名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

土倉庄三郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

土倉庄三郎のプロフィール

土倉庄三郎、どくら・しょうざぶろう。明治時代に活躍した林業家。大和国(のちの奈良県)出身。父の林業を継ぎ、吉野杉で知られる吉野の林業を牽引。吉野川河川改修で材木運搬の効率化、山林地主たちによる道路建設費用共同出資、効率的な植林技術研究など新しいことに取り組み吉野の造林業を改革。のちに「日本の造林王」と呼ばれた。吉野鉄道の設立にも携わった。

土倉庄三郎の名言 一覧

勤倹質素を旨とし、徳を積んで他の者を感化せよ。


儲けた金の三分は人に儲けさせよ。


慎み深く、へりくだらなければならない。主人は一家の模範であるから、ほかの者よりもより多く勤労せよ。


財産の三分の一は国のため、三分の一は教育のため、三分の一は自分の仕事のために使う。


土倉庄三郎の経歴・略歴

土倉庄三郎、どくら・しょうざぶろう。明治時代に活躍した林業家。大和国(のちの奈良県)出身。父の林業を継ぎ、吉野杉で知られる吉野の林業を牽引。吉野川河川改修で材木運搬の効率化、山林地主たちによる道路建設費用共同出資、効率的な植林技術研究など新しいことに取り組み吉野の造林業を改革。のちに「日本の造林王」と呼ばれた。吉野鉄道の設立にも携わった。

他の記事も読んでみる

中松義郎(ドクター中松)

がんが判明し、宣告された余命から2年が過ぎましたが、病気というマイナスをゼロに持っていくだけじゃなく、プラスに持ってきています。発明家としての考え方が、病気を治すときにも役立ったということでしょうね。


森永卓郎

小ロットでマニアをターゲットにする。これからのモノ作りは爆発的なヒットではなく、少数のファンに支えてもらうコンセプトが必要。


荻田築

私が心掛けていたことは悪い点が分かっても、決して前任者を批判したり、否定しなかったこと。「前任者のやり方が悪かったから業績が悪くなったんだ」といったことは決して口にしませんでした。その支店にもともといた社員からすれば、私がそんなことを言ったら自分が否定されたように捉えてしまいます。その意味では、私は我慢強い性格だったのかもしれません。タリーズも立て直しをするという意味では同じで、私のしたことも同じ。タリーズの素晴らしいところは生かし、基本理念といった思想は伊藤園の思想を伝える。事業内容が違っても、基本は人と商品。まずはやる気をしっかり出させることが大事。


オグ・マンディーノ

この人生という難しいゲームには、戦果が上がるようにプレーするためのルールがあります。しかし、それはあくまでゲームです。あまりまじめくさってやるものではないゲームであることを忘れないでください。


小西正行

夢を人に語ると叶えないと格好悪い。ノートに書いても自己満足で終わったら意味がない。


原田泳幸

少子高齢化とか健康志向とか言われるときに、あえてボリューム満点のハンバーガーをぶつける。一番の理由は単純な話で「驚かせたかった」ということです。コンシューマー(消費者)の心を引くために大事なのは、いい意味でお客さんの期待を裏切ること。驚かせることです。


風間健

揉め事の仲裁には、いわゆる人間力が問われる。両者を理詰めで説得しようとしても無理ですし、押さえつけようとすればなおさら反発する。おそらく誰にでもできるわけではないでしょう。仲裁には経験も人徳も必要です。知識として仲裁の方法を覚えるよりも、人間力という土台づくりに励むことが、他者と軋轢を生まない一番の近道。


荒川詔四

気になったことがあれば、出先でも移動中でも秘書や担当者に直接電話して確認します。メールなどでは細かい情報がそぎ落とされがちですが、直接話していると、言葉の端々からいろんなことがわかります。「あれはどう?」と質問して、相手がつっかえつっかえすれば、「何かあるな」と気づくこともできるからです。


上田準二

伊藤忠で鶏肉を扱う畜産1課課長に就任し、最初に下した号令は「営業せんでいい」です。赤字を出す課の共通点は帳簿に不適合が多いこと。買掛金、売掛金、実在庫の棚卸し……。合致しない項目が山積みでした。まず帳簿の不適合を3か月以内に半減、半年で全部なくせと命じました。後ろ向きな仕事はみんな嫌ですが、いくら商売しても足元を整理せずに最後の実入りがわかるはずがない。


ウィリアム・エックハート

トレード額の二%以上をリスクにさらしてはいけないと思うんだ。もちろん、最初に想定していた損切り値を超えてマーケットが窓を開けて始まれば、二%なんて言っていられないけどね


佐藤有美(経営者)

一度できあがったものを変えるのは大変。長年にわたり染みついた慣行を変えるとなると大きな抵抗力が働く。


川邊健太郎

「どうすれば評価され、賃金が上がるのか」が社員にも分かるように、人事評価の基準を明確にしました。評価項目にはもちろん、スピードが含まれます。仕事が丁寧でもスピードが遅いと高い評価は得られません。