名言DB

9419 人 / 110788 名言

園山征夫の名言

twitter Facebook はてブ

園山征夫のプロフィール

園山征夫、そのやま・ゆきお。日本の経営者。「ベルシステム24」社長。島根県出身。慶応義塾大学経済学部卒業後、三和銀行、米国留学を経てCSKに入社。その後、ベルシステム24で専務、社長を務め同社を再建した。著書に『これからの社長の仕事』『これからの課長の仕事』。

園山征夫の名言 一覧

社員の幸せを考えると会社も成長する。


社員を大切にすることはお客様を大切にすることにつながる。


経営を始めたころ、私は会社が良くなれば社員もよくなると考えていましたが、サービス業の経営を通じて、初めて逆なんだとわかりました。


企業が成長していくと、社長や個人の知恵なんて小さなもので、たくさんの外に向かったアンテナが必要になります。そのアンテナこそ、現地現場の社員です。現場は既に競合商品の情報を持っていますから、本社で今さら会議や情報収集をするよりも、現場の持つ情報やアイデアを吸い上げアクションを起こす方が大切です。


会社を順調に伸ばすために一番大切なことは現場主義です。現場に責任だけでなく権限も与える。どこの会社も本社が強くなりすぎです。本社は企画して指示を出す、現場は本社の指示に従うだけという発想は会社の風土としてはまずい。


理念を必ず実践し、約束を遵守することを社員に明らかにすることが大切。社長が本気で経営理念を守り経営する姿を見れば、少しでも支えたくなるのが人情。


伝道師はとても重要です。後継者の育成といいますが、前任の社長の考えを全然わからない人にバトンタッチされることは、社員にとって最も不幸なことです。伝道師がいれば、私のやり方のいいところも悪いところもよく知っていて、次世代にいいところだけつなげてくれる。


「無用の用」という言葉もよく用いますが、この人は有用だ、と思う人でも長くつきあうとそうでもなかったということがあります。逆に誰からも無用と思われている人がいざという時には有用になってくれる。他人を蹴落とそうとしない素直な人を集団にし、それぞれ個性を伸ばす。相互に信順して仕事ができる正直者の集団の方が組織としては堅牢で、会社の中長期発展につながります。


園山征夫の経歴・略歴

園山征夫、そのやま・ゆきお。日本の経営者。「ベルシステム24」社長。島根県出身。慶応義塾大学経済学部卒業後、三和銀行、米国留学を経てCSKに入社。その後、ベルシステム24で専務、社長を務め同社を再建した。著書に『これからの社長の仕事』『これからの課長の仕事』。

他の記事も読んでみる

エルマー・デゲンハート

顧客と議論をしている中で、「これからは機能だ」とよく言われます。彼らの「機能」とはソフトのこと。製品そのものではないのです。


荒川詔四

日本は我々のホームマーケット。モノづくりはホームマーケットに現場を残してやっていかなければ駄目。質的にもさらに高めていかなければならず、それには今までの延長上ではいけない。


長尾一洋

マネジメント手法のひとつとしてよく挙げられる「見える化」や「可視化」。私も以前からその重要性を説いてきました。しかし、最近ではそれらをさらに進化させた「ゲーミフィケーション」という手法を提案しています。これは、端的に言えば、「仕事のゲーム化」です。もちろん、ただ遊ぶのではありません。ゲームの持つ要素を上手く仕事に取り入れ、とかく怠慢になりがちな日常業務におけるモチベーションアップに役立てようというわけです。


松本晃(経営者)

企業が儲からなかったら税金は払わない、月給も払えない、設備投資もできない。何もできません。いいことはひとつもありませんよ。


ジャック・ドーシー

起業に関して、これをすれば成功する、という絶対的な要素はない。ただ、起業家には強い目的意識や、自分がこの世界で何をしているのかを把握することが必要になる。


尾賀真城

シェアは買っていただいた結果、支持された結果ですから、我々にとっての通信簿です。だからものすごく意識はします。でも気にはしますが、シェアのためになんでもやるということではありません。利益の度外視など論外です。


エマヌエル・スウェーデンボルグ

清潔と無垢の状態に生きる者たちには、裸は恥ずかしいことでも不真面目なことでもありません。みだらで慎みもなく生きる者たちにとってのみそうなのです。


鈴木喬(経営者)

他社の株主総会や決算報告を見ていると、たいてい「そもそも我が国の経済は」といった文面から始まります。世の中の景気が悪いから、自分の会社の業績も悪いというわけです。しかしそんなことはないだろうと、私は思うわけです。世の中が駄目だから自社も駄目。それが本当なら、経営者など必要ありません。


藤井清孝(経営者)

ルイ・ヴィトンの日本法人社長だったときのことです。ネクタイの担当者に、ブランドのロゴが全面に入っていないデザインを増やすよう提案したことがあります。私自身、ロゴが目立つものが好きではなかったし、ロゴ以外のデザインを選ぶ人の方が多いだろうと感じていたからです。しかし、担当者は「全面ロゴ入りとロゴなしのネクタイを並べて置くと、ロゴ入りの方が三倍多く売れるんです」と反対しました。これは確かにロジカルな反論です。でもそれは、ルイ・ヴィトンの専門ブティックで売っているネクタイの話でした。ルイ・ヴィトンのブティックに来る人はもともとルイ・ヴィトンが好きな人ですから、ロゴが入った商品を好んで買うのは当然です。でも、多くの人は百貨店などのネクタイ売り場へ行って、様々なブランドが並ぶ中から、気に入った一本を選ぶのではないでしょうか。その場合、ロゴ入りとロゴなしのどちらが売れるか。そう問い返すと担当者は「確かにそうですね」と、私の提案を検討してくれることになりました。


夏原平和

大学4年生のとき、海外に放浪の旅に出ました。先輩から、「これからは国際化の時代。海外に行け」と言われたのがきっかけです。