名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

土居征夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

土居征夫のプロフィール

土居征夫、どい・ゆきお。日本の官僚(通産)、経営者。「企業活力研究所」理事長。東京都出身。東京大学法学部卒業後、通商産業省(のちの経済産業省)に入省。資源エネルギー庁石炭部長、中小企業庁次長、通商産業省生活産業局長、商工組合中央金庫理事、NEC執行役員常務、企業活力研究所理事長、城西大学特任教授、武蔵野大学客員教授、日本信号顧問、釈迦牟尼会常任理事などを務めた。

土居征夫の名言 一覧

まずは、きちんとした自分の考え方を持ち、それを文章にし、発表できるという能力がないといけません。勘だけに頼っている人が増えてしまえば、将来の日本の産業界にとっても困ります。


もともと漢字は他の言語よりもコンセプト力が強いのです。1つの言葉で複雑で豊富な概念を表現できます。そこに平仮名でいろいろと工夫をすることで、大量の情報を短い文章で効率よく伝えられるわけです。


国語で最も大事なことは文の中での漢字の読み取りです。漢字の書き順、止めや跳ねなどを重視しすぎて漢字が嫌いになってしまう子もいます。嫌いな科目をいくら教えたって負担になるばかりです。子供たちは文章が面白いと喜んで読み進み、難しい漢字でもサッと読めるようになるんです。


ノーベル賞受賞者の方々も訴えているのは、漢字仮名交じり文こそ、知的訓練のベースであり、理解力や判断力の一番の基礎にあるということ。要するに、英語を勉強して単に英語でコミュニケーションだけをできるようにしても、中身が伴わなければ、将来ノーベル賞は出ないということです。


現場を知る多くの企業経営者は、最近の若者は英語力の前に、そもそも日本語で考える力が乏しいと嘆いているんです。入社してから鍛えようとしてもなかなか難しいと。なぜなら、自分の考えを持っていない若者が多いからです。英語教育によって英語でのコミュニケーションをとれるようにするという方向性は理解できますが、その前に国語で知的訓練をすることが先決ではないかというのです。


土居征夫の経歴・略歴

土居征夫、どい・ゆきお。日本の官僚(通産)、経営者。「企業活力研究所」理事長。東京都出身。東京大学法学部卒業後、通商産業省(のちの経済産業省)に入省。資源エネルギー庁石炭部長、中小企業庁次長、通商産業省生活産業局長、商工組合中央金庫理事、NEC執行役員常務、企業活力研究所理事長、城西大学特任教授、武蔵野大学客員教授、日本信号顧問、釈迦牟尼会常任理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

前澤友作

うちは一昨年の5月から、9時出社で午後3時に終わる「6時間労働制」を始めました。仕事は短時間で集中して終わらせて、もっとよそで学んだり、遊んだほうがいい。自由な時間が増えて、趣味や家族とのコミュニケーションに使ってもらい、そこから得たものを仕事で発揮してもらえば、会社にとっても有益じゃないですか。


高島英也(髙島英也)

大阪工場での失敗が、会社人生の一つの転機です。当時の業界は多品種化が進みつつありましたが、生産部門の対応が追いついていなかった。いつの間にか、若手5~6人が集まり、課題解決を自主的に考えて行動に移すチームが立ち上がりました。工場長がそれに気づき、「もっと多くの社員を参加させなさい」と指示を受けましたが、考えが違うメンバーが増え、議論が深まらずに頓挫しました。何か新しいことをやるには、思いのあるメンバーが自然発生的に集まることが必要条件だと学びました。


城繁幸

今いる会社の中だけで、人間関係が完結している人は転職後に苦しくなります。前の会社との関係が切れれば、情報が入ってこなくなるし、困ったときに助けてくれる人もいなくなる。平日の退社後や休日に会う人間の半分を、社外の人間にすることで、今のうちから社外人脈を築いておくべきですね。


島田荘司

行く末のことは、人生が残り少なくなってから考えます。いまはやりたいこと、やるべきことがたくさんあって、時間がいくらあっても足りない。


牛尾治朗

東京銀行を辞めて経営者の道に入った私だが、この世の中はつくづく人と人とのつながり、あるいは助け合いでできているものだなと感じさせられた。


江夏豊

勝つことと、金儲けをすることが、わしの心理の上で直結していたわけではない。案外おカネには淡泊やった。プロ入り以来契約更改で揉めた記憶もない。おカネのことでごちゃごちゃするのは好きじゃなかったのだ。そりゃ、人間だからわしも一銭でも多く給料はもらいたい。でもこちらの期待する年俸が提示されなかった年でも、わしはポンポン印鑑を捺してきた。カネがもっと欲しけりゃ、来年もっと頑張ればええ。もっと勝てばええ。要は勝つんや。こう思って生きてきた。


鈴木喬(経営者)

在庫で潰れた会社はあっても、品不足で潰れた会社はない。


能作克治

最近、「能作さんはブランディングがうまい」と言われるのですが、私たちはお客様が喜ぶものづくりを目指してきただけで、ブランディングをしようとしたことは一度もありません。日ごろのものづくりをきちんと行い、人様を大事にする、という当たり前のことをやってきただけです。


糸井重里

僕の経験だけで動いていてはいけないし、ほぼ日にも変化をもたらすことが必要だと思います。ほぼ日とは全く無縁だった世界の人とつながるとかね。ほぼ日に新しい血を入れることで、僕が考えつかなかったことが起こるかもしれない。


小林りん

教育とは場の提供であり、成長のための種をまくことがISAK(インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢)の使命だと想っています。


横田尚哉

チャンスを逃す人と、そうでない人の違いはどこにあるのか、私はファンクションを理解しているかどうかの差だと思います。「これは誰のためか」「何のためか」というファンクションを理解している人は、形にこだわりがなく、目的に合うチャンスが訪れたときに躊躇なく、いまの形を手放すことができます。一方、ファンクションが見えていない人は形に依存しているため、チャンスが訪れても変化を恐れて現状にしがみついてしまいます。形に執着するかどうか、その差が転機において明暗を分けるのです。


兒玉義則

企業規模によって、戦いやすい市場というものは必ずあります。ですから、常に当社の強みが活かせる最適な市場へ的確に参入していきたい。