土井隆義の名言

土井隆義のプロフィール

土井隆義、どい・たかよし。日本の社会学者。山口県出身。大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程中退。同大学で博士号取得(人間科学)。筑波大学人文社会系教授。主な著書に『非行少年の消滅 個性神話と少年犯罪』『「個性」を煽られる子どもたち 親密圏の変容を考える』『友だち地獄 「空気を読む」世代のサバイバル』など。菊田クリミノロジー推奨賞受賞。

土井隆義の名言 一覧

ネットによって私たちは24時間フル稼働の付き合いをするようになりました。つまりリアルの人間関係のチャンネルが増えたのです。一人の時間が持てなくなったので、人間関係に疲れる人が増えているようです。


人間関係が自由化すると、人間関係を持っている人間と持っていない人間の間で格差が生まれます。ですから、一人でいると「人間関係を持てないダメなやつ」と見られるのではないかと不安を覚えるようです。


価値観が多様化している現代では、絶対的に正しいという基準がありません。だから、他人からの評価が行動の指針になってしまうのです。


いまの新入社員は、懇切丁寧に教えてくれる上司や先輩を期待しています。遠くから見守るだけではかえって不安になります。このギャップを踏まえて付き合うべきでしょう。


土井隆義の経歴・略歴

土井隆義、どい・たかよし。日本の社会学者。山口県出身。大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程中退。同大学で博士号取得(人間科学)。筑波大学人文社会系教授。主な著書に『非行少年の消滅 個性神話と少年犯罪』『「個性」を煽られる子どもたち 親密圏の変容を考える』『友だち地獄 「空気を読む」世代のサバイバル』など。菊田クリミノロジー推奨賞受賞。

他の記事も読んでみる

藤井孝一

できるだけアポイントは生産性が下がる午後に回しましょう。今日やるべきことを午前中に終わらせてから人に会えば、話が長引いても支障を来すことはありません。


後田良輔

やる気が見えないなど、部下の態度について注意する際、原因へのアプローチが必要です。ただし、この場合は、男性か女性かによって方法を変えると良いでしょう。男性なら、「職場に問題を感じているのか?」などとロジカルに問う。女性なら、「体調が悪いの?」などといたわりを見せるとスムーズに話してもらえるケースが多くなります。


堺屋太一

80年代に日本が築き上げた「完璧な近代工業社会」とはどんな仕組みだったのか。そこには「官僚主導業界協調体制」「日本式経営」そして「核家族職縁社会」という「工業社会のトライアングル」ができていた。


伊藤正裕(起業家)

たとえ、話し方が上手くなくても「いま自分の勧めている商品はきっとお客様のためになる」と本気で信じていれば、その思いは必ず相手に伝わります。そして、その思いこそが、プレゼンテーションの最大の武器になります。


山極寿一(山極壽一)

一緒にいる仲間は自分の利益を高めてくれる人だ、という志向性が強まっています。そうでない人は「敵」と見なすわけで、その結果、社会が閉鎖的になっていく。それはサル社会に似ています。例えば食物があってサルが集まると、強い者がいると分かった瞬間、弱い者は諦めてその場を離れて違う食物を探します。ほかのサルも強い者に加勢し、負けた者はとっとと引き下がるからトラブルが起きない。非常にうまくできている。効率を求めた資本主義社会も同じで、こうしたルールで動いていくと格差が拡大していく。


本田宗一郎

いや、いいんだよ、その油まみれの手がいいんだ。俺は油の匂いが大好きなんだよ。
【覚え書き|本田氏がある社員と握手をするために手を差し出した。その社員は握手をためらった。自分の手が仕事で油まみれなので本田氏の手を汚してしまうと思ったからだった。上記はその社員への言葉】


村上憲郎

グーグルで「サービスを無料で提供する」というルールを決めているのは、もちろんユーザーのためですが、それはサービスを開発するとき、課金のしやすさを優先して、完成度が低くなるのを防ぐためです。収支を考えなくてよくすれば、社員は思いきりサービスを作り込むことができる。


和田一浩

「よし、いける」と思って入ることのできるシーズンはありませんね。言わば、1年中不安と隣り合わせなわけです。でも、僕はこれが大事だと思っています。なぜなら、不安になるのは、今よりうまくなりたいという向上心があるからだと思うんです。


平本あきお

仕事は「重要度」と「緊急度」で分類しなさいとよくいわれます。そこでのポイントは「重要ではないが緊急の仕事」の扱いです。これは多くの場合、部下や後輩に任せられる仕事だからです。簡単な資料整理やコピー取りなどが該当します。これを優先的に他人に任せることで、自分が本来時間をかけて取り組むべき「重要だが緊急ではない仕事」に注力できます。


坂根正弘

いま盛んに観光と言っていますが、公共交通機関の利用者数は市に知らされていません。空き家率もそう。多くの大事なデータが国や県のほうは把握できるのだけれど、そのデータが市のほうに自動的に入る仕組みになっていないそうです。これでは観光やまちづくりの知恵も出てこないし、みんなで競争して汗を流そうという気持ちも湧いてこない。地方はまずそこから始めないとダメですね。


野村克也

「お前を絶対に信じている。任せたぞ」と伝えることで、選手に責任感と覚悟が芽生える。


松本大

そこまでして創ったから大切なのではなくて、マネックスで頑張れば自分の人生がちゃんと充足できるように創ったから、僕はマネックスという会社が 大切なんです。要は僕が持っている、ビジネスマンとしてのものとか、一市民としての思いとか、ミッション、使命感とか、いろんなものがあるじゃないです か。それを全部まとめてマネックスに表現したつもりなんです。プライベートでも、あるいは市民としても、あるいは経営者としても、ビジネスマンとしても、 一市民としても、個人としても、マネックスにすべてエネルギーを費やすことで、たとえ1日20時間働こうが、何しようが、満足できるように、会社をデザイ ンしたんです。だから、大切というか、もう、マネックスが「僕」なんです。


松本淳志

エンジニア自身が作ったものが誰のためにもならなければ、単なる自己満足。自分が作ったシステムが動いた瞬間は確かに嬉しいものですが、本当の喜びはそれを使った人が価値を感じ、「ありがとう」と言ってくれた時。


迫本淳一

演劇や映画というボラティリティの高い事業を支えるためにも、安定収益源として歌舞伎座にオフィスビルを作るなど、不動産収益でその原資を確保する体制にしています。その上で、非常に優秀な人が育ってきてくれたということだと思います。


西村英俊

社長の心得に平時と非常時の違いはないのです。だって、会社はそれがどんなに立派な会社であっても、毎日毎日、刻一刻とつぶれているのですから。社長にとって潰れる会社を崩壊から救うのは日常のこと、365日やっていることなのです。そういう意味では常在戦場、毎日が非常時と言ってよろしいでしょう。


ページの先頭へ