名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

園山征夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

園山征夫のプロフィール

園山征夫、そのやま・ゆきお。日本の経営者。「ベルシステム24」社長。島根県出身。慶応義塾大学経済学部卒業後、三和銀行、米国留学を経てCSKに入社。その後、ベルシステム24で専務、社長を務め同社を再建した。著書に『これからの社長の仕事』『これからの課長の仕事』。

園山征夫の名言 一覧

社員の幸せを考えると会社も成長する。


社員を大切にすることはお客様を大切にすることにつながる。


経営を始めたころ、私は会社が良くなれば社員もよくなると考えていましたが、サービス業の経営を通じて、初めて逆なんだとわかりました。


企業が成長していくと、社長や個人の知恵なんて小さなもので、たくさんの外に向かったアンテナが必要になります。そのアンテナこそ、現地現場の社員です。現場は既に競合商品の情報を持っていますから、本社で今さら会議や情報収集をするよりも、現場の持つ情報やアイデアを吸い上げアクションを起こす方が大切です。


会社を順調に伸ばすために一番大切なことは現場主義です。現場に責任だけでなく権限も与える。どこの会社も本社が強くなりすぎです。本社は企画して指示を出す、現場は本社の指示に従うだけという発想は会社の風土としてはまずい。


理念を必ず実践し、約束を遵守することを社員に明らかにすることが大切。社長が本気で経営理念を守り経営する姿を見れば、少しでも支えたくなるのが人情。


伝道師はとても重要です。後継者の育成といいますが、前任の社長の考えを全然わからない人にバトンタッチされることは、社員にとって最も不幸なことです。伝道師がいれば、私のやり方のいいところも悪いところもよく知っていて、次世代にいいところだけつなげてくれる。


「無用の用」という言葉もよく用いますが、この人は有用だ、と思う人でも長くつきあうとそうでもなかったということがあります。逆に誰からも無用と思われている人がいざという時には有用になってくれる。他人を蹴落とそうとしない素直な人を集団にし、それぞれ個性を伸ばす。相互に信順して仕事ができる正直者の集団の方が組織としては堅牢で、会社の中長期発展につながります。


園山征夫の経歴・略歴

園山征夫、そのやま・ゆきお。日本の経営者。「ベルシステム24」社長。島根県出身。慶応義塾大学経済学部卒業後、三和銀行、米国留学を経てCSKに入社。その後、ベルシステム24で専務、社長を務め同社を再建した。著書に『これからの社長の仕事』『これからの課長の仕事』。

他の記事も読んでみる

大塚寿

50代以降の人は大きな流れを俯瞰する力、大局観を養うべきです。


江越弘一

エキュートをどのように展開していくのかという「ストアコンセプト」を考えることに時間をかけています。例えば、大宮は「パークサイドマーケット」と設定し、駅そのものを一つの公園と見立て、その中にお店を集めることでお客様に気軽に散策していただきたいと考えました。また、品川では、ビジネス需要や年齢層の若いお客様が多いので「プレミアムプライベート」をストアコンセプトとしました。


角倉素庵

貿易とは人と己に利益をもたらすものである。人に損失を与えて、己に利益をもたらすものではない。ともに利益を受けるならば、たとえその利は小さくとも、得るものはかえって大きい。利益をともにしなければ、たとえ利が大きくとも、得るものはかえって小さい。ここでいう利益とは道義のことである。負欲な商人は五を求め、清廉な商人は三を求めるという。このことをよく考えよ。


斎藤広達

意識すべきことは「初動」の速さです。人は嫌な仕事や進め方がわからないしごとには、手をつけるのが遅くなる傾向があります。解決策はただひとつ。少しでも手を動かすことです。難しい企画書でもまず書いてみる。仕事を始めてみることです。すると、想像より簡単であれ大変であれ、やるべきことが進み始めてしまえば、人はノッてくるものなのです。


水島広子

他人の評価はあくまでも主観的なもの。評価を下される側の現実とは異なる場合も多い。


谷正人

最初にSTUDIOUSをやったところは、エリアバッティングの問題がなかなかクリア出来なくて。様々なブランドさんにオファーしましたが、ほとんど取扱いには至りませんでした。最初に取扱いをスタートしたのは、今でも大事にお取扱いさせていただいている「MofM(man of moods)」。近くに他の取扱い店があったにも関わらず、STUDIOUSのビジョンに期待してくれ、お取引に至りました。そうすると、当時の「MofM」の立ち位置が若手で勢いのあるブランドだったので、それを見た他のブランドさんが「「MofM」がやるんだったら、ちょっとやってみようかな」と話が進みました。現在メンズ・ウィメンズ合わせて100ブランド以上取り扱っていますが、MofMに関しては今でも売り上げトップ5に入ります。時間とともにファンがつきましたし、洋服だけじゃない世界観に最初から取り組んでいるからこそできる強さがあると思います。


小林喜光

経営統合をした後は、統合作業を急がないのが信条です。欧米企業と違い、日本企業の社員はM&Aに慣れていない。欧米のように資本の論理で組織を変えてしまうと、後でしこりが残ってしまい、結局は相乗効果が生まれないと考えているからです。


樋口武男

世の中の変化を先取りして新しい事業や商品を開発する。多くの人たちに事業や商品を役立てていただき、収益に結び付けることを意識し続けています。


鈴木喬(経営者)

営業は、大企業を攻略するより、実は社員数が少ない会社の方が、労力がかかるもの。小さい企業からスタートするのではなく、日本一のところからやった方がいい。


勝間和代

最初に決めた目標によって、その成果は8割方決まります。つまり、目標が適切でなければ、どれだけ努力しても実らない。ですから、最初に適切な目標を定めることは、極めて重要。


熊谷正寿

インターネット産業は、非常に移り変わりが速い。ですから、その流れに合わせて、様々なところにアンテナを張りながら、試行錯誤していきます。ナンバーワンになるためにはいち早く戦略を練り、臨機応変に意思決定をし、実践していかなければいけません。


石田智子

小学生の頃、逆動会は一年で一番楽しみな日でした。「かけっこ」が大好きで、その延長でここまで来たって感じですね。