名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

土屋公三(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

土屋公三(経営者)のプロフィール

土屋公三、つちや・こうぞう。日本の経営者。「土屋ホールディングス」創業者。北海道出身。商業高校卒業後、レンゴー、不動産会社勤務を経て土屋商事(のちの土屋ホーム)を設立。

土屋公三(経営者)の名言 一覧

一つのことを愚直に突き詰められる人はめったにいないかもしれません。ただ、人間の脳は潜在能力の1割も引き出せないまま生涯を終えるともいわれるぐらいですから、まだまだ開拓の余地はあるはずです。


目標を達成できた社員には会社がきちんと報いる必要があるのではないでしょうか。そのことを経営側が約束すれば、社員は知恵を絞って定時までに仕事を終えるよう頑張ってくれるはずです。


当社は後発ながら、北海道で初めて東証2部に上場したハウスメーカーです。競合の多くが廃業に追い込まれる中、何とか生き残ってこれたのは、成果を社員と分かち合う仕組みがあったからだと思っています。


教養を高めるため本を読むのは王道ですが、それだけではありません。人と会ったり、美術館に行ったりするのもいいでしょう。よい本、よい人、よい物に接することで、私たちの人間性は限りなく豊かになります。その結果、その人の生きがいを喚起して、潜在的な能力を高めることにつながります。


経営者が「定時に帰ろう」と呼びかけたとしても、多くの社員は「残業代を削りたいだけではないか」と受け止めるでしょう。働き方改革の目的は生産性を上げること。ならば残業をしなくてもその期の目標を達成した社員に、会社は残業代相当額を還元すべきではないでしょうか。


土屋ホームでは創業当時から、通常のボーナスとは別に支給する賞与制度があります。たとえ会社の業績が悪くても、その期の目標を達成した社員には第2のボーナスを渡してきました。努力して成果を上げた者に利益を分配して喜びを感じてもらう。その成功体験がさらに高い目標を掲げ、達成しようとするエネルギーになると考えているからです。私はこれが競争力の源泉になっていると信じています。


土屋公三(経営者)の経歴・略歴

土屋公三、つちや・こうぞう。日本の経営者。「土屋ホールディングス」創業者。北海道出身。商業高校卒業後、レンゴー、不動産会社勤務を経て土屋商事(のちの土屋ホーム)を設立。

他の記事も読んでみる

林修

必ず過去2年分の手帳を持ち歩いています。昨年を参考に、先の予定を想定し、前倒しで取りかかります。


榊原英資

これといった目標があって官僚になったわけじゃないんだ(笑)。ただ仕事はできるだけ自分で選びたいとは思っていましたね。2、3年の短期目標を作り、常に挑戦していこうと。


朝倉千恵子

相手に成長してほしいと強く思うからこそ、厳しくしたり叱ったりしたくなる。本気で向き合っていたら、褒めるだけというわけにはいきません。


澤上篤人

だいたい、日本株市場の展望などと言っている暇があったら、さっさと株を買えばいいだけのこと。相場なんて、皆が買えば上がるんだから。


アルフレッド・アドラー

配偶者を従わせ、教育したいと思い、批判ばかりしているとしたら、その結婚は上手くいかないだろう。


井原裕(精神科医)

睡眠不足は、心と身体に不調をきたし、仕事のパフォーマンスも下げる最大の元凶。


星野佳路

午前11時にお客様がチェックアウトしてから午後3時までの間に、いかにしてきちんと部屋を清掃できるか、大量の夜の食事を高品質で提供するためには、といったことは、接客業というより製造業の工場のノウハウに学ぶべき点が多かった。


越智直正

丁稚時代、大将からは「売れすぎても失敗」「売れなくても失敗」と怒られ続けました。在庫が足りなくなっても、余っても、それは商売として間違っていると、叩き込まれたわけです。


草野仁

基本方針に自信があるなら、焦らず慌てずかまえる。それが成果を得るための秘訣。


河辺よしろう

独立するときは、まず実現したいことをリスト化することが大切です。「自分の住む地域で開業したい」「年に1度は海外旅行がしたい」など、何でも構いません。さらに、自分が何をしている時に幸せを感じるかをリスト化しましょう。例えば、「クロワッサンを食べる時」「植物を育てる時」などの瞬間を並べ、やりたいことリストの項目とつながるものを線で結べば、何らかの商品やビジネスに置き換えることができるはずです。


ジョン・ジェイ(アートディレクター)

私のところに来るクライアントの大半は、答えは知らないかもしれないけれども、質問は分かっていますよ。私の仕事はそんな彼らに答えを見つけてあげることなんです。


柳橋仁機

カオナビは従業員が持つタレント(能力や資質)やスキル、経験などの情報を一元管理し社内横断的に最適な人事配置を行う「タレントマネジメント」のジャンルですが、独自の「シンプルな仕組み」の思想のもと、企業の業種業態を問わず活用いただいています。