名言DB

9,520 人 / 112,352 名言

土居健人の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

土居健人のプロフィール

土居健人、どい・けんと。日本の経営者。「リーバイス・ジャパン」「トリンプ・インターナショナル・ジャパン」社長。兵庫県出身。甲南大学経営学部卒業後、日本ヴィックスに入社。アシスタント・ブランドマネジャーを務めたのち、P&Gに移りブランド・マネジャー、マーケティング・ディレクター(日本、中国)、グローバル・マーケティング・ディレクター(イギリス、スイス)を務めた。その後、ボーダフォン日本法人(のちのソフトバンクモバイル)執行役員常務マーケティング統括部長、ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント執行役員上級副社長・ホームエンタテインメント部門日本代表などを歴任。その後、リーバイス日本法人に移籍し、ゼネラル・マネジャーを経て社長に就任。その後、トリンプ・インターナショナル・ジャパンなどでも経営者として活躍。

土居健人の名言 一覧

英語は半分ぐらい聴き取れるようになると、俄然楽しくなるんです。ここが英語学習の第一の壁かもしれませんね。


どんな形でもいいので、外国人の友人を持つことを強くお勧めします。インターネットがあるいまなら、共通の趣味を持つ外国人を見つけることも不可能ではないはずです。たとえネイティブでなくても、お互いの共通語が英語なら、十分、英語の勉強になります。それに、未知の文化や価値観を知ることもできる。そうやって英語で自分の世界が広がる喜びを味わうと、英語を勉強するモチベーションも一気に高まるはずです。


ビジネス英語では、話すときにセンテンスをできるだけ短くし、大きな声でゆっくり、ハッキリ発音するのが最大のポイントです。オバマ大統領の就任演説がいいお手本です。


聴き取れなかったら、恥ずかしがらずに聞き返すのがビジネス英語の鉄則です。わからないのにわかったふりをしていると、仕事では、あとで取り返しがつかない事態に発展しかねません。確認してくれた方が、相手も安心して話を進められます。


文法や構文を間違えると恥ずかしいなどと思うのは日本人くらいのもので、海外に行けばどの国の人も、なまりの強い英語を堂々と話しています。それに、文法やスペルの正しさにしても、日本人のレベルは決して低くないから、もっと自信をもっていいでしょう。


リスニング力がどれだけ伸びるかは、何を聴くかよりも、聴く頻度と総量にかかっていると思います。ですから、自分の興味があるものを聴けばいい。映画が好きなら洋画のDVDを字幕なしで観るのも悪くありません。英語教材で勉強する人には、『家出のドリッピー』のようにストーリーがあるものが、飽きずに続けやすいのでお勧めです。


社会人になってから英語の勉強を本格的に始めても、遅いということはまったくありません。
【覚書き|大学卒業後、外資系企業に入社した当時、受験単語を知っている程度しか英語ができなかったことについて語った言葉】


土居健人の経歴・略歴

土居健人、どい・けんと。日本の経営者。「リーバイス・ジャパン」「トリンプ・インターナショナル・ジャパン」社長。兵庫県出身。甲南大学経営学部卒業後、日本ヴィックスに入社。アシスタント・ブランドマネジャーを務めたのち、P&Gに移りブランド・マネジャー、マーケティング・ディレクター(日本、中国)、グローバル・マーケティング・ディレクター(イギリス、スイス)を務めた。その後、ボーダフォン日本法人(のちのソフトバンクモバイル)執行役員常務マーケティング統括部長、ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント執行役員上級副社長・ホームエンタテインメント部門日本代表などを歴任。その後、リーバイス日本法人に移籍し、ゼネラル・マネジャーを経て社長に就任。その後、トリンプ・インターナショナル・ジャパンなどでも経営者として活躍。

他の記事も読んでみる

池上秀徳

公文公(くもん・とおる。創始者)は常々指導者や社員に「未完成であることを自覚せよ」と語り、「これでいい」という思い込みで進歩を止めることを嫌っていました。


吉田穂波

私は「時計は10分進めておく」「締め切りは常に相手から提示された日付の5日前に設定する」というルールを設けています。以前、ある偉い方にお会いする際、どうしても持参したい資料を取りに戻ったために10分遅刻してしまった、という苦い経験があって、以後常に時計を10分進めるようにしたのです。「締め切りは常に5日前に」も同様に、過去の自分の失敗経験から導き出したものです。


陰山英男

「集中している状態」を作れるかどうかが重要。集中している状態になると、脳は高速で回ります。脳が高速で回れば、様々なことを速く処理できますよね。仕事が速い人は、「脳を高速に回した経験」がたくさんあり、「高速で回る脳」が出来上がっていると言えます。


武藤貴宏

僕は、自分に遠慮するのをやめたら、人生がものすごく面白くなりました。不安もプレッシャーも、失敗の経験すらも楽しめる。それは「やらない後悔」をしなくなったからです。


大貫卓也

広告とか商品開発とか、そういうことを分けて考えることはあまりにも効率が悪いと思います。世の中のすべてがコミュニケーションであり、広告だと思っているので、企画から考えることが自然の成り行きです。


三宅秀道

問題の発明は決して特別なことではない。自分のわがままな考えをわがままと思わずに、こんなことがあっていいと考えついたら、できそうにないという無意識の自己規制を外せばいい。


坂本孝

新しいジャンルで成功を勝ち取ろうとすると、ゼロから無心で臨むことが求められる。


安田秀一

僕の考えでは、日本人はイノベーティブではない。そこを目指しても仕方がありません。では何が得意かというと、「コピー&インプルーブ(改良・改善)」です。


國松孝次

警察の役人はまず目の前にある現実に対応しなくてはいけない。現実に対応するのは、実務教育だけでは無理です。逮捕状の取り方などテクニックを叩き込むだけでは優秀な警察官にはなりません。それよりも、全人教育というか、仕事以外のコミュニケーションや社会勉強を通して人格を練磨することが必要です。


伊東信一郎

いまは事業計画を細かく見直して、柔軟性の確保に努めています。機材も小型化するだけではなく、需要に合わせて大型機もきめ細かく投入します。今年は事業計画全体を「緊急対策プラン」と呼んで、来年以降の成長準備と位置付けています。いまだからこそ、よりスリムで強い体質をつくります。


アウグスト・フォン・グナイゼナウ

すべての軍人は、逆境という名の学校を卒業しなければならない。


北城恪太郎

企業も「より効率の高い事業をつくる」発想が必要です。そのときイノベーションが非常に重要になります。