國貞克則の名言

國貞克則のプロフィール

國貞克則、くにさだ・かつのり。日本のコンサルタント。岡山県出身。東北大学工学部機械工学科卒業後、神戸製鋼所に入社。プラント輸出、人事、企画、海外事業企画などを経て独立。コンサルティング会社ボナ・ヴィータコーポレーションを設立。米国ピーター・ドラッカー経営大学院にてMBA取得。主な著書に『決算書がスラスラわかる財務3表一体理解法』『マネジメント・バイブル』『決算書で読む企業と業界力』『ストーリーでわかる財務3表超入門』『超高速財務分析法』など。

國貞克則の名言 一覧

私がピーター・ドラッカー経営大学院で学んでいたとき、偉大な経営学者である彼は「知覚を大切にしなさい」と繰り返して言っていました。その知覚とは「理由はわからないけれども、そうなんだ」ということを大切にすること。つまり、感性、直感のことだと思います。


自分に合う仕事とは何かなどということは、結局は長い時間をかけて、多くの経験をしなければわかりません。


目の前にぶら下がった転職候補先の高額な報酬に目がくらむと、人生の中で一番大切なことがわからなくなります。私は自分の子供には「お金を追っていたら、大切なものを見失うよ」と言っています。欲が抜けると、ふと目の前が開けるものです。


私は学生時代から「海外に大きなプラントを建設する仕事がしたい」という夢を持ち、神戸製鋼に入社しました。その場その場で一生懸命取り組んできたつもりですが、そのうちに、何がしたいのかもわからなくなった記憶があります。おそらく、10代や20代では、本当に自分がやりたいことは見えていないのです。むしろ、生涯にわたって稼ぎ続けることができる能力を身につけながら、そのなかでじっくり探すべきなのでしょう。


感性を磨くことも重要です。仕事をしていて得たワクワク感、ドキドキ感を素直に受け止めましょう。そして、楽しいと感じたことを大切にしていきます。そうすれば、自分にとって一番大事なものが少しずつ見えてくるでしょう。


本を読み、あらすじや感想をまとめておくことは、論理性を養うためにとても効果的です。文章は論理的でなければ、何を言っているのかわかりません。主題があり、起承転結があって初めて相手に上手く伝わります。そんな訓練が20代では重要と思ってください。


勉強の目的は、何も知識を増やして視野を広げるだけではありません。勉強することの最大の効用は論理性を高めることです。論理性がないと、コミュニケーション能力が向上しません。また、世の中や仕事の複雑な仕組みも理解できないのです。


このところ企業の人事部の人と話していると「自分は特別」と思い込んでいる新入社員が多いといいます。自分は特別な存在だと考えているようなのです。そのことをはなから否定するつもりはありません。けれども、それを前提に「特別な私に一番フィットする会社を探す」などといって、会社を転々とするのは、どこかおかしい。会社において新人はスペシャルでも何でもありません。謙虚になって、職場の先輩から受けた指示をしゃにむにこなしていってほしいと思います。


20代にすべきことは、もちろん自分が所属する会社の業種や規模、配属されたセクション、仕事の内容によって、それぞれ違いはあります。あえてあげれば、それは勉強する習慣です。若いうちは勉強を続けて、自分の経験値の不足を補っていく必要があります。


複雑な社会と人生の中で、「やりたいことが見つかるまで仕事をしません」などというより、まずスタートラインに立つことが大切です。縁があって就職した会社や職場で、与えられた仕事を辛抱して続けていく。一生懸命に取り組んでいけば、そこでの経験が押しも押されもせぬ実績になるはずです。それこそが、自分のキャリアとして初めて誇れるものになります。


最近よく使われるキャリアデザインという言葉から浮かんでくるのは、理想とするゴールを設定し、そのゴールに効率的に到達しようとするイメージです。しかし、社会や人間や人生は机の上で考えられるほど単純ではありません。社会は変化し、人間の考え方は歳とともに変わり、人は人生の中で誰と会うかわかりません。


國貞克則の経歴・略歴

國貞克則、くにさだ・かつのり。日本のコンサルタント。岡山県出身。東北大学工学部機械工学科卒業後、神戸製鋼所に入社。プラント輸出、人事、企画、海外事業企画などを経て独立。コンサルティング会社ボナ・ヴィータコーポレーションを設立。米国ピーター・ドラッカー経営大学院にてMBA取得。主な著書に『決算書がスラスラわかる財務3表一体理解法』『マネジメント・バイブル』『決算書で読む企業と業界力』『ストーリーでわかる財務3表超入門』『超高速財務分析法』など。

他の記事も読んでみる

宮田玲(経営者)

私の会社は印刷用の「版」を製造する、ものづくりの会社です。しかし代々、「商売人」としての意識も強い会社でした。大阪生まれ、大阪育ちの企業ということは、理由のひとつかもしれません。つくることも売ることと同じで、「お客様のために」に尽きるということなのでしょう。だから、ものづくり(工業)の会社でありながら、商売人(商業)の感覚も多分に持ち合わせているのだと思います。


土光敏夫

会社で働くなら知恵を出せ。知恵のない者は汗を出せ。汗も出ない者は静かに去っていけ。


井上和幸(ヘッドハンター)

企業業績を伸ばさなければならない一方で、従業員には「早く帰りなさい」と言わなければならない経営者や管理者にとって、部下が自らプライベートも含めた時間管理をしてくれるようになることは一つの目指すべき道となる。


ジェフ・ベゾス

アマゾンは準備が完璧に終わらない限り、事業を開始しません。今回は日本語のフォントを高精細の画面で美しく表示することにこだわりました。
【覚書き|日本での電子書籍発売が、発表からだいぶ経ったあとにスタートしたことについて語った言葉】


田原総一朗

いまの日本の状況は危ういと僕は感じています。テレビにしても新聞にしても、どうも自由にモノが言えない雰囲気が漂っている。あなたの職場はどうだろうか? 自由にモノが言えますか? それとも暗黙のうちに触れちゃいけないこととか、タブーみたいなものでがんじがらめではないだろうか? 職場の空気がひとつ出来上がると誰もそれに反対する人がいない、なんてことはないだろうか? 風潮に流されるのではなく、一人ひとりが自由にモノを考え、自分の考えに従って主体的に行動する。誰かから与えられるのではなく、自ら与える側に回る。世の中の閉塞感を作りだすのも打ち破るのも、ひとえにそれにかかっていると僕は考えます。


張富士夫

設計して、つくってみて、現場からのカイゼンが出てきて、少しずつ良くしていくわけですから、現場をなくしてはいけないということが、私どもの創業以来の伝統です。


村井満

産業というのは人材が集まり、そこに商品・サービスが誕生し、そして提供することで社会を豊かにする循環をつくること。


村上龍

将来に備えるために一番力を入れるべきは、人間関係の構築だと思います。私は、『55歳からのハローライフ』という連作の中編小説を地方紙に連載していて、ホームレスを取材しました。実は、誰でもホームレスになる可能性があります。ホームレスになる要因は複数あるのですが、その中でももっとも大きいのは「家族、または小さくて親密な共同体の喪失」です。つまり、孤独になることです。信頼できる家族、あるいは友人たち、というのは、どんなときでも助けになってくれます。怪我をしても、病気になっても、借金で首が回らなくなっても、何とか手をさしのべてくれる近しい人がいるかどうか、私はそのことが老後を生きる上でもっとも大切だと思います。


西村元延(経営者)

社内では、新しい理念・思想を浸透・共有・定着させるため、全社員で共有し、行動に繋げられるようなマンダム流の共通言語、いわゆる「マンダム用語」なるものがあります。例えば、「プッシュからプル、さらにバキューム営業へ」「売り場ではなく買い場」「販促ではなく選択促進」「生活者発、生活者着」などがあります。これらは全て、思想と考働を我々メーカーの立場からお客様の立場に転換するために生まれたもので、後にこれらをまとめた「マンダム用語集」を作成し、現在も共有を図っています。


山石昌孝

世界のタイヤ市場は年率3~4%で拡大しています。しかし同時に中国メーカーなどの新規参入も盛んで、低価格を武器にシェアを広げています。新興国以外でも資金力のある大手は直営のタイヤ専門店などの販売網を整備して攻勢をかけています。国内3位、世界で8位の当社が、同じ戦い方をしても消耗戦に陥るだけです。次の100年に勝ち残るには、徹底的に「技術」を磨き、価格競争力や資金力ではなく、「技術力」で勝負することが不可欠です。


黒田長政

家来が勇であるか怯(臆病)であるか、平時の目利きなどは二割は外れるものだ。体力も知力もあると見込んだ男十人のうち、一、二人は本番で大臆病であることが判明する。一方、体力も知力もないと見ていた男十人のうち、一、二人は実戦で比類なき働きをするものだ。


山本亮(コンサルタント)

人の輪に飛び込んでも、輪が広がらないとしたら、それはまだ自分の中で具体的な目標が定まっていないから。「広告の仕組みが知りたい」「独立起業するための心構えを知りたい」などと具体的に発信すれば紹介をしてもらえる確率は上がります。その部分がまだ明確でないなら、準備ができていないということ。焦りは禁物です。


古川裕倫

仕事に失敗はつきもの。そこで上司に強く求められるのは、責任逃れをしないこと。ひとつの仕事に対して3つの責任があるんです。「結果責任」「遂行責任」「報告責任」です。このうち上司は結果責任はオレが必ず取ると保証してやる。その代わり、遂行責任と報告責任は、君がキチンと果たすんだと言うんです。あとは、おかしな方向に行かないかぎり、細かく口出しをしないこと。君に任せると言って、経過報告を受けていれば十分。


田坂広志

ときおり、仕事の手を休め、その仕事の彼方を見つめ、職場の仲間と語り合うべきでしょう。この仕事はこういう素晴らしい社会貢献の事業の一部なのだ、と。そのとき、働きがいとは与えられるものではなく、仲間とつくりだすものであることに気が付くでしょう。


渡辺千賀

シリコンバレーには「自分の能力をどんどんアップデートしないと、世間で重宝されなくなって終わり」という空気があります。なので、働く職場を選ぶときに、常に最先端の技術や製品に触れられる仕事であることを優先するエンジニアは非常に多いですね。


ページの先頭へ