名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

國村隼の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

國村隼のプロフィール

國村隼、くにむら・じゅん。日本の俳優。大阪府出身。大阪放送劇団付属研究所9期生。『ガキ帝国』で映画デビュー。映画、テレビドラマなどで活躍。バッカーズ演劇奨励賞、ギャラクシー賞テレビ部門月間賞、青龍映画賞男優助演賞などを受賞。

國村隼の名言 一覧

物をつくる人は、欲深くないと。


振れ幅のある役をやるのは、楽しいです。キャラクターが違えば違うほど、その作品世界で生きることにときめくというか、ドキドキできる。監督によっても全然違うしね。


数字は何かを表現しているようで、何も表現していない。視聴率とかね(笑)。


自分の中に確固たる芯のある人。そういう人は、誰かと向かい合ったときに、その人をちゃんと見ることが出来るんですよね。どんな場所にいても頼りになるし、「どう思う?」って意見も聞きたいし、一緒にいたいなと思います。自分に芯がないから、ないものねだりなのかな(笑)。


國村隼の経歴・略歴

國村隼、くにむら・じゅん。日本の俳優。大阪府出身。大阪放送劇団付属研究所9期生。『ガキ帝国』で映画デビュー。映画、テレビドラマなどで活躍。バッカーズ演劇奨励賞、ギャラクシー賞テレビ部門月間賞、青龍映画賞男優助演賞などを受賞。

他の記事も読んでみる

竹下佳江

どんな逆境も一つの試練と捉えられるような強いメンタルは、勝負強さに繋がり、技術だけでは届かない結果へと導いてくれた。


片野坂真哉

追いつき追い越せと、無我夢中でここまでやってきました。今日があるのは退職者も含め、必死に頑張ってくれた全社員のお陰。


中村邦晴

座右の銘「まことに日に新たに、日々新たに、また日に新たなり」は「今日より明日をよくしよう」の意味だが、今日を精一杯生きなければ明日はよくならない。思いを伝え、仲間を元気づける。それを社長の基本として、日々精一杯生きようと心を新たにしている。


辻庸介

マネックス証券時代に、人生におけるお金の制約の大きさを実感したのが(起業した)そもそものきっかけです。あと、ソニー時代は経理部に所属していたのですが、当時感じていた経理業務の面倒さに対する個人的な怒りも理由の1つですね(笑)。これは、弊社が手がけるビジネス向けクラウド会計サービスの原点になっています。


西多昌規

事業方針や予算策定などの大きな判断は、早く行なえばいいというものではありません。むしろ、じっくり考えて決めるべきです。対して、作業的なことは早めに着手したほうがよいでしょう。このように、「熟慮型」と「スピード型」の仕事を分けて整理すると、「全部の仕事を急いで行なう必要はない」と発見でき、気の進まない状態を一歩抜け出せます。


宗次徳二

店のチェックのとき、店長がほかのお客様よりも、私に先にカレーを持ってきたことがあります。私は厳しく怒りました。お客様が第一。私に気を使ったりするような、間違った判断はいりません。


寺田親弘

ドラッカーの言葉の中で私が一番好きなのは、「大事なのは答えでなく、問いである」。正しい問いに対する間違った答えは、すぐ修正が利きます。しかし、間違った問いに対する正しい答えは性質が悪い。ドラッカーは、正しい問いを立てるためには物事を見る視点や角度が大事だと説いていますが、そのことはいまも意識しています。


藤田晋

自分の学歴を低いと意識している人は、「人の何倍も努力しなくては」と考えて頑張って働く傾向が見られますが、一方で「できない自分」を卑下してしまう危険性もあります。「出遅れているかもしれないが、これからの努力でどうにでもなる」と、ハングリー精神を持って働くことが大切です。


岩佐琢磨

中学生のころはゲームばかりやっていました。中学受験のとき、「合格したらゲーム機を買ってくれ」と親父と交渉しましてね。運よく合格したので約束を守ってもらおうとしたら、「ファミコンやプレステは駄目。パソコンならいい」という話になって、中古のPC98互換機を買ってもらいました。当時はいまと違って、PCを快適に使うのが難しい時代。好きなゲームをやるにも、自分でPCのメインメモリーの領域を空けるなどの調整をしないと遊べませんでした。おかげで中学生のころからPCには明るかったです。中学3年生のころにはパソコン通信をやってました。大人の人と、ゲームの情報なんかを文字でやりとりし始めて、世界がワーッと開けた感じでしたね。


岩本敏男(経営者)

最近のIT業界ではオープン化の流れが進んでいます。何でも自前でやれる時代はもう終わっています。


佐藤誠治(経営者)

哲学者アランの「悲観は気分、楽観は意志」という言葉を座右の銘にしています。何かよからぬことが起きても「必ず打開策があるはずだ」と考える習慣がつきました。出会ったのは学生時代ですから、もう40年近く前のことですが、私の中で非常に大事にしている言葉です。


白井一幸

コーチが「怒る」のを我慢すれば、選手は萎縮せずに伸び伸びとプレーするようになる。さらに、「教える」「やらせる」ことをやめれば、選手はミスの原因を自分で考え、みずから改善しようとすることでエラーが減り、選手と指導者との信頼関係も強くなっていく。