名言DB

9419 人 / 110788 名言

土屋公三(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

土屋公三(経営者)のプロフィール

土屋公三、つちや・こうぞう。日本の経営者。「土屋ホールディングス」創業者。北海道出身。商業高校卒業後、レンゴー、不動産会社勤務を経て土屋商事(のちの土屋ホーム)を設立。

土屋公三(経営者)の名言 一覧

一つのことを愚直に突き詰められる人はめったにいないかもしれません。ただ、人間の脳は潜在能力の1割も引き出せないまま生涯を終えるともいわれるぐらいですから、まだまだ開拓の余地はあるはずです。


目標を達成できた社員には会社がきちんと報いる必要があるのではないでしょうか。そのことを経営側が約束すれば、社員は知恵を絞って定時までに仕事を終えるよう頑張ってくれるはずです。


当社は後発ながら、北海道で初めて東証2部に上場したハウスメーカーです。競合の多くが廃業に追い込まれる中、何とか生き残ってこれたのは、成果を社員と分かち合う仕組みがあったからだと思っています。


教養を高めるため本を読むのは王道ですが、それだけではありません。人と会ったり、美術館に行ったりするのもいいでしょう。よい本、よい人、よい物に接することで、私たちの人間性は限りなく豊かになります。その結果、その人の生きがいを喚起して、潜在的な能力を高めることにつながります。


経営者が「定時に帰ろう」と呼びかけたとしても、多くの社員は「残業代を削りたいだけではないか」と受け止めるでしょう。働き方改革の目的は生産性を上げること。ならば残業をしなくてもその期の目標を達成した社員に、会社は残業代相当額を還元すべきではないでしょうか。


土屋ホームでは創業当時から、通常のボーナスとは別に支給する賞与制度があります。たとえ会社の業績が悪くても、その期の目標を達成した社員には第2のボーナスを渡してきました。努力して成果を上げた者に利益を分配して喜びを感じてもらう。その成功体験がさらに高い目標を掲げ、達成しようとするエネルギーになると考えているからです。私はこれが競争力の源泉になっていると信じています。


土屋公三(経営者)の経歴・略歴

土屋公三、つちや・こうぞう。日本の経営者。「土屋ホールディングス」創業者。北海道出身。商業高校卒業後、レンゴー、不動産会社勤務を経て土屋商事(のちの土屋ホーム)を設立。

他の記事も読んでみる

小松節子

何事もやると決めたらとことんやる。これに尽きるのではないでしょうか。


高井英幸

興行系の仕事をしている人は、当たった映画はいい映画、コケた映画は悪い映画だと評価しがちですが、これは間違いです。内容は素晴らしくてもお客があまり入らないと予想される映画もあれば、内容はあまりよくなくても、高い集客力を期待できる映画もある。作品としての評価と商品としての評価を混同してしまうと、ビジネスはできません。


朝井リョウ

大切なのは推敲。小説であれ、会社の業務であれ、ひと呼吸置いて、客観的な視点で俯瞰すべきですよね。推敲によって質は高まり、その繰り返しが、結果的にスピードを加速することにつながる気がします。


安渕聖司

いまは誰もが非定形の仕事を複数同時にこなさなければならない時代。それを短い時間でできる人が、仕事の速い人といえるでしょう。


大石昌明

投資金額は大きくなるのですけれど、イケると思ったら、次々と店を出さないと、あっという間に国内外から大手資本が出てきてしまう。時間との競争なんです。


高橋がなり

「右に行ってほしい」と思ったら、わざと「左に行きましょう」と言ってみよう。


藤井佐和子

自分から積極的にアピールしよう、などというと、「そんなことをしなくても、黙ってやるべきことをやれば評価してもらえるはず」と思う方もいらっしゃるかもしれません。「沈黙は金」という言葉があるように、そういう態度に魅力を感じる気持ちはわからないでもありません。しかし、言いたいことをいえばいい、という意味ではありません。それではたんなる愚痴や攻撃になってしまいます。言いたいことをいっても、周りから反発されず、さらには自分や相手のモチベーションも高めることができる。これこそが、目指すところです。


川上一郎(ライフプランナー)

お客様のことを覚えるコツは、お名前をなるべく口に出すこと。すると目の前にいる方と、お名前、さらにご家族のお名前も自然にリンクされていきます。その際、同じ名字の方が複数いらっしゃるので、より記憶に残るように、奥様やお子様はファーストネームで呼ぶようにしています。それに「○○さん」「○○ちゃん」と呼ぶほうがより親しみが湧いて、友人や友人の家族のように覚えられるんです。


山田邦雄

ひとつひとつの事業はガリバー企業のような強さはないが、大手が手掛けない領域や、今までにない組み合わせをしたたかに結び付けていく。分野と分野の隙間をつなぐところにこそ、我々の出番がある。


池谷裕二

一年前は苦労や失敗の連続だったのに、いまではスムーズに仕事ができるようになったことに気づけば、「自分も成長したな」とうれしくなります。しかし残念なことに、一年前の自分と比べようにも、一年前の自分の状態を覚えていない人が多いのです。自分の成長を確認するためにも、ブログなどに日々の出来事や失敗などを記しておくとよいと思います。ちなみに私は、非公開のブログで日々の仕事内容を記録して、ときどき読み返しています。