名言DB

9425 人 / 110833 名言

土井好広の名言

twitter Facebook はてブ

土井好広のプロフィール

土井好広、どい・よしひろ。日本の経営者。「ヤマハミュージックジャパン」社長。大学卒業後、ヤマハに入社。ヤマハカナダミュージック社長、ヤマハアメリカ社長、ヤマハ執行役員、国内営業本部長などを経てヤマハミュージックジャパン社長に就任。

土井好広の名言 一覧

成熟した国内市場にあって、従来のやり方では通じない。


アクティブシニアをターゲットに、「音楽を習おう」ではなく、「楽しもう」「音楽で交流しよう」という、音楽との新しい関わり方を提案しています。この世代は時間的にも経済的にも余裕があり、楽器に親しんできた人も多い。その気になれば、気軽に子や孫と3代で一緒に演奏を楽しむことだってできます。それがきっかけとなって、自身や孫に新しい楽器を買う人も増えるでしょう。シニアが音楽に親しむ機会と場所を提供すれば、これまでとは違う、大きな市場が開拓されると考えています。


「モノとコト」の両輪で新しいビジネスモデルを構築し、市場の活性化を図ります。ヤマハはもとから、楽器という「モノ」と子ども向けの音楽教室事業という「コト」で事業を行ってきました。今後人口の増える大人、特にシニアに対して、「モノとコト」の新しい形を提供します。


お客様にとっても社会にとっても、社員にとってもフレンドリーなカンパニーであること。それが長く事業を続けるためのあるべき姿だと思います。


家庭内だけでなく、企業内、地域、コミュニティーなどの交流にも、音楽は貢献できます。それぞれに適した提案をすることがカギになってくるでしょう。


「音楽の街づくりプロジェクト(略称おとまち)」を始めました。これは音楽を活用し、地域のコミュニティーづくりを支援する、いわばコンサルティング事業です。地域活性化の拠点となる施設の立ち上げ、その活用法などに関する相談に対し、例えばコミュニティーバンドの養成やイベント企画提案などを行います。イベント終了後も継続的に地域の人々が関わり合えるように運営ノウハウも提供しています。既に全国十数カ所で展開し、現在は行政やデベロッパー、大手流通などから相談を受けています。ショッピングモールに、音楽を使って地域の人が主体的に集まる仕掛けをつくりたい、音楽を軸に居住者同士が交流しやすいマンションをつくりたい、など。音楽を活用すれば、これまでとは違った付加価値を創出することが可能なのです。


土井好広の経歴・略歴

土井好広、どい・よしひろ。日本の経営者。「ヤマハミュージックジャパン」社長。大学卒業後、ヤマハに入社。ヤマハカナダミュージック社長、ヤマハアメリカ社長、ヤマハ執行役員、国内営業本部長などを経てヤマハミュージックジャパン社長に就任。

他の記事も読んでみる

ジェームズ・ディーン

永遠の命と思って夢を持ち、今日限りの命と思って生きるんだ。


ジョン・ハム(経営者)

自分に誠実であることが大切です。自分に対しての誠実さが欠けていると長期的につじつまが合わなくなります。


足利政春

安心・安全でおいしい商品をつくれば、お客様から喜ばれ、「あの会社は絶対に必要だ」と思っていただける。その結果として利益という報酬を頂戴できるのです。「利が先」と考えると、経営がおかしくなります。


中野憲太

毎日が仕事であり、休日です。その差はありません。仕事と思って仕事をしたことも、遊びと思って遊んだこともありません。仕事の中に遊びがあり、遊びの中に仕事があります。毎日が休日です。


鈴木敏文

セブンイレブン第1号店のオープン時に思ったのは、便利な店というからには、どんな商品構成が良いのだろうかと。だから、当時は生鮮食品やおにぎりや弁当など一切なくて、最初に集めたのは加工食品。あとは鍋や釜などの雑貨関係の商品を取り揃えました。一番初めのお客様が買ってくれた商品はサングラスでした(笑)。便利の内容も時代や社会の変化とともに変わっていかなくてはいけません。だから、今と40年前とでは商品構成がまるで違うのも当然なんです。


山本昌(山本昌広)

挑戦の途中には、何度も迷いが生まれると思いますが、それらを少しでも減らしてくれるのは、やはり自分の決心と決断を信じること。


澤口俊之

いま、すべきことは何か。成し遂げたい目標がはっきり見えれば、余分なことを遮断し、しなくてはいけないことに集中できる。


原晋

勝つためには泥くさいことを積み重ねていかなければならない。


紺野登

顧客にとって本当に良いものを作るために、いろいろな可能性を早く試すことを優先すべきだ。


小泉光臣

海外も含め、たくさんの工場がありますから、一カ所にせいぜい年に2回も行ければ御の字です。でもまったく見てない場合と1回でも2回でも見た場合とでは、大きな差があります。1回訪ねたくらいで偉そうにと思われるかもしれませんが、「それでも俺は見たいんだ」と正直に社員に宣言しています。