名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

土屋公三(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

土屋公三(経営者)のプロフィール

土屋公三、つちや・こうぞう。日本の経営者。「土屋ホールディングス」創業者。北海道出身。商業高校卒業後、レンゴー、不動産会社勤務を経て土屋商事(のちの土屋ホーム)を設立。

土屋公三(経営者)の名言 一覧

一つのことを愚直に突き詰められる人はめったにいないかもしれません。ただ、人間の脳は潜在能力の1割も引き出せないまま生涯を終えるともいわれるぐらいですから、まだまだ開拓の余地はあるはずです。


目標を達成できた社員には会社がきちんと報いる必要があるのではないでしょうか。そのことを経営側が約束すれば、社員は知恵を絞って定時までに仕事を終えるよう頑張ってくれるはずです。


当社は後発ながら、北海道で初めて東証2部に上場したハウスメーカーです。競合の多くが廃業に追い込まれる中、何とか生き残ってこれたのは、成果を社員と分かち合う仕組みがあったからだと思っています。


教養を高めるため本を読むのは王道ですが、それだけではありません。人と会ったり、美術館に行ったりするのもいいでしょう。よい本、よい人、よい物に接することで、私たちの人間性は限りなく豊かになります。その結果、その人の生きがいを喚起して、潜在的な能力を高めることにつながります。


経営者が「定時に帰ろう」と呼びかけたとしても、多くの社員は「残業代を削りたいだけではないか」と受け止めるでしょう。働き方改革の目的は生産性を上げること。ならば残業をしなくてもその期の目標を達成した社員に、会社は残業代相当額を還元すべきではないでしょうか。


土屋ホームでは創業当時から、通常のボーナスとは別に支給する賞与制度があります。たとえ会社の業績が悪くても、その期の目標を達成した社員には第2のボーナスを渡してきました。努力して成果を上げた者に利益を分配して喜びを感じてもらう。その成功体験がさらに高い目標を掲げ、達成しようとするエネルギーになると考えているからです。私はこれが競争力の源泉になっていると信じています。


土屋公三(経営者)の経歴・略歴

土屋公三、つちや・こうぞう。日本の経営者。「土屋ホールディングス」創業者。北海道出身。商業高校卒業後、レンゴー、不動産会社勤務を経て土屋商事(のちの土屋ホーム)を設立。

他の記事も読んでみる

マイク・マクナマラ

当社は「スケッチ・トゥー・スケール」を掲げています。商品のイメージを描いただけのスケッチの段階から、スケール(量産)までをサポートする、という意味です。顧客が持つたくさんのアイデアを、商品化にまで持っていくのが私たちの仕事です。


川村隆

苦しいときほど楽観は意志に属す。困難に直面するいまの日本に求められているのも、リーダーの強い意志と明確な意思決定ではないだろうか。


人見ルミ

1週間に1回1分間、自分の心のモヤモヤを、思いつくまま紙に書き出してみましょう。誰にも見せないようにして、恥ずかしいことでも全て書くことが重要。書いたものをありのままに認知することで、自分が何を問題にしているのか気づきます。


山本晶(経済学者)

いくらマーケターが金銭的なインセンティブを提供しようと、消費者は自分が所属する社会集団で受け入れられないような発信はしません。消費者が発信したいのは、周囲の人から感謝され、尊敬される、あるいは楽しい人だと思われる情報です。従って、製品・サービスの好意的なクチコミを広めてもらうには、圧倒的な高便益、新規性、希少性、意外性、心を揺さぶる感動、聞いた人が唸るようなストーリー性などの性質を持った情報をクチコミ発信者に提供することが重要です。


槍田松瑩

視野を広げ個性を磨くことは、良い人生を送る上でも必要です。仕事で成功するだけが良い人生ではありません。


谷原章介

僕も歳を取り、変わっていきます。「今、この瞬間」は、一度しかない。


成毛眞

余計な人付き合いはしないようにしています。たとえば、マイクロソフトを辞めてからは、元社員にはほとんど会っていません。飲み会も食事の誘いも、結婚式の招待もすべて断っています。元の部下には「成毛さん、冷たいですよね」と言われますけどね(笑)。そうすれば、時間はものすごく空きます。「自分の人生で何が大事か」を考えれば、おのずと時間はできるはずです。


辻本憲三

上手くいっている事業は放っておけばいい。問題を抱えていたり、計画通りに行かなかったりする事業を上手くいくように変えていくのが経営者の仕事でしょう。


養老孟司

本は知識を得るために読むものだと考える人が多いと思います。そうではなく、考えるために読む。


橋下徹

「いうだけじゃダメなんだ!」身に染みてそう感じました。だったら、いうだけじゃなく自分でやるしかない。政治家になろうと決めたのは、そんな思いが心の奥底から湧き上がってきたから。


村尾隆介

ホンダって、そもそもマーケティング部ってないんです。全員マーケッターであって当たり前という考え方で、営業とマーケティングを常に兼ねるんです。そして、その中でも僕は、いわゆるアラブ諸国の担当でした。イスラム教に詳しかったわけでもないんですけど。あっちって、基本的にお酒を飲まないじゃないですか。僕もお酒を飲まないので、「こいつはイスラム諸国の担当いけそう」と思われたみたいです(笑)。


西成活裕

いったん決めた後は迷わないこと。世の中には絶対の正解などありません。捨てた選択肢のほうが良い結果を生んだ可能性は必ず残ります。しかし、それを気にしても始まりません。腹をくくり、「選んだものを正解にする」心意気を持つ。その気迫が結果として、選択を成功に導くのだと心得ましょう。