土屋敦之の名言

土屋敦之のプロフィール

土屋敦之、つちや・あつゆき。日本の経営者。24時間営業フィットネスジム「エニタイムフィットネス」を展開する「Fast Fitness Japan」社長。長野県出身。明治大学工学部建築学科卒業後、野村不動産、メガロス執行役員などを経て「Fast Fitness Japan」設立に参画。取締役、副社長などを経て社長。

土屋敦之の名言 一覧

「24時間営業なんて誰が来るのか?」。当初はこんなことを言われたこともありましたが、使いやすく、いつでも必要なときに利用できる点が受け入れられました。24時間フィットネスに異業種やコンビニまでが参入しているということは、我々のビジネスが認められた証拠ではないかと思います。


業界初の新たな取り組みを始めます。それが高校生の無料利用「HIGH SCHOOL PASS」です。部活や勉強、自分の将来について様々な悩みを抱える時期であるからこそ、心と身体に正しく向き合って欲しいという思いから、この制度を始めました。


これまでフィットネス業界では女性の中高年がボリューム層でしたが、エニタイムフィットネスの会員は20~40代が全体の85%を占め、そのうち7割は男性です。その意味では、新しいマーケットを開拓したと思っています。


「エニタイムフィットネス」はインストラクターを置いておらず、プールやサウナがないマシンジムに特化しているため、オフィスビルにも展開が可能で、料金も競合の半額から7割。店内には至る所に防犯カメラを設置しているため、綜合警備保障と包括契約を結んで安全・安心な施設環境を提供しています。


アメリカで誕生した「エニタイムフィットネス」は世界33か国、約4000店舗を展開し、6大陸に300万人の会員を抱えるまでに成長しました。「24時間年中無休」「納得の低価格」「マシンジム特化型」「世界全店利用可能」の4つのキーワードを掲げ、日本では10年から東京・調布を皮切りに店舗を広げ、18年1月には国内300店舗を突破しました。


土屋敦之の経歴・略歴

土屋敦之、つちや・あつゆき。日本の経営者。24時間営業フィットネスジム「エニタイムフィットネス」を展開する「Fast Fitness Japan」社長。長野県出身。明治大学工学部建築学科卒業後、野村不動産、メガロス執行役員などを経て「Fast Fitness Japan」設立に参画。取締役、副社長などを経て社長。

他の記事も読んでみる

小笹芳央

困難な状況だとしても、何とか上司のメンツを立てつつ、ダメ上司に代わって仕事をこなせば、自分の能力を内外に広く知らしめることができます。


玉川勝

ビジネスは伸びるが利益がでないのでは意味がありません。そこで、ビジネスを伸ばしながら如何に適正な利益を稼ぐかが腕の見せ所となります。よってソニー・インディアにとっては「利益と成長の両立」が中期的な目標となります。この目標を達成するためには「市場の支配権の維持」が不可欠となり、これを維持するためには「ブランド力の強化」「販路・オペレーションの強化」「ローカル人材の育成」これら3つが極めてシンプルですが最重要な課題となり続けます。


瀬戸内寂聴

人は、人を愛していると思い込み、実は自分自身だけしか愛していない場合が多い。


家入レオ

デビュー当時の私は、どちらかというと自分のために歌っていました。人と関わるなかで、言いたいことを我慢したり、迎合しなくちゃいけなかったり、そういうフラストレーションを発散して自分をリセットするために。でも、この武道館ライブは、たった1日であるにもかかわらず、何百人という大人たちが1年がかりで準備してくれて、そんなステージで、ファンのみなさんの顔を見たとき、「ありがとう」って想いが心の底からこみあげてきたんです。自分の内側に深く潜って歌うより、支えてくれるみんなに寄り添う形で歌いたいって心の底から思いました。


神戸蘭子

一歩踏み出すのは勇気がいることですけど、最後に決めるのは自分。あの決断は間違ってなかったと思っています。
【覚え書き|アパレルメーカーを退職したことについて】


高橋恭介(経営者)

長い間定着している決まり事や規則を変えるのは、確かに手間かかかるし、面倒なことです。しかし、その手間をかけることが、社員に、そして会社に活力を与え、さらなる成長をもたらすはず。


鳥越恒一

移動中はともすればボーっとしがちなので、「この時間はこの案件について考える」などと、あらかじめ考えるテーマを決めておくようにしています。こうして移動中に構想を練っておけば、後ですぐに取りかかることができます。


田中靖浩

多くの人が数字に強くなりたいと思いつつ、勉強に挫折してしまうのは、数字に興味が持てないからです。しかし、毎日の仕事に役立つとなれば、興味を持って勉強できるはずです。


嶋浩一郎

人間は欲しいものをすべて言語化できていない。偶然の出会いを求めて書店に行きましょう。


川崎貴聖

戦後の世界は、あまりにも西洋的な論理の価値観に覆われてしまっています。けれども、論理だけではダメ。アジアの価値観を見直すべき時期に来ている。急成長のなかで改めて生き方が問われるようになった現在、その価値が再認識される可能性があります。それを、ビジネスを通じて発信していきたい。


岡野雅行(岡野工業)

大企業が突然、経営危機に陥るってことがあるだろ。あれは上層部が、下から上がってくる情報を鵜呑みにしているのが原因だ。下は都合の悪い情報は知らせっこねえんだから、それを鵜呑みにしちまったら、ほんとのところは何も見えない。裸の王様になるに決まってんだよ。上層部が肝心な情報を持ってなきゃ、経営危機にだってなるし、倒産だって、して当然だろ。


山田真哉

メールの本文で、用件を箇条書きにして番号を振るのは有効な方法です。しかし、項目が5つ以上になると、どれが大事なのかわからなくなってしまいます。そこで、とくに重要な用件は別のメールに分けて、2通同時に送信したりしています。重要性が高かったり、緊急を要したりする用件は、それだけで独立したメールを送るとわかりやすいと思います。


原田泳幸

私の言っていることはよく誤解されますが、別に何でもグローバルなモデルに合わせろと言っているわけじゃない。やっぱり日本人は優秀なんですよ。特にチームプレイ、協調性、相手をリスペクトする姿勢。家族的な会社に対するロイヤリティ。何より勤勉さ、真面目さ。これはお金では買えない美徳であり、日本人の強みです。それは大事にしないといけない。そのうえで、グローバル企業のいいところはもっと学ぶべきだと言っているだけです。


山本忠人

統轄会社を設立した狙いは、リソースを最適に再配分しながら、地域全体で勝つための戦略を構築していくことでした。例えば九州を見ると福岡、長崎、熊本、鹿児島にある各販売会社が行っていた戦略立案を、全体最適の視点で統轄会社が九州地域全体の戦略を策定し展開します。それぞれの販売会社は、その戦略をもとに、より地域に密着し、ワンストップで経営課題解決のためのソリューションを提供することにシフトしていくといった具合です。


ケリー・グリーソン

他人の支援を引き出すというのは、個人的にも仕事の上でも、広い意味での成功に達する唯一の方法なのだ。他人の支援を得ることによってのみ、多種多様なものが生み出せる。誰であっても、ひとりきりでは何かを生産する能力、時間、そして知識に限界がある。上手に人を使うのは、生産の可能性を無限に広げることに他ならない。


ページの先頭へ