名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

園山征夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

園山征夫のプロフィール

園山征夫、そのやま・ゆきお。日本の経営者。「ベルシステム24」社長。島根県出身。慶応義塾大学経済学部卒業後、三和銀行、米国留学を経てCSKに入社。その後、ベルシステム24で専務、社長を務め同社を再建した。著書に『これからの社長の仕事』『これからの課長の仕事』。

園山征夫の名言 一覧

社員の幸せを考えると会社も成長する。


社員を大切にすることはお客様を大切にすることにつながる。


経営を始めたころ、私は会社が良くなれば社員もよくなると考えていましたが、サービス業の経営を通じて、初めて逆なんだとわかりました。


企業が成長していくと、社長や個人の知恵なんて小さなもので、たくさんの外に向かったアンテナが必要になります。そのアンテナこそ、現地現場の社員です。現場は既に競合商品の情報を持っていますから、本社で今さら会議や情報収集をするよりも、現場の持つ情報やアイデアを吸い上げアクションを起こす方が大切です。


会社を順調に伸ばすために一番大切なことは現場主義です。現場に責任だけでなく権限も与える。どこの会社も本社が強くなりすぎです。本社は企画して指示を出す、現場は本社の指示に従うだけという発想は会社の風土としてはまずい。


理念を必ず実践し、約束を遵守することを社員に明らかにすることが大切。社長が本気で経営理念を守り経営する姿を見れば、少しでも支えたくなるのが人情。


伝道師はとても重要です。後継者の育成といいますが、前任の社長の考えを全然わからない人にバトンタッチされることは、社員にとって最も不幸なことです。伝道師がいれば、私のやり方のいいところも悪いところもよく知っていて、次世代にいいところだけつなげてくれる。


「無用の用」という言葉もよく用いますが、この人は有用だ、と思う人でも長くつきあうとそうでもなかったということがあります。逆に誰からも無用と思われている人がいざという時には有用になってくれる。他人を蹴落とそうとしない素直な人を集団にし、それぞれ個性を伸ばす。相互に信順して仕事ができる正直者の集団の方が組織としては堅牢で、会社の中長期発展につながります。


園山征夫の経歴・略歴

園山征夫、そのやま・ゆきお。日本の経営者。「ベルシステム24」社長。島根県出身。慶応義塾大学経済学部卒業後、三和銀行、米国留学を経てCSKに入社。その後、ベルシステム24で専務、社長を務め同社を再建した。著書に『これからの社長の仕事』『これからの課長の仕事』。

他の記事も読んでみる

永持孝之進

人生は会うべき人に、必ずしかるべき時に会える。
運は必ずしかるべき時にやってくる。


坂根正弘

仕事が自分に向いているか向いていないかを決めるのは、自分ではなくて上司や周りの人です。自分で自分の能力を決めてしまわずに、与えられた仕事は何でもやってやろうと飛び込むことから、道は拓けてくるはずです。


樋口廣太郎

いまの世の中ではクオリティが問われています。クオリティとは何か。企業でいうと、いい製品を作ることであり、他にないようなサービスをしていくことであり、そう難しく考えることではありません。従来は規模が大きい、収益が大きいということで企業を評価しましたが、そうではなく、いいものをつくれる、いいサービスを提供できる会社が評価される時代になってきました。


西野浩輝

「いま、ここでやる」ことを心がけることで、無駄な時間を減らせます。たとえば、お客様に企画の提案を頼まれたとき、訪問したその日のうちに提出すれば、多少内容が粗くても速さで評価されます。しかし、一週間後に同じ内容の企画書を出せば、「一週間考えてこの内容か」と失望されかねません。すぐに提出していれば、時間を節約できたわけです。


松本徹三

AIは悪魔にも神にもなる可能性を秘めています。シンギュラリティは(人間と同等以上の知能・知性を有する)汎用型の誕生が前提となるわけですが、今はまだ、実現のメドは立っていない状況です。ただ、100年先になるかもしれませんが、シンギュラリティは必ず訪れるでしょう。論理的には、実現可能なのですから。その日に向けて、我々にとって最も大切なのは、どのようなAIを作り上げていくかをしっかり議論していくことです。併せて必要なのが、その前段階における変化に対しての準備です。


辻本憲三

いま、成熟国家で何が起きているかみなさんご存知でしょう。モノの価格がどんどん下がってきています。昔だったら到底考えられない価格で購入できる。昔はよいものは高く、悪いものは安かった。いまはよいものがどんどん安くなり、悪いものはまったく売れなくなっている。だから消費そのものが減っていなくても、GDPは下がり続ける。こうした中でいかに利益を上げていくのか。それこそがこれからのビジネスです。


真山仁

自分の会社の常識が非常識だということは、決して中の人間は言えないんですね。だけど外の視点を取り入れることで、そのことに気付くことがでる。自分たちの常識が笑止千万で、そんなことを続けていたら会社が潰れると。


安藤広大

人は思考の癖を持っていて、それが誤解や錯覚を発生させる。いろんな誤解や錯覚が絡み合い、パフォーマンスが低下します。その解決策を見つけ、パフォーマンスを高めるのが私たちの役割です。


西本幸雄

道のりは遠くとも、目標に向かって進めば、一歩一歩近づくことだけは確かだ。


マハトマ・ガンジー

人はなぜ心に恐れを抱くのか。それは、自分の魂の力を、真理の力を信じていないから。しかし、信じる心は理性の力で得られるものではない。それは、自分自身のためではなく、他人のために働き続けることで、ゆっくりと自分のものになる。


瀧本哲史

倫理性や社会性を伴わないような事業は、長続きしません。


いぬかいはづき

資格を履歴書に記入するときや面接でアピールする際は工夫が必要です。「キャリアを裏づける資格」であることは大前提。他にもポイントが二つあります。一つは、なるべく歴史があり知名度が高い資格が良いということ。面接官が資格欄を見たとき、その内容が把握できる資格でないと、評価の対象にはならないでしょう。同じ分野で複数の資格がある場合は、転職サイトなどを参考に、企業ニーズや知名度を調べてから取得しましょう。