土屋嶢の名言

土屋嶢のプロフィール

土屋嶢、つちや・たかし。日本の銀行家。「大垣共立銀行」頭取。岐阜県出身。慶應義塾大学法学部卒業後、富士銀行を経て大垣共立銀行に入行。東京支店次長、名古屋支店長、取締役、常務、専務、副頭取などを経て頭取に就任。また、大垣商工会議所会頭、岐阜経済同友会代表幹事を務めた。

土屋嶢の名言 一覧

マンションなどの不動産を当行グループで管理するなど新しいサービスも広げている。OKB農場で生産した野菜やコメも規制がなくなれば自分たちで売りたい。まだ手がけられることは多い。中小企業の皆さんへの様々な支援もその一つ。そうやって幅広いサービスを提供して、いろんな事業で収益を上げられる存在になる。やがては「OKBって銀行もやっていたの?」と言われるようになりたいとさえ思っている。


真の意味でのサービス業になるために20年かけて改革を進めてきた。行員をコンビニエンスストアやホテル、製造業など異業種に派遣したのもそのためだ。規制に縛られ、自らもそれに慣れた銀行の枠を打ち破ってほしかった。そんなものにとらわれない自由な視点を持ってもらう必要があった。そして、それは店舗を顧客目線で役に立つものに変えるところに生かされている。


私が頭取に就任して間もない頃、金融ビッグバンが始まって競争環境は一変した。事業会社が金融業務へ参入しやすくなり、証券会社や保険会社と銀行との相互参入の規制もほぼなくなった。既に預金金利は自由化されていたし、競争は他業種を含めて激しくなる。こんなことで我々は将来、生き残っていけるのか不安に思ったものだ。だからもっと個人顧客のメーンバンクになろうと考えた。個人のお客様の学生時代から就職、結婚、子供の誕生……。あらゆる場面で一貫して役に立てる存在にならないといけない。だから、真の意味でのサービス業になろうと思ったのだ。


土屋嶢の経歴・略歴

土屋嶢、つちや・たかし。日本の銀行家。「大垣共立銀行」頭取。岐阜県出身。慶應義塾大学法学部卒業後、富士銀行を経て大垣共立銀行に入行。東京支店次長、名古屋支店長、取締役、常務、専務、副頭取などを経て頭取に就任。また、大垣商工会議所会頭、岐阜経済同友会代表幹事を務めた。

他の記事も読んでみる

高島宏平(髙島宏平)

社長の私が何度言っても変わらなかったことが、お客さんの生の声で次の日から改善、なんてことはよくあります。


高篠静雄

リーダーの強い意志が現場を動かす。


関谷英里子

英語学習であれこれいろいろな教材に手を出すのはやめたほうがいいでしょう。私の経験からいえば、教材はひとつに絞ってそれを徹底的に学ぶ方が、確実にいい結果が出ます。そればかりでなく、費用面での投資も必要最低限に抑えられ、まさに一石二鳥です。


小笹芳央

新しい製品やサービスを生み出すことだけがアイデアだと思っているのでしょう。そんなことは、ありません。例えば、海外の製品を日本向けにローカライズして発売するビジネスは「海外の製品と日本市場」という組み合わせから生まれたアイデアだと言える。常に国内外の業界の動向に目を配り、新製品をチェックする。そして「この製品を日本市場向けにアレンジできるか」を考え続ける努力がないと、作れない組み合わせです。他の業界のビジネスモデルを自分の仕事に持ち込んでみる、という手法も、同じパターンだと言えます。


福沢諭吉

一家の生計を立てるのも学問です。商売をするのも学問です。時代の動きを察知するのもまた学問なのです。和漢洋の書物を読むことだけが学問であるという考え方は正しくありません。


川淵三郎

僕はみんなに好かれようと思ってやっているんじゃない。


植西聰

何か人の役に立つことをすることをお勧めします。ボランティア活動に勤しむのもいいですし、家族や友人の手助けをするだけでも十分です。人に「ありがとう」といわれる回数を増やすよう、意識してみましょう。感謝されることは、強い自己肯定感をもたらします。「頑張って当たり前」の仕事の世界では、その機会は多くはありません。そんななかでの「ありがとう」は、大きな癒しとなります。


進藤晶弘

基本はあっても正解はないのがベンチャー。メガチップスの創業期には、ピンチが我々に推進力を与えてくれました。


張瑞敏

私たちは「学び続け、変わり続ける企業」です。


酒井眞一郎

私は社長に就任したとき「マスクは汚いものをクリーンにし健康を守っている。これは広い意味でセーフティの分野なので『クリーン』『ヘルス』『セーフティ』の仕事をしよう」と方針を打ち出しました。この範囲ならマスク以外でもやっていいと、研究者に発想の自由を持たせました。


白井一幸

若い部下や後輩と接していて、「彼らの考え方が理解できない」とか、「どう接すればいいのかわからない」と戸惑っている方がいるかもしれません。でも、私は若い世代の考え方を細かく分析する必要はないし、彼らの考え方を変える必要もないと思います。たとえば、朝の挨拶をしない若手社員がいて、接しているこちらの気分が悪くなるとします。私は、強制して心のこもっていない挨拶をさせても何の意味もないと思いますが、それでも挨拶を重視するなら、上司から部下に「おはよう! 今日はどうだ?」と挨拶をすればいいのです。それを聞いて部下は、「この人、朝から鬱陶しいなあ」と思うかもしれません。それでもかまわず「おはよう!」と言い続ければいいと私は思います。人間は、自分の決めたことにしかエネルギーを注げませんし、相手はコントロールできません。コントロールできないことを一生懸命コントロールしようとするから気分が悪くなるし、ストレスが溜まるのです。


米村でんじろう(米村傳治郎)

科学の面白さってただ話すよりも、実際の実験を見せたほうがわかりやすいし、お客さまも楽しいでしょ。


鈴木修

思うようにいくってことは、何もないねえ。まあ、それが人生と言えば、そうでしょうけどね。


鈴木敏文

セブンイレブンの場合、総店舗数は約1万6000店近くあり、日々の生産量は膨大です。弁当やパン、総菜などのデイリー商品の生産を担うのは共同開発するベンダーと呼ばれるメーカーの工場です。その専用工場率は90%以上で、他チェーンとは圧倒的な開きがあります。この高い専用工場率が質の高さを支えているのです。そしてドミナント方式なら、出店エリア近くに専用工場をつくっても経営が成り立つのです。


河野義勝

景気が悪いときこそ、会社を強くする良い機会。


ページの先頭へ