名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

土屋敏男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

土屋敏男のプロフィール

土屋敏男、つちや・としお。日本のテレビプロデューサー、経営者。「LIFE VIDEO」社長。静岡県出身。一橋大学社会学部卒業後、日本テレビ放送網に入社。『電波少年シリーズ』など多くの人気バラエティを担当した。

土屋敏男の名言 一覧

次の展開が予想できないからこそ、視聴者は来週も見たくなる。どこかで見たことがある番組だと、結果は予想でき、次も見ようという気にはならない。


有名とか無名ということは問題ではなく、すべての人の人生には、面白く人を感動させられるというポテンシャルが秘められている。


無名の普通の人の人生は面白くないと思う人もいるかもしれませんが、私はすべての人の人生には、面白さや感動があると思っています。


過去の事例を再認識することで、その後に成功にいかにリンクしたのかも一連の流れの中で再整理できる。


経営者なら、自分の半生を後継者や社員に向けて記憶や記録として残しておくことには大きな意味がある。


ビジネスモデルに裏打ちされないコンテンツ表現は、継続的にならないという意味でそれは無価値である。だが一方で、「数値化されるものを追い求める」だけでは、かえってコンテンツの発展、さらにはビジネスモデルの永続性を脅かすのではないかと考える。「面白いもの」という数値化されないものと「数字を残す」という数値化されるものの間を、行きつ戻りつ漂うものがコンテンツである。


コンテンツは、数値化されるものと数値化されないものの狭間で行きつ戻りつ漂うものである。そしてアナログからデジタルの時代に移る中で、この数値化される要素がどんどんと多くなっていき、自然と数値化されないものの比重が軽くなっているのではないのか。


私がインタビューで重要と考えているのは、あらかじめ、その人に興味を持つということです。これはという事項は、時間をかけてどんどん掘り下げていくのです。


私が重要と考えているのは、ある人の人生を描く場合、私の人生を通して、その人の人生を見ることです。それが作家性であり、そうしないとつまらない作品になってしまうでしょうね。


「ユーラシア大陸横断ヒッチハイク」では世の中が感動のゴールを期待していたので、裏切ってやろうと思いました。ゴールしてホッとしている猿岩石に、突然航空券を渡し、アメリカ大陸縦断ヒッチハイクを命じました。感動のゴールを期待していた視聴者から、抗議電話が千本くらい来ましたよ(笑)。でもそうすることで、翌週も見たくなる効果を狙ったんです。


実はそれまでに、何度も失敗しているんです。他局で人気だった『ねるとん』や『たけし城』をマネしては1%、2%台の惨敗の結果に。何が悪いのか、どう変えればいいかわからなかったんです。あるとき「何でもいいからやれ」と言われまして。だったら、思い切ったことをやろうと思ってつくったのが『電波少年』だったんです。


土屋敏男の経歴・略歴

土屋敏男、つちや・としお。日本のテレビプロデューサー、経営者。「LIFE VIDEO」社長。静岡県出身。一橋大学社会学部卒業後、日本テレビ放送網に入社。『電波少年シリーズ』など多くの人気バラエティを担当した。

他の記事も読んでみる

小飼弾

実利に直結した本を読みたいなら、それぞれの分野で教科書といわれている本を選んだ方がよいでしょう。それは、専門書です。コンピュータの世界に身を置いてきた私を例にとると、『K&R』という本があります。コンピュータ言語の解説書で、バイブルともいえる本です。ただ、これを素人が読めるかといえば、そう簡単には読めません。やはり、ある程度、コンピュータを勉強した人にしか理解できない。でも、本当に実利に直結する本というのはそういう本です。


田川博己

我々が扱う旅行商品というのは目に見えません。したがって、受け皿となる地域の方々に誇りを持っていただくために、まず「住んでよし」というものを一緒につくりあげていかないと、旅行会社としての新しいたびに形は生まれないのです。そこで、我々は「旅行業」という言葉をやめて「交流文化産業」という造語をつくったのです。交流することによって文化が生まれ、それを文化論だけでなく、ビジネスとして生業にしていくわけです。


松田友一

病院の患者は、医者を信頼しているからこそ、自分の症状を正直に話します。だからこそ医者も、的確な治療を施せるわけです。営業だって同じこと。お客様に営業マンに対する信頼感があれば、自分が抱える問題点を正直に話すはずです。すると営業マンも、状況を把握したうえで的確なプレゼンテーションを行ない、クロージングに結びつけることができます。つまり、お客様との信頼関係の碓立こそが、契約成立の最も重要なポイントなのです。


籠屋邦夫

仕事で相手に何かを伝える場合は、たいていその後に「その話を踏まえて次にどう動くか」を議論します。その議論を思惑通りに進めるためには、伝える段階でそのことを意識することが必要。


張本邦雄

中国事業で最も重要なのは、ブランドを毀損しないことです。いち早く中国にコールセンターをつくり、テレビコマーシャルにも資金を投じました。


渡邉英彦

ひらめいたことはすぐに文字にし手帳に書き留めます。メモが増えて混在し、どれがどれだか分からなくなるのを避けるために、書き留めた言葉を改めてネーミングやフレーズにまとめて、50音順にファイリングする。手帳でブレーンストーミングしている感じですね。


真角暁子

プレスリリースでは、何よりもタイトルが重要です。このリリースが何を伝えるものなのかが一目瞭然でなければなりません。新製品の発表なのか、調査結果の報告なのか、業績のお知らせなのか。それを一行で伝えなくてはいけません。そして、このリリースにはニュース価値があると思わせること。「高齢化社会を支える」「エコライフに役立つ」といった時流に即したキーワードを使って、インパクトのあるタイトル作りを心がけています。とにかく、ここで興味を惹かなければ、あとの文章は読んでもらうことさえできませんから。


加藤俊徳

面倒だと脳が感じている出来事が起こったときこそ、脳が成長できるチャンス。面倒なことほどやるべき。


徳岡邦夫

私はここで満足して歩みを止めるつもりは毛頭ありません。料理でも経営でも、現状に満足して手を休めれば、現状維持どころか退化してしまうからです。


松方弘樹

僕はこれまで4本の映画をプロデュースしてますけど、俳優だけでは得られなかったものがたくさんあった。


安本隆晴

潰れない会社を作るためには、事業プランを自分で考えた上で実行することです。自ら考えることで、予定と現状の違いが分かる。他人に任せていたのなら、それが分かりません。


大塚寿

40代以降のビジネスマンに人生を振り返ってもらうと、多くの人が「マジメだけではうまくいかなかった」と答えています。マジメさだけでは人生は好転しない。必要なのは、人生を変えるための一歩を踏み出すことなんです。