名言DB

9412 人 / 110637 名言

園田天光光の名言

twitter Facebook はてブ

園田天光光のプロフィール

園田天光光、そのだ・てんこうこう。日本の政治家。東京出身。早稲田大学法学部卒業。衆議院議員選挙に当選し日本初の女性代議士になった。NPO法人育桜会名誉会長、社団法人日本・ラテンアメリカ婦人協会名誉会長、日本科学模型安全委員会名誉会長、日本会議代表委員などを務めた。

園田天光光の名言 一覧

健康は一日でつくり得ないですから、毎日続けることが大事。


これまでいろんなことがありましたが、へこたれませんでした。お金が足りなくなっても、お金をつくるのは自分の義務で当たり前のことと思えば、苦労に感じないんです。


みんな自分から年を取っていくと思うんです。でも私は年を重ねていると感じません。今までと変わらない生活をずっと続けていると、年を意識しないんです。若い自分がそのまま生き続けているという感覚ですね。


戦後、食糧難で餓死していく人を上野駅で見たことをきっかけに、私は政治家を志しました。当時に比べて、今はどれだけ満ち足りていることか。その一方で心が餓死してしまった人が増えている。なぜでしょうか。今はものがあって当然、生きているのが普通のことになっています。昔はまず生かされていることへの感謝の気持ちを、社会が教えていました。毎朝、太陽を拝みながら今日の命を与えられたことをありがたく思う。それを忘れなければ、ちょっとやそっとのことでは、へこたれない心ができます。


長生きの秘訣に食べ物のことを聞かれます。毎日三食しっかり取り、余計に食べないこと。そしてできるだけゆっくり食べます。「人間は、一生の食べる量をご先祖から頂いて生まれてくる。それをどう食べつないでいくかは、その人間のありようで決まる」。私は祖母にこう教えられて育ちました。


園田天光光の経歴・略歴

園田天光光、そのだ・てんこうこう。日本の政治家。東京出身。早稲田大学法学部卒業。衆議院議員選挙に当選し日本初の女性代議士になった。NPO法人育桜会名誉会長、社団法人日本・ラテンアメリカ婦人協会名誉会長、日本科学模型安全委員会名誉会長、日本会議代表委員などを務めた。

他の記事も読んでみる

赤澤健一

スタッフたちは孤独死や自殺の悲惨な現場を目の当たりにして、やり切れない思いをすることもありますが、依頼主からいただくお礼の言葉が新たなモチベーションにつながっています。


上原美優

落ちこんだときや、自分が嫌だと思っている人に会ったときは、すぐ顔に出てしまうタイプです。でも昔の貧乏体験を話し始めると、自然に実顔になります。それだけ当時の生活が、貧乏ではあったけど楽しかったんです。


秋元久雄

人間の脳は当然、使う必要があるから大きくなった。ところが分業化された仕事は、脳の一部しか使わない。脳は刺激を受けることで活性化しますが、分業化され、作業しか行わなくなると、多くの脳は使われず、休んだ状態になる。結局、使われなくなった脳をどこで使うか。多くのサラリーマンはその脳を、仕事の後の飲み屋での愚痴や、会社の噂話など非生産的なことで使うようになる。


庄野直之

値段の話と、納期の話と、数量の話しかしないというのは営業ではなく受発注係だ。


川上源一

社長は戦国時代の大名と一緒で、すべて背水の陣でものを考えている。その都度、その都度、私自身、自分の決心に時間をかけたことはない。
【覚書き:自身の経営哲学を語った言葉】


松岡陽子(ヨーキー・マツオカ)

もともと私は「人と違うことをするのが好きだけど、それを人に笑われたらどうしよう」と、常に心配するシャイな人間です。日本では女子高育ちだったのでなおさら、「みんなと違うことをして目立つのはよくない」という固定観念を持っていたのですが、米国の自由な風土は、そんな私の心の障壁を取り払ってくれました。


ヘンリー・フォード

集まればことが始まり、共にいれば進歩があり、共に働けば成功がもたらされる。


日覺昭廣

モチベーションを上げることが重要。社員がやる気になるかどうかで、全体のベクトルも違ってくる。いかに社員をやる気にさせられるか。


清野智

我々が気付かないアイデアがたくさんあります。特に最近の若い人は、どんどん面白いアイデアを出してきます。彼らのアイデアを募って、その中でいいものをどんどん具現化していく。そうすると、まちの活性化にもつながります。


北澤艶子

細かい職務を弛まず積み上げることが、お客様の信用につながる。


柳井正

世界で甘い企業で成功している企業は一社もない。とくに労働集約的な産業で甘い企業で成功している企業は一社もないと思う。


藤田耕司(経営コンサルタント)

社長の平均年齢が上昇し、60歳を超えている中で、体力や気力の限界を感じて事業承継を考え始めている経営者は近年急激に増えている。ただ、退任のタイミングや引き際を自分で決めるというのはすごく難しい。困難にしている動機は大きく分けて2つある。それは人間が持つ自分のために何かをしたいという「私欲」と、自分以外の周りの人に喜んでもらいたい、会社や社会を良くしたいという「公欲」だ。


畠中雅子

自分の好きなことをセーブしてコツコツ貯蓄に励んできた人が、老後にいきなり投資や運用に挑戦してもまず失敗します。退職金がデビュー戦というのは、かなり危険。


王陽明

志がないことは舵のない船に乗るようなもの。


林野宏

私1人だけが元気でも成果はつかめない。スタッフ全員を元気にし、やる気を引き出すために、私は4つのことを心がけていました。「適性に合う、やりがいのある仕事と権限を与える」「与える仕事の水準は、実力の少し上に設定する」「仕事に必要な情報は、出し惜しみせずに共有する」「決定の場に参加させ、意見を積極的に取り入れる」。