土居征夫の名言

土居征夫のプロフィール

土居征夫、どい・ゆきお。日本の官僚(通産)、経営者。「企業活力研究所」理事長。東京都出身。東京大学法学部卒業後、通商産業省(のちの経済産業省)に入省。資源エネルギー庁石炭部長、中小企業庁次長、通商産業省生活産業局長、商工組合中央金庫理事、NEC執行役員常務、企業活力研究所理事長、城西大学特任教授、武蔵野大学客員教授、日本信号顧問、釈迦牟尼会常任理事などを務めた。

土居征夫の名言 一覧

まずは、きちんとした自分の考え方を持ち、それを文章にし、発表できるという能力がないといけません。勘だけに頼っている人が増えてしまえば、将来の日本の産業界にとっても困ります。


もともと漢字は他の言語よりもコンセプト力が強いのです。1つの言葉で複雑で豊富な概念を表現できます。そこに平仮名でいろいろと工夫をすることで、大量の情報を短い文章で効率よく伝えられるわけです。


国語で最も大事なことは文の中での漢字の読み取りです。漢字の書き順、止めや跳ねなどを重視しすぎて漢字が嫌いになってしまう子もいます。嫌いな科目をいくら教えたって負担になるばかりです。子供たちは文章が面白いと喜んで読み進み、難しい漢字でもサッと読めるようになるんです。


ノーベル賞受賞者の方々も訴えているのは、漢字仮名交じり文こそ、知的訓練のベースであり、理解力や判断力の一番の基礎にあるということ。要するに、英語を勉強して単に英語でコミュニケーションだけをできるようにしても、中身が伴わなければ、将来ノーベル賞は出ないということです。


現場を知る多くの企業経営者は、最近の若者は英語力の前に、そもそも日本語で考える力が乏しいと嘆いているんです。入社してから鍛えようとしてもなかなか難しいと。なぜなら、自分の考えを持っていない若者が多いからです。英語教育によって英語でのコミュニケーションをとれるようにするという方向性は理解できますが、その前に国語で知的訓練をすることが先決ではないかというのです。


土居征夫の経歴・略歴

土居征夫、どい・ゆきお。日本の官僚(通産)、経営者。「企業活力研究所」理事長。東京都出身。東京大学法学部卒業後、通商産業省(のちの経済産業省)に入省。資源エネルギー庁石炭部長、中小企業庁次長、通商産業省生活産業局長、商工組合中央金庫理事、NEC執行役員常務、企業活力研究所理事長、城西大学特任教授、武蔵野大学客員教授、日本信号顧問、釈迦牟尼会常任理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

小山登美夫

アートに親しもうにも「どう観ればいいのかわからない」という声もよく耳にします。でも、それでいいのです。作品を観て、思ったとおりに感じればいい。


北条重時

身の振る舞いも、住む家屋も、持ち具足(鎧)なども、すべて、地位や身分に従って、適当なものを選ぶべきだ。身分に過ぎたことがあれば、人から煩わせられがちで、また、それを後々まで維持し全うすることはとうていできない。


坂戸健司

人間観察力を高めるには、他人になりきる訓練が大事。コツはなりきる対象を極めて具体的に設定し、その人が自分に憑依したつもりで演じてみる。それを繰り返すことで、他者認知の力が鍛えられます。


塚越寛

当社の社是は、「いい会社をつくりましょう」です。いい会社とは、単に経営上の数字がいいというだけではなく、社員、取引先、お客様、地域社会から「いい会社だね」と言っていただけることが重要です。それは決して簡単なことではありませんが、伊那食品の経営を通じて、それが実現できることを証明したいと思っています。


桑原豊(経営者)

私が叱るときに実践してきたのは、「ルールを決めること」です。具体的にいえば、やってはいけないことを明確に決めて共有し、そのルールに反したときのみ叱る。そうすれば冷静に叱ることができますし、叱られる側も、「ルールに反したから仕方がない」と納得して聞くことができます。お互いに無駄な葛藤がない分、思いもより伝わりやすくなります。


守安功

社内で大事にしている考え方に「良質な非常識」というのがあります。常識だと思われていることを疑える感覚を持っている人のことです。社内で定着している業務のフロー、あるいは業界慣習といったものの中には非効率なまま放置されているものがたくさんあります。しかし誰もが「変えられないもの」「仕方のないこと」と思い込んでいることは多いのです。本当は「これだけ環境が変わっているのに、ずっと同じやり方をしているのはおかしいよね」と声をあげなければいけない。それが「良質な非常識」を備えた人材です。


和崎信哉

民放やNHKの制作力は非常に優れていると思います。資金力や人材面の厚みからしても、我々有料テレビが簡単に追いつけるレベルではありません。ただ、ここ十数年に限ると、民放は視聴率やマーケティングにとらわれすぎてしまったのかもしれません。放送時間帯と視聴者層とをかけあわせると、どうしても各局似たような企画が並んでしまいます。その結果、番組内容が均質化し、その局ならではのカラーが薄まってしまいました。


相葉光輝

打ち合わせでも会議でも、そこで得たい情報を事前に強く意識すること。それを繰り返すことで、必要な情報をキーワードとして残すことができるようになりました。ただ漠然と議事録のようなものを作っても、見返すこと自体が手間。情報が多すぎると、必要なものをピックアップできなくなるリスクもあります。それよりは、シンプルにキーワードだけを記し、そこに自分の意見を書き込んだ方がいい。メモは自ら考え、主体的に動くための道具にすぎません。


青木仁志

松下幸之助さんもおっしゃっていたように、人間は磨けば輝くダイヤモンドの原石すべです。しかし磨く術を知らなければ、原石のまま輝くことを知らずに終わってしまいます。磨くとは何をすることか。どんな人と会い、どんな思考法を身につけ、どんな生き方をしていくか、それを自分で考えていくことです。


奥脇洋子

会話のシチュエーションも意外と大切です。たとえば、歩きながらやお茶を飲みながらだと、くだけた話題でリラックスして雑談ができます。しかし、周囲で誰が聞いているかわからないような場所では、たとえ「どうぞ気楽に」などと言われても、ラフな会話はできません。


芳川裕誠

素晴らしい技術を持っているのに、立ち行かなくなった会社は星の数ほどあります。確かに、お客様に満足していただく優れた製品が事業の核となりますが、その必要性やメリットをお客様に納得していただかなければなりません。


マハトマ・ガンジー

弱い人間は決して許すことができない。許すということは、強い人間であることの象徴なのです。


江口寿史

僕はギャグを描きたくて漫画家になったので、絵は下手でもいいと思っていました。ただの記号だと捉えていたんです。日本の大衆漫画に連綿と続く漫画特有のお約束的表現、そういったものを迷いもなく真似していました。ところが、大友(克洋)さんの絵は、実際のモノを観察して、構造を理解して描いている。そんな描き方は初めて知りました。線の描き方や画面の切り取り方のセンスも素晴らしい。「僕も力のある絵を描かないとダメだ」と危機感を持ちました。


永山治

2000年6月、米大統領のビル・クリントンと英首相のトニー・ブレアが、ヒトゲノムの概要解読を終了したと発表しました。「生命の世紀」などという言い方も生まれました。病気の原因と遺伝子の関係について、毎日のように発見がある中で薬を作るには、膨大な費用がかかります。中外は化学合成による創薬が主流の国内製薬企業の中で、いち早くバイオ分野に注力してきました。(腎性貧血治療に用いられる)エリスロポエチン(EPO)など成功例もあります。でも、宇宙のように限度がない世界で、当社だけが単独でリスクのあるバイオ分野の新製品開発を必ずやっていけるというのは、もう全くイリュージョンです。時期が来たら動かねばならないということで、新年の挨拶や中期計画などを通じて、社員に対しては問題意識を投げかけ続けていました。
【覚書き|スイスのロシュに自社株式の50.1%を売って傘下に入った理由について語った言葉】


中村禎

「1日1ページタイプ、ポケットサイズ」の手帳にこだわっています。長めの文章はパソコンで書きますが、短いフレーズは手書きがしっくりくる。コピー用紙は、なくす可能性があるので、手帳に書きます。この手帳は400ページと分厚いので、電車の中など机がない場所でも書きやすいんです。


ページの先頭へ