名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

園山征夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

園山征夫のプロフィール

園山征夫、そのやま・ゆきお。日本の経営者。「ベルシステム24」社長。島根県出身。慶応義塾大学経済学部卒業後、三和銀行、米国留学を経てCSKに入社。その後、ベルシステム24で専務、社長を務め同社を再建した。著書に『これからの社長の仕事』『これからの課長の仕事』。

園山征夫の名言 一覧

社員の幸せを考えると会社も成長する。


社員を大切にすることはお客様を大切にすることにつながる。


経営を始めたころ、私は会社が良くなれば社員もよくなると考えていましたが、サービス業の経営を通じて、初めて逆なんだとわかりました。


企業が成長していくと、社長や個人の知恵なんて小さなもので、たくさんの外に向かったアンテナが必要になります。そのアンテナこそ、現地現場の社員です。現場は既に競合商品の情報を持っていますから、本社で今さら会議や情報収集をするよりも、現場の持つ情報やアイデアを吸い上げアクションを起こす方が大切です。


会社を順調に伸ばすために一番大切なことは現場主義です。現場に責任だけでなく権限も与える。どこの会社も本社が強くなりすぎです。本社は企画して指示を出す、現場は本社の指示に従うだけという発想は会社の風土としてはまずい。


理念を必ず実践し、約束を遵守することを社員に明らかにすることが大切。社長が本気で経営理念を守り経営する姿を見れば、少しでも支えたくなるのが人情。


伝道師はとても重要です。後継者の育成といいますが、前任の社長の考えを全然わからない人にバトンタッチされることは、社員にとって最も不幸なことです。伝道師がいれば、私のやり方のいいところも悪いところもよく知っていて、次世代にいいところだけつなげてくれる。


「無用の用」という言葉もよく用いますが、この人は有用だ、と思う人でも長くつきあうとそうでもなかったということがあります。逆に誰からも無用と思われている人がいざという時には有用になってくれる。他人を蹴落とそうとしない素直な人を集団にし、それぞれ個性を伸ばす。相互に信順して仕事ができる正直者の集団の方が組織としては堅牢で、会社の中長期発展につながります。


園山征夫の経歴・略歴

園山征夫、そのやま・ゆきお。日本の経営者。「ベルシステム24」社長。島根県出身。慶応義塾大学経済学部卒業後、三和銀行、米国留学を経てCSKに入社。その後、ベルシステム24で専務、社長を務め同社を再建した。著書に『これからの社長の仕事』『これからの課長の仕事』。

他の記事も読んでみる

楠本修二郎

出店するとき、そのエリアの人口構成やライバル店の有無などのデータから入ることはほぼないですね。以前、数字等のデータを元に理詰めで考えて、出した店が失敗したこともその理由です。


吉野浩行

常にお客様の視点で考える企業は元気です。現在苦しんでいるのは、官との結びつきで伸びてきたとか、規制に守られて仕事をしてきた企業だと思うんです。僕らは以前から世界中のお客様の目線に合わせて仕事をしてきたから、国に頼るという気持ちはありません。


川口淳一郎

常に独創的でありたい。日本独自の技術を実証させていくことが私のミッション。


南雲吉則

ガソリンが満タンなのに、10km走るたびに給油する奴がいるかい? それをやっているのが現代人なんだ。腹も空いてない。胃腸には前日食べた物が残っている。内臓脂肪も満載だ。それなのに「朝だから」って朝食をとる。その数時間後には「皆がメシ食いにいくから」って昼食をとる。燃やすべき脂肪があるまま、追加で脂肪をのせてるようなものさ。使うべき脂肪を使ってから、給油しようぜってこと。


村形聡

自分なりにバンド活動から学ぶことは多かったと思います。まず、なんと言っても、バンドのメンバーは取替えがきかないってことです。スポーツのように控え選手というのがいませんから、一人ひとりが自分の持ち場に責任を持ち、バンドの足を引っ張らないように必死で練習しなければいけないですし、バンド内の人間関係を大切にすることも重要です。一個人が頑張ればどうにかなるってもんでも無いんです。


村瀬治男

自分の役割を意識するというのは、部下に仕事を任せるときに、とくに大切なことです。その仕事が会社の中でどういう意味を持つのか、そこでどういうパフォーマンスが求められるのか、といった背景をきちんと説明できないと、部下はやりがいを見いだせないばかりか、腑に落ちないまま中途半端な仕事をやりかねないのです。


北澤艶子

細かい職務を弛まず積み上げることが、お客様の信用につながる。


アルフレッド・アドラー

人の育て方に迷ったときは、自分に質問するといい。「この体験を通じて、相手は何を学ぶだろうか?」と。そうすれば、必ず答えが見つかるだろう。


金子太郎

バブル期に不動産を担保とした抵当証券は一切扱わなかったし、系列のファイナンス会社にも土地がらみの融資は禁止させました。銀行から坪1億円で持ちかけられた新社屋用地の購入も断りました。結果としてバブルの傷は浅くて済みました。おかしいことをおかしいと思う、健全な常識のおかげです。


山城徹也

常にお客様の立場で、物事を良い方向に持って行く。これを徹底していれば、お客様は自然とついてきます。


関家憲一

米国企業は80年代に経営が悪化しましたが、その後、多くのエクセレントカンパニーが復活しました。やはり経営理念、企業文化がしっかりしていたからではないでしょうか。だとすれば、彼らが行ったリストラや経営戦略の転換だけを参考にしても、日本企業の復活はあり得ない。


吉田晴乃

みんなが自分の時間を大切にして、楽しく幸せであってほしい。それが最高の生産性につながる。