土倉庄三郎の名言

土倉庄三郎のプロフィール

土倉庄三郎、どくら・しょうざぶろう。明治時代に活躍した林業家。大和国(のちの奈良県)出身。父の林業を継ぎ、吉野杉で知られる吉野の林業を牽引。吉野川河川改修で材木運搬の効率化、山林地主たちによる道路建設費用共同出資、効率的な植林技術研究など新しいことに取り組み吉野の造林業を改革。のちに「日本の造林王」と呼ばれた。吉野鉄道の設立にも携わった。

土倉庄三郎の名言 一覧

勤倹質素を旨とし、徳を積んで他の者を感化せよ。


儲けた金の三分は人に儲けさせよ。


慎み深く、へりくだらなければならない。主人は一家の模範であるから、ほかの者よりもより多く勤労せよ。


財産の三分の一は国のため、三分の一は教育のため、三分の一は自分の仕事のために使う。


土倉庄三郎の経歴・略歴

土倉庄三郎、どくら・しょうざぶろう。明治時代に活躍した林業家。大和国(のちの奈良県)出身。父の林業を継ぎ、吉野杉で知られる吉野の林業を牽引。吉野川河川改修で材木運搬の効率化、山林地主たちによる道路建設費用共同出資、効率的な植林技術研究など新しいことに取り組み吉野の造林業を改革。のちに「日本の造林王」と呼ばれた。吉野鉄道の設立にも携わった。

他の記事も読んでみる

松井賚夫

嫌なことがあれば、それが直接不快を起こさせると長らく信じられてきました。しかし、認知療法の創始者のアーロン・ベックによれば、嫌な出来事そのものが不快な感情を起こさせるのではなく、その出来事の認知、その出来事の受け取り方が不快感情を起こさせるのです。従って、深い感情を解消するには、嫌な出来事に対する認知を変えればよいのです。


古市幸雄

追い詰められる前に自分の目を覚ますための方法として有効なのが、周りにいる「失敗してしまった人たち」を見ることです。僕が勉強し始めたのは、ダメな大人になりたくなかったからです。子供のころ、僕の周りには、自分では努力をしないくせに世の中に文句ばかり言っているダメな大人がたくさんいて、すごく嫌でした。ところが自分が社会人として働き始めて、ふっと見返してみると、自分も以前嫌いだったダメな大人と同じになっていると気づいたときに、「このまま歳をとったらヤバい。変わろう」と思ったのです。


船ヶ山哲

「知らないものに手を出す」ことこそ、起業の最大のリスク。そもそも知識や経験、実績がなければ、詐欺師を見抜くことさえできないからです。儲け話に手を出すのではなく「過去に眠るお宝」に注目する必要があるのです。そのお宝とは、「あなたがこれまでにやってきた経験」をビジネスにすることです。これまでの経験をベースにビジネスを構築していくことが、起業を成功させる「最大のヒント」なのです。


眞鍋淳(真鍋淳)

社員との対話で私が大切にしているモットーは、「部下の仕事は積極的な提案。上司の仕事は傾聴」です。私が若手研究員時代、上司が示す実験方法に異論を唱え、別の方法を提案したことがありました。その上司が私の意見に耳を傾け、議論に応じてくれたことを、今も非常に感謝しています。やがて私自身も部下を持つようになり、上司にとって聞き心地のよい提案より、耳の痛い提案ほど大事だと自分自身に言い聞かせています。


福嶋康博

事業を始めた時には必ず壁にぶつかりますが、私はそれで良いと思っています。壁にぶつかってみて初めて分かることの方が多いのです。自分が自信を持てるアイデアがあるなら、まずは実行してみて、問題が生まれた時にすぐに対処すれば良いのです。


永守重信

人の教育は「千日言行」です。同じことを繰り返し千回は言わないと、社員は育たない。


久恒啓一

かつて私は、会社まで1時間以上かかる千葉県の佐倉に引っ越しました。佐倉は始発が出る駅なので、会社までゆっくり座っていけるのです。この自由な1時間の間に、仕事の準備や読書、知研(知的生産の技術研究会)の資料の読み込みなど、様々な作業をこなすことができました。この聖なる時間があったからこそ、現在の私があるといっても過言ではありません。


塚田僚一

僕はもう折れません。「もっと頑張れたはずなのに」って思うのが一番嫌だから。稽古段階から全力投球していくつもりです。


熊谷正寿

アートも経営もシンプルがいい。オピー(英現代美術家ジュリアン・オピー)の作品はミニマリズムの極致です。このシンプルさは、すべての情報を0と1で表すインターネットの世界と相通ずるものがあります。


小阪裕司

お客さんの隠れたニーズを拾うために磨くべきスキルは「雑談力」。雑談がうまくなるには、仕事のスキルとは別に、幅広い情報量の蓄積が不可欠。シャカリキに仕事ばかりしがちですが、じつはそれは非効率。仕事以外の本を読み、人と会い、刺激を得る。いまこそ、そんな自己投資が必要なんじゃないでしょうか。


内田勝巳

立てた計画を翌期末にちゃんと達成することが大切。そのためには、計画が社長の頭の中にあるのではなく、組織に下していくことが大切。


澤田秀雄

たいていの事業は3年やれば結果が出るもの。3年やってダメなものは何年やっても同じ。


織田裕二

誰かがミスをして、その代わりに自分に大事な仕事が回ってきたとする。それ自体は、「タナボタ」でしかないけれど、どうせ「誰かの代役」と思うか、「チャンス」ととらえるかで結果も変わってくる。


今井繁之

「上司の役割は、部下に指示を出すことと、叱咤激励をすること」と思っている営業マネジャーが多いのではないだろうか。しかし、マネジャーが部下より知識や経験を持っているとは限らず、自分の経験だけをもとに的確な指示を出すには限界がある。そのうえ、個別に話を聞いてほしいという要求が強い若手の社員は、叱咤激励するだけでは動かない。


町田精孝

ブームに乗る短期的な事業ではなく、長期的な視野で事業を考えています。


ページの先頭へ