名言DB

9413 人 / 110706 名言

土井隆義の名言

twitter Facebook はてブ

土井隆義のプロフィール

土井隆義、どい・たかよし。日本の社会学者。山口県出身。大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程中退。同大学で博士号取得(人間科学)。筑波大学人文社会系教授。主な著書に『非行少年の消滅 個性神話と少年犯罪』『「個性」を煽られる子どもたち 親密圏の変容を考える』『友だち地獄 「空気を読む」世代のサバイバル』など。菊田クリミノロジー推奨賞受賞。

土井隆義の名言 一覧

ネットによって私たちは24時間フル稼働の付き合いをするようになりました。つまりリアルの人間関係のチャンネルが増えたのです。一人の時間が持てなくなったので、人間関係に疲れる人が増えているようです。


人間関係が自由化すると、人間関係を持っている人間と持っていない人間の間で格差が生まれます。ですから、一人でいると「人間関係を持てないダメなやつ」と見られるのではないかと不安を覚えるようです。


価値観が多様化している現代では、絶対的に正しいという基準がありません。だから、他人からの評価が行動の指針になってしまうのです。


いまの新入社員は、懇切丁寧に教えてくれる上司や先輩を期待しています。遠くから見守るだけではかえって不安になります。このギャップを踏まえて付き合うべきでしょう。


土井隆義の経歴・略歴

土井隆義、どい・たかよし。日本の社会学者。山口県出身。大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程中退。同大学で博士号取得(人間科学)。筑波大学人文社会系教授。主な著書に『非行少年の消滅 個性神話と少年犯罪』『「個性」を煽られる子どもたち 親密圏の変容を考える』『友だち地獄 「空気を読む」世代のサバイバル』など。菊田クリミノロジー推奨賞受賞。

他の記事も読んでみる

三森久実(三森久實)

約40年前に日本の外食産業が発展しはじめたのは、マクドナルドのようなアメリカの総合オペレーションをとりいれたことがきっかけでした。もちろん効率は良くなるのですが、やはりアメリカのシステムは洋食向きなのです。「それをそのまま和食に全て当てはめるのは難しい」ということは初めからわかっていたので、大戸屋ではアメリカ式のオペレーションを取り入れつつ新しい技術を開発し、これが結果的に他チェーンとの差別化になっています。


臼井由妃

スケジュールの主導権を仕事相手に委ねてしまうと、関連性のある仕事が週のあちこちに飛び石のように散らばります。移動の手間なども加わるため、これでは時間の密度が薄くなってしまいます。時間の手綱を自分で握らなければいけない、というのはそのためです。


岩瀬大輔

留学中に「大きく伸びるベンチャービジネスの3つの条件」を知りました。3つの条件とは「みんなが使っているものを対象とせよ(大きい市場を狙え)」「みんなが煩わしさを感じているものを対象にせよ(非効率な市場を狙え)」「技術革新や規制緩和で、そのわずらわしさを取り除く可能性のあるものを対象とせよ」というものです。生命保険はどれも当てはまりました。


名越康文

上から与えられた目標をこなすだけの人は、モチベーションというより、「評価されなかったらどうしよう」という不安で動いています。これは会社に依存した関係なので、いずれ行き詰まる恐れがあります。ただ、行き詰まったときこそ会社依存から脱却するチャンス。自分が何に価値を感じているのか、見つめ直すといいでしょう。


松野小百合

現地の人の物差しで見ないといけない。それができないのなら、そういう目で見える人たちをビジネスのメンバーに入れて、その意見をくみ取らないといけない。


上田晶平

革新的に変わることが必要。いままでと同じことをやっていてはダメ。


高橋淳(経営者)

03年には米国でBSEが発生し客足が急減。外食店舗の3分の2が赤字店になるという想定外の出来事が起きました。当時、外食事業は別会社で行っていましたが、債務超過になってしまい、翌年親会社のダイリキに吸収合併される形で何とか存続できました。そこで社長だった岳父を中心に、あらためて外食事業の在り方を議論したんです。うちの焼き肉店は本当に差別化できているのかと。あるいは母体が肉屋であることの強みを生かしているのかと。何よりお客様に本当に信頼されているのかと。その答えはすべてノーでした。


マーク・ベニオフ

世の中を良くしていくためには「平等」が非常に重要。


酒巻久

凡人の私たちが努力をしないのであれば、競争に負けて当然。


松本晃(経営者)

結論から考えることが大事。結果から考えて、それを実現させるにはどうしたらいいかを、帰納的に考える。


岡田准一

周りに応援してもらえる人は、やっぱり強い。周りから信頼を得るには、話を聞く姿勢が大事です。


和田裕美

人が1つになって結果を出すために必要な4つのポイント。

  1. 「志を共有する」。活動の目的を明確にし、全員で理解すること。
  2. 「同じ目標に向かう」。明確な数字や結果を追いかけること。
  3. 「役割分担」。各自の得意分野や好みに合った仕事を担当した方がいい。
  4. 「自由がある」。本人が気持ちよく、自分の意思で参加することが、チームがまとまるための最も重要なポイント。

朝倉千恵子

以前の私は八方美人でした。当時は、どんな方でも大事にしなければいけないという意識が強かったのだと思います。いやむしろ、決められない、ノーと言えない、誰かに結論を出してもらいたい、そういう依存心が私を八方美人にし、流される人生にして、自分自身を苦しめていたように思います。自分に起こることはすべて自己責任、というふうに自立できて、ようやく八方美人が直りました。


山田義仁

営業の課題は営業だけでは解決できない。開発や生産が一緒になって協力してくれないと解決できない。逆もまた真。


新将命

私はよく講演で「あなたがいまのままでいたら、3年以内に使い物にならなくなりますよ」と話しています。自分が変化し成長を続けないと、市場価値が摩耗して、長いビジネス人生を完走するのは難しいでしょう。