名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

土屋敏男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

土屋敏男のプロフィール

土屋敏男、つちや・としお。日本のテレビプロデューサー、経営者。「LIFE VIDEO」社長。静岡県出身。一橋大学社会学部卒業後、日本テレビ放送網に入社。『電波少年シリーズ』など多くの人気バラエティを担当した。

土屋敏男の名言 一覧

次の展開が予想できないからこそ、視聴者は来週も見たくなる。どこかで見たことがある番組だと、結果は予想でき、次も見ようという気にはならない。


有名とか無名ということは問題ではなく、すべての人の人生には、面白く人を感動させられるというポテンシャルが秘められている。


無名の普通の人の人生は面白くないと思う人もいるかもしれませんが、私はすべての人の人生には、面白さや感動があると思っています。


過去の事例を再認識することで、その後に成功にいかにリンクしたのかも一連の流れの中で再整理できる。


経営者なら、自分の半生を後継者や社員に向けて記憶や記録として残しておくことには大きな意味がある。


ビジネスモデルに裏打ちされないコンテンツ表現は、継続的にならないという意味でそれは無価値である。だが一方で、「数値化されるものを追い求める」だけでは、かえってコンテンツの発展、さらにはビジネスモデルの永続性を脅かすのではないかと考える。「面白いもの」という数値化されないものと「数字を残す」という数値化されるものの間を、行きつ戻りつ漂うものがコンテンツである。


コンテンツは、数値化されるものと数値化されないものの狭間で行きつ戻りつ漂うものである。そしてアナログからデジタルの時代に移る中で、この数値化される要素がどんどんと多くなっていき、自然と数値化されないものの比重が軽くなっているのではないのか。


私がインタビューで重要と考えているのは、あらかじめ、その人に興味を持つということです。これはという事項は、時間をかけてどんどん掘り下げていくのです。


私が重要と考えているのは、ある人の人生を描く場合、私の人生を通して、その人の人生を見ることです。それが作家性であり、そうしないとつまらない作品になってしまうでしょうね。


「ユーラシア大陸横断ヒッチハイク」では世の中が感動のゴールを期待していたので、裏切ってやろうと思いました。ゴールしてホッとしている猿岩石に、突然航空券を渡し、アメリカ大陸縦断ヒッチハイクを命じました。感動のゴールを期待していた視聴者から、抗議電話が千本くらい来ましたよ(笑)。でもそうすることで、翌週も見たくなる効果を狙ったんです。


実はそれまでに、何度も失敗しているんです。他局で人気だった『ねるとん』や『たけし城』をマネしては1%、2%台の惨敗の結果に。何が悪いのか、どう変えればいいかわからなかったんです。あるとき「何でもいいからやれ」と言われまして。だったら、思い切ったことをやろうと思ってつくったのが『電波少年』だったんです。


土屋敏男の経歴・略歴

土屋敏男、つちや・としお。日本のテレビプロデューサー、経営者。「LIFE VIDEO」社長。静岡県出身。一橋大学社会学部卒業後、日本テレビ放送網に入社。『電波少年シリーズ』など多くの人気バラエティを担当した。

他の記事も読んでみる

石坂泰三

人にものを教えるということは、自分でも非常に勉強になるもので、学問のためにも、またその後のものの考え方の上にも大いに役立ったと思う。
【覚書き|逓信省時代、早稲田大学と拓殖大学でドイツ法と民法の講師をしていた理由について語った言葉】


前川孝雄

「後輩や部下に任せても期待するアウトプットが出てこないし、仕事が進まない。だから自分でやってしまったほうが早い」という考えは間違っているわけではありませんが、そのやり方を続けている限りは、いつまでも自分一人でできる範囲以上のことができるようにはなりません。


古森重隆

私は会社という仕組みほど、パワフルで魅力的なものはないと思っている。一人で何か事を行うより、会社の持つ金や人、組織、社会的信用を活用したほうが、何倍も大きなことができる。会社という器には、たくさんの可能性、機会が詰まっていて、自分の努力と才覚、能力次第で、非常に大きなことを成し遂げることができる。世の中にこんなに面白くて合理的な装置はないと思う。


ピーター・ドラッカー

重要なことは、すでに起こった未来を確認することである。すでに起こり、もとに戻ることのない変化、しかも重大な影響を持つことになる変化でありながら、いまだ認識されていないものを知覚し、かつ分析することである。


山田昭男

かけるべき良いコストがある。売れるものほどコストをかけるべきだ。


内藤誼人

金持ちと貧乏の差は、能力やセンス、努力の量など簡単には埋めがたいものではなく、気持ちの持ち方ひとつ。誰にでも変わるチャンスはある。


佐治信忠

余裕があるうちに多角化したわけではなく、メインブランドの「オールド」の衰退が早く来て、もがきながらそうなりました。ある意味ではラッキーと言えるかもしれません。


小林敏(経営者)

人間の促成栽培はできないぞ。


ラ・ブリュイエール

人は老年を恐れる。果たしてそこまで到達するかどうかも確かではないのに。


久米信行

仕事に対して真面目な人ほど、直球で仕事の話ばかりする。でもそれって「契約書に判を早く押せ! 早く買ってくれ!」と言っているようなもの。


山西健一郎

自分の役職の階層が上がるほど、不条理というものを理解できるかどうかが非常に重要になってきます。世の中というものは、数字や論理で割り切れない、不条理なことの方が多いのですから。とくに経営者になると、不条理に満ち溢れた情報や現実を賢く料理し、いかに情熱をもって最終目的へと向かう解を見出していくかが、ビジネスの成否を分けると言っても過言ではないでしょう。


高岡浩三

経営者自身がマーケティングに興味を持ち取り組む必要がある。