名言DB

9429 人 / 110879 名言

土居健人の名言

twitter Facebook はてブ

土居健人のプロフィール

土居健人、どい・けんと。日本の経営者。「リーバイス・ジャパン」「トリンプ・インターナショナル・ジャパン」社長。兵庫県出身。甲南大学経営学部卒業後、日本ヴィックスに入社。アシスタント・ブランドマネジャーを務めたのち、P&Gに移りブランド・マネジャー、マーケティング・ディレクター(日本、中国)、グローバル・マーケティング・ディレクター(イギリス、スイス)を務めた。その後、ボーダフォン日本法人(のちのソフトバンクモバイル)執行役員常務マーケティング統括部長、ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント執行役員上級副社長・ホームエンタテインメント部門日本代表などを歴任。その後、リーバイス日本法人に移籍し、ゼネラル・マネジャーを経て社長に就任。その後、トリンプ・インターナショナル・ジャパンなどでも経営者として活躍。

土居健人の名言 一覧

英語は半分ぐらい聴き取れるようになると、俄然楽しくなるんです。ここが英語学習の第一の壁かもしれませんね。


どんな形でもいいので、外国人の友人を持つことを強くお勧めします。インターネットがあるいまなら、共通の趣味を持つ外国人を見つけることも不可能ではないはずです。たとえネイティブでなくても、お互いの共通語が英語なら、十分、英語の勉強になります。それに、未知の文化や価値観を知ることもできる。そうやって英語で自分の世界が広がる喜びを味わうと、英語を勉強するモチベーションも一気に高まるはずです。


ビジネス英語では、話すときにセンテンスをできるだけ短くし、大きな声でゆっくり、ハッキリ発音するのが最大のポイントです。オバマ大統領の就任演説がいいお手本です。


聴き取れなかったら、恥ずかしがらずに聞き返すのがビジネス英語の鉄則です。わからないのにわかったふりをしていると、仕事では、あとで取り返しがつかない事態に発展しかねません。確認してくれた方が、相手も安心して話を進められます。


文法や構文を間違えると恥ずかしいなどと思うのは日本人くらいのもので、海外に行けばどの国の人も、なまりの強い英語を堂々と話しています。それに、文法やスペルの正しさにしても、日本人のレベルは決して低くないから、もっと自信をもっていいでしょう。


リスニング力がどれだけ伸びるかは、何を聴くかよりも、聴く頻度と総量にかかっていると思います。ですから、自分の興味があるものを聴けばいい。映画が好きなら洋画のDVDを字幕なしで観るのも悪くありません。英語教材で勉強する人には、『家出のドリッピー』のようにストーリーがあるものが、飽きずに続けやすいのでお勧めです。


社会人になってから英語の勉強を本格的に始めても、遅いということはまったくありません。
【覚書き|大学卒業後、外資系企業に入社した当時、受験単語を知っている程度しか英語ができなかったことについて語った言葉】


土居健人の経歴・略歴

土居健人、どい・けんと。日本の経営者。「リーバイス・ジャパン」「トリンプ・インターナショナル・ジャパン」社長。兵庫県出身。甲南大学経営学部卒業後、日本ヴィックスに入社。アシスタント・ブランドマネジャーを務めたのち、P&Gに移りブランド・マネジャー、マーケティング・ディレクター(日本、中国)、グローバル・マーケティング・ディレクター(イギリス、スイス)を務めた。その後、ボーダフォン日本法人(のちのソフトバンクモバイル)執行役員常務マーケティング統括部長、ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント執行役員上級副社長・ホームエンタテインメント部門日本代表などを歴任。その後、リーバイス日本法人に移籍し、ゼネラル・マネジャーを経て社長に就任。その後、トリンプ・インターナショナル・ジャパンなどでも経営者として活躍。

他の記事も読んでみる

佐々木大輔(経営者)

難しい言葉で経営理念を唱えても、「存在は知っていても誰も理解していない」ということになりかねない。普段の会話の中で自然に出てくるような、キャッチーな言葉にしなければ、カルチャーとして浸透させるのは困難。


守安功

社内で大事にしている考え方に「良質な非常識」というのがあります。常識だと思われていることを疑える感覚を持っている人のことです。社内で定着している業務のフロー、あるいは業界慣習といったものの中には非効率なまま放置されているものがたくさんあります。しかし誰もが「変えられないもの」「仕方のないこと」と思い込んでいることは多いのです。本当は「これだけ環境が変わっているのに、ずっと同じやり方をしているのはおかしいよね」と声をあげなければいけない。それが「良質な非常識」を備えた人材です。


原田泳幸

社長になるだけが人生じゃないんですよ。一生店長でいることも素晴らしい人生ですし、本人一人ひとりのライフプラン、生き様を尊重するということが大事。


原田泳幸

僕自身も、変われなくなったらこの席にはいられません。7年間、この会社で経営を担っていますが、僕は毎年、違うことをやっている自信がありますから。


西山昭彦

メンツを保つためだけに反対してくる人に対しては、ゆるい段階で提案を見せ、あえて反対意見を言わせる。反対の儀式をしてあげるわけです。「ダメだ」と言われたら「どんなところが?」と、部分の指摘をさせ、全体を否定させない。そして持ち帰り、「ご指摘の箇所は修正しております」と、数日おいてメールで経過報告をする。「あなたの意見を尊重してます」という姿勢を見せる。これを2~3回くり返せば、ほとんどは承認してくれます。


出口治明

いくら強い思いがあっても、それを言葉にしなければ伝わりません。また、言葉があっても、下手な話し方だと「共感」が得られず、メンバーがいつか面従腹背になってしまうかもしれない。


ケビン・ロリンズ

PCサーバー、PCクライアントが当社のコアビジネスであり、この分野での当社の市場シェアは全世界で17%です。その点では、コアのビジネスでもまだまだ拡大の余地はある。業界によっては、30%、40%のシェアを持っているトップベンダーもあるわけですから、17%のシェアで満足しているわけではない。そうした意味で、コアのビジネスの成長は目標達成には重要です。それに加えて、さらに、コアのまわりを囲むような形で、S&P(ソフト&ペリフェラル)やサービス、ストレージがあり、ここにも大きな事業拡大のチャンスがある。顧客からも、「Dellには、コア事業以外の分野でも、もっと積極的に事業を展開してほしい」という声があがっている。この声に応えるように、まわりの市場でも事業を拡大させたい。ただ、これらの事業は、コアの事業とは別の独立したものだとは考えていません。あくまでもコアを支える事業であると考えています。これらの取り組みによって600億ドルというターゲットを達成することは可能だといえます。


岡野雅行(岡野工業)

人からものをもらったときは、倍返しするといい。たとえば、3000円の菓子折りをもらったら、6000円のものを返すんだよ。これには理屈がある。くれた人は、俺なり家族なりのことを考えて、品物を選んでくれてるわけだ。その気持ちへの感謝が3000円分。そして、当然、その品物に対しても同額のお返しをする。合わせて6000円ってことになるわけだ。お返し分の何百倍、何千倍ものいいことが起きる。ホントだから覚えておくといい。


片山幹雄

まだ十分ではありません。顧客の声を生かした魅力的な製品を開発し、ヒットさせる。しかも顧客からの問い合わせはゼロ。この理想に向かって挑戦し続けます。


マイケル・デル

本当のところ、私にとってはむしろ学生でいることのほうが賭けでした。大学にいる間に、このチャンスを取り逃がすかもしれないんですからね。(覚書き|なぜ大学生を辞めて会社を作ったのかの問いに対し)