名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

土屋敏男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

土屋敏男のプロフィール

土屋敏男、つちや・としお。日本のテレビプロデューサー、経営者。「LIFE VIDEO」社長。静岡県出身。一橋大学社会学部卒業後、日本テレビ放送網に入社。『電波少年シリーズ』など多くの人気バラエティを担当した。

土屋敏男の名言 一覧

次の展開が予想できないからこそ、視聴者は来週も見たくなる。どこかで見たことがある番組だと、結果は予想でき、次も見ようという気にはならない。


有名とか無名ということは問題ではなく、すべての人の人生には、面白く人を感動させられるというポテンシャルが秘められている。


無名の普通の人の人生は面白くないと思う人もいるかもしれませんが、私はすべての人の人生には、面白さや感動があると思っています。


過去の事例を再認識することで、その後に成功にいかにリンクしたのかも一連の流れの中で再整理できる。


経営者なら、自分の半生を後継者や社員に向けて記憶や記録として残しておくことには大きな意味がある。


ビジネスモデルに裏打ちされないコンテンツ表現は、継続的にならないという意味でそれは無価値である。だが一方で、「数値化されるものを追い求める」だけでは、かえってコンテンツの発展、さらにはビジネスモデルの永続性を脅かすのではないかと考える。「面白いもの」という数値化されないものと「数字を残す」という数値化されるものの間を、行きつ戻りつ漂うものがコンテンツである。


コンテンツは、数値化されるものと数値化されないものの狭間で行きつ戻りつ漂うものである。そしてアナログからデジタルの時代に移る中で、この数値化される要素がどんどんと多くなっていき、自然と数値化されないものの比重が軽くなっているのではないのか。


私がインタビューで重要と考えているのは、あらかじめ、その人に興味を持つということです。これはという事項は、時間をかけてどんどん掘り下げていくのです。


私が重要と考えているのは、ある人の人生を描く場合、私の人生を通して、その人の人生を見ることです。それが作家性であり、そうしないとつまらない作品になってしまうでしょうね。


「ユーラシア大陸横断ヒッチハイク」では世の中が感動のゴールを期待していたので、裏切ってやろうと思いました。ゴールしてホッとしている猿岩石に、突然航空券を渡し、アメリカ大陸縦断ヒッチハイクを命じました。感動のゴールを期待していた視聴者から、抗議電話が千本くらい来ましたよ(笑)。でもそうすることで、翌週も見たくなる効果を狙ったんです。


実はそれまでに、何度も失敗しているんです。他局で人気だった『ねるとん』や『たけし城』をマネしては1%、2%台の惨敗の結果に。何が悪いのか、どう変えればいいかわからなかったんです。あるとき「何でもいいからやれ」と言われまして。だったら、思い切ったことをやろうと思ってつくったのが『電波少年』だったんです。


土屋敏男の経歴・略歴

土屋敏男、つちや・としお。日本のテレビプロデューサー、経営者。「LIFE VIDEO」社長。静岡県出身。一橋大学社会学部卒業後、日本テレビ放送網に入社。『電波少年シリーズ』など多くの人気バラエティを担当した。

他の記事も読んでみる

メンタリストDaiGo

人間関係でストレスを抱える人には共通する特徴があります。それは、周囲の皆に好かれようとしていること。それでは人間関係を絞れなくなりますから、必ずなんらかのストレスが発生するに決まっています。それに、皆と仲良くしようとしていると、大事なものを失うことすらあります。


渡文明

入院生活で私が得たものは、人間は限界状況にならないと前身・進歩しないという結論でした。人間は本来怠惰なので、ギリギリのところで外から背中を押されないと、新たな一歩に踏み出したり変わったりできないもの。そこで私は、「自ら限界に追い込む」ことが大切だと考えて、この言葉を座右の銘のひとつとしたのです。


谷口恒

上場すると「さらされる」ことでベンチャーらしさがなくなってしまうと危愼する人も多い。しかし、外国人社員の割合5割は維持していく方針だし、シリコンバレーらしい環境を日本で、という思いは上場後も変えるつもりはない。


山村章

私は創業以来「いかにして企業を存続させるか」を常に考えてきました。この視点から品質と価格における国際的な競争力を重視してきました。


沖幸子

「そこそこきれい」が目標なのですから、多少の不満が残っても次のステップに進みましょう。熱中するのではなく、段取りよく片づけていくことが大切です。家事の中で最もマニュアル化、システム化しやすいのが掃除です。誰がやっても効率的にやればできるんですよ。


松枝寛祐

マイノリティー出資(持ち株比率が低い出資)ではマジョリティオーナー(大半の株を持つ出資者)の戦略に振り回されてしまいます。自動車に乗るならどうしても運転席に座るべきだと思います。後部座席に座っていると、運転手によってはどこへ連れていかれるかわかりません。そうすると予期しない場所に連れて行かれそうになり、途中で降りざるを得ないというような意味で、アジアにおいても経営主導権を握るような形での進出が重要ではないかと思います。さもないと、せっかくの努力が無にされてしまうケースが出てくるというのが我々の教訓です。


野津基弘

うちのグループはヒエラルキーを作らない。普通に考えれば偉いのは、最も売上高があるオハヨーで、次がカバヤ。でもだから何だ。


松下幸之助

すべて熱意が人を動かすんだという、この単純明快なこと、これですわ。オヤジさんがしっかりやっているのやから、手伝ってやらないといかんなと、人は半分はそれに引きずられて動くものなんです。


文野直樹

外食ってこんなに色んなものに左右されるんだ、と思いましたね。だからこそ思いついたのが冷凍食品だったのです。自社の餃子の商品力が高いのであれば、それをメーカーとして外販していった方がより生産性が上がるのではないかと考えた。そこで自社の業態をメーカーという立ち位置に固め社名も「食べるにプラス」という意味のイートアンドに変更したのです。


桜井弘(櫻井弘)

段取りを考えつつも、それを感じさせないのが雑談上手の極意。ポイントは、相手への興味と関心を示すことにあります。相手が好む話題は何かを探って、見つけたらそれを掘り下げましょう。相手の休日の過ごし方から趣味の話題に持っていくのがその典型です。趣味がわかったら、「いつから始められたのですか?」「きっかけはなんですか?」と身を乗り出しましょう。人は自分の好きなことについて話すのが大好きですから、雑談が大いに弾むはずです。


大久保幸夫

予算を投入してでも、自社が抱えるマネジメントと生産性の問題に対して解決に乗り出すことが必要。嵐が過ぎ去るのを待っていても遅いのです。


鎌田浩毅

文章の構成は三部構成を意識すべきです。人が同時並行的に処理できる数は諸説ありますが、3が上限です。少なくとも3つまでなら要素同士の関係がわかりやすく、読み手も混乱しにくいのです。