名言DB

9419 人 / 110788 名言

園山征夫の名言

twitter Facebook はてブ

園山征夫のプロフィール

園山征夫、そのやま・ゆきお。日本の経営者。「ベルシステム24」社長。島根県出身。慶応義塾大学経済学部卒業後、三和銀行、米国留学を経てCSKに入社。その後、ベルシステム24で専務、社長を務め同社を再建した。著書に『これからの社長の仕事』『これからの課長の仕事』。

園山征夫の名言 一覧

社員の幸せを考えると会社も成長する。


社員を大切にすることはお客様を大切にすることにつながる。


経営を始めたころ、私は会社が良くなれば社員もよくなると考えていましたが、サービス業の経営を通じて、初めて逆なんだとわかりました。


企業が成長していくと、社長や個人の知恵なんて小さなもので、たくさんの外に向かったアンテナが必要になります。そのアンテナこそ、現地現場の社員です。現場は既に競合商品の情報を持っていますから、本社で今さら会議や情報収集をするよりも、現場の持つ情報やアイデアを吸い上げアクションを起こす方が大切です。


会社を順調に伸ばすために一番大切なことは現場主義です。現場に責任だけでなく権限も与える。どこの会社も本社が強くなりすぎです。本社は企画して指示を出す、現場は本社の指示に従うだけという発想は会社の風土としてはまずい。


理念を必ず実践し、約束を遵守することを社員に明らかにすることが大切。社長が本気で経営理念を守り経営する姿を見れば、少しでも支えたくなるのが人情。


伝道師はとても重要です。後継者の育成といいますが、前任の社長の考えを全然わからない人にバトンタッチされることは、社員にとって最も不幸なことです。伝道師がいれば、私のやり方のいいところも悪いところもよく知っていて、次世代にいいところだけつなげてくれる。


「無用の用」という言葉もよく用いますが、この人は有用だ、と思う人でも長くつきあうとそうでもなかったということがあります。逆に誰からも無用と思われている人がいざという時には有用になってくれる。他人を蹴落とそうとしない素直な人を集団にし、それぞれ個性を伸ばす。相互に信順して仕事ができる正直者の集団の方が組織としては堅牢で、会社の中長期発展につながります。


園山征夫の経歴・略歴

園山征夫、そのやま・ゆきお。日本の経営者。「ベルシステム24」社長。島根県出身。慶応義塾大学経済学部卒業後、三和銀行、米国留学を経てCSKに入社。その後、ベルシステム24で専務、社長を務め同社を再建した。著書に『これからの社長の仕事』『これからの課長の仕事』。

他の記事も読んでみる

上野治男

「正直こそ商売の要」であり、「道徳は実利に結びつく」ことが明らかなのは、ほかでもない、創業者(松下幸之助)が示されている通りでしょう。ところが、松下電器でも残念なことに、私が法務本部長になってからも、法令違反が何度かありました。その内容を見ると、多くは会社のためによかれと思ってしたことが本人の意に反して不法行為となったもので、違反者自身が個人的な利益を得ているわけではないのです。「それが救いだ」という声もありますが、そうでしょうか? 私は断じて違うと思います。むしろ法令違反を庇い立てしたり、そうと知りながら目を瞑ったりする空気の存在が不法行為を助長してしまっていたのです。当時の松下電器には、「任して任さず」という考えが曲解され、時として現場に寛大になりすぎる傾向がありました。


桃山透

仕事の区切りがつくたびに、デスクの上の書類を片づけるようにしましょう。忙しいと、少しの整理でも煩わしいかもしれません。けれども、そのときに使っていた書類を元の場所に戻すことは、数秒もあればできます。その数秒で、仕事の効率が格段に上がるのです。


山内雅喜

リーダーに必要なのは、まず「志」。もうひとつは「誠」を尽くすということ。最後は、やはり「決断」。


兼元謙任

自分がこれをやりたいと思うなら、それが実現できるかどうかは、それほど重要ではありません。なぜなら、どう頑張っても無理なことは、人は最初からやりたいと思わないからです。疾走するダンプカーを、自分の力で止めたいと本気で考える人は、まあいないでしょう。でも、のろのろ近づいてくる軽自動車を身体を張って停車させるというレベルなら、目標に据えている人がいてもおかしくありません。要するに、それをやりたいと思った時点で、実現の可能性はあると、無意識のうちに判断しているのです。


和田浩子

P&Gに入社してすぐのころ、事業部戦略やブランド戦略に沿って、自分が何をすべきかをTODOリストにして、毎週提出することが義務付けられていました。戦略や目的に沿って、日常の業務に優先順位をつけることが重要だと教えられたのです。


高妻容一

結果を出すのは「一流」。結果を出し続けるのが「超一流」。


山本伸(経済ジャーナリスト)

日本人がいけないのは、みな日本は成熟経済で、開拓地が存在してないと思っている人が多いんです。でもフロンティアはあるんですよ。


ジグ・ジグラー

足に障害がある義姉が、我が家の2階まで上がってきた。私は聞いた「ここまで上がってくるのは大変だったでしょう?」義姉が答えた「大変なことなんてないわ。だってわたし、一歩ずつ進めば、どこへだって行けるもの!」


土井健資

経営理念や想いを共有するために心がけていることは、社内の絆を深めることですね。そのために、業務においては私自身も現場に入り、社員たちとともに汗をかいて働く機会をつくるようにしています。


いっこく堂

小学生の頃は明るかったのですが、中学は一転、真っ暗です。言葉の行き違いで野球部のボス格の友達に嫌われて、グループから干されてしまった。翌日から誰も喋ってくれない。3年近く続いたいじめはきつかったですよ。それでも根が強いのか、親にも相談しませんでしたし、野球部は辞めませんでした。負けてたまるか、と。支えになってくれたのは、一回り年の離れた弟の存在ですね。家に帰ると、手を引いて散歩をして、救われました。この経験があったことで、他の子よりもちょっと早く、人の気持ちを考えられるようになったと思います。一人で耐える強さも身についたのかもしれない。でも、「いじめの経験があって良かった」とは言えないですよ。きっと、いまも何もしていないのにいじめられている人がいると思うから。その渦中にいる人に、「その経験も後々よかったと思えるよ」なんて語りかけるのは傲慢です。