名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

土居健郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

土居健郎のプロフィール

土居健郎、どい・たけお。日本の精神科医、精神分析家。東京帝国大学医学部卒業後、陸軍軍医となる。その後、聖路加国際病院精神科医長、東京大学医学部保健学科精神衛生学教室教授、東京大学医学部医学科精神科教授、国際基督教大学教授、国立精神衛生研究所長などを務めた。

土居健郎の名言 一覧

人間は何ものかに所属するという経験を持たない限り、人間らしく存在することができない。いいかえて、人間はかつて甘えるということを経験しなければ、自分を持つことができない、といってもよいであろう。


日本人は一方を極端に愛し、他方を極端に憎むということはあまりしない。その代わり、同一人に対し、陰では悪口をいいながら表向きはお世辞を言うことが社会的に許容され、私には親愛の情を寄せながら公ではつれなく当たることが当然のように受け取られ、アンビバレンス(二律背反)をさばいているように観察される。


土居健郎の経歴・略歴

土居健郎、どい・たけお。日本の精神科医、精神分析家。東京帝国大学医学部卒業後、陸軍軍医となる。その後、聖路加国際病院精神科医長、東京大学医学部保健学科精神衛生学教室教授、東京大学医学部医学科精神科教授、国際基督教大学教授、国立精神衛生研究所長などを務めた。

他の記事も読んでみる

太田英晴

世界には様々な酒がありますが、日本の酒造りは丁寧で繊細。例えば麹(こうじ)づくりや発酵過程において、一つ一つのプロセスの時間を管理し、目指すべき理想像に向けて着実に仕事を重ねていくというきめ細かさがあります。同時に長期的な視点で目標を追い続ける辛抱強さもあるのが、日本人らしいと思います。


田中良和(GREE)

ベンチャービジネスは、「自分でビジネスを立ち上げて、スポーツのようにスカッと気持ちよくやりたい」といった程度の気持ちでは、成功できません。「友達をなくす」「お金をなくす」「家族に迷惑をかける」など、不幸なことが「これでもか」というほど起こることもある。「人生の10年間を無駄にしたかもしれない」と思うくらい、後悔することもあります。そんな情念が入り混じった現実が待っていようとも、「新しいことをしたい」。そう思える人でなければ、成功できない。


柳井正

やはり相手を見ないといけない。経営者を見て、工場長を見て、本当にいいモノを一緒につくりたいという人と思ったら、2回、3回失敗しても、同じ相手と付き合っていくようでないと。当初から、上手く行くわけないですよ。


茂木友三郎

経営者が長期的な視点で投資を増やせないのにはトラウマがある。現在60代の社長は、バブル経済が崩壊した時期に中間管理職だった人が多い。当時の自分たちの上司が謝罪会見をしたり、新聞で糾弾されたりするのを見ているので、自分たちはそうなりたくないと思っているのだろう。


妹尾八郎

中小の一企業が集められる情級には限りがあるから、寄り合う必要があると考えた。たとえば、ある飲食の企業が会員登録と引き換えに割引やおまけ、景品などをお客様に提供する。登録はNCネットワークを経由しないとできませんが、お客様には楽しみが生まれ、企業は一社では集められない大量の顧客を対象に安価でマーケティング調査ができる、という仕組みです。


尾賀真城

世界には不安定要因がたくさんありますが、課題はありながらも前進していくと。その意味では、私は前向きに捉えています。


喜多川泰

子供というのは、好きな子が希望している学校を目指して急に猛勉強をはじめたり、失敗することで強くなることもあるので、その成長のきっかけを邪魔してほしくないんですね。人は自分が痛みを経験することで他人に寄り添うやさしさを知るので。


本庄正則

人間は弱いものです。悪い情報を聞けば面白くないし、難しい判断は先延ばしにしたい。しかし、経営者が蛮勇を振って自らの弱さと戦わなければ、会社にことなかれ主義が蔓延するばかりです。


安永竜夫

新しい分野を切り拓いていくときには、(益田孝の説く)士魂商才というものがなければいけないと思っています。天下国家があって、天下国家のためにビジネスをやる。ビジネスを通じて国づくりや、未来づくりに貢献するという部分が、必ず根底にないと。これが我々の生き様。


松岡修造

僕は初対面の子供でも平気で叱っているイメージがあるかもしれませんが、それは誤解です。相手のことをよく知らないうちから叱ることは絶対にありません。たとえばボーッとして話を聞いていないような子が、実はちゃんと聞いていたり、ご機嫌を取ろうとちゃんと聞いたフリをして実は聞いていない子もいる。相手をちゃんと知ったうえで、叱る・叱らないの判断をしています。


磯貝實

私は必要に迫られ、新たな挑戦をせざるを得なかったのですが、適応できない職人も数多くいました。しかし、そんな中で生き残ってこられたのも、一つのべっ甲細工に固執しなかったからだと思います。得意なジャンルがあるのは結構なことですが、それだけに特化しすぎるのは弱点にもなり得るのです。


孫正義

どんなに貧しい家庭に育っても、国籍が違っても、一生懸命努力すれば前進すると私は信じている。挑戦する人にはすべてのチャンスがある。