名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

土居健人の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

土居健人のプロフィール

土居健人、どい・けんと。日本の経営者。「リーバイス・ジャパン」「トリンプ・インターナショナル・ジャパン」社長。兵庫県出身。甲南大学経営学部卒業後、日本ヴィックスに入社。アシスタント・ブランドマネジャーを務めたのち、P&Gに移りブランド・マネジャー、マーケティング・ディレクター(日本、中国)、グローバル・マーケティング・ディレクター(イギリス、スイス)を務めた。その後、ボーダフォン日本法人(のちのソフトバンクモバイル)執行役員常務マーケティング統括部長、ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント執行役員上級副社長・ホームエンタテインメント部門日本代表などを歴任。その後、リーバイス日本法人に移籍し、ゼネラル・マネジャーを経て社長に就任。その後、トリンプ・インターナショナル・ジャパンなどでも経営者として活躍。

土居健人の名言 一覧

英語は半分ぐらい聴き取れるようになると、俄然楽しくなるんです。ここが英語学習の第一の壁かもしれませんね。


どんな形でもいいので、外国人の友人を持つことを強くお勧めします。インターネットがあるいまなら、共通の趣味を持つ外国人を見つけることも不可能ではないはずです。たとえネイティブでなくても、お互いの共通語が英語なら、十分、英語の勉強になります。それに、未知の文化や価値観を知ることもできる。そうやって英語で自分の世界が広がる喜びを味わうと、英語を勉強するモチベーションも一気に高まるはずです。


ビジネス英語では、話すときにセンテンスをできるだけ短くし、大きな声でゆっくり、ハッキリ発音するのが最大のポイントです。オバマ大統領の就任演説がいいお手本です。


聴き取れなかったら、恥ずかしがらずに聞き返すのがビジネス英語の鉄則です。わからないのにわかったふりをしていると、仕事では、あとで取り返しがつかない事態に発展しかねません。確認してくれた方が、相手も安心して話を進められます。


文法や構文を間違えると恥ずかしいなどと思うのは日本人くらいのもので、海外に行けばどの国の人も、なまりの強い英語を堂々と話しています。それに、文法やスペルの正しさにしても、日本人のレベルは決して低くないから、もっと自信をもっていいでしょう。


リスニング力がどれだけ伸びるかは、何を聴くかよりも、聴く頻度と総量にかかっていると思います。ですから、自分の興味があるものを聴けばいい。映画が好きなら洋画のDVDを字幕なしで観るのも悪くありません。英語教材で勉強する人には、『家出のドリッピー』のようにストーリーがあるものが、飽きずに続けやすいのでお勧めです。


社会人になってから英語の勉強を本格的に始めても、遅いということはまったくありません。
【覚書き|大学卒業後、外資系企業に入社した当時、受験単語を知っている程度しか英語ができなかったことについて語った言葉】


土居健人の経歴・略歴

土居健人、どい・けんと。日本の経営者。「リーバイス・ジャパン」「トリンプ・インターナショナル・ジャパン」社長。兵庫県出身。甲南大学経営学部卒業後、日本ヴィックスに入社。アシスタント・ブランドマネジャーを務めたのち、P&Gに移りブランド・マネジャー、マーケティング・ディレクター(日本、中国)、グローバル・マーケティング・ディレクター(イギリス、スイス)を務めた。その後、ボーダフォン日本法人(のちのソフトバンクモバイル)執行役員常務マーケティング統括部長、ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント執行役員上級副社長・ホームエンタテインメント部門日本代表などを歴任。その後、リーバイス日本法人に移籍し、ゼネラル・マネジャーを経て社長に就任。その後、トリンプ・インターナショナル・ジャパンなどでも経営者として活躍。

他の記事も読んでみる

古森重隆

うちの多角化と幅の深さが、彼ら(コダック)とは違ったと思います。コダックは極めて写真重視なカメラ屋で来たのに対し、うちは早くから多角化を経営の柱に据えてきました。やはり生産技術の差ですね。
【覚書き|コダックが時代の流れに乗り遅れたことについて語った言葉】


石黒和義

蒐集の始まりの頃は個人の思いだったかもしれませんが、まとまった数になってくると、社会に還元して、オープンにできる形が一番良い。


須藤元気

大手英会話学校の人気講師だったナズ・ナジールというビジネスパートナーとの出会いが大きかったですね。彼の英語の教え方は、「英会話を学ぶ」というより、「英語を使ったコミュニケーションを学ぶ」というスタイル。たとえば挨拶一つでも、初対面の場面を想定して、「Good afternoon」と言うタイミングをどう取るか、どこで握手を求めるかといったように、言葉だけでなくコミュニケーション全休を教える。彼のレッスンはとにかく臨場感があって楽しいし、ビジネスにも詳しい。そこで彼と一緒にスクールをつくることを決めました。


内藤加奈子

お客様をひとつの個性として扱って初めて、またここで買おうという気持ちになっていただけるのです。


有本隆浩

バブル崩壊後、「次はこれでいこう」と発想したのが人材紹介、それも「管理部門特化型の人材紹介」。世間では景気後退で、大手企業が大規模なリストラに踏み切っていました。真っ先に対象になったのが管理部門。総務、人事、経理、法務などの人材です。普通ならそこに特化しても需要がないと思うでしょう。しかし、私は絶対にビジネスチャンスがくると読んでいました。


宋文洲

昼間ダラダラと過ごした結果、夜にずれ込んだ仕事を残業として認めろというのはおかしな話です。あるいはこのへんをもっと細かくやろうとか、納得できるまでやりたいと自分だけ思っていて、その結果時間外も働いたのなら、それは仕事ではなく趣味の範疇です。ほどよい緊張感で朝から午後5時まで働いたら、疲れて残業などできないはずです。


村上憲郎

先行きに不安になってしまうというのは、打ち込めるテーマを持っていないせいもあるかもしれません。ある意味で人生を棒に振りかねないほど何かにハマった経験がないのではないかと。


永守重信

残業ゼロのほうが、社員にとって厳しいですよ。5時半で終わらないといけないので、時間内に仕事ができる優秀な人が勝ちます。残業ゼロ体制は弱者にとって厳しいです。ですから体制の変更は時間をかけてやらないといけません。


亀山敬司

事業の寿命と会社の寿命は違うと思っています。事業の寿命は人間よりも短くて、例えばDVDが売れなくなったら太陽光パネルを売らせる。ちゃんと商品知識を与えれば太陽光パネルもしっかり売ってきます。太陽光がダメなら次は何を売るか。働き場所を探してあげられるのが経営。


新井正明

選り好みをせずに愛憎などの私心を捨てて部下を用いる。自分流儀の者ばかりを取り立てるのは水に水を差すようなもので調理にならず味もそっけない。日ごろ嫌いな人を良く用いることこそ腕前。部下の意見を十分に発表させ、採決は公平にする。自分に部下より良い考えがあっても、あまり支障のない場合は部下の考えを採用するのがよい。


濱逸夫

体力とは利益。キャッシュが生まれれば、次のブランドを育成できる。それがまたキャッシュを生む。


サイモン・クーパー(経営者)

クレド(信条)は従業員を主語に書かれているのが特徴です。上からの押し付けではなく、従業員全員が当事者意識をもってサービスについて考えを深められるようにしています。