名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

土合朋宏の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

土合朋宏のプロフィール

土合朋宏、どあい・ともひろ。日本の経営者、マーケッター。「20世紀フォックス ホームエンターテイメント ジャパン」社長。東京都出身。一橋大学大学院商学研究科修了後、米大手コンサルティングファーム、日本コカ・コーラなどを経て20世紀フォックス ホームエンターテイメント ジャパンに入社。マーケティング本部長などを経て社長に就任。

土合朋宏の名言 一覧

組織で仕事をする以上、自分のミッションは果たさなければならない。


マーケティング的な視点では、まず「客(相手)の立場」からニーズや新しさを見つけるといい。こんな時にこそ、自分にない考えを持つ人の意見が力になる。


日本人は事実を積み重ねても、「私はこうしたい」という意志を示さないことが多い。これでは相手は何も判断できない。「事実」を提示しながら、「私はこうしたい」という意志を示し、「最終的にどこに向かうか」を明確にすることが大切。


事実や数字は不動です。だから「誰とでも」共有できる。「自分」と「相手」の認識を一致させるための「土台」にできる。自分が何かを主張する場合は、その土台になる「事実」を積み上げて説明しないと、「根拠がない」と判断されてしまう。


ある仕事で、「すごく意地悪」だと評判だった人がいました。「思っていることは、何でも話してください」という姿勢で聞き続けると、言葉の端々に「責任は取りたくない」という真意が汲み取れた。そこで、「こうすれば責任は避けられます」と、様々な解決策を示しました。相手が「リスク」というデメリットを心配しているのに、こちらが「売り上げアップ」というメリットを主張しても、相手との融合点は見つけられません。


大半の人は、自分の考えを一方的に話して、「伝わった」と満足してしまう。これは致命的な誤りです。仕事はコミュニケーションをうまく取って進めることが前提なので、「一方的」になるのは避ける。自分の考えを少しずつ伝えながら、相手に意見を求めるのが基本です。


私はマーケティング畑一筋でしたが、新しい仕事の提案をするたびに、「手強い相手」が必ずといっていいほど現れました(笑)。「前例がない」「社内のどこかと競合する」ことばかりだったからです。けれども、それを避けていては、仕事にならない。発想を逆転させて、彼らと積極的に仕事をする方法を、試行錯誤の末に導き出したのです。


「役立つ人」の定義は、自分と「価値観」や「考え」が違っていること。自分の考えだけで仕事を進めていると、何事もマンネリ化しやすい。そこで彼らの視点を加える。自分1人では考えつかない「発想」や「アイデア」を活用するのです。


仕事で重視しているのは、自分の仕事に関わる人たちと「どれだけうまくつき合うか」ということ。特に「自分と性格が合わなそうな手強い人」とでも、どれだけ仕事ができるかどうかで成果が変わる。


土合朋宏の経歴・略歴

土合朋宏、どあい・ともひろ。日本の経営者、マーケッター。「20世紀フォックス ホームエンターテイメント ジャパン」社長。東京都出身。一橋大学大学院商学研究科修了後、米大手コンサルティングファーム、日本コカ・コーラなどを経て20世紀フォックス ホームエンターテイメント ジャパンに入社。マーケティング本部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

郡信一郎

デルモデルの本質は、ビジネスの中心にお客様を位置づけることにあるのです。お客様を中心に置くとは、すなわちお客様の声を直接聞き続けることです。お聞きした以上、必ずご要望には応え続けなければなりません。


カルロス・ゴーン

改革を実行したのは私ではなく、従業員たちです。私はテコであり、触媒にすぎません。


信太明

私の場合、最も集中でき、頭が冴える午前中を、主に経営課題をじっくり考える時間にあてています。


清水信次

うちは貧しかった。だから、両親から教えられなくとも、真面目に働くというのは当たり前のことでした。


山口勉(経営者)

どうするべきか悩んだ結果、私は粗利率を上げるという答えを見つけました。売り上げが減少しても、その分粗利率を上げれば、同じだけの利益を確保することができます。


佐藤達郎

働いて、人に認めてもらい、尊敬されるのは、人間にとって大切。会社でそれらを実現できないとツラくなります。それでもガマンして会社にしがみつくのか。納得できないなら、アクションを起こすべきでしょう。


井村裕夫

企業は利益を上げなければなりませんが、医学や医療の関連で忘れてならないのは、その人が健康になることで得られる社会的利益です。健康や医療に関連する産業の目標は、企業的利益と社会的利益を両立させることです。


江上治

稼ぐ人も、稼げない人も、社会人になったばかりのころは同じスタートラインに立ちます。誰も初めから自分が何に向いているのか、自分の強みが何なのかを自覚しているわけではありません。一人前にできることなど何ひとつない状態ですから、会社から与えられる仕事を愚直にやり続けるしかありません。ところが、コツコツとやり続けていくと、いずれブレイクスルーする瞬間が訪れます。仕事に関する知識や経験が積み重なるにつれ、仕事の勘所や面白さに気づいて、自分なりに工夫できるようになります。周りから実績を評価されることで、自信にもつながります。


古森重隆

日本は依然として世界第3位という経済大国の一角を占めているが、決して盤石の強さを誇っているわけではない。国民がチャレンジ精神を忘れ、もうこの程度でいいと油断していたら、あっという間に他の国に追い抜かれてしまうだろう。


尾堂真一

スピード感を持って新分野にチャレンジしていくことが大事。


遠藤結蔵

危機をどう乗り切るのかを具体的に考えつつ危機を受け止めることができる「健全な危機感」を持つことが大切。たとえば単純に「火事だ、危ない!」と言っていても何の解決にもなりません。だから、例えば今どのぐらいの火事が起こっていて、火元はどこで、消火に必要な水はどこから引いてきたらいいのか。消防車を呼ぶ必要はあるのか。あるいは自主消火をやめて部下たちを避難させたほうがいいのか、という意思決定を、現場のリーダーや管理職は迅速に正しく行なっていく必要があります。


松本晃(経営者)

経営は必ずしも難しいことをやっているわけではない。基本ができていれば、どんなことでも対応できる。