名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

土屋嶢の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

土屋嶢のプロフィール

土屋嶢、つちや・たかし。日本の銀行家。「大垣共立銀行」頭取。岐阜県出身。慶應義塾大学法学部卒業後、富士銀行を経て大垣共立銀行に入行。東京支店次長、名古屋支店長、取締役、常務、専務、副頭取などを経て頭取に就任。また、大垣商工会議所会頭、岐阜経済同友会代表幹事を務めた。

土屋嶢の名言 一覧

マンションなどの不動産を当行グループで管理するなど新しいサービスも広げている。OKB農場で生産した野菜やコメも規制がなくなれば自分たちで売りたい。まだ手がけられることは多い。中小企業の皆さんへの様々な支援もその一つ。そうやって幅広いサービスを提供して、いろんな事業で収益を上げられる存在になる。やがては「OKBって銀行もやっていたの?」と言われるようになりたいとさえ思っている。


真の意味でのサービス業になるために20年かけて改革を進めてきた。行員をコンビニエンスストアやホテル、製造業など異業種に派遣したのもそのためだ。規制に縛られ、自らもそれに慣れた銀行の枠を打ち破ってほしかった。そんなものにとらわれない自由な視点を持ってもらう必要があった。そして、それは店舗を顧客目線で役に立つものに変えるところに生かされている。


私が頭取に就任して間もない頃、金融ビッグバンが始まって競争環境は一変した。事業会社が金融業務へ参入しやすくなり、証券会社や保険会社と銀行との相互参入の規制もほぼなくなった。既に預金金利は自由化されていたし、競争は他業種を含めて激しくなる。こんなことで我々は将来、生き残っていけるのか不安に思ったものだ。だからもっと個人顧客のメーンバンクになろうと考えた。個人のお客様の学生時代から就職、結婚、子供の誕生……。あらゆる場面で一貫して役に立てる存在にならないといけない。だから、真の意味でのサービス業になろうと思ったのだ。


土屋嶢の経歴・略歴

土屋嶢、つちや・たかし。日本の銀行家。「大垣共立銀行」頭取。岐阜県出身。慶應義塾大学法学部卒業後、富士銀行を経て大垣共立銀行に入行。東京支店次長、名古屋支店長、取締役、常務、専務、副頭取などを経て頭取に就任。また、大垣商工会議所会頭、岐阜経済同友会代表幹事を務めた。

他の記事も読んでみる

C・K・プラハラード

ノキアはインドで7割の携帯電話シェアを獲得しています。ノキアは携帯電話のプリペイドカードを新興国の人々に販売することを思いついたのです。顧客が住む場所の多くに銀行やATMがないから、遠方にある銀行まで電話料金を支払いに出かける煩わしさをなくせば携帯電話を購入してもらえるだろうと考えたわけです。


安田隆夫

部下に動揺した姿を見せれば、社内で動揺がどんどん増幅する。それはまずいから、とにかく平静を装う。そうして装い続ける作業を、朝から晩までやっていると、それが演技なのか、本来の心境なのかわからなくなってくる(笑)。


永井浩二(経営者)

コア事業の位置づけによって、グループの形は変わるかもしれない。あらゆる可能性を排除せず、検討していく。


堤幸彦

自分は芸者であるとも思っています。芸者はお座敷に呼ばれるために芸を変えていかなければならない。飽きられてしまうから、頭も身体も常に鍛えておかないといけません。天狗になんかなっていられないですよ。


田中マルクス闘莉王

チームが勝つためには先輩も後輩も関係なく怒鳴りますよ。自分の考えをわかってもらうためですからね。大きな目標に達するには、いろんな壁を乗り越えなきゃいけない。そのためにはイヤなこともしなきゃいけないと思う。


勝俣恒久

各部門には何年までに何%のコスト削減といった具体的な目標を立ててハッパをかけました。というのは自由化、競争は嫌だ嫌だという逃げの姿勢でなく、競争に積極的に「立ち向かおう」といってやってきたんです。
【覚書き|電力小売りの一部自由化が始まった当時を振り返っての発言】


木村和久(経営者)

信頼できる仲間や協力企業と声を掛け合いながら続けていけば、必ず転機が訪れる。


鴻池忠彦

当社は裏方に徹して愚直なまでに顧客満足を追求してきた。一番大事にしてきたのは、お客様の信頼を得ること。


加藤照和

経営トップに限らず、当事者意識を持って仕事に取り組める人間を育てることが重要なのです。小さな経営体では、「自分がやる範囲はここまで」とか、「それは私の仕事じゃない」などとは言っていられません。例えば、決算の棚卸の時などは、地面に這いつくばってでも在庫の数をきちんと数えないといけない。営業担当であろうと経理担当であろうと、関係ありません。つまり、「やらされている」のではなく、自分の頭で考えて理解してできること、自主自立で動くことが、日頃から求められるわけです。


河原由次

この10年間、短期人材サービスだけを追い求めてきたら、結果として様々なことができるようになりました。現在、国内拠点は20か所ですが、まずは全都道府県に進出して当社のサービスを提供したいですね。


木暮太一

いざという時に助けてもらうには、「交流会」で名刺を交換しても無意味。結局、自分の実力を上げて人の役に立つことが大切、ということになると思います。


草刈正雄

僕、草刈正雄には、何をやるにも必ず、ついて回る代名詞がありました。「二枚目」です。要求される演技は常に正統派の二枚目。だんだんと「二枚目」という代名詞が自分に貼り付けられたレッテルのように感じられるようになり、窮屈になっていきました。「二枚目」を崩したいと思うあまり、勝手にコミカルな演技をして、プロデューサーを困らせたりもしました。