名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

園田天光光の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

園田天光光のプロフィール

園田天光光、そのだ・てんこうこう。日本の政治家。東京出身。早稲田大学法学部卒業。衆議院議員選挙に当選し日本初の女性代議士になった。NPO法人育桜会名誉会長、社団法人日本・ラテンアメリカ婦人協会名誉会長、日本科学模型安全委員会名誉会長、日本会議代表委員などを務めた。

園田天光光の名言 一覧

健康は一日でつくり得ないですから、毎日続けることが大事。


これまでいろんなことがありましたが、へこたれませんでした。お金が足りなくなっても、お金をつくるのは自分の義務で当たり前のことと思えば、苦労に感じないんです。


みんな自分から年を取っていくと思うんです。でも私は年を重ねていると感じません。今までと変わらない生活をずっと続けていると、年を意識しないんです。若い自分がそのまま生き続けているという感覚ですね。


戦後、食糧難で餓死していく人を上野駅で見たことをきっかけに、私は政治家を志しました。当時に比べて、今はどれだけ満ち足りていることか。その一方で心が餓死してしまった人が増えている。なぜでしょうか。今はものがあって当然、生きているのが普通のことになっています。昔はまず生かされていることへの感謝の気持ちを、社会が教えていました。毎朝、太陽を拝みながら今日の命を与えられたことをありがたく思う。それを忘れなければ、ちょっとやそっとのことでは、へこたれない心ができます。


長生きの秘訣に食べ物のことを聞かれます。毎日三食しっかり取り、余計に食べないこと。そしてできるだけゆっくり食べます。「人間は、一生の食べる量をご先祖から頂いて生まれてくる。それをどう食べつないでいくかは、その人間のありようで決まる」。私は祖母にこう教えられて育ちました。


園田天光光の経歴・略歴

園田天光光、そのだ・てんこうこう。日本の政治家。東京出身。早稲田大学法学部卒業。衆議院議員選挙に当選し日本初の女性代議士になった。NPO法人育桜会名誉会長、社団法人日本・ラテンアメリカ婦人協会名誉会長、日本科学模型安全委員会名誉会長、日本会議代表委員などを務めた。

他の記事も読んでみる

鈴木喬(経営者)

皆がダメだという事柄は、皆はだいたい真面目に考えてはいません。チョロッと試した程度で「ダメ」と言う。だからやってみる価値があります。人が何かに反対するときは、だいたい何かと比較した相対的な優劣で言う。絶対的な尺度を根拠にはしてません。だから、尺度を変えればチャンスがあるんです。


小林りん

世界が急速に変化する今、従来通りの教育を続けていたら、子供たちは将来、リーダーになるどころか、食いっぱぐれてしまう。「日本は変われる」ということを、私たち大人が未来を担う子供たちに見せてあげないと、手遅れになってしまう。そのためには教育改革を断固、やり抜く必要がある。


藤井美保代

判断基準には、「正解」があるわけではありません。答えは会社の方針や業務内容によって違ってくるでしょう。リーダーはその背景を理解したうえで、組織としての価値観、つまり仕事に携わるうえでの「これははずさない」という基準を明確に持つべきです。そして、それに基づく判断基準をチームに周知させることも忘れてはいけません。「うちのチームはこれを第一に考える」という指針があれば、メンバーが優先順位に迷って業務を停滞させる事態を防げます。


江口克彦

「運がいい」ということと「運が強い」ということは違う。「運がいい」というのは、たまたま「幸運」に恵まれること。例えば、宝くじに当たったとか、お店に行ったら思いがけず3割引の日だったり。まあ、偶然に左右されるもの、一時的なものということである。しかし、「運が強い」「強運」というのは、いい運が継続されるということだと思う。では、「運を強くする」には、どうしたらいいのか。人生には、いいこともあれば、悪いこともある。それを、すべてひっくるめて運が強い、あるいは運がいいと受け止めること。言い換えれば、いいことも悪いことも、「大肯定すること」によって、運を強くすることができるということである。


八ツ井慶子

給料明細を毎月確認することで、自分の労働がお金に変わったのだと実感できます。その大事なお金から無情にも税金が引かれているのを見て、「きちんと使ってほしい」という意識も喚起されるでしょう。こうした意識から、「お金を丁寧に使おう」という姿勢が生まれます。


高橋淳(経営者)

店のスタッフに理由を説明しないで、ただ「やれ」と言うだけでは、モチベーションはあがりません。当店ではひざまずいて、お客様と同じ目線でオーダーをとる、ダウンスタイルをとっていますが、なぜそうする必要があるのか、この会社のスピリットを理解してもらいます。


浜島俊哉

口だけ出して結果を待っている上司よりも、自分で考える状況を作ってくれて結果を横取りしない上司がいい。


永守重信

僕の場合、目標を達成できると思うから自社の株をたくさん持って、さらに買い増ししています。だから投資家に対しても「あなた何株持ってるの?私はあなたの10倍持ってる。あなたが損する場合は、私はもっと大損する」と言える。これが一番説得力があります。


江見朗

何よりも重要なのは、人間にとって「大切なこと」を実践すること。人は悪いことをやるとき、隠れてやりますね。唐揚げのつまみ食いしたときも、「こんなにたくさんあるんだからいいじゃないか」と屁理屈を言ったりしますが、隠れてやっている時点で「これは悪いこと」だと分かっているんです。逆もまた然りで、人間は「大切なこと」も分かっています。だって普遍的なテーマの映画は、みんな感動するでしょう。大切なことに触れたら、人は心惹かれるんです。従業員が増えると、人生観も多様になりますから、いろいろな自我がぶつかります。でも、経営者が「大切なこと」を分かって行動に移せば、どんな従業員もいずれは共感してくれるはずです。だから私は、人間にとって大切なことである「感謝」をして生きています。


東浩紀

多少は現実味がありつつ、知的刺激のある夢を見せてあげれば、いまの学生が僕たちの世代になったとき、また面白いことをやってくれるはずです。よい取り組みは、必ず連鎖します。


竹中平蔵

諦めて成功する努力を止めてしまえばすべては終わり。自分が諦めないかぎり、終わりは来ない。


水口和彦

タスク管理のポイントは、事前にタスクの実行日を決め、その日に振り分けることです。タスク管理というと、TODOリストのようにタスクを書き出すことに意識が向きがちですが、書き出すだけでは、仕事の進捗や時間に対する仕事量がつかめないので、十分とは言えません。「この日にやる」と決め、その日の予定に組み込んではじめて、一日の仕事量として適切か、期日までにどれくらい余裕があるかを把握することができます。いざ休みを取るときも、「これなら明日休んでも大丈夫」と、安心して休むことができます。