名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

土倉庄三郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

土倉庄三郎のプロフィール

土倉庄三郎、どくら・しょうざぶろう。明治時代に活躍した林業家。大和国(のちの奈良県)出身。父の林業を継ぎ、吉野杉で知られる吉野の林業を牽引。吉野川河川改修で材木運搬の効率化、山林地主たちによる道路建設費用共同出資、効率的な植林技術研究など新しいことに取り組み吉野の造林業を改革。のちに「日本の造林王」と呼ばれた。吉野鉄道の設立にも携わった。

土倉庄三郎の名言 一覧

勤倹質素を旨とし、徳を積んで他の者を感化せよ。


儲けた金の三分は人に儲けさせよ。


慎み深く、へりくだらなければならない。主人は一家の模範であるから、ほかの者よりもより多く勤労せよ。


財産の三分の一は国のため、三分の一は教育のため、三分の一は自分の仕事のために使う。


土倉庄三郎の経歴・略歴

土倉庄三郎、どくら・しょうざぶろう。明治時代に活躍した林業家。大和国(のちの奈良県)出身。父の林業を継ぎ、吉野杉で知られる吉野の林業を牽引。吉野川河川改修で材木運搬の効率化、山林地主たちによる道路建設費用共同出資、効率的な植林技術研究など新しいことに取り組み吉野の造林業を改革。のちに「日本の造林王」と呼ばれた。吉野鉄道の設立にも携わった。

他の記事も読んでみる

藤原理加

取材を終えても、なかなか書き始めることができなくて。おばぁたちのことをきちんと伝えなければいけない。それが。プレッシャーになっていたんです。そんなとき、ふと手に取ったのが池澤夏樹さんの小説。本当におこがましいのですが、その作品に導かれるように文体が生まれ、書き上げることができました。その出会いがなければ、まったく違う本になっていたかもしれません。

【覚え書き|『八重山おばぁのぬちぐすい』について】


中井政嗣

いま、日本から急速に「恥の文化」が失われつつある。しかし、己を育み愛してくれた土地に恥をかかせてはいけない、自分が道を誤ると、家族、友人知人、ひいては故郷に傷をつけることになると気づいたとき、人はそう簡単に道を踏みはずさない。


寺澤芳男

僕は日本語の自己責任と言う言葉は曖昧で好きではありません。日本語の自己責任は何か事が起こった場合、その責任を自分で取るという狭い意味になってしまっています。マーケットエコノミーでいう自己責任は、日本語の自己責任と言う言葉では十分に言い表せないと思います。


チャップリン

新聞売り子、印刷工、おもちゃ職人、ガラス職人、診療所の受付などなどと、あらゆる職業を転々としたが、その間もシドニィ(兄)と同様、俳優になるという最終目標だけは、一度として見失わなかった。だから、仕事の合間には、靴を磨き、服にブラシをかけ、きれいなカラーをつけて、ストランドに近いベドフォード・ストリートのブラックモア俳優周旋所へ定期的に顔を出していた。それは服がボロボロになって、とても人前には出られなくなるまで続いた。


遠藤功

単にモノを売るというより、より大きな価値を提供するためにモノを生かすと考えることが、海外で勝負するためには不可欠。


山海嘉之

社会のルールまで変わって来ていて、ベンチャー企業でも社会に対して大きな影響を及ぼすことができる。


坂口幸雄

上に立つものは見識と判断力を養い、部下に将来への確かな筋道を見せてやる。同時に下意上達、つまり部下の意見をくみ上げる気配りを欠かさないことだ。そうすれば信望は自然と集まる。【覚書き:上記はトップが部下に影響力を持つにはどうすればいいかについて聞かれた時の答え】


青野慶久

現場からの提案をベースに、「チームワーク」に好影響を与えるものであれば、基本的には採用します。チームワークを重視するのは、組織や社会の成り立ちを支えるチームが円滑に機能すると、素晴らしい成果を生み出せるからです。


木原誠太郎

「ランチのとき、すぐに注文を決められる」人は、意思決定のスピードが速く、チャンスが舞い込んできたときに、すぐに行動できる人だ。実際、成功した経営者は、席に座って3秒以内にメニューを決める人が多い。


鶴岡公二

交渉で特にポイントになるのは、相手がどこまでのカードなら切れるのかという権限の見極めだ。例えば、相手が本当はできもしないのに、こちらの要求に対して大風呂敷を広げたとき、それを真に受けて、こちらも向こうの求めるものを提示したとする。翌日、相手が「昨日はあのように話したが、上層部に掛け合ったら、やはり無理だった」といい出した場合、当然、交渉はやり直しになる。


青木豊彦

現場のリーダーとして大切なのは、嘘をつかないこと。現場に入ること。それから若いころは俺がやっているんやと言いたくなったけれど、それは人が言うてくれることであって、人から見てああよくやっているなと思われればいい。


中村崇則

たとえば、経理業務を効率化する「楽々清算」というシステムがあるのですが、利用することによって交通費や経費の申請・承認作業が電子化され、一般社員の申請作業も経理部門のチェックも大幅に削減できます。クラウド型サービスの提供によって無駄をなくし、効率化をサポートすることで企業の競争力向上に寄与したい。