土居健人の名言

土居健人のプロフィール

土居健人、どい・けんと。日本の経営者。「リーバイス・ジャパン」「トリンプ・インターナショナル・ジャパン」社長。兵庫県出身。甲南大学経営学部卒業後、日本ヴィックスに入社。アシスタント・ブランドマネジャーを務めたのち、P&Gに移りブランド・マネジャー、マーケティング・ディレクター(日本、中国)、グローバル・マーケティング・ディレクター(イギリス、スイス)を務めた。その後、ボーダフォン日本法人(のちのソフトバンクモバイル)執行役員常務マーケティング統括部長、ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント執行役員上級副社長・ホームエンタテインメント部門日本代表などを歴任。その後、リーバイス日本法人に移籍し、ゼネラル・マネジャーを経て社長に就任。その後、トリンプ・インターナショナル・ジャパンなどでも経営者として活躍。

土居健人の名言 一覧

英語は半分ぐらい聴き取れるようになると、俄然楽しくなるんです。ここが英語学習の第一の壁かもしれませんね。


どんな形でもいいので、外国人の友人を持つことを強くお勧めします。インターネットがあるいまなら、共通の趣味を持つ外国人を見つけることも不可能ではないはずです。たとえネイティブでなくても、お互いの共通語が英語なら、十分、英語の勉強になります。それに、未知の文化や価値観を知ることもできる。そうやって英語で自分の世界が広がる喜びを味わうと、英語を勉強するモチベーションも一気に高まるはずです。


ビジネス英語では、話すときにセンテンスをできるだけ短くし、大きな声でゆっくり、ハッキリ発音するのが最大のポイントです。オバマ大統領の就任演説がいいお手本です。


聴き取れなかったら、恥ずかしがらずに聞き返すのがビジネス英語の鉄則です。わからないのにわかったふりをしていると、仕事では、あとで取り返しがつかない事態に発展しかねません。確認してくれた方が、相手も安心して話を進められます。


文法や構文を間違えると恥ずかしいなどと思うのは日本人くらいのもので、海外に行けばどの国の人も、なまりの強い英語を堂々と話しています。それに、文法やスペルの正しさにしても、日本人のレベルは決して低くないから、もっと自信をもっていいでしょう。


リスニング力がどれだけ伸びるかは、何を聴くかよりも、聴く頻度と総量にかかっていると思います。ですから、自分の興味があるものを聴けばいい。映画が好きなら洋画のDVDを字幕なしで観るのも悪くありません。英語教材で勉強する人には、『家出のドリッピー』のようにストーリーがあるものが、飽きずに続けやすいのでお勧めです。


社会人になってから英語の勉強を本格的に始めても、遅いということはまったくありません。
【覚書き|大学卒業後、外資系企業に入社した当時、受験単語を知っている程度しか英語ができなかったことについて語った言葉】


土居健人の経歴・略歴

土居健人、どい・けんと。日本の経営者。「リーバイス・ジャパン」「トリンプ・インターナショナル・ジャパン」社長。兵庫県出身。甲南大学経営学部卒業後、日本ヴィックスに入社。アシスタント・ブランドマネジャーを務めたのち、P&Gに移りブランド・マネジャー、マーケティング・ディレクター(日本、中国)、グローバル・マーケティング・ディレクター(イギリス、スイス)を務めた。その後、ボーダフォン日本法人(のちのソフトバンクモバイル)執行役員常務マーケティング統括部長、ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント執行役員上級副社長・ホームエンタテインメント部門日本代表などを歴任。その後、リーバイス日本法人に移籍し、ゼネラル・マネジャーを経て社長に就任。その後、トリンプ・インターナショナル・ジャパンなどでも経営者として活躍。

他の記事も読んでみる

阿部俊則

間違いなく言えることは「当社の強みは価格が安い」ということではありません。私は社員によくこう言っています。「価格営業ではなく、価値営業をしろ」と。つまりブランド戦略です。今、ブランドビジョンとして「スロー&スマート」をキーワードにしています。環境配慮型住宅「グリーンファースト」や、被災地で受け入れられている独自の制震技術の「シーカス」もブランド戦略の中核を占めています。


小山進

コツコツと目の前の小さな目標をクリアしていくことでしか、大きな目標、つまり「夢」をかなえることなんてできない。


南雲吉則

第2の心臓とは、ふくらはぎのこと。この第2の心臓を動かし伸縮させる方法はひとつ。歩くこと。歩くとふくらはぎの筋肉が働き、血液が体中を循環する。これによって基礎代謝が高まって、腹にたまった内臓脂肪が自然と消費されていく。まず背中をピンと美しく伸ばす。そして脚を張り裂けんばかりに開いて最大歩幅で歩くことが絶対。すると自然とギュッギュッと、ふくらはぎポンプも最大になる。


生田正治

どんなことを肝に銘じて仕事をしてきたのだろうかと振り返ってみれば、自分の職分より上の視点で考えることを心がけてきたと思います。課長代理なら課長の立場に立って、部長なら担当役員になったつもりで、また他の部署まで視野に入れて仕事をするということです。


土井香苗

何より重要なのは、社会を良くしたいという熱意と、真摯な態度で仕事に臨む姿勢を感じ取ってもらうこと。協力するか否か、その最後の決め手になるのは、語り手自身への信頼感。


トマス・エジソン

チャンスは衣を被ってやってくる。だから見逃してしまうのだ。


楠木建

戦略の本質はアナリシス(分析)ではなく、シンセシス(綜合)です。戦略を構想するという仕事は、特定の要素に対応した担当者の次元を超えています。商売全体をどう動かしていくかを考える経営者の仕事です。


中川政七・13代目(中川淳)

跡を継いで以降、様々な場面でこの業界の厳しい現実を目の当たりにしました。毎年のように、つき合いのある工芸関連企業が廃業の挨拶に来られるんです。では、どうすればいいのか。結果的に行き着いたのが、個々の工芸企業の再生とセットでの、工芸品産地全体としての「再構築」の必要性です。うちの会社のビジョンが「日本の工芸を元気にする!」となっているのは、そうした理由からです。


田嶋一雄

皆は一様に「こんな常識はずれの物は売れませんよ」と、すげない態度。「売ってみなければわからないじゃないか」と言ってくれたのは、たったひとりだった。
【覚書き:ヒット商品ミノルタベスト発売当時を振り返っての発言。ミノルタベスト(Minolta BestもしくはMinolta Vest)は一風変わった形をしており現在でもカメラコレクターの間で高い評価を得ている】


上野和典

成功の見込みがないと判断したら、速く見切りをつけるのも重要です。私自身、現場を担当していたころは、とにかく速く切り替えるようにしていました。撤退しながら次のプランを考えるんです。失敗を瞬時に返せる人は、代替のアイデアを豊富に持っています。


野口孝広

ノミはあんなに小さい生き物なのに、3mもの跳躍力があるそうですが、しばらくコップをかぶせておくと、外してもその高さまでしか飛べなくなるそうです。上司はつねに成長していかないと、部下にとっての「コップ」になってしまいます。


山口晋二(経営者)

言われたことをやるだけではダメ。「Aという部品がほしい」と言われて、A部品をお届けするだけでは仕事ではありません。「A部品の交換作業に付随してB部品も必要なのではないか」と考え、それをご提案する。ここまでやって、ようやく“仕事”と呼べるのではないでしょうか。


セネカ

運は我々から富を奪うことはできても、勇気を奪うことはできない。


村瀬治男

キヤノンUSA社長からキヤノンマーケティングジャパンの社長についたとき、アメリカには稟議書がなかったため、私は意味が解りませんでした。朝、机の上に稟議書が積まれているので、これは大変だと思って見ると、課長の判を押し、部長が押して上がってくる間にすでに案件は進行していて、決裁は法律上、書類として保存するためのセレモニーにすぎませんでした。そこで、稟議書については真っ先にコンピュータ上でオンライン化し、稟議が上がったと同時に、決裁をする人間全員がリアルタイムで進行状況を共有し、早く決裁するよう強制しました。


ハワード・シュルツ

中間管理者や新入社員が使命感に燃えて、リスクの大きい大胆なアイデアを提案する企業が多い。経営陣はそういうアイデアに積極的に耳を傾け、試み、実行する必要がある。経営者が新しいアイデアに耳を傾けようとしない会社は、大きなチャンスを逃すことになる。


ページの先頭へ