名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

園田天光光の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

園田天光光のプロフィール

園田天光光、そのだ・てんこうこう。日本の政治家。東京出身。早稲田大学法学部卒業。衆議院議員選挙に当選し日本初の女性代議士になった。NPO法人育桜会名誉会長、社団法人日本・ラテンアメリカ婦人協会名誉会長、日本科学模型安全委員会名誉会長、日本会議代表委員などを務めた。

園田天光光の名言 一覧

健康は一日でつくり得ないですから、毎日続けることが大事。


これまでいろんなことがありましたが、へこたれませんでした。お金が足りなくなっても、お金をつくるのは自分の義務で当たり前のことと思えば、苦労に感じないんです。


みんな自分から年を取っていくと思うんです。でも私は年を重ねていると感じません。今までと変わらない生活をずっと続けていると、年を意識しないんです。若い自分がそのまま生き続けているという感覚ですね。


戦後、食糧難で餓死していく人を上野駅で見たことをきっかけに、私は政治家を志しました。当時に比べて、今はどれだけ満ち足りていることか。その一方で心が餓死してしまった人が増えている。なぜでしょうか。今はものがあって当然、生きているのが普通のことになっています。昔はまず生かされていることへの感謝の気持ちを、社会が教えていました。毎朝、太陽を拝みながら今日の命を与えられたことをありがたく思う。それを忘れなければ、ちょっとやそっとのことでは、へこたれない心ができます。


長生きの秘訣に食べ物のことを聞かれます。毎日三食しっかり取り、余計に食べないこと。そしてできるだけゆっくり食べます。「人間は、一生の食べる量をご先祖から頂いて生まれてくる。それをどう食べつないでいくかは、その人間のありようで決まる」。私は祖母にこう教えられて育ちました。


園田天光光の経歴・略歴

園田天光光、そのだ・てんこうこう。日本の政治家。東京出身。早稲田大学法学部卒業。衆議院議員選挙に当選し日本初の女性代議士になった。NPO法人育桜会名誉会長、社団法人日本・ラテンアメリカ婦人協会名誉会長、日本科学模型安全委員会名誉会長、日本会議代表委員などを務めた。

他の記事も読んでみる

北岡秀紀

語弊があるかもしれませんが、私はお客様の売上や利益に興味がありません。それより、売上や利益が上がった後どうなったのかが大事だと思っているのです。「お金を稼ぎました」で終わりではなく、稼いだことによって自分の夢を実現できたとか、経営戦略のさらに先にある人生戦略を、お客様と一緒に立ててあげられるようなコンサルタントになりたい。


星野佳路

スーツは2~3年かけて着るのをやめました。日本でクールビズが叫ばれるようになる遥か前に、超クールビズを実践していました。スーツ着用をやめたのは、スーツを窮屈に感じていたことと、日本の気候に合っていないと思ったのが理由です。もっとさかのぼると、20代でアメリカの大学院に在学中、フォーマルな席にスーツ着用で出席したところ、「なぜお前はスーツなんだ」と言われたことがありました。クラスメートがみな自国の衣装を着用する中で、日本人の僕が西洋の洋服を着ているのはおかしいと指摘され、とても恥ずかしい思いをしました。世界の人から見れば、日本人にスーツは似合わないし、期待されてもいない。いつかスーツはやめようと思いました。


楠木建

意味のないものをズルズル引っ張って、それがかえって世の中の損失になっていることが、どれだけ多いことか。ダメなものはきちんと破棄することが大切です。


鈴木孝博

メンバーの顔触れが同じでも、編成の仕方ひとつで組織は変わります。新生UCOMのビジョンに照らして、どういう布陣が最も力を発揮するのか、それを考えるのが私の仕事です。


寺尾玄

バルミューダを創業する前、バンドを組んで音楽をやっていました。会社を経営し、ものづくりをしていると、ミュージシャン時代の経験がいまにつながっていると感じることが多々あります。音楽もものづくりも「クリエイティブ」という点ではまったく同じ。表現の手段に違いがあるだけです。


白石康次郎

逃げても壁はずっと追っかけてくる。しかもさらに高くなって。


渡文明

過去にも合併は経験しており、それなりに成功したと自負しています。最も重要なのは、ふたつの異なる企業文化をいかに融合させていくかです。もうひとつは、重要なプロジェクトについて社内の各部署から横断的にチームを編成し、議論させたことです。たとえば新しい人事制度も横断プロジェクトの中で時間をかけてつくり上げました。人事部だけでは過去の延長上の改善にとどまり、改革は期待できないと考えたためです。


野田稔

「念のため」「とりあえず」がムダな仕事を生んでいます。とくに単純作業においては、そこに人件費が発生しているという意識が薄くなりがちです。日本人は「ミスをしないこと」「言われたことを正しくやること」に価値があると考えます。この優等生的な働き方は単純に仕事量を増やし、付加価値を生んでいないことを、まずは認識することです。


和田秀樹

成功した人の話を聞いて、「前からやろうと思っていた」という人は、愚痴をこぼす前に、まず自分でやってみるべき。世の中はやったもん勝ちなのです。


泉谷しげる

男は、宵越しの体力は持っちゃいけないよ。明日までとっとこうなんて考えんじゃねえぞ、このやろう。一個限界を超えると、自分でも知らなかった力が伸びてくるもんなんだよ。


松井勝史

長い目で見て本当に地域から愛され必要とされる会社となるには、社員個々人の成長が欠かせない。社員一人一人が成長を実感し、幸せを実現することは、決して自己満足ではなく、結果的に、お客様により質の良いサービス、かゆいところに手の届く対応のできる組織になるための絶対条件。


佐々木毅

周辺の「長くやってください」は「おはようございます」程度の意味合いでしかない。