名言DB

9425 人 / 110833 名言

土屋公三(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

土屋公三(経営者)のプロフィール

土屋公三、つちや・こうぞう。日本の経営者。「土屋ホールディングス」創業者。北海道出身。商業高校卒業後、レンゴー、不動産会社勤務を経て土屋商事(のちの土屋ホーム)を設立。

土屋公三(経営者)の名言 一覧

一つのことを愚直に突き詰められる人はめったにいないかもしれません。ただ、人間の脳は潜在能力の1割も引き出せないまま生涯を終えるともいわれるぐらいですから、まだまだ開拓の余地はあるはずです。


目標を達成できた社員には会社がきちんと報いる必要があるのではないでしょうか。そのことを経営側が約束すれば、社員は知恵を絞って定時までに仕事を終えるよう頑張ってくれるはずです。


当社は後発ながら、北海道で初めて東証2部に上場したハウスメーカーです。競合の多くが廃業に追い込まれる中、何とか生き残ってこれたのは、成果を社員と分かち合う仕組みがあったからだと思っています。


教養を高めるため本を読むのは王道ですが、それだけではありません。人と会ったり、美術館に行ったりするのもいいでしょう。よい本、よい人、よい物に接することで、私たちの人間性は限りなく豊かになります。その結果、その人の生きがいを喚起して、潜在的な能力を高めることにつながります。


経営者が「定時に帰ろう」と呼びかけたとしても、多くの社員は「残業代を削りたいだけではないか」と受け止めるでしょう。働き方改革の目的は生産性を上げること。ならば残業をしなくてもその期の目標を達成した社員に、会社は残業代相当額を還元すべきではないでしょうか。


土屋ホームでは創業当時から、通常のボーナスとは別に支給する賞与制度があります。たとえ会社の業績が悪くても、その期の目標を達成した社員には第2のボーナスを渡してきました。努力して成果を上げた者に利益を分配して喜びを感じてもらう。その成功体験がさらに高い目標を掲げ、達成しようとするエネルギーになると考えているからです。私はこれが競争力の源泉になっていると信じています。


土屋公三(経営者)の経歴・略歴

土屋公三、つちや・こうぞう。日本の経営者。「土屋ホールディングス」創業者。北海道出身。商業高校卒業後、レンゴー、不動産会社勤務を経て土屋商事(のちの土屋ホーム)を設立。

他の記事も読んでみる

塙宣之

ネタには自信がある一方で、最近は「テレビで本当に活躍するにはテレビ芸をちゃんと身に付けなくちゃいけない」とも思っています。漫才で勝負する上では地味な見た目も利点ですけど、バラエティ番組では「リアクションが薄い」と言われていますから。オンエアで見ると埋もれている。リアクション芸にしても他の芸人さんの動きについていけず、見ちゃうだけになっちゃうんですよね。独特のスピード感やどうしたら面白くなるかの動きの力学は、勉強になります。同じ畑に立ったらまったく勝てないですよ。


前川孝雄

盛り上がらない会議では、往々にして、頭のいい人たちが、よってたかって出てきた意見のダメな所探しに夢中になっています。これを私はネガティブナビゲートと呼んでいます。一度袋叩きにあった社員は二度と発言しなくなるでしょう。会議を仕切る上司には、重箱の隅をつつく否定的な意見が出ないファシリテーション(司会進行)をすることが求められます。


糸井重里

上場前は、アイデアを思いついても「いつかやろう」と先延ばしにする部分があった気がします。でも上場したことで、「いつやろうか」と考えるくせがついた。チャンスが巡ってきたときに、その運を見失わないために起きていなきゃなと思っています。


土合朋宏

私はマーケティング畑一筋でしたが、新しい仕事の提案をするたびに、「手強い相手」が必ずといっていいほど現れました(笑)。「前例がない」「社内のどこかと競合する」ことばかりだったからです。けれども、それを避けていては、仕事にならない。発想を逆転させて、彼らと積極的に仕事をする方法を、試行錯誤の末に導き出したのです。


竹中宣雄

リーダーを軸に3人でお客様に対応するチーム営業を始めました。当時の住宅販売は、営業マンが個人でお客様を囲い込むことが多かった。もちろん情報も独占します。これでは個人の力量に頼りきることになり、組織の力を生かせません。チーム営業は情報を共有し、みんなで知恵を出し合います。顧客情報のブラックボックス化がなくなり、組織での対応ができるようになりました。


プラトン

あなたの悲哀がいかに大きくても、世間の同情を乞おうとしてはならない。なぜなら、同情の中には軽蔑の念が含まれているからだ。


モリエール

学のある馬鹿は、学のない馬鹿より馬鹿である。


テリー伊藤

「人間、50年」と言われた時代なら「40代か。もう歳だな」という感覚だったかもしれないが、80歳でもバリバリの現役の先輩たちがたくさんいる時代、40代はまだまだ「青年」なのである。


和地孝

高麗橋の吉兆から教えられたことがあります。私が下足番の方と一緒に、数人のお客様を出迎えていると、その下足番の方がお客様が乗ってこられた車の運転手に駐車場の駐車スペースを一台一台指示しているんですが、これにはちゃんとした理由がありました。実は会食が終わってお客様が出てくる順番に車を入れるように指示していたんです。「なぜ帰る順番がわかるのか」と尋ねると、「人間というのは変わらない」と言うのです。つまり約束の時間より前に来る人、時間調度に来る人、遅れてくる人の順番と言うのは、会合が終わってぱっと出てくる人、トイレに行ってから出てくる人、まだしゃべっている人というように帰るときも同じだという。それが人間の性格なんです。


浦沢直樹

「楽しいお絵描き」から仕事にすると大変ですよ。自分の好きだったものを仕事にするとなると、自分のアイデンティティをかけたことになるので、「一切妥協はない」ということにもなるからね。そこを「まあまあいいや」ってやっちゃったら自分の根幹が揺らいじゃうからね。