名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

土井隆義の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

土井隆義のプロフィール

土井隆義、どい・たかよし。日本の社会学者。山口県出身。大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程中退。同大学で博士号取得(人間科学)。筑波大学人文社会系教授。主な著書に『非行少年の消滅 個性神話と少年犯罪』『「個性」を煽られる子どもたち 親密圏の変容を考える』『友だち地獄 「空気を読む」世代のサバイバル』など。菊田クリミノロジー推奨賞受賞。

土井隆義の名言 一覧

ネットによって私たちは24時間フル稼働の付き合いをするようになりました。つまりリアルの人間関係のチャンネルが増えたのです。一人の時間が持てなくなったので、人間関係に疲れる人が増えているようです。


人間関係が自由化すると、人間関係を持っている人間と持っていない人間の間で格差が生まれます。ですから、一人でいると「人間関係を持てないダメなやつ」と見られるのではないかと不安を覚えるようです。


価値観が多様化している現代では、絶対的に正しいという基準がありません。だから、他人からの評価が行動の指針になってしまうのです。


いまの新入社員は、懇切丁寧に教えてくれる上司や先輩を期待しています。遠くから見守るだけではかえって不安になります。このギャップを踏まえて付き合うべきでしょう。


土井隆義の経歴・略歴

土井隆義、どい・たかよし。日本の社会学者。山口県出身。大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程中退。同大学で博士号取得(人間科学)。筑波大学人文社会系教授。主な著書に『非行少年の消滅 個性神話と少年犯罪』『「個性」を煽られる子どもたち 親密圏の変容を考える』『友だち地獄 「空気を読む」世代のサバイバル』など。菊田クリミノロジー推奨賞受賞。

他の記事も読んでみる

太田光

僕は面白い時代に生まれたと思いますよ。面白がっちゃいけないけれど、混沌としているじゃないですか、すべてが。一歩間違えば破滅だけど、逆に何かのちょっとしたきっかけでいい方向に行く可能性もある。そうすれば、まったく新しい価値観を持った理想的な社会になるかもしれない。現代って、そんなどっちに転ぶかまったくわからない状況にあると思うんです。


宗次徳二

経営とは、継続して栄えること、つまり「継栄」。そのために、社長は全身全霊でみずからの人生をかけて経営をすべき。


東英弥

今は組織を取り巻く情報環境が複雑化しています。現状を冷静に分析し、様々な物事や多様な価値観を踏まえ、「社会情報」が入り組んだ状況を整理し、分析・論究を行うことが広報においても喫緊の課題です。


中川路亜紀

メールを使うべきではない場面もあります。とくに相手に損害を与えるようなトラブルが発生した際は、まず電話で第一報を伝えるのがマナー。どんなに丁寧に書いても「そんな大事なことは、直接伝えるべきだろう」と不快に感じる人が多いものです。コミュニケーションツールが多様化したからこそ、その特性に合わせて上手に使い分けることも、これからの時代に求められるスキルと言えるでしょう。


河辺よしろう

独立を目指す場合、誰しも「こうなりたい」という願望や熱意があるはずです。そこをはっきりさせてから、「何のためにその商売をするのか」という目的を考え、「いつまでに何を達成すれば、その目的に近づけるのか」という目標を据えていくのです。


川野幸夫

危ないのは経営者や企業の力が強大になり、それが長く続くと、周りがものを言ってくれなくなることだ。唐の皇帝、太宗は「諫議大夫(かんぎたいふ)」という役割の者を周りに置いて自らを批判させたことで、名君になったそうだ。耳の痛いことを諫言してくれる人がいないと道を誤る。上に立つ人は、下の人がしっかりと意見を言えるような社風や雰囲気をつくっていかないとだめなのだ。


秦建日子

1冊の本を読むには、かなりの時間がかかります。読者からそれだけの労力を頂いている以上、何らかのポジティブなものを残すのは書き手の義務だと思っています。


辻野晃一郎

もし、自分の仕事を嫌だと感じているなら、それを好きな仕事に転換できるか考えてみるのも一考です。私の場合、社会人になってからこれまで、与えられた仕事は文句をいわずに一生懸命取り組むことで、不本意な仕事も楽しい仕事に変えてきました。


村上太一

ポイントは「目標」と考えるのではなく、「12月にはこの状態になっている」と思い込むこと。この両者は似ているようで全然違います。「目標」と考えると「達成できないかも」という意識が生まれがちです。これが達成の邪魔になると思うのです。しかし、達成したと思えば、そんなことはなくなります。


樋口武男

成功する人の12カ条

  1. 人間的成長を求め続ける。
  2. 自信と誇りを持つ。
  3. 常に明確な目標を志向する。
  4. 他人の幸福に役立ちたい。
  5. 良い自己訓練を習慣化する。
  6. 失敗も成功につながる。
  7. いまここに100%全力投球する。
  8. 自己投資を続ける。
  9. 何事も信じ行動する。
  10. 時間を有効に活用する。
  11. できる方法を考える。
  12. 可能性に挑戦し続ける。

二宮雅也

強い会社になるために最善・最短の道を目指そうと考えを変えた。情報システムも2社の融合ではなく、損保ジャパンのものを使うことにしました。また、合併で組織が肥大化する愚だけは避けようと思い、本部長から課長まで各階層を完全に一本化しました。


加谷珪一

歴史を踏まえてシナリオを立てると、打ち手はほとんど決まってくるものです。その多くがごく「当たり前」の選択であり、特に心が躍るものではありませんしかし、そのとき「でも」とか「そうはいっても」とか言わず、実行した人が成功する。要するに「やる」か「やらない」か。究極、成功する人としない人の違いは、そこだけだと思います。