名言DB

9419 人 / 110788 名言

土合朋宏の名言

twitter Facebook はてブ

土合朋宏のプロフィール

土合朋宏、どあい・ともひろ。日本の経営者、マーケッター。「20世紀フォックス ホームエンターテイメント ジャパン」社長。東京都出身。一橋大学大学院商学研究科修了後、米大手コンサルティングファーム、日本コカ・コーラなどを経て20世紀フォックス ホームエンターテイメント ジャパンに入社。マーケティング本部長などを経て社長に就任。

土合朋宏の名言 一覧

組織で仕事をする以上、自分のミッションは果たさなければならない。


マーケティング的な視点では、まず「客(相手)の立場」からニーズや新しさを見つけるといい。こんな時にこそ、自分にない考えを持つ人の意見が力になる。


日本人は事実を積み重ねても、「私はこうしたい」という意志を示さないことが多い。これでは相手は何も判断できない。「事実」を提示しながら、「私はこうしたい」という意志を示し、「最終的にどこに向かうか」を明確にすることが大切。


事実や数字は不動です。だから「誰とでも」共有できる。「自分」と「相手」の認識を一致させるための「土台」にできる。自分が何かを主張する場合は、その土台になる「事実」を積み上げて説明しないと、「根拠がない」と判断されてしまう。


ある仕事で、「すごく意地悪」だと評判だった人がいました。「思っていることは、何でも話してください」という姿勢で聞き続けると、言葉の端々に「責任は取りたくない」という真意が汲み取れた。そこで、「こうすれば責任は避けられます」と、様々な解決策を示しました。相手が「リスク」というデメリットを心配しているのに、こちらが「売り上げアップ」というメリットを主張しても、相手との融合点は見つけられません。


大半の人は、自分の考えを一方的に話して、「伝わった」と満足してしまう。これは致命的な誤りです。仕事はコミュニケーションをうまく取って進めることが前提なので、「一方的」になるのは避ける。自分の考えを少しずつ伝えながら、相手に意見を求めるのが基本です。


私はマーケティング畑一筋でしたが、新しい仕事の提案をするたびに、「手強い相手」が必ずといっていいほど現れました(笑)。「前例がない」「社内のどこかと競合する」ことばかりだったからです。けれども、それを避けていては、仕事にならない。発想を逆転させて、彼らと積極的に仕事をする方法を、試行錯誤の末に導き出したのです。


「役立つ人」の定義は、自分と「価値観」や「考え」が違っていること。自分の考えだけで仕事を進めていると、何事もマンネリ化しやすい。そこで彼らの視点を加える。自分1人では考えつかない「発想」や「アイデア」を活用するのです。


仕事で重視しているのは、自分の仕事に関わる人たちと「どれだけうまくつき合うか」ということ。特に「自分と性格が合わなそうな手強い人」とでも、どれだけ仕事ができるかどうかで成果が変わる。


土合朋宏の経歴・略歴

土合朋宏、どあい・ともひろ。日本の経営者、マーケッター。「20世紀フォックス ホームエンターテイメント ジャパン」社長。東京都出身。一橋大学大学院商学研究科修了後、米大手コンサルティングファーム、日本コカ・コーラなどを経て20世紀フォックス ホームエンターテイメント ジャパンに入社。マーケティング本部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

千本倖生

電電公社が嫌いだから新しい会社をつくったわけではありません。むしろ、感謝しています。ただ、独占的にサービスを提供していては、日本の通信産業は世界に伍していけないものになってしまう。競争していく中で、電電公社もよくなると思ったのです。そこで私は新しい電電公社をつくろうと思いました。


湯浅誠(社会活動家)

自分から「しんどいんだ、しんどいんだ」と言える人は、まだそれを言う元気がある人。非常にしんどい時は、なかなか自分から「しんどい」と言えないもの。周りにいる人たちが本人の状況に気づいて声をかけてあげることが大切。


ロス・ペロー

中国は民主化可能だ。なぜなら我々はあの日本の民主化に成功した。


一圓克彦

起業するとき、企業ホームページはプロの制作会社に任せた方がいい。素人が作ったホームページは、クオリティの低さが一目瞭然です。これでは、読者も不安になってしまうでしょう。また、独立直後は本業に集中したい。ホームページ作りに時間を費やす余裕などないのが普通です。


佐々木正悟

思考の整理を阻害し、逆に混乱を招いてしまう原因として、「情報のインプット量をコントロールできていない」ということが考えられます。


北尾吉孝

才気煥発タイプの人は、頭の切れ味を感心されることはあっても、その人に心酔する人はなかなか現れません。だから、人を動かすことができないのです。


岡倉天心

昔の賢者たちは決して体系的な形で教えを語ったりしなかった。彼らは好んで逆説的な言い方をしたが、それは生半可な理解を恐れたからである。また、わざと愚か者のように語ることによって、聞く者に悟らせるようにしむけたりもした。


中井政嗣

人はお世話になったら、あとでお返しをするものです。小さな損を重ねて「お世話」をし、やがて大きな得として返してもらう。それを待たずに、早めに利益を回収しようとすると間違えるのです。


山口範雄

そもそも味の素の歴史は池田菊苗博士が「昆布で出汁を取るとなぜうまくなるのか」との疑問からグルタミン酸を発見するという創造的な研究から始まりました。その翌年には、創業者の鈴木三郎助が事業化に取り組み始めています。どうなるかわからないような物質の事業化自体、パイオニア精神あふれる行動ですし、食品の加工原料ではなく「卓上の調味料」というコンセプトで売り出したことも独創的でした。


カミーロ・ゲバラ

チェ(ゲバラ)は若い頃から色々なことに関心を抱き、ラテンアメリカ諸国を回った。ボリビアでは革命を目の当たりにし、自主独立の気運が高まるグアテマラでは米国が介入するのを目撃した。彼は「幅広い知識、異文化に対する理解、そして人道的な問題に対する感受性の高さ」、それらすべてを保って生まれたのではなく、旅と、そこで見たものを通じて、彼は身につけていった。生まれたときから革命家だったわけではなく、段階を追って、徐々に変わっていったのだろう。