名言DB

9429 人 / 110879 名言

園田崇の名言

twitter Facebook はてブ

園田崇のプロフィール

園田崇、そのだ・たかし。日本の経営者。「ウフル」社長。鹿児島県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、電通に入社。南カリフォルニア大学でMBAを取得。モルガン・スタンレー証券、日興シティグループ証券、ライブドア執行役員副社長兼メディア事業戦略室長などを経てウフルを設立。

園田崇の名言 一覧

小さな製造業の会社でも、世界的にトップレベルのテクノロジーを持っている会社がたくさんあります。それらのテクノロジーの情報を、自由に組み合わせることができる環境が日本には整っています。あとはどう組み合わせをしていくかだけなのです。


大企業の方とベンチャーの人たちがもっと、ひざを突きつけあった交流をしたほうがいい。大企業とベンチャーの技術を組み合わせたら、最強の技術が生まれる可能性が日本にはまだある。


園田崇の経歴・略歴

園田崇、そのだ・たかし。日本の経営者。「ウフル」社長。鹿児島県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、電通に入社。南カリフォルニア大学でMBAを取得。モルガン・スタンレー証券、日興シティグループ証券、ライブドア執行役員副社長兼メディア事業戦略室長などを経てウフルを設立。

他の記事も読んでみる

三宅秀道

中小企業を研究してきてわかったことは、製品としても生産技術としても抜きんでたところはないが、その製品によって、以前は需要さえなかったところで需要が作られ、そのマーケットでトップを占めるようになるというような、技術の優位性では説明がつかない成功例が結構あることだ。これは、従来の経営学が教える企業の勝ち方のロジックにそぐわない事例だが、いまはそれも「王道の勝ちパターン」の一つとして分析できる。


桜井博志

日本酒が売れなくなったのは、日本酒に求める機能が変わっていたにもかかわらず、酒蔵がそれに対応してこなかったからです。私はある先輩からこんなことを言われました。「昔は花見のとき、みんな酒を飲んで動けんようになって、辺りに転がっていた。最近は素面で帰る。日本酒が売れないのは当たり前だ」と。


安藤正弘

「地域ナンバーワン」の店舗づくりを目指しています。そうすることで、仮に今後住宅産業に逆風が吹いたとしても、ナンバーワンであればお客様に来ていただけます。その地位を確立することは重要です。


齋藤孝(教育学者)

相手が言ったことに対するコメントがうまくできないという人は、相手の話に出てきた単語を繰り返すことから始めるといいでしょう。たとえば、相手が「うちの子どもは時間の使い方か下手で、いつも試験前にバタバタするんですよ」と話したら「そうですよね。時間の使い方っておとなでもむずかしいですよね」といった具合です。


吉川良三

トップダウンは速く、ボトムアップは遅い、というのが一般的な理解であろう。しかし、現実は逆だった。トップダウンの場合、トップに判断を仰ぐための事前準備に時間が費やされる。資料作成のための調査、資料づくり、役員会での議論、そして決定。こんなことをしているあいだに世の中の状況が変わって、一回戦負けどころか不戦敗になってしまうことすらある。


大塚周一

このビジネスは簡単ではない。そんな簡単なビジネスだったら、何も私が飛び込んできて、「日本の産業を何とかしなければいけない」という熱い想いを持ってやることではない。


山田昇(ヤマダ電機)

創業当初、私自身営業に忙しかったため、社員教育に時間がとれなかった。しかも、有能な社員は独立してしまい、あとには未熟な社員ばかりが残った。このとき私は人材育成の大切さを痛感した。


佐藤優

対等で、自由でいられる関係。そして、互いを尊重し、互いを信じ、認め合える関係。人生においてもっとも純粋で価値のある関係が、友情だと言ってもいい。一人でもそんな友人がいるのであれば、それは自信を持っていいし、素晴らしいこと。お金や地位や名誉なんてなくとも、真の人生の勝利者だと、僕は思うのです。


渡辺喜美

なぜ官僚たちが小手先の処方箋しか出せないのか。答えは明確、「責任を問われない」からです。不況でも公務員の給料は民間ほど下がらず、クビにもならない。おまけにデフレ経済化では格差が広がる。失業者が増え、自殺者が増える。すると景気対策や自殺者対策といった官僚の仕事自体はどんどん増える。危機感を実感できないまま、抜本的な改革を施そうなんて思えませんよ。しかも、官僚任せにしていた結果、問題解決がまったくできない国になっていた、というわけです。私が自民党を飛び出したのは、こうした状況を変えるためだった。


エマニュエル・プラット

LVMHの個々のブランド価値を高めていくのが我々のミッションです。たとえば、ルイ・ヴィトンの製品は、すべて自前で育成した職人が自社工房で手作業でつくり、製品は世界各地の直営店を中心に正規店のみで販売しています。1954年の創業以来、値引きをしたことは一度もありません。また、製品のリペアサービスも充実しています。このようにこだわって作った製品の価値が将来にわたって維持できるということが、お客様の信頼につながります。