいが適当でしょう。


酒巻久

最初から「やったことがないからできません」などと決して言わないでほしい。仕事は新しいことに挑戦することだから、あなたがやったことがないのは当たり前。難しい問題をどう乗り越えるか、情熱を燃やして主体的に考えながら、前に進んでほしい。


細谷英二

(JR時代)ビューカード導入を決める会議の前に、3年間で撤退したときのコストを部下に計算させました。報告で上がってきた数字は百数十億円でした。それを聞いて「それならやろう」と決断しました。100億円強なら、駅スペースにカード用端末を開放する策で回収できると自分なりに試算していたからです。部下には「百数十億円の損失覚悟でゴーサインを出したのは細谷さんだけ」と言われていたようでしたが。


宗岡正二

最後はマーケットの変化が背中を押してくれました。マーケットの変化を考えれば、合併をいまやらなければいけないと。


岩瀬大輔

自分が出した数字がどのデータに基づいているかを説明するのはもちろん、相手が出してきた数字についても「それは主観か?それとも事実か?」を必ず確認してください。根拠を示さないまま「絶対に500件はいけると思う」などと主張する人が良くいますが、それが単なる思い込みなら、建設的な議論は成立しません。「500件は無理でしょ」「いや、大丈夫だって」といった水掛け論が延々と続くだけです。


大朏時久

我々の良さは「上司が何を言おうが、お客様が欲しい商品をがむしゃらに作り続ける姿勢」を全社員が持っていることです。


黒鉄ヒロシ

乱読が一定量を超えると、物事の見方、考え方の基礎が身につく。


海堂尊

やりたいことあるのにできないというのは、素質がないか、もしくは素質があってもまだ達成する時期に来ていないかのどちらかでしょう。


マーク・A・ラングレー

プロジェクトマネジメントは、単にタスクを管理するためだけのものではない。組織の戦略や変革を効率的かつ効果的に遂行するための手法といえる。最近の変化のスピードが速く競争が激しい市場環境においては、個々の企業が「何を」やっているかでは違いを出しづらい。「どのように」やるかで大きな競争優位性を生み出すようになっており、そこに寄与している。


サイモン・クーパー(経営者)

現在、世界63のホテルで、約35000人の従業員が働いていますが、全従業員に対して、性別、宗教、国籍、年齢、人種を問わず、多様性を尊重することを約束しています。また、従業員のプライベートライフと同時に、職場における時間の充実に最善を図ることを約束しています。


橋本若奈

私のモットーは「常に謙虚に、意気高らかに」です。私は、常に前向きに走り続けます。


高橋名人(高橋利幸)

今の企業には、さまざまな分野で名物社員がいらっしゃると思います。私が経営者の方々に伝えたいのは、彼らが紹介するのは所属している会社の製品でいいと思いますが、その活動以外の部分は、ある程度大目に見ていてあげてほしいなと思います。それが会社にとっても大きな成果をもたらすことになるかもしれないのですから。