名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

國松孝次の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

國松孝次のプロフィール

國松孝次、くにまつ・たかじ。日本の官僚(警察)。警察庁長官。静岡県出身。東京大学法学部卒業後、警察庁に入庁。本富士警察署長、警視庁総務部広報課長、警視庁公安部外事第二課長、在フランス日本国大使館一等書記官、警察庁警備局公安第一課理事官、警務部参事官兼第一方面本部長、警備局公安第三課長、大分県警察本部長、警察庁刑事局捜査第二課長、警察庁警務局人事課長、警視庁公安部長、兵庫県警察本部長、警察庁刑事局長、次長などを経て警察庁長官に就任。そのほか、NPO救急ヘリ病院ネットワーク理事長、全日本剣道連盟副会長、財団法人犯罪被害救援基金常務理事などを務めた。

國松孝次の名言 一覧

世の中に一つの仕組みを作るためには書生論、理想論が大切。理想というのは、人間が必ず持っていなくてはならないものなんだ。


理想を述べなくては組織や世の中は変わらない。


最初は書生論に過ぎませんでしたが、「日本は先進国として救急体制が遅れている。救急ヘリを導入すべきだ」と何年も繰り返し主張しているうちに、耳を傾けてくれる人が増え、普及を後押しする法律ができて、救急ヘリの数が増えていった。


若い人たちには、青くさい書生論を忘れるなと言いたい。若いうちは上司に対しても、同僚や部下に対しても、書生論、理想論を吹っかけていく。そうしているうちに状況は必ず変わっていきます。


仕事という1つのチャンネルだけでなく、趣味の世界や地域社会といった複数のチャンネルを通して多くの人たちと交際すること。そうでないと、人間の幅が狭くなってしまう。世の中の現実は仕事だけでは学べません。


警察の役人はまず目の前にある現実に対応しなくてはいけない。現実に対応するのは、実務教育だけでは無理です。逮捕状の取り方などテクニックを叩き込むだけでは優秀な警察官にはなりません。それよりも、全人教育というか、仕事以外のコミュニケーションや社会勉強を通して人格を練磨することが必要です。


日本の警察官には、大体において真面目で清潔という長所がある。ただ、ちょっと融通が利かないというか、世の中の変化についていっていない面があって批判される。だが、トップに先見性がないのは困るけど、現場は愚直でいい。「鈍重だ、頭が固い」と言われるくらいがちょうどいい。


日本の警察は犯罪を解決するだけでなく、生活に密着したサービスを提供しています。そうして市民と交流しているからこそ、日本の警察は犯罪を未然に防いだり、犯人を高い確率で検挙することができる。


國松孝次の経歴・略歴

國松孝次、くにまつ・たかじ。日本の官僚(警察)。警察庁長官。静岡県出身。東京大学法学部卒業後、警察庁に入庁。本富士警察署長、警視庁総務部広報課長、警視庁公安部外事第二課長、在フランス日本国大使館一等書記官、警察庁警備局公安第一課理事官、警務部参事官兼第一方面本部長、警備局公安第三課長、大分県警察本部長、警察庁刑事局捜査第二課長、警察庁警務局人事課長、警視庁公安部長、兵庫県警察本部長、警察庁刑事局長、次長などを経て警察庁長官に就任。そのほか、NPO救急ヘリ病院ネットワーク理事長、全日本剣道連盟副会長、財団法人犯罪被害救援基金常務理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

渡部卓

傾聴できる上司になるには、上司自身が心の余裕を保つことが不可欠。休息法を上司自ら実践するのがベスト。率先して休み、遊ぶことで自身のストレスマネジメントもできますし、チーム全体にも休みやすい環境をつくれます。働いている時間内でも、上手に息抜きを促し、くつろいだ空気をもたらせれば理想的です。こうした働きかけが、職場の人間関係改善の源になるでしょう。


原ゆたか

手に取ってもらえたらしめたもの。ページを開けたら、最後まで一気に引っ張っていく本を作ろうと思っている。


小栗一朗

サラリーマン社長のように、短い任期の中で結果を出そうとすると、長期的視点に立った決断をすることはできない。創業家の人間だからできること。


柴山政行

部下に与える仕事の内容や難度は、おおむね年数に応じたものがいいでしょう。仕事を1年こなせば、1年分のキャリアはついてくると思うからです。そして、その経験に応じて価値が高まります。バランスシート上の数字には表れないものの、会社の目に見えない財産は着実に大きくなっていきます。


野田一夫

僕は若い頃、よく「生意気だ」と言われた。会議でも若手は末席に着いて、なるべく発言を控えるというしきたりが我慢ならなくて、いつも積極的に発言しましたから、敵をたくさん作りましたよ。


山本正已

社長に就任して、当初の不安が次第に消えるのを感じました。初めての経験ばかりなのに、不思議と動じないのです。思い当たることがありました。私の出身部門は所帯が小さかったから、製品開発から生産、営業、アフターサービスのすべてに目を配らなければなりませんでした。常に浮かび上がる種類の異なる課題を解決しなければならない。付き合う人もさまざまで、異なるものの考え方に触れることが多かった。そのおかげで環境適応が早いのです。


野中正人

しまむらが扱っているのは主に女性の普段着ですが、日本の女性は流行に敏感です。テレビ、雑誌、ウィンドーショッピングなどを通して大量の情報を蓄積しています。そんな女性たちが「こういう服が欲しい」と思ったとき、うちの店頭にイメージ通りの服がなければ売れません。つまり、女性たちが欲しいと思うよりも一歩先んじて、商品の準備をしておく必要があるということです。そのため、バイヤーを世界各国の市場に派遣して、定点観測を継続しています。


二子石謙輔

制約があるからこそ、新たな金融サービスを生み出そうと考え抜けるのかもしれない。


孫正義

プラットフォーム化していくことについては、やはりどれだけ大きな絵を描くかということに尽きる。それは、勇気がいること。多くの場合、大きな絵を描くと、「ホラ吹き」と言われたり、「ドン・キホーテ」のように見られたりするので。


森川亮

転職する前に、今いる場所で本当にやりたいことができないのか、十分にチャレンジしたのかどうかを振り返ってみてください。というのも、転職してみないと、確実にやりたいことができるか分からないからです。今の場所で精いっぱいの努力をして、それでも希望がかなわないなら転職に踏み出す、という順番をお勧めします。


舘神龍彦

タスクの洗い出しのためのメモのコツは、「課題」「反省」「アイデア」「発見」「新規事業」といったテーマを明記すること。私は必ず日付を入れ、タイトルをつけてメモしています。それもこれもすべて、メモを見直す際に便利だから。一カ所に蓄積されたメモを見ることで、物事の因果関係が見えてきて、課題を解決しやすくなるのです。できれば週に一度はメモを見直し、それをもとに予定を作り、スケジュールに落とし込んでください。


樋口武男

「会社は公器や」と創業者も言っていました。公器の精神でいくのであれば、公の精神を民間企業人も当然持たなければなりません。そういった精神で事業を進めていくことがサステナブル(持続的)な企業になるということになります。