名言DB

9412 人 / 110637 名言

土井定包の名言

twitter Facebook はてブ

土井定包のプロフィール

土井定包、どい・さだかね。日本の経営者。大和証券社長・会長。佐賀県出身。長崎経済専門学校(のちの長崎大学経済学部)卒業後、大和証券に入社。社長・会長を務めた。そのほか、日本証券業協会会長などを務めた。

土井定包の名言 一覧

幹部にとって必要なのは、単に能力だけでなく、部下から信頼されること。部下に信頼のない幹部は幹部として失格。ではどうすれば信頼が得られるのか。常に部下が働きやすいよう心がけることです。


土井定包の経歴・略歴

土井定包、どい・さだかね。日本の経営者。大和証券社長・会長。佐賀県出身。長崎経済専門学校(のちの長崎大学経済学部)卒業後、大和証券に入社。社長・会長を務めた。そのほか、日本証券業協会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

神永正博

現在は「平均」を見るより、市場の混乱に乗じて、いかに利益を生むかの方に研究の対象が移っています。高度成長期など上昇相場では「平均」に長期投資しても儲けを出せます。しかし、今のように下落や低迷が続くときは長期で平均に投資するより、統計でいう「分散」、平均との差にどれだけバラツキがあるのかに着目する方が、儲けを出せます。もちろんその一方で損する可能性も大きくなるのですが。


出口治明

ある会社の大経営者は、「ストレス解消のために宇宙の本を読む」とおっしゃっていました。138億年の物語を読んでいると、自分が直面している問題などたいしたことはないと、気持ちを切り替えられるのだそうです。


熊切直美

アパートやマンションの建設から入居者の斡旗、管理・運営まで、一貫したサービスが当社の強み。30年一括借上や長期修繕負担など、潜在的なニーズをくみ取った高度なサービスも、評価をいただいています。事実、新規受注する案件の半数以上が、過去にお取引いただいたオーナー様。リピートオーダー率52.3%という数字が、厚い信頼関係の一端を表していると思っています。長いお付き合いの中で2棟目、3棟目とご依頼をいただく。これは日頃からオーナー様のご相談に対して、資金や税務などを含め、専門スタッフが全力でお応えしている結果にほかなりません。


小山昇

いくら考えても、勉強しても会社は変わらない。実行しないとダメ。


小林喜光

いまは、グループの総勢3万900人に向けてイントラネットで月数回、文章を載せています。そのときも、「あなたたちはこの会社で何のために働いているのか」「この会社に何のために存在しているのか」をどう問いかければいいかに腐心しています。いまのような厳しい時代ならなおのこと、魂の入ったキャッチコピーを頭の中でつくる技術が必要です。


岩田松雄

経営には、理屈だけではなく、人の気持ちを知ることが大切だ。


細谷功

会議がむやみに長引くのを防ぐには、開始時に終了時間を決めておき、それまでにざっくりとしたものでもいいので一度、結論を出してしまうことです。完ぺきな結論が出るまでは終えたくない気持ちはわかりますが、2時間の会議を3時間に延ばそうとしたところで85点が87点になる程度のことです。


盛田昭夫

自由経済は、競争を前提とした社会機構である。競争が前提となる以上、やはり勝たねばならない。勝たなければ敗北者になるだけである。とすれば、経営者たるものは、自分の経営体を率いて競争に勝つということが使命であり、それ以外のなにものでもない。


太田垣士郎

経営者が十割の自信をもって取りかかる事業、そんなものは仕事のうちには入らない。七割成功の見通しがあったら勇断をもって実行する。それでなければ本当の事業はやれるもんじゃない。


松井秀喜

最終的には個人の能力だと思います。本人だどう感じ、どう工夫していくかという。日本にも、メジャーにも、いろんな教え方がありますが、自分のものにしていくやり方はそれぞれ違います。ハッキリ言って、合う合わないも含め、選手の能力なんです。結果が出る選手は、合うといわれる。反対に、力を出せない選手は合わないということになる。すべてが選手の能力なんです。


山口周

目新しいものばかり追いかけると、どうなるのか。歴史上、新しもの好きの一人として知られているのが坂本龍馬。事の真偽はともかく、エピソードとしてよく語られる話がある。北辰一刀流の剣の使い手だった龍馬が、友人に「これからはこれだよ」と懐から拳銃を出した。後日、「俺も拳銃を買った」と言う友人に、「いや、もう拳銃は古い」と『万国公法』の一冊を見せた。それほど時代の最先端を追い求めたのに、龍馬は次の時代へ行けなかった。生きて明治期を迎えたのは、山縣有朋や伊藤博文である。戦国期の織田信長も新しもの好きだったが、次の時代へ行けたのは徳川家康だ。


深沢真太郎

上司が求めているデータを事前に調べ、プレゼンすればいい。反対に、用意したデータがどんなにいいものでも求めているデータと違えば通るものも通りません。今度のプレゼンで大切なのは売上か、シェアか、利益率なのか、上司の口ぶりから、上司が求めているデータ(数字)を探して、企画書に落としこめばいいのです。


安西祐一郎

世界はグローバル化というより、「多極化」の方向に進んでいます。日本のこれからの経済的・外交的・政治的な発言力と立場をしっかり持っていくためには、教育や科学技術という足腰のところから本当に一新していかないと大変なことになる。


小飼弾

ブログで何から書き始めていいのかわからなければ、相手の言ったことに対してツッコミを入れてみてはどうでしょうか。自分からアクティブに発信するのではなく、リアクティブ型なら、語る相手も明確になるし、あまり構えることもなく書きはじめられるはずです。


加納裕三

ベンチャーはお金も人もないところからスタートする。大事なのは情熱。