名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

園田崇の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

園田崇のプロフィール

園田崇、そのだ・たかし。日本の経営者。「ウフル」社長。鹿児島県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、電通に入社。南カリフォルニア大学でMBAを取得。モルガン・スタンレー証券、日興シティグループ証券、ライブドア執行役員副社長兼メディア事業戦略室長などを経てウフルを設立。

園田崇の名言 一覧

小さな製造業の会社でも、世界的にトップレベルのテクノロジーを持っている会社がたくさんあります。それらのテクノロジーの情報を、自由に組み合わせることができる環境が日本には整っています。あとはどう組み合わせをしていくかだけなのです。


大企業の方とベンチャーの人たちがもっと、ひざを突きつけあった交流をしたほうがいい。大企業とベンチャーの技術を組み合わせたら、最強の技術が生まれる可能性が日本にはまだある。


園田崇の経歴・略歴

園田崇、そのだ・たかし。日本の経営者。「ウフル」社長。鹿児島県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、電通に入社。南カリフォルニア大学でMBAを取得。モルガン・スタンレー証券、日興シティグループ証券、ライブドア執行役員副社長兼メディア事業戦略室長などを経てウフルを設立。

他の記事も読んでみる

村岡恵理

順風満帆の時には褒め言葉が溢れる。仕事上の利益が絡めば言葉はさらに扇情的になるものだ。しかし、評価はあくまでも今までの評価であり、甘んじて踊らされていては、先には落とし穴がある。そんな時、利害とは無関係に、透徹した心で苦言を呈してくれる友ほど得難いものはない。


堺美保

ロングセラーになる商品は必ずユニークです。


稲垣浩之

一口に土地活用といっても、手法は様々。所有する土地を売却して、別の不動産を購入したほうが有利だと考えられる場合などは、なかなか判断が難しい。そうしたとき、パートナーとなる事業者から得た客観的な情報が合理的な判断を後押ししてくれます。


中村慎市郎

伝統ある鉄鋼関連業界で、当社は昨年で創業75周年を迎えることができました。業界の中で、私は社長としては一番若く、3代目です。また、当社に戻るまでは、企業の情報管理部や、ITコンサルティング会社に勤めていました。この業界で当社を飛躍させるためにはどうすべきか、何ができるのか。そう考えたときに、経営にこれまで経験してきたITの知識が活かせるのではと考えました。


山本憲明

緊急の仕事がないときは、あらかじめ順番を決めることはせず、取りかかりやすい仕事から、どんどんこなしていきました。気が進まない仕事から進めても、うまく進まないことが多かったからです。そのときの気分に応じて、手のつけやすい仕事から進めていくほうが、結局は仕事が速く進むものです。


杉本昌弘

「技術で人の役に立ちたい」。これがずっと僕の夢だった。あるときOBの方が大学を訪ねて、ちょっとした講話をしてくれたんです。「引き抜き加工」という技術で注射針をつくる仕事をされている方でした。そして「これまで1本10円かかっていた針を9円にできた」と言いました。ただ僕もガキでしたからね。最初は「何だこのつまらない自慢話は……」と冷ややかに聞いていたんです。先輩の言葉は続きました。「その1円のコストダウンのおかげで、同じ寄付金でも注射針を病気の子供たちに何万本、何十万本も多く送れるようになるんだよ」って。エンジニアでも社会と繋がっている。変えられるんだ! この言葉が後の道を決めた気がしますね。


溝口勇児

掲げているゴールから逆算したとき、私一人だと到達できそうにないなと思いまして。いま社内には、経営者経験のある人が15人います。


ジャン=ジャック・ルソー

最も長生きした人間とは、最も年を経た人間のことではない。人生を楽しんだ人間のことである。


橘俊夫

自分たちで何かをやったら競争になってしまうんですよね。我々は自分たちでやらないということは決めているんです。そうじゃないと情報が入って来なくなります。我々が主体的に何かをするのではなく、バックアップをする。


鈴木貴博(コンサルタント)

重要なことは、「どういうメカニズムになっているのか?」「どういう前提条件になっているのか?」と考えることです。


木島洋嗣

これまでも、頼まれたことは好きだとか嫌いだとか言わずに引き受けてきました。それが最後はビジネスになると思っています。


上村剛

裁判という選択肢を考えるとき、本人の納得感を得られるかどうかが非常に重要だ。だから、金銭的に見合わないとか、時間がかかるからといって、「争うだけムダ」ということではない。しかし、裁判の結果に後悔しないように、事前に費用や見通しに関する「リスク」をしっかり把握しておくことは肝要だろう。