名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

土井定包の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

土井定包のプロフィール

土井定包、どい・さだかね。日本の経営者。大和証券社長・会長。佐賀県出身。長崎経済専門学校(のちの長崎大学経済学部)卒業後、大和証券に入社。社長・会長を務めた。そのほか、日本証券業協会会長などを務めた。

土井定包の名言 一覧

幹部にとって必要なのは、単に能力だけでなく、部下から信頼されること。部下に信頼のない幹部は幹部として失格。ではどうすれば信頼が得られるのか。常に部下が働きやすいよう心がけることです。


土井定包の経歴・略歴

土井定包、どい・さだかね。日本の経営者。大和証券社長・会長。佐賀県出身。長崎経済専門学校(のちの長崎大学経済学部)卒業後、大和証券に入社。社長・会長を務めた。そのほか、日本証券業協会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

熊本浩明

欧米企業は一定程度はローカルに任せつつも、つぶさにモニタリングし、必要な情報を収集して意思決定していく。日系企業に比べると、その辺りのバランスの取り方がうまいように感じます。日系企業によくあるのは、経営層が何度も現地入りするなど、必要以上に深く入り込み過ぎてしまう。あるいは、ほとんどローカルに丸投げしてしまう。両極端なのです。


桜井一紀

ティーチングやアドバイスが有効に働く場面もあります。端的に答えを伝えたほうが、短期的にはスピードは速くなります。しかし、答えを自分のものにしていないため、部下の「指示待ち」をつくってしまい、長期的にはイノベーションや効率化を妨げます。


藤田晋

先日、「過去に機能していたけれど現在は必要なくなったもの」「決めた時はいいと思ったけれど、さほど効果がなかった制度」などを整理する「捨てる会議」を実施しました。


田母神俊雄

自衛隊では、「私心をなくせ」とよく教えられるのですが、それはなかなか難しい。私も入隊したてのころは、私心を捨てることができないと真剣に悩んだものです。30代半ばに、私心を捨てるのは無理だと悟りました。そうではなく、自ら私心を認めたうえで、少しでも多くの国家・国民のことを考えようと発想を変えたのです。


葉田順治

キーワードは「業際の展開」。既存事業の「際」を徐々に広げ、しゃくとり虫のように会社を成長させる。


谷原誠

相手が答えやすいようにするためには、ストレートすぎる質問を避けることも重要。関係がうまくいかない同僚には「なんか避けてない?」とストレートに聞くより、「チームのみんなとうまくやっていきたいんだけど、どうしたらいいのか、アドバイスをしてほしい」と質問するほうがいいでしょう。


三品和広

経営の変革は体力・精神力共に寿命を縮めながらやる覚悟が必要。それを成し遂げた後に果実を得られる期間が長い方がモチベーションが上がる。米国では変革が必要な時は40代の経営者を選ぶことが多い。


渋沢健(渋澤健)

普段から投資のアンテナを張っていることも重要です。昨年マーケットで、あるゲームメーカーが脚光を浴びました。それより前からうちの息子がゲームに夢中になっていたので、子供の間でブームになっていたのは知っていました。父親としては教育上よろしくないなと思っていたのですが(笑)。こうしたアンテナを張るなど、自分なりの工夫を凝らせば個人投資家でもある程度の目利きは可能といえます。


長谷川健太

選手やコーチなどのスタッフとコミュニケーションを取ることが、たいへん重要だと考えています。練習場で指導するだけでなく、それ以外の場面でも会話を重ねることで、こちらの考えがよく伝わりますし、相手が考えていることも分かり、理解し合えるようになるのです。


岡本圀衞

社長をやっていると、いろいろな職員と付き合うでしょう。その土地土地に根ざした話をすることで、職員との距離を縮められますよ。


矢野博丈

お客さんの買い物スタイルが変わったら、当然、それに合わせて店づくりも工夫する必要があります。安ければそれだけで商品を買ってもらえる時期は過ぎました。安さが当たり前になれば、お客さんの要求はもっと高くなります。


城繁幸

仕事に生かせる要素があるならば、臆することなく「閥」の中に食い込み、コミュニケーションを図ればいい。学閥の本質的な機能は互助。何かの時にサポートを受けられる可能性が高まります。